Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
AWSアンチパターン祭り 
2014-11-26 
アマゾンデータサービスジャパン 
荒木靖宏(twitter:ar1)
自己紹介 
• 名前 
– 荒木靖宏(twitter: ar1) 
• これまで 
– JAWS-UG→AWSへ 
– プリンシパルソリューションアーキテ 
クト。。 
• 現在 
– Sr. Mgr, Tiger, Solution Arch...
3大アンチパターンを紹介します
机上の空論アンチパターン 
〜おそらくワーストパターン〜
机上の空論アンチパターン 
• 原因 
– サーバ発注、システムデプロイ、納品の硬直したループ 
にはまっている 
• 症状 
– 動作確認をしない 
– 事前のキャパシティプランニングに時間をかけすぎる
机上の空論アンチパターン 
• 解決法 
– ともかく小さく試してみること
消化不良アンチパターン 
つまみぐいサイコーです。
消化不良アンチパターン 
• 原因 
– 全機能を使おうとして消化不良になる。 
• 症状 
– AutoScalingを無理やり使おうとする。 
– ENIを設定したのもののOSの設定をしない。
消化不良アンチパターン 
• 解決法 
– システムが動くことが最優先であることを思い出す。 
– AWSが提供する機能は、その機能を要求のうちの最大 
公約数的なもの。 
• 自分のシステムに最適かどうかはわからない。 
• そもそも、その機...
インフラ塩漬けアンチパターン 
成長するクラウド。成長するビジネス。
インフラ塩漬けアンチパターン 
• 原因 
– 構築した当初のままインフラの見直しをしない。 
• 症状 
– 実際の利用にくらべてキャパシティの過不足を放置したま 
ま利用している 
– 一時凌ぎで選んだサービスをそのまま使い続けている
インフラ塩漬けアンチパターン 
• 解決法 
– サービスは四半期に一度は見直す。 
– 新サービスや新機能が助けになることが。
3大アンチパターン 
机上の空論 
消化不良 
インフラ塩漬け
本日のパターンはどうでしたでしょうか? 
• LT1「おこづかいロスト!!」/ EC2, S3 @fujiosuzukiさん 
• LT2「Amazon Redshift: ANALYZEの必要性とVACUUMの落とし穴」/ 
Redshift...
LT1「おこづかいロスト!!」/ EC2, S3 @fujiosuzukiさん 
• 原因:うっかり 
• 症状 
– Kindleにお金を払ってたつもりがAWSだった 
– EIPをとったままだった 
– バージニアにおいたままだった 
• ...
LT2「Amazon Redshift: ANALYZEの必要性とVACUUM 
の落とし穴」/ Redshift 深尾もとのぶさん 
• 原因 
– ANALYZE未実行のため、テーブル統計が実際と乖離 
– DELETE後の全ソート 
• ...
LT3「帰ってきたメールサーバ勉強会Feat. AWS +α」/ 
EC2, RDS, EIP他ナギーさん 
• 原因 
– qmailは一子相伝というかオワコン 
– EIPのウオッチャーが多い 
– VPCでRDSを使うとき注意すべきサブネ...
LT4「マルチテナントが恋しくて」/ EC2, VPCpeering 
cyberz 上原誠さん 
• 原因 
– どんどんサービスが増える毎にVPCをつくってる 
• 症状 
– VPC毎の独立した監視対象やエージェントが増えすぎて人が 
対...
LT5「TalknoteのAWSなどにまつわる黒歴史」/ EC2, SQS, 
RDS トークノート藤井拓也さん 
• 原因 
– 貧乏が悪い 
– 同期かつシーケンシャルな実装 
– crontabがCPUを食い尽くした 
– オートスケール...
LT6「安くなると言って失敗した話」/ S3他Yuryuさん 
大人の事情で自粛
LT7「VPC設計のアタリマエの話」/ VPC クックパッド加藤 
優仁さん 
• 原因 
– MAZかつPublic/Privateを分けない(Classic時代からつかってるか 
ら)のでVPCを2つの/17に分けてつかってた 
– オレオ...
アンチパターンは、 
失敗に陥るパターンを類型化し、 
事例の早期発見と対応策に関しての 
提案を目的とする
動作やプロセス、構造について、当初は妥当であった 
のに、最終的に悪い結果が繰り返されるパターン 
リファクタリングするための方法が存在するパターン
ということで、 
アンチパターン大賞の発表です
皆様のこころ決まりました?
LT2「Amazon Redshift: ANALYZEの必 
要性とVACUUMの落とし穴」 
を発表された 
深尾もとのぶさん
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20141126 jaws-antipattern

5,400 views

Published on

2014/11/26開催のJAWSアンチパターン祭りを総括するためのスライドです。
開催後の完全版です

Published in: Technology
  • Be the first to comment

20141126 jaws-antipattern

  1. 1. AWSアンチパターン祭り 2014-11-26 アマゾンデータサービスジャパン 荒木靖宏(twitter:ar1)
  2. 2. 自己紹介 • 名前 – 荒木靖宏(twitter: ar1) • これまで – JAWS-UG→AWSへ – プリンシパルソリューションアーキテ クト。。 • 現在 – Sr. Mgr, Tiger, Solution Architecture • 好きなAWSサービス – Amazon Virtual Private Cloud – AWS Direct Connect
  3. 3. 3大アンチパターンを紹介します
  4. 4. 机上の空論アンチパターン 〜おそらくワーストパターン〜
  5. 5. 机上の空論アンチパターン • 原因 – サーバ発注、システムデプロイ、納品の硬直したループ にはまっている • 症状 – 動作確認をしない – 事前のキャパシティプランニングに時間をかけすぎる
  6. 6. 机上の空論アンチパターン • 解決法 – ともかく小さく試してみること
  7. 7. 消化不良アンチパターン つまみぐいサイコーです。
  8. 8. 消化不良アンチパターン • 原因 – 全機能を使おうとして消化不良になる。 • 症状 – AutoScalingを無理やり使おうとする。 – ENIを設定したのもののOSの設定をしない。
  9. 9. 消化不良アンチパターン • 解決法 – システムが動くことが最優先であることを思い出す。 – AWSが提供する機能は、その機能を要求のうちの最大 公約数的なもの。 • 自分のシステムに最適かどうかはわからない。 • そもそも、その機能いりますか?
  10. 10. インフラ塩漬けアンチパターン 成長するクラウド。成長するビジネス。
  11. 11. インフラ塩漬けアンチパターン • 原因 – 構築した当初のままインフラの見直しをしない。 • 症状 – 実際の利用にくらべてキャパシティの過不足を放置したま ま利用している – 一時凌ぎで選んだサービスをそのまま使い続けている
  12. 12. インフラ塩漬けアンチパターン • 解決法 – サービスは四半期に一度は見直す。 – 新サービスや新機能が助けになることが。
  13. 13. 3大アンチパターン 机上の空論 消化不良 インフラ塩漬け
  14. 14. 本日のパターンはどうでしたでしょうか? • LT1「おこづかいロスト!!」/ EC2, S3 @fujiosuzukiさん • LT2「Amazon Redshift: ANALYZEの必要性とVACUUMの落とし穴」/ Redshift 深尾もとのぶさん • LT3「帰ってきたメールサーバ勉強会Feat. AWS +α」/ EC2, RDS, EIP 他ナギーさん • LT4「マルチテナントが恋しくて」/ EC2, VPCpeering cyberz 上原誠さん • LT5「TalknoteのAWSなどにまつわる黒歴史」/ EC2, SQS, RDS トーク ノート藤井拓也さん • LT6「安くなると言って失敗した話」/ S3他Yuryuさん • LT7「VPC設計のアタリマエの話」/ VPC クックパッド加藤優仁さん
  15. 15. LT1「おこづかいロスト!!」/ EC2, S3 @fujiosuzukiさん • 原因:うっかり • 症状 – Kindleにお金を払ってたつもりがAWSだった – EIPをとったままだった – バージニアにおいたままだった • 対応策 – Splunk AWS APP for Billingで全リージョン課金検索
  16. 16. LT2「Amazon Redshift: ANALYZEの必要性とVACUUM の落とし穴」/ Redshift 深尾もとのぶさん • 原因 – ANALYZE未実行のため、テーブル統計が実際と乖離 – DELETE後の全ソート • 症状 – 集計処理を軽くするつもりでタイムスタンプをソートキーにつかったら、1分毎の データ集計に20分かかることになった。メモリもあふれた。 – DELETE後のVACUUMに数時間 • 対応策 – ソートキーの使用、ANALYZE実行 – 予め時系列テーブルを使って削除するときはそのテーブルだけDROPする
  17. 17. LT3「帰ってきたメールサーバ勉強会Feat. AWS +α」/ EC2, RDS, EIP他ナギーさん • 原因 – qmailは一子相伝というかオワコン – EIPのウオッチャーが多い – VPCでRDSを使うとき注意すべきサブネット • 症状 – EC2にqmailでメールサーバたてたらAWSから指摘された – オンプレからEC2にメールサーバ移行するときにEIP逆引きが必要 – RDSのMAZを有効にしたけど、VPCのサブネットがなくて有効にならない • 対応策 – Postfixを使う – クラウドとはいえネットワークの知識は必要
  18. 18. LT4「マルチテナントが恋しくて」/ EC2, VPCpeering cyberz 上原誠さん • 原因 – どんどんサービスが増える毎にVPCをつくってる • 症状 – VPC毎の独立した監視対象やエージェントが増えすぎて人が 対応できない • 対応策 – マネージメント用のVPCをつくる。 – VPC Peering。アカウントが違ってもOK – Private Route53。
  19. 19. LT5「TalknoteのAWSなどにまつわる黒歴史」/ EC2, SQS, RDS トークノート藤井拓也さん • 原因 – 貧乏が悪い – 同期かつシーケンシャルな実装 – crontabがCPUを食い尽くした – オートスケール対応があまかった • 症状 – 負荷がなかったので1台きりで運用。全データを保持。それはInstance Storeだった – 投稿すると画面が5分くらい固まる – 毎朝1時間の停止 • 対応策 – EBS backed+S3に変更 – SQSで非同期処理へ – RDS化 – セッションをElasticacheへ
  20. 20. LT6「安くなると言って失敗した話」/ S3他Yuryuさん 大人の事情で自粛
  21. 21. LT7「VPC設計のアタリマエの話」/ VPC クックパッド加藤 優仁さん • 原因 – MAZかつPublic/Privateを分けない(Classic時代からつかってるか ら)のでVPCを2つの/17に分けてつかってた – オレオレゲートウェイの使用 • 症状 – 3つ目のAZが登場したのに使えない – いろいろ複雑になりすぎ • 対応策 – VPCのSubnetは/19から/20で。設計は余裕をもって。 – 普通につかおう!
  22. 22. アンチパターンは、 失敗に陥るパターンを類型化し、 事例の早期発見と対応策に関しての 提案を目的とする
  23. 23. 動作やプロセス、構造について、当初は妥当であった のに、最終的に悪い結果が繰り返されるパターン リファクタリングするための方法が存在するパターン
  24. 24. ということで、 アンチパターン大賞の発表です
  25. 25. 皆様のこころ決まりました?
  26. 26. LT2「Amazon Redshift: ANALYZEの必 要性とVACUUMの落とし穴」 を発表された 深尾もとのぶさん

×