Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

失敗しても、怒られても「気にしない」新人へのアプローチ

54 views

Published on

指導が響かない、納得していないような印象の新人はどうアプローチしていけばよいのでしょうか?指導者が疲弊してしまうこともなく、新人の行動も変わっていくためにはどうすればいいのか?

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

失敗しても、怒られても「気にしない」新人へのアプローチ

  1. 1. ZAC Inc., 失敗しても、怒られても「気にしない」新人へのアプローチ 【Case】 先日、当社代表の金森が『凹んだ数だけ強くなれる 29 の法則~しなやかな強さを身につけるレジリエンスの 鍛え方~』という著書を出版致しましたが、本を読んでいただいたお客様より続けて同じ内容のご質問を頂きま した。 「本の帯に、“転んでも、失敗しても、怒られても、引きずらない!”と書いてあるが、 うちの新人は、引きずらないどころか、“響かない”ことのほうが問題なんです。 そういう場合はどうしたらいいんでしょうか?」 確かに、管理者研修を行っていく中でも「新人が開き直ったらどうすればいいんでしょうか?」や「察してく れるかと思って遠回しに言っても全く受け止めてくれないのですが、はっきり言ったほうがよいのでしょう か?」というご質問を頂く回数が増えて参りました。 【Interview】 そこで、今回は著者である金森に、直接、質問して参りました。 新藤:怒ったりしても、「凹まない」新人が増えてきているとのことなのですが、これについてはどのよう に思われますか? 金森:実際に若手の方々の相談で話を聞いていて思いますが、多くの方は、「凹んでいない」のではないと 思いますよ。ただ、凹んでいるのを隠す傾向にはありますよね。凹んだ姿を見せることが、かっこ悪い、ダ サいという風に思うのでしょう。凹む=一生懸命取り組んだという証拠になりますので。「いやいや、私そ んなことで凹んでませんよ」という構えをしているのではないでしょうか。 新藤:なるほど。確かに、凹むことは取り組もうとしたことの証明ですもんね・・・。実際、本当に凹んで いない方はいないのでしょうか? 金森:いや、確かに、本当に凹んでいない方も数%ですがいらっしゃると思います。でも、そういう方は元々 感受性が強く凹みやすい方だと思いますよ。自分が凹みやすいことを知っているから、感情のブレが怖くな って蓋をしてしまっているのではないでしょうか。ただ、こういうケースはとても厄介で、逆にふてぶてし く見えたり、強く見えたりしてしまうので、往々にして周囲からのあたりが強くなるのです。ある時、その 株式会社 ZAC News Letter Vol.16
  2. 2. ZAC Inc., 結界が崩れると、突然出勤しなくなったり、鬱の症状が出始めてしまうケースが多く見受けられます。です から、「凹まない(響かない)」方に出会ったときには、「本当は凹みたいのに、弱い自分を受け入れる準備 が整っていないのだ」と思って、丁寧にその気持ちに寄り添ってあげることが重要です。仁徳者でないとそ んなことできないと言われますが、そんなことはありません。心掛け一つで誰でもできる技術に過ぎないの です。 新藤:凹むことにも練習が必要なんですね。 金森:その通り。小さい傷を受けることを避け続けると、ふと降りかかったトラブルによって一気に潰れて しまうことがあります。管理者として重要なことは、それを「悪意」として捉えないことです。延べ 1 万 5 千人以上の方のカウンセリングをしてきましたが、明確な悪意を持っている方はそうそういません。自分の ことでいっぱいいっぱいになってしまっているだけなのです。それを赦し見守ることで、自身の中にレジリ エンスが構築されていくことと思います。 新藤:平成 27 年 12 月 1 日施行の「ストレスチェック制度」に伴い、当方にご相談を頂くケースも増えて きておりますが、ストレスチェック制度についてはどのように思われますか? 金森:確かにお問合せいただくことも増えてきましたね。重要なのは、そのストレスチェックを使って、職 場環境を整えることです(目的ではなく、手段として使っていくことですね)。もっというと、形骸化する ことなく、こういったなかなか表に出づらい部分まで拾える仕組みを作っていくことでしょうね。この制度 は、受身でただやるだけというのももったいないと思います。この制度を「言い訳」にして面談の技術を高 める仕組み作りに着手なさる法人様もいらっしゃいますので、受身か否かでパフォーマンスがわかれる制度 になるのではないでしょうか。それができると、自ずと離職率の低下にも繋がってくると思います。 <株式会社 ZAC について> 2002 年設立。医療介護業界の研修・コンサルティング事業において年間 250 回以上の研修と 91.7%以上の高い リピート率という業界屈指の実績を誇る。人事評価制度コンサルティングからエグゼクティブ向けコンサルティ ング、階層別研修からテーマ別研修(接遇マナー研修、レジリエンス研修、コミュニケーション研修 etc)まで 幅広く手掛ける。個人向けのスクール事業では、毎年数多くのカウンセラーやセラピスト、マナー講師を輩出し ている。(HP:http://f-zac.com/index.html) <各種研修・コンサルティング,ストレスチェック制度等に関する,お問い合わせはこちらから> 株式会社 ZAC コンサルティング事業部 TEL 03-6821-5202 / FAX 03-6821-5203

×