PFP関西ワークショップ#26

742 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
742
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

PFP関西ワークショップ#26

  1. 1. PFP 関西ワークショップ #26「チー ムメンバー の対立 を解消 するには?」 2012.08.24 PFP 関西 1
  2. 2. アジェンダ• 「チームメンバーの対立を解消するには?」 – 事例紹介 – グループ分け – グループワーク – ふりかえり• クロージング 2
  3. 3. ワー ク ショップ「チー ムメンバー の対立 を解消 するには?」 3
  4. 4. 席替 え• 申し訳ありませんが、席替えをお願いします。• 入口でお渡ししたペンの色に対応するお席へ移動 願います。 4
  5. 5. グルー プ分 け• 自己紹介をお願いします。 – お名前と、最近あった「良かった事」を発表 して下さい。• チーム名を決めて下さい。 – 1 分以内でお願いします。• グループの代表者を1名決めて下さい。 – 1 分以内でお願いします。 5
  6. 6. 事例紹介•出本 圭介 (でもと けいすけ)さん – 東京で、受託 / 運用管理に関する業務に従事。 – チーム運営で悩んでいた所、あるきっかけで「 PFP 関西」 の存在を知る。 – 「ヒントが得られるかも!」と思い、 PFP 関西のスタッフ にコンタクト。遠路はるばる東京からお越し頂きました。 – そして今日、ワークショップが実現しました。そんな出本 さんに、1つでも多くのヒントを持ち帰って頂きたいと、 スタッフ一堂願っています。 6
  7. 7. グルー プワー ク出本さんの事例を基に、 「人 vs. 人」 から 「問題 vs. 私たち」へ、考え方をシフトする方法を見つけて下さい。 7
  8. 8. 問題 vs. 私たち ( Problem vs. Us ) 8
  9. 9. 問題についての話をしたり,あるいは複数人で話をしたりするときに,本来は敵対関係ではないのに敵対してしまうことがあります。 9
  10. 10. 複数の人が話をするとき、敵対関係にならずに、「問題解決」という本質的な議論フォーカスするにはどうしたらよいでしょうか? 10
  11. 11. 問題 vs. 私たち ( Problem vs. Us ) 11
  12. 12. • 「問題 vs. 私 たち」とは? –「人」と「問題」を分離する手法 の1つ。 –議論の際、人と問題を明確に分離 し、「問題」を解決する方法に視 点をフォーカスすることができる 。 12
  13. 13. You vs. Us の構図 Problem vs. Us の構図 13
  14. 14. • 会議の場で、「問題 vs. 私たち」を実践することは容 易ですね。• しかし、業務中にチームメンバー全員で常に「問題 vs. 私たち」の構図を維持することは、とても難しい ことです。• 会議以外の場で、「人 vs. 人」の問題を「問題 vs. 私たち」へシフトするためには、どうすれば良いでし ょうか。• 今回のグループワークでは、「人 vs. 人」から「問題 vs. 私たち」へ、考え方をシフトする方法を見つけて 頂き、参加者全員で共有したいと考えています。 14
  15. 15. グルー プワー クポイント 15
  16. 16. グルー プワー ク• 具体的である事。 – 「メンバー個別で話し合ってみる」と ても有効な手段ですが、何を話し合う か具体的ではないため、問題解決は難 しいかもしれません。 16
  17. 17. グルー プワー ク• 実現可能である事。 – 「特定の社員の給料を下げる」という方法 だと、立場的に実現できない場合もありま すよね。 – 「対立の無い場所に異動する」これも方法 の1つです。ただし、社内的評価や、給料 などの影響があり、新婚さんや、新入社員 では難しいかもしれません。 17
  18. 18. グルー プワー ク• 出本さんの事例に基づき、「人 vs. 人」から「問題 vs. 私た ち」へ考え方をシフトする方法を見つけて頂きます。• ポイントは下記2点。 – 具体的である事 – 実現可能である事• 「収束技法」を使ったアイディア出しを行います。• 第1 ステップ「発散」 – 1件のアイディアをふせん1枚に書きます。• 第2 ステップ「共有」 – ふせんの内容をメンバーに話して共有します。• 第3 ステップ「収束」/結論出 し – 似たアイディアをグループ化し分類します。 – 最後に結論を導き出して下さい。 18
  19. 19. グルー プワー ク発散 共有 収束 /結論出 し10分 15分 20分 <お題>  「人 vs. 人」から「問題 vs. 私たち」に考え方をシフトす る方法を  見つけて下さい。 <ポイント> 19
  20. 20. 結果発表• 各グループの代表の方に、結果を発表頂き ます。• 発表後、皆様の暖かい拍手をお願いします 。 20
  21. 21. ふりかえり 21
  22. 22. クロー ジング 22

×