Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

自ら考え、行動できる人財を育成するには?

73 views

Published on

「昭和生まれ」の管理者世代が平成生まれの方を育成する際、とても苦慮していらっしゃいます。世代間ギャップを埋め、組織を活性化するにはどうすればいいのでしょうか?

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

自ら考え、行動できる人財を育成するには?

  1. 1. ZAC Inc., 自ら考え、行動できる人財育成をするには? ~昭和生まれの管理者がすべきこと~ 訪問させていただくと、年々増えてきていると感じているのが、「平成生まれのスタッフ」へのアプローチについての お悩みです。 「正直言って、何を考えているかよくわからないときがあります」 「ちょっと注意すると、すぐに落ち込む。辞めないように 1 日中ご機嫌をとってる感じがして疲弊してきます」 「言われたことしかやらないんです」 など、「昭和生まれ」の管理者世代にとって、感覚や価値観が違う彼らには、驚かされることばかりだというお話を伺 います。 【平成生まれのスタッフの 3 大特徴とは?】 ①打たれ弱い ②答えがないと動けない ③価値観が違うと感じる人とコミュニケーションをとるのが苦手 というのが挙げられます。 今回はこの中でもご相談いただくことがとりわけ多い②の部分に着目をしてみたいと思います。 そもそも、なぜ、答えがないと動けないのでしょうか。それは、彼らは生まれたときから、モノや情報が溢れた「答 え・正解がある」環境で育ってきたからです。 すぐにネットで答えを調べることができる=簡単に自分の考えを手に入れることができる。という構図が前提となっ ており、ゼロから自ら考え・行動することが非常に苦手な傾向があります。ゆえに少々上手く行かないことがあると 諦めやすい、これまでの自分の「答え」に該当しない物事に対し、排他的になってしまうのです。 ところが管理者は、「答え・正解がない」環境が前提で育ってきています。 もし分からないことがあれば、本を読む、人に質問するなどして粘り強く見聞きすることで自分の考えを構築させて いくということが、当たり前のなかで育ってきました。 平成生まれのスタッフがその前提がわからぬままに指導を受けると、「答えがあるのに教えてくれない」と意地悪をさ れているような感覚を覚えたり(平成生まれのスタッフからすると”正解”はあるものだということが前提のため)、 コミュニケーションエラーが起こり、最悪の場合、離職ということになってしまいます。 これを回避するためにも、いかに管理者側が平成生まれの彼らに”歩み寄りの「ひと手間」をかけ続けられるかが重 要なポイントになります。 株式会社 ZAC News Letter Vol.33
  2. 2. ZAC Inc., 【歩み寄りの「ひと手間」とは?】 平成生まれのスタッフの短所を補い、長所を引き立てる、最も効果的な手段は「目的意識の共有」です。 例えば、平成生まれのスタッフが、患者さんの記録物の記入方法を間違えていたとします。このような時、皆さんは なんと声をかけるでしょうか? 「ちょっと!ココ間違えてるよ!」「●●じゃなくて、▲▲って書いてね」など様々な声のかけ方があります。 誤りを指摘し・対処方法を伝えることで素直に取り組む方は多いでしょう。しかし、これでは「同じようなこと」に は適応することができないでしょう。その時々の正解を一つひとつ求めてしまうからです。管理者側からすれば当然 こちらもそうだろうと考えるだろうことも「リンクしづらい」のが平成生まれの方々の傾向といえるのではないでし ょうか。対処方法を伝えるだけでは「言われたから直す・直さない」の判断になり、いつまでも考える力を育むこと ができません。では、どのようなひと手間をかければ、考える力を引き出すことができるのでしょうか。 手順として下記の 3 点です。 ① 対処方法を教える(例:●●じゃなくて、▲▲って書いてね) ② その理由と目的を教え・共有する(例:▲▲と書かないと、薬剤部が処方を誤ってしまうリスクがあるから) ③ 理由と目的の理解度の確認のため質問する(例:▲▲ってどうして書かないといけなかったか教えて) 「指示命令」だけではなく、「質問を投げかけて待ち、目的意識を共有する」という所までやって初めて、自ら考え行 動できるようになるプロセスが構築されていきます。 平成生まれのスタッフは非常に素直ですが、一問一答の答えがある世界に生きてきたので、その目的を考える力が弱 い傾向にあります。ですから、「目的」が明確であるほど目覚ましい能力を発揮します。 管理者が「常に目的を意識させること」。このひと手間がスタッフたちの意欲や仕事へのやりがいを引き出し、「自分 から仕事を獲りに行こうとする姿勢がみられるようになる」「上手く行かなくても、何度も粘り強くチャレンジできる ようになる」などと言った変化がみられるようになっていきます。 ZAC の管理者向け研修では、新世代の人財育成のための“歩み寄りの「ひと手間」”をかけるための技術を体感・習得 していただきます(今回はその一部をご紹介しました)。「性格の問題だからと諦めていた問題が、実は最も可能性を秘 めた部分だった」、そんなお言葉を数多くいただいております。 自ら考え・動ける新世代の人財育成をしていきたいとお考えの際は、ぜひ一度ご相談ください。 <株式会社 ZAC について> 2002 年設立。医療・介護業界の研修・コンサルティング事業において年間 250 回以上の研修と 92.7%以上の高いリピ ート率という業界屈指の実績を誇る。人事評価制度コンサルティングからエグゼクティブ向けコンサルティング、階 層別研修からテーマ別研修(接遇マナー研修、レジリエンス研修、コミュニケーション研修 etc)まで幅広く手掛ける。 心と身体の健康をサポートするメンタルヘルス EAP 機関でもあり、個人向けのスクール事業では、毎年数多くのカウ ンセラーやセラピスト、マナー講師を輩出している。 <各種研修・コンサルティング,等に関する,お問い合わせはこちらから> 株式会社 ZAC コンサルティング事業部 TEL 03-6821-5202 / FAX 03-6821-5203

×