Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Wo! vol.23 米Coca-Colaサイトにみるコンテンツ・マーケティング

207,265 views

Published on

Coca-Cola社の企業サイトがリニューアルされたことが話題になっていますが、そのポイントについて、我々の視点で簡単にまとめてみました。キーワードは、これからの企業サイトの潮流として注目しておきたい「コンテンツ・マーケティング」です。

Published in: Business

Wo! vol.23 米Coca-Colaサイトにみるコンテンツ・マーケティング

  1. 1. in three minutes 【WO】 を! THINKJAM.が「を!」と思った 記事・セミナー・展⽰会などの 情報を3分でわかるくらい コンパクトにまとめてお届けします。 2013/07 vol.023 ⽶コカ・コーラ企業Webサイトにみる コンテンツ・マーケティング
  2. 2. ©2013 THINKJAM.Inc. Page 1 コカ・コーラ企業サイトのリニューアル 2012年11⽉ いままでの企業サイトと、何が変わったのか? 本社サイトを中⼼に考察してみる。 昨年の本社サイトに引き続き、 6⽉に⽇本コカ・コーラの企業サイトもリニューアルされた。 コカ・コーラ本社(アメリカ) 企業サイト リニューアル ⽇本コカ・コーラ 企業サイト リニューアル 2013年6⽉ 旧サイト 旧サイト www.coca-colacompany.com www.cocacola.co.jp
  3. 3. ©2013 THINKJAM.Inc. Page 2 リニューアルして変わったこと ↓【例】 「スポーツ」の記事↓【例】「フード」の記事 ↓【例】「ヒストリー」の記事 フード ライフ スタイル ビジネス スポーツ ジョブ ブランド サスティナ ビリティ イノベー ション ヒストリー メインコンテンツが、企業&製品情報から「コカ・コーラ ストーリー」に置き換わった。 9つの トピック バーベーキューに熱意を注ぐ⼈や アメリカのバーベキュー⽂化を 紹介している コカ・コーラが⽀援している ドイツのナショナルチームのファンクラブに スポットをあてたストーリー 筆者が偶然、史料保管倉庫で⾒つけた 古いアルバムから コカ・コーラの歴史を語っている コカ・コーラだからこそ持ちうる情報を「もっと読みたくなる」「誰かに教えたくなる」かたちに編集した読み物コンテンツ
  4. 4. ©2013 THINKJAM.Inc. Page 3 「コカ・コーラ ストーリー」をメインコンテンツにした理由 解釈すると‥ 企業サイトの主⽬的が変わった! コカ・コーラ デジタルコミュニケーション&ソーシャルメディア ディレクター Ashley Brown⽒ ●「ブランドに好意を持ってもらうこと」は 「ブランドの商品を購⼊すること」と同義である。 ●あらゆるユーザー接点が、 好意を持ってもらう(=絆をつくる)チャンスとなる。 ●(ユーザー接点の1つである)Webサイトでは、 お客さまにとって価値のある(惹きつける)コンテンツを配信することが⼤事。 時には、コカ・コーラに関連のない記事も配信する。 ●あらかじめ、どんなサイトにしていくか?を 計算しつくしているわけではなく、⽇々改良していく。 企業や商品について ユーザーに理解していただくこと 従来のサイト 企業とユーザーとの関係を 深めること 今回のサイト
  5. 5. ©2013 THINKJAM.Inc. Page 4 ⽬的達成のために①|「コカ・コーラ ストーリー」への導線施策 サイトの諸所から 「コカ・コーラ ストーリー」へのアクセスを促している ▼トップ ↓キャリア情報トップ ▼コカ・コーラ ストーリー ページ下部(コメント欄)まで スクロールすると、次に読む おすすめストーリーが表⽰される 9つのテーマが トップに ならんでいる メインビジュアルが コカ・コーラ ストーリーへの 導線で埋め尽くされている 企業情報系のページでも コカ・コーラ ストーリーへの 導線を⼤きく配置 サイドエリアは下層への リンクではなく、 ●よく読まれている記事 ●よくシェアされている記事 ●よく議論されている記事 が並んでいる ▼コカ・コーラ ストーリー スライドイン なるべく多くの「コカ・コーラ ストーリー」に触れてもらうために、サイト内導線に⼯夫がみられた。
  6. 6. ©2013 THINKJAM.Inc. Page 5 ⽬的達成のために②|「コカ・コーラ ストーリー」への関⼼を⾼める施策 「コカ・コーラ ストーリー」には、 コメント欄を設けて ユーザー同⼠の会話を促している。 投票コンテンツを設けて ユーザーがコメントしたり、結果を⾒られるようにして サイト内外での話題性を⾼める。 ユーザーに写真や動画を投稿してもらい それをもとにコンテンツ化する取り組みを⾏い ユーザーのモチベーションを⾼める。 社内のライターの他にも、 影響⼒のある実業家、フードライター、 ファッションライターによる記事を⽤意し ユーザーを飽きさせない。
  7. 7. ©2013 THINKJAM.Inc. Page 6 参考|⽇本コカ・コーラサイトとの差異 ストーリーのトピックが異なる 「パートナー」「ピープル」「グローバル」「⾃動販売機」という ⽇本独⾃のトピックが設けられている。 ⽇本では、「⼈」を軸にしたストーリーを 強く打ち出していきたいという意図が感じられる。 また、⽇本の⽂化的特徴(⾃動販売機が多い)をトピック化するなど 国ごとの特徴や、コミュニケーション戦略をふまえて トピックを変化させていることがうかがえる。 1 ユーザー参加型のコンテンツはまだ存在しない2 ストーリーの種になるような情報をユーザーに求めたり、 投票してもらうような取り組みは⾒られなかった。 ⽇本のサイトは、まだ公開直後ということもあるので、 今後、同種の施策が展開されてくるということが予想される。
  8. 8. ©2013 THINKJAM.Inc. Page 7 まとめ ●コカ・コーラの企業サイトの⽬的は「お客さまとの関係づくり」にシフトし、 「コカ・コーラ ストーリー」をメインとする⼤胆なリニューアルを講じた。 ●コンテンツプランニングの重要性がますます⾼まっていく⼀⽅で、 いかにユーザーを惹きつけるコンテンツを提供し続けられるか? (裏返せば、ストーリーが語れる新商品を次々に提供できるか?)が 運⽤上の課題になってくるかもしれない。 www.ge.com ●ほかの⽇本企業においては、まだ⼤胆な試みは⾒られないが、 アメリカではGEなど、読み物系を重視するサイトが公開されている。 これらは昨今「コンテンツマーケティング戦略」という概念で語られており 企業サイトのスタンダードになってくる可能性がある。

×