Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SharePoint アドオンのススメ

5,492 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SharePoint アドオンのススメ

  1. 1. SharePoint アドオン活用のススメ インフォシェア株式会社 西岡 真樹
  2. 2. SharePointの案件あるある お客様が SharePoint を詳細評価していないため、機能 にない要求をいただく 「SharePointはなんでもできる魔法のソフト」と考えて要 望の全てを投入する Notes 等の現行機能をClient-Server型とかWebとかの 相違を考えずに全ての機能を SharePoint で移植しよう とする     標準機能では到底足りず、開発部分が山盛りになります 予算を大幅に超過し、カットオーバーまでの工期も伸びます パフォーマンスISSUEやインフラ側での問題を発生しやすくなります 開発物の保守に余計なコストと手間がかかりがちです。
  3. 3. 機能が足りない!その時の手段 アドオンソフトウェアを組み合 わせる EUCでカスタマイズ 開発ベンダーに発注 • 高機能かつ設定も簡単 • 導入までの期間も短くてすむ • 納得がいくものが構築できる • やり方によってはコストも下げられる • 細かいところに不満が残る可能性 がある • コストが余計にかかる • 本番稼動までに時間がかかる • 開発ベンダーに発注した場合余計 にコストがかかる可能性がある
  4. 4. SharePoint の機能の特性 お客様が求める要求機能 1.0 0.7 一般的な製品 範囲は狭いが狭い範囲で 機能充実 しかし開発コストは高い 開発で作る or アドオンを追加 0 非常に広範囲に機能を提供するが、日本のお客 様の要求にこたえるためには+αが必要 SharePointはお客様の要望機能の50%~70%くらいの機能が広範囲に提供されます: SharePoint はプラットフォーム製品のため、標準機能ではお客様の要望の全てはまかなえません。その代わり、 APIが豊富に用意されていたり、カスタマイズの機能が充実しています。つまり、ゲーム機+ゲームソフトの関係に似 ており、実際の案件では「ゲームソフト」にあたる部分を作ったり、買ったりしているのが現状です。 SharePoint Apps 等の新しいアドインの形もでてきていますが、実用化はもうちょっと先です: SharePoint Sever 2013 から Office Store からアドオンが追加できるようになりました。しかし、開発機能 制限がとても多いため、実用的なアドオンが発売されるのはもう少し先になります。
  5. 5. EUCツールを導入するという選択肢 アドオンにも単純な機能追加の製品、部品として活用 できる製品。開発ツールとして導入できる製品等様々 です インフォシェアでは、経験則上、SharePointでは「部品 活用」「開発ツールになる」製品の導入効果が高いと考 えています  今回は、「部品活用」「開発ツールになる」アドオン製品の紹介に重 点をおきました。  部品をうまく組み合わせてソリューションを強化したり、1からの開発 よりもはるかに短期間で望みの機能を実現したりできます。  部品はお客様レベルでも活用でき、開発ツールはEUCツールとして お客様でも追加機能を作ることができるようになります。
  6. 6. 今回紹介するアドオン製品 高度なワークフロー&処理の自動化:Nintex Workflow SharePoint リストのUIを強化:Nintex Forms 新着アイテムを集約して表示:Lightning Conductor 複数ライブラリ横断のリスト検索:KnowledgeLake Imaging ノンコーディングでの他システム連携:KnowledgeLake Unify 紙の電子化とタグ付けの自動化:KnowledgeLake Capture 複数ファーム&SharePoint Onlineのデータ一元化: KnowlegeLake Connect 未既読機能の追加:SP改 未既読機能 閲覧記録機能の追加:SP改 閲覧記録機能 利用状況の分析&レポート化:Cardiolog Analytics 今回、沢山のアドオンを短時間で説明するため、1アプリに関してはポイントを絞って紹介 します。どれも、案件では要件としてよくあがる内容をサポートしている製品になっていま す。(もし、製品に興味がございましたら、西岡まで御連絡下さい。)
  7. 7. Nintex Workflow 2013
  8. 8. Nintex Workflow 2013  全世界で1日6本以上売れているワークフローツールのベストセラー  申請、承認ワークフロー、高機能な SharePoint Designer として EUC アプリの作成ツ ールとして効果抜群のソフトウェアです SharePoint のワークフローの機能を補完する だけではなく、アプリの機能強化ツールとして ノンコーディングで機能構築できます。 構築方法は上の画面のように、SharePoint のブラウザ上で、GUI で作成することが可能です。
  9. 9. Nintex Workflow によるアプリ機能強化 ワークフローで アプリ機能強化 • アイテムの保存時に下書きの機能 をつけたい。 • 申請時は申請者と承認者以外か らはアイテムを見られたくない といった、アイテムの新規作成や保存 時に行うことができる機能やボタンで 実行することができる機能はワークフ ローを使ってノンコーディングで機能強 化することができます。 (左の画面は実装例です。) SharePoint Designer でもある程 度の事はできますが、Nintex Workflow を使う事で、より簡単に、 より高度な動きを実現することができ ます。 ワークフローといっても使えるものは申 請承認だけではありません。アプリの 機能の実装にも十分ワークフローは 使う事ができます。
  10. 10. ADユーザーの作成 Excelクエリの検索 複数のADアカウントを一括で作成 Enterprise ADユーザー登録担当者が1名ずつADユーザを作成 Before 申請者 承認者 ADアカウント登録担当者 • ExcelシートにADアカウ ント情報を入力 • メールに添付し、承認者 へ申請 • 申請内容を確認し承認 or 却下 or 差し戻し • 承認後、ADアカウント 登録担当者に転送 • Excelシートを見ながら1名ずつ登録 • 各ユーザーにアカウントとパスワードを 通知 Nintex Workflowを使用したADユーザー一括作成 After 申請者 承認者 • ExcelシートにADアカウ ント情報を入力 • SharePointの申請 フォームに添付して申請 • 申請内容を確認し承認 or 却下 or 差し戻し • 承認後、Nintex WorkflowがADアカウントを 自動作成し、各ユーザーにアカウントとパスワー ドを自動通知 ADアカウント 登録担当者
  11. 11. Nintex Forms 2013
  12. 12. Nintex Forms 2013  リストの見た目や動きをより強化できる新しいフォーム製品  iPad, iPhone, Android, Windows Mobile 等のモバイル用のフォームも作成可能  ワークフローの際のフォームなども作れますので、よりリッチな環境を簡単に作れます リストのデメリットを解消し、メリットを生かせ るツールです。 添付ファイルの問題も解決しており、 InfoPath のリストフォームカスタマイズでは 対応していない、Managed Metadata 列にも対応しています。iPhone /Android を始めとする各種モバイル端末 用の View も簡単に作成できます。
  13. 13. Nintex Forms によるリストフォーム強化 UI強化でよりわかりやすいアプリに 大きさ変更も簡単 リストのフォームは簡単に設定できますが、融通がききません。 フォームをパワーアップすることで、わかりやすさを向上できます。 より自由なコメント メッセージの追加 より問題が少ない 添付ファイルエリア より自由なコントロール の位置変更
  14. 14. 簡単なGUIでフォームをアップグレード
  15. 15. Lightning Conductor Web Part 2013
  16. 16. Lightning Conductor Web Part 2013 ファーム内のすべてのコンテンツを対象に集約を行い、Webパーツに一覧表示       ファーム内のすべてのWebアプリケーション、すべて のサイトコレクションからコンテンツの集約が可能 ECAL不要で利用できる 直観的な操作で複雑なクエリ条件を作成可能 ノンコーディングで様々なビューを作成可能 1つのWebパーツに複数のビューを作成可能 集約結果をExcel、またはCSV出力可能 例:タスクの集約 「タスクの状態」が「完了」になってお らず、「期限」が過ぎているアイテムの み書式(赤字)に変更 集約条件設定UI: 複雑な条件のクエリも直感的に作成できる 例:ドキュメント セット ドキュメント セットを集約した際、ド キュメント セットの名前と各ドキュメ ントのファイル名が、「名前」列に表 示される ドキュメント セット毎のグループ化も 可能
  17. 17. KnowledgeLake Imaging Unify Capture Connect
  18. 18. ドキュメントソリューション for SharePoint KnowledgeLake製品の特長 <業務システム> 紙文書 電子ファイル 電子メール 効率的な 紙文書の電子化 業務システムからの 文書検索・閲覧・登録 高度な インデックス検索 ERP CRM SharePointのライブラリ機能を強化し、 業務効率化を実現する 文書活用ソリューションを提供します。 18 Copyright PFU LIMITED 2013
  19. 19. ドキュメントソリューション for SharePoint KnowledgeLake製品群 サーバ WFEライセンス + ユーザーCAL/同時接続CAL SharePointのライブラリ機能を“業務システム”に拡張する機能をSharePointに追加します。 スキャナ登録機能、高度で柔軟な検索機能、専用ビューワで、SharePointの登録、検索、閲覧機能を大幅に強化します。 その他の主な機能:注釈・メモ、データベース連携によるタグ付け(インデックス化) 等 クライアント 端末ライセンス 他システム(既存の基幹システム や 業務アプリケーション)の画面上の項目をキーにして、ワンクリックで SharePoint から 文書を取得します。 その際に、他システム側のカスタマイズは不要です。他システム上のキーワードを元にした登録も可能です。 ※Unifyを使用するには、Imaging もしくは Connect が必要です。 既存システムとの連携可否を事前に確認する必要があります。 クライアント 端末ライセンス 業務用イメージスキャナ「fiシリーズ」と連携し、紙文書のスキャン、インデックス作成およびSharePointのライブラリへ 文書を登録します。 OCR・バーコード認識など入力業務を効率化します。既に電子化済みのデータの一括登録も可能です。 クライアント 端末ライセンス Microsoft Officeライクなインタフェースで、SharePointのライブラリへの登録、検索、閲覧を簡単に利用できる、 クライアントアプリケーションです。 スキャナ登録に加えて、Officeアドインを使えば、Officeアプリケーション(Word, Excel, PowerPoint, Outlook)から 直接SharePointのライブラリへ登録することも可能です。 19 Copyright PFU LIMITED 2013
  20. 20. ドキュメントソリューション for SharePoint システム構成概要 SharePointをより使い易く! Captureで、大量の紙文書を 効率良く電子化して登録. S 2010 / 2013 Connectで、fiシリーズスキャナや ScanSnapから紙文書を電子化登録. Office Connectで、特定のSharePointライブラリ を検索・閲覧.OfficeアドオンでOutlookや Excelから直接登録. Unifyで、他システムと 連携した検索・登録を実現. 20 ブラウザからImagingを使った プロパティ検索やスキャナ登録. Copyright PFU LIMITED 2013
  21. 21. 21 Copyright PFU LIMITED 2013
  22. 22. PDF PPT Word IMG Excel 22 Copyright PFU LIMITED 2013
  23. 23. S 23 Copyright PFU LIMITED 2013
  24. 24. 24 Copyright PFU LIMITED 2013
  25. 25. Officeアドオン:Outlook (SharePointへのアップロード) 25 Copyright PFU LIMITED 2013
  26. 26. SP改 未既読機能 閲覧記録機能
  27. 27. SP改未既読機能 リストアイテムやドキュメントで見たもの見ていないものを判別する事ができる機能 リストWebパーツでの未既読表示 リストビューページでの未既読表示 省スペース サイズ 標準サイズ 自分が最近見たアイテム 自分が最近みたものをまとめて表示 アクセスランキング アクセスしたリスト、ドキュメントのラン キング表示機能 標準サイズ 省スペース サイズ
  28. 28. SP改閲覧記録機能 リストアイテムやドキュメントで閲覧記録をとり、未読ユーザーと既読ユーザーを確認できる機能。 未読ユーザーへの閲覧催促メールの一斉送信もできる 表示フォームでの閲覧記録表示 既読ユーザー一覧画面 未読ユーザー一覧画面
  29. 29. Cardiolog Analytics
  30. 30. Cardiolog Analytics  SharePointとSharePoint Onlineに対応した利用状況分析ソフトウェア  Yammer にも対応しています  訪問者数、検索キーワード、コンテンツの利用者数、ナビゲーションの利用状況、容量の増加の割合 、部門別アクセス状況等など様々な角度から分析することができるツールです ポータルアクセス分析 総合分析レポート ユーザー導線分析 全体トラフィック分析 オンラインユーザー分析 部門別アクセス分析
  31. 31. SharePoint Server 2013 対応アプリ一覧 SharePoint 2013 対応のアドオンの一覧データです 日本語版の SharePoint Server 2013 / SharePoint Online に対応し たものを掲載しています 機能が足りない!というときに内容を是非ご確認下さい URL : https://www.sharepoint.jp.net/Lists/2013%20Apps/AllItems.aspx

×