Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

どうなる?SharePoint 2016 最新事情!

Advertisement

More Related Content

Advertisement
Advertisement

どうなる?SharePoint 2016 最新事情!

  1. 1. どうなる? SharePoint 2016 最新事情! Japan SharePoint Group #20 @Tokyo 2015/09/12 太田 浩史 MVP for SharePoint Server 株式会社 内田洋行 Japan SharePoint Group 1
  2. 2. 自己紹介 太田 浩史 (おおた ひろふみ) • 「標準機能をできるだけ使いたい」 派 • ユーザーとして社内の利活用を支援 • ベンダーとしてお客様への導入・利用支援や情報提供 Japan SharePoint Group Ota Hirofumi https://facebook.com/hrfm.jp Hirofumi OTA http://www.slideshare.net/hirofumi_ota @hrfmjp https://twitter.com/hrfmjp idea.toString(); http://idea.tostring.jp 2013 - Microsoft MVP SharePoint Server 2
  3. 3. ちょっとだけ宣伝。 • 「内田洋行 IT フェア」というイベントがあります。 • 私も、Office 365 運用・活用をテーマにお話します。 • ウワサの Microsoft Surface Hub の展示もあります。 • お申込みは、下記 URL から。 https://goo.gl/abyXxU Japan SharePoint Group p. 3 内田洋行 IT フェア 2015 東京: 10月15日(木) 大阪: 10月23日(金)
  4. 4. SharePoint 2016 IT Preview Japan SharePoint Group p. 4 2015 年 8 月 24 日 リリース!!
  5. 5. 今後のスケジュール Japan SharePoint Group p. 5 2016 年 Q2 に RTM がリリース予定!!
  6. 6. サポートされる環境 • サポートされる OS – Windows Server 2012 R2 – Windows Server Technical Preview (Windows Server 2016??) • サポートされる SQL Server – SQL Server 2014 – SQL Server 2016 Japan SharePoint Group p. 6
  7. 7. インストール時の不具合 • Windows Server Technical Preview 3 – 必須コンポーネント インストール ツール (PrerequisiteInstaller.exe) の実行は失敗します。 – 既知の問題です。回避方法は公開されています。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/mt346109(v=office.16).aspx Japan SharePoint Group p. 7
  8. 8. ライセンス、インストールの変更点 • SharePoint 2016 では Foundation エディションは リリースされない – SharePoint Foundation 2013 が継続? • スタンドアロン インストール モードはサポートされない – SQL Server のインストールが必須 Japan SharePoint Group p. 8
  9. 9. MinRole ファーム トポロジー • 構成ウィザードでは、定義済みのサーバーの役割を選択 Japan SharePoint Group p. 9
  10. 10. MinRole で選択できる役割 サーバーの役割 説明 フロントエンド ユーザー要求を処理するサービスアプリケーション、 コンポーネントが含まれる アプリケーション バックエンド共有(バックグラウンド ジョブ、検索クロール要求など)を 処理するサービスアプリケーション、コンポーネントが含まれる 分散キャッシュ 分散キャッシュに必要なサービスアプリケーション、コンポーネントが 含まれる 検索 検索に必要なサービスアプリケーション、コンポーネントが含まれる カスタム どの役割にも合致しないサービスアプリケーション、コンポーネントが 含まれる 単一サーバーファーム 1台で構成されるサーバーファーム Japan SharePoint Group p. 10 • 2台や4台のサーバーで構成する場合は、 – フロントエンド 1台 + カスタム 1台 – フロントエンド 2台 + カスタム 2台 など、組合せが可能
  11. 11. MinRole は全体管理からも確認できます • きちんとサーバーに Role が紐づいている • あとから変更したい時には、SharePoint 管理 Shell の 「Set-SPServer」が利用できる Japan SharePoint Group p. 11
  12. 12. Health Analyzer による役割の監視 • MinRole 構成に対応した Health Analyzer ルール – Server role configuration isn’t correct ルール – 毎晩午前 0 時に サービス インスタンスをスキャン – MinRole の役割に合わせて、自動的に再構成 • 足りないサービスや余計なサービスの修復、起動・停止 • ただし、このルールは無効にすることができます • 役割が「カスタム」の場合は、スキャンは行われない Japan SharePoint Group p. 12
  13. 13. Server role configuration isn’t correct • 毎晩スキャンをするので、動作を確認しておく • どうしてもという場合は、ルールを無効化する Japan SharePoint Group p. 13
  14. 14. クラウド ハイブリッド検索 • オンプレミスのコンテンツを含む、すべてのコンテンツに対する 検索インデックスを『Office 365 側』へ作成 • オンプレ、Office 365 全コンテンツを一度に検索可能 • Office Graph、Delve へも対応 • SharePoint 2013 ユーザーへも、 August, 2015 CU でプレビュー版の提供を開始 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3055009 Japan SharePoint Group p. 14
  15. 15. クラウド ハイブリッド検索の構成 Japan SharePoint Group p. 15 ACL Mapping Content processing Parsed content Item queue AD AAD DirSync On-Premise Contents SP2016, 2013, 2010, 2007 Fileshares BCS Search Index (Online, On-Prem) Office 365 Corp NW Cloud SSA Crawling and parsing
  16. 16. • もっと詳しく知るには? • 8月24日付け Office Blogs 記事の一番下に 関連リソースへのリンクがあります。設定に使う PowerShell も。 https://blogs.office.com/2015/08/24/announcing-availability-of- sharepoint-server-2016-it-preview-and-cloud-hybrid-search/ クラウド ハイブリッド検索の構成 Japan SharePoint Group p. 16
  17. 17. その他インフラ側の変更点 • ReFS フォーマットのドライブをサポート • 既定で TLS 1.2 暗号化をサポート • XSLT のコンパイル パフォーマンスが向上 • 最大 5 億個のアイテム インデックスをサポート • SMTP サーバー TLS 1.0, 1.1, 1.2 による接続サポート • SMTP サーバー 25 番ポート以外の接続サポート Japan SharePoint Group p. 17
  18. 18. ユーザーの画面 • SharePoint Online と同様の画面 Japan SharePoint Group p. 18
  19. 19. 大容量ファイルのサポート • 2,047MB 以上のファイルのアップロード・ダウンロードが可能 – 最大 10GB までサポート – 既定値は 2GB に設定されている – 大容量ファイルは、OneDrive4B クライアントを利用して アップロードするのが良さそう Japan SharePoint Group p. 19
  20. 20. 禁止文字の制限緩和 • 新たに利用可能となった文字やファイル名 – &,~,{,} – GUID 形式 Japan SharePoint Group p. 20 – 先頭に . がついたファイル名 – 128 文字を越えるファイル名
  21. 21. 多数のアイテムが保存されるリストへの対応 • いわゆる 5,000 件問題への対応 • リストビューの閾値は継続(ロックエスカレーションはなし) • リスト列 インデックスの自動管理(既定で有効) – 2,500 アイテム以上のリストが対象 – Large list column index management タイマージョブ – ビューに対して“効果的”な列インデックスが自動的に作成される • その他、いろいろ改善しているらしい http://blogs.technet.com/b/wbaer/archive/2015/08/27/navigat ing-list-view-thresholds-in-sharepoint-server-2016-it- preview.aspx Japan SharePoint Group p. 21
  22. 22. インデックスの自動管理の動作を確認 • 2,500 アイテム以上が存在するリストを作成 • Large list automatic column index management job を実行(既定では日次ジョブ) Japan SharePoint Group p. 22
  23. 23. インデックスの自動管理の動作を確認 • すると、インデックスが作成され・・・ない?! • 任意の列の値でフィルターするビューを作ってからジョブ実行 Japan SharePoint Group p. 23
  24. 24. インデックスの自動管理の動作を確認 • インデックス付きの列が自動作成される • ためした感じでは、「並べ替え」ではなく「フィルター」で有効? • たぶん SharePoint Online に実装されている機能と同じ Japan SharePoint Group p. 24
  25. 25. 一方で、削除された機能 • Forefront Identity Manager を利用した AD 同期 – 既定の処理は、Active Directory インポート – Microsoft Identity Manager 2016 や サードパーティ製ツールを利用することも出来る(らしい) • タグとメモ – SharePoint Online に続き、オンプレミスでも利用できなく… Japan SharePoint Group p. 25
  26. 26. 一方で、削除された機能 • Excel Services in SharePoint – 今後は、Office Online Server や Excel Online の 一部として提供をする予定 • BI 系の機能(PowerPivot とか) – “現在のバージョンでは”提供されず – 検証する場合は、今年後半に出荷予定のバージョンを待ちましょう Japan SharePoint Group p. 26
  27. 27. ブラウザー サポート • Microsoft Edge • Internet Explorer 11 • Internet Explorer 10 • Google Chrome(最新) • Mozilla Firefox(最新および直前) • Apple Safari(最新) Japan SharePoint Group p. 27 もっとも多くの機能がサポートされている ※ 32 bit 版 IE10
  28. 28. Azure 検証用テンプレート • Azure 仮想マシンギャラリー Japan SharePoint Group p. 28 • on Windows Server 2012 R2 Datacenter • 2016年2月23日まで • SQL Server, Active Directory は別途用意が必要 • A4 仮想マシン以上の利用を推奨
  29. 29. Project Server 2016 Preview • SP2016Preview のサービス アプリケーションとして実行 • ためすときはこのあたりの情報を参考に…製品版はどうなる? https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/ee662109(v=office.16).aspx https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee662105(v=office.16).aspx Japan SharePoint Group p. 29
  30. 30. まとめ • ユーザー機能は、SharePoint Online と同じような変化 • SharePoint Online を見ていればオンプレの将来像が なんとなく分かりそう? • 大きな機能追加よりも、堅実な機能向上が多い印象 • インフラ側の変更はチラホラありそう • SharePoint Online とのハイブリッドも進みそうなので、 AADSync や AzureAD まわりも抑えたほうが良さそう Japan SharePoint Group p. 30
  31. 31. 主な情報源 • TechNet(日本語になってます!!) https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc303422(v=office.16).aspx • The Evolution of SharePoint: Overview and Roadmap http://channel9.msdn.com/Events/Ignite/2015/FND2203 • What’s New for IT Professionals in SharePoint Server 2016 http://channel9.msdn.com/Events/Ignite/2015/BRK2188 • Implementing Next Generation SharePoint Hybrid Search with the Cloud Search Service Application http://channel9.msdn.com/Events/Ignite/2015/BRK3134 • Announcing availability of SharePoint Server 2016 IT Preview and cloud hybrid search https://blogs.office.com/2015/08/24/announcing-availability-of-sharepoint-server-2016-it- preview-and-cloud-hybrid-search/ • SharePoint Server 2016 IT Preview について http://blogs.technet.com/b/sharepoint_support/archive/2015/09/11/sharepoint-server-2016- it-preview.aspx Japan SharePoint Group p. 31
  32. 32. User Voice • SharePoint 製品チームへのフィードバック • Customer Feedback for SharePoint Server https://sharepoint.uservoice.com/ Japan SharePoint Group p. 32
  33. 33. Japan SharePoint Group Fin.

×