「スキルなし・実績なし」 32歳窓際エンジニアがシリコンバレーで働くようになるまで

150,492 views
152,298 views

Published on

「全然使えないおっさんが入ってきた」状態のつらい状況から這い上がるきっかけとなった3つのターニングポイントについての話。

@TechCrunch Tokyo ハッカソン Tech Talk

関連記事:『人生初の講演をしました』
http://d.hatena.ne.jp/shu223/20131111/1384156668

もしよろしければ。。
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3OXBFWIH88643

Published in: Career
0 Comments
304 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
150,492
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
67,981
Actions
Shares
0
Downloads
220
Comments
0
Likes
304
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

「スキルなし・実績なし」 32歳窓際エンジニアがシリコンバレーで働くようになるまで

  1. 1. 「スキルなし・実績なし」32歳窓際エンジニアが シリコンバレーで働くようになるまで 堤 修一
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 堤 修一
  4. 4. 堤 修一 • AppSocially所属
  5. 5. 堤 修一 • AppSocially所属 • iOS開発者
  6. 6. 堤 修一 • AppSocially所属 • iOS開発者   30本以上制作
  7. 7. 堤 修一 • AppSocially所属 • iOS開発者   30本以上制作 - バウンドモンスターズ:150万DL
  8. 8. 堤 修一 • AppSocially所属 • iOS開発者   30本以上制作 - バウンドモンスターズ:150万DL - タップ忍者:AppStore Best of 2012
  9. 9. 堤 修一 • AppSocially所属 • iOS開発者   30本以上制作 - バウンドモンスターズ:150万DL - タップ忍者:AppStore Best of 2012 - Domino’s App:カンヌ国際広告祭 2010 Bronze
  10. 10. 2010年、春
  11. 11. • 二度挑戦し、やっとのことでカヤック入社
  12. 12. • • 二度挑戦し、やっとのことでカヤック入社 mixiアプリとか作る → 戦力外通告
  13. 13. • • 二度挑戦し、やっとのことでカヤック入社 mixiアプリとか作る → 戦力外通告
  14. 14. • • 二度挑戦し、やっとのことでカヤック入社 • 窓際でPHPの入門書を読むしかない32歳 mixiアプリとか作る → 戦力外通告
  15. 15. • 簡単なiOSアプリの仕事をもらう
  16. 16. • • 簡単なiOSアプリの仕事をもらう はりきって実装
  17. 17. • • 簡単なiOSアプリの仕事をもらう はりきって実装 → バグを出し、役員が謝りにいく事態に
  18. 18. 3年後
  19. 19. 技術書を執筆
  20. 20. 技術書を執筆 • Amazonで2時間で完売
  21. 21. 技術書を執筆 • Amazonで2時間で完売 • ベストセラーに
  22. 22. 3年で何があった?
  23. 23. 3つのターニングポイント
  24. 24. 3つのターニングポイント 1. 質より量の技術ブログ 2. 身の丈以上の舞台 3. 「おいしい」タイミング
  25. 25. ターニングポイント1 質より量の技術ブログ
  26. 26. Over&Out その後
  27. 27. Over&Out その後 • ニッチな内容で、 月間○万PV
  28. 28. iOS部門4位!!!
  29. 29. ブログ開始当初
  30. 30. ブログ開始当初 • 上司に言われ、いやいや始める
  31. 31. ブログ開始当初 • • 上司に言われ、いやいや始める 技術に自信がないので、書くことがない
  32. 32. ブログ開始当初 • • • 上司に言われ、いやいや始める 技術に自信がないので、書くことがない 量でごまかすべく、3ヶ月間毎日更新
  33. 33. ブログ開始当初 • • • 上司に言われ、いやいや始める 技術に自信がないので、書くことがない 量でごまかすべく、3ヶ月間毎日更新 → 書く恐怖がだいぶ薄れた
  34. 34. 2年目ぐらい
  35. 35. 2年目ぐらい • Googleのおかげで、アクセスが勝手に増えてきた
  36. 36. 2年目ぐらい • • Googleのおかげで、アクセスが勝手に増えてきた ブクマがつく記事も
  37. 37. 2年目ぐらい • • Googleのおかげで、アクセスが勝手に増えてきた ブクマがつく記事も → 記事を書くツボがわかってきた
  38. 38. 2年目ぐらい • • Googleのおかげで、アクセスが勝手に増えてきた ブクマがつく記事も → 記事を書くツボがわかってきた • 業務中に調べるついでに書いたメモをアップする ぐらいのノリなので、負担にはならない&勉強 になった
  39. 39. 3年目
  40. 40. 3年目 • 自分用メモ以外に、ブクマ狙いの記事も
  41. 41. 3年目 • • 自分用メモ以外に、ブクマ狙いの記事も 時々はてブのホットエントリー入り
  42. 42. 3年目 • • • 自分用メモ以外に、ブクマ狙いの記事も 時々はてブのホットエントリー入り 勉強会で声をかけられるようになった
  43. 43. 3年目 • • • • 自分用メモ以外に、ブクマ狙いの記事も 時々はてブのホットエントリー入り 勉強会で声をかけられるようになった 仕事にもつながるようになった
  44. 44. ポイント
  45. 45. ポイント • 技術ブログを書くのはいいことずくめ
  46. 46. ポイント • • 技術ブログを書くのはいいことずくめ 何書いていいかわからない&書くのこわい
  47. 47. ポイント • • 技術ブログを書くのはいいことずくめ 何書いていいかわからない&書くのこわい   → 慣れるまでこっそり&大量に書く
  48. 48. ポイント • • 技術ブログを書くのはいいことずくめ 何書いていいかわからない&書くのこわい   → 慣れるまでこっそり&大量に書く   → 量が質を伴ってくる
  49. 49. ターニングポイント2 身の丈以上の舞台
  50. 50. 第2回 iPhone_dev_jp 東京 iPhone / Mac 勉強会
  51. 51. 第2回 iPhone_dev_jp 東京 iPhone / Mac 勉強会 • 定員120名+生中継視聴者ウン百名のiOS開発者 界随一の大舞台
  52. 52. 第2回 iPhone_dev_jp 東京 iPhone / Mac 勉強会 • 定員120名+生中継視聴者ウン百名のiOS開発者 界随一の大舞台 • 発表メンバーも実力者&有名人ばかり
  53. 53. 第2回 iPhone_dev_jp 東京 iPhone / Mac 勉強会 • 定員120名+生中継視聴者ウン百名のiOS開発者 界随一の大舞台 • 発表メンバーも実力者&有名人ばかり • 2012年5月。ブログはまだまだ無名
  54. 54. 第2回 iPhone_dev_jp 東京 iPhone / Mac 勉強会 • 定員120名+生中継視聴者ウン百名のiOS開発者 界随一の大舞台 • 発表メンバーも実力者&有名人ばかり • • 2012年5月。ブログはまだまだ無名 思考を停止してとにかく手を挙げた
  55. 55. 発表の準備
  56. 56. 発表の準備 第1回の発表メンバーと内容を見て思ったこと
  57. 57. 発表の準備 第1回の発表メンバーと内容を見て思ったこと 「この中で自分に発表
  できることなどない」
  58. 58. 発表の準備 第1回の発表メンバーと内容を見て思ったこと 「この中で自分に発表
  できることなどない」 • とはいえ後戻りできないので、吐きそうになり ながら、毎晩徹夜で技術調査と資料作成
  59. 59. 発表の準備 第1回の発表メンバーと内容を見て思ったこと 「この中で自分に発表
  できることなどない」 • とはいえ後戻りできないので、吐きそうになり ながら、毎晩徹夜で技術調査と資料作成 • 発表案は3つぐらいつくった
  60. 60. 結果 (※)発表時間の都合で、発表することはなかったのですが、
    ブログに発表するはずだった内容を書いたことで、
    第3回の同勉強会にお声がけいただいた
  61. 61. 結果 • iOS開発者界の有名人と顔見知りになれた (※)発表時間の都合で、発表することはなかったのですが、
    ブログに発表するはずだった内容を書いたことで、
    第3回の同勉強会にお声がけいただいた
  62. 62. 結果 • iOS開発者界の有名人と顔見知りになれた • ブログのブックマークもはじめて30とかついた (※)発表時間の都合で、発表することはなかったのですが、
    ブログに発表するはずだった内容を書いたことで、
    第3回の同勉強会にお声がけいただいた
  63. 63. 結果 • iOS開発者界の有名人と顔見知りになれた • ブログのブックマークもはじめて30とかついた • 勉強会とかで発表する恐怖がなくなった (※)発表時間の都合で、発表することはなかったのですが、
    ブログに発表するはずだった内容を書いたことで、
    第3回の同勉強会にお声がけいただいた
  64. 64. ポイント
  65. 65. ポイント • 「手を挙げる」だけで格上の舞台に上がれる
  66. 66. ポイント • • 「手を挙げる」だけで格上の舞台に上がれる 死ぬ程こわいが、死なない。まず手を挙げる
  67. 67. ポイント • • • 「手を挙げる」だけで格上の舞台に上がれる 死ぬ程こわいが、死なない。まず手を挙げる 恐怖のあまり必死になるので、成長できる
  68. 68. ターニングポイント3 「おいしい」タイミング
  69. 69. 「おいしい」タイミング
  70. 70. 「おいしい」タイミング 例:iOSのメジャーアップデート
  71. 71. 「おいしい」タイミング 例:iOSのメジャーアップデート • iOS6リリース時:
 新機能のサンプル/ライブラリの まとめ記事をアップ
  72. 72. 「おいしい」タイミング 例:iOSのメジャーアップデート • iOS6リリース時:
 新機能のサンプル/ライブラリの まとめ記事をアップ → 当時の最高ブクマ数を獲得
  73. 73. 「おいしい」タイミング 例:iOSのメジャーアップデート • iOS6リリース時:
 新機能のサンプル/ライブラリの まとめ記事をアップ → 当時の最高ブクマ数を獲得 • iOS7リリース時:
 新機能のサンプル詰め合わせアプ リを公開
  74. 74. 「おいしい」タイミング 例:iOSのメジャーアップデート • iOS6リリース時:
 新機能のサンプル/ライブラリの まとめ記事をアップ → 当時の最高ブクマ数を獲得 • iOS7リリース時:
 新機能のサンプル詰め合わせアプ リを公開 → GitHubで 1600STARを獲得
  75. 75. 得られた成果のわりには、実行に要した「技術力」 はそれほどでもない
  76. 76. 得られた成果のわりには、実行に要した「技術力」 はそれほどでもない • iOS 6 新機能のサンプル/ライブラリのまとめ記事
  77. 77. 得られた成果のわりには、実行に要した「技術力」 はそれほどでもない • iOS 6 新機能のサンプル/ライブラリのまとめ記事 → 新API名でGitHubリポジトリを検索
  78. 78. 得られた成果のわりには、実行に要した「技術力」 はそれほどでもない • iOS 6 新機能のサンプル/ライブラリのまとめ記事 → 新API名でGitHubリポジトリを検索 • iOS7 新機能のサンプル詰め合わせアプリ
  79. 79. 得られた成果のわりには、実行に要した「技術力」 はそれほどでもない • iOS 6 新機能のサンプル/ライブラリのまとめ記事 → 新API名でGitHubリポジトリを検索 • iOS7 新機能のサンプル詰め合わせアプリ  → WWDC動画、既出情報からサンプル作成
  80. 80. アドベントカレンダーもおいしい
  81. 81. アドベントカレンダーもおいしい • 関わった人達みんなが拡散してくれる
  82. 82. アドベントカレンダーもおいしい • • 関わった人達みんなが拡散してくれる 個人ブログより振り返られるタイミングが多い
  83. 83. アドベントカレンダーもおいしい • • 関わった人達みんなが拡散してくれる • iOS Advent Calendar 2012 個人ブログより振り返られるタイミングが多い 「iOSアプリ開発に役立つTips100連発!」
  84. 84. アドベントカレンダーもおいしい • • 関わった人達みんなが拡散してくれる • iOS Advent Calendar 2012 個人ブログより振り返られるタイミングが多い 「iOSアプリ開発に役立つTips100連発!」   → 執筆依頼 が来るきっかけに!
  85. 85. ポイント
  86. 86. ポイント • • 投資対効果の大きいタイミングがある そういうときにひとふんばりすると、おいしい
  87. 87. まとめ
  88. 88. まとめ 1. 技術ブログをたくさん書いたら、技術の勉強に もなり、いつの間にか自分のメディアになって いた 2. 身の丈以上の勉強会で発表したら、業界の有名 な方々と知り合いになれ、度胸もついた 3. おいしいタイミングでがんばったら、ブックマー クやSTARがたくさんついたり、技術書を書く きっかけになったりした
  89. 89. 崖っぷちから生還できたエンジニアの一例として、 どなたかのヒントに、あるいは勇気になれば幸い です
  90. 90. おわり • Mail: shuichi0526@gmail.com • Twitter: @shu223 • Blog: http://d.hatena.ne.jp/shu223

×