クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)

11,623 views
11,504 views

Published on

0 Comments
13 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
11,623
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,750
Actions
Shares
0
Downloads
77
Comments
0
Likes
13
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

クラウド環境向けZabbixカスタマイズ紹介(第5回Zabbix勉強会)

  1. 1. クラウド+オンプレミス統合管理に向けたZabbixカスタマイズの紹介 TIS株式会社 コーポレート本部 戦略技術センター 池田 大輔
  2. 2. 自己紹介name Daisuke Ikedatwitter @ike_daifacebook https://www.facebook.com/ikedai 弊社技術ブログ『Tech-Sketch』 毎週技術系記事を公開中!! (http://tech-sketch.jp/) Zabbix2.0紹介記事(ThinkIT) Self-Introduction
  3. 3. 今日の話題クラウド+オンプレミス統合管理に向けた取り組み紹介- コンセプト- デモ- 今後の取り組み予定 Todays Theme
  4. 4. 全て絶賛開発中です!最終的にはいろいろと変わることを前提にお聞き下さい!!ご意見も随時募集中!採用できるかは要相談
  5. 5. 早速ですが・・・ 仮想マシンの 追加・削除したらこんな感じで管理してませんか? 変更大変 あの障害が発生し た時どんな状態 だったっけ? 仮想マシンとハイパーバイザの関係をドキュメント管理 Problems
  6. 6. 早速ですが・・・ SSHクライアントも 沢山のサーバを管 理すると大変なここんな感じで管理してませんか? とに VMwareは vShpereClientでAWSの管理はAWS管理コンソールで いろんなツールを駆使した管理 Problems
  7. 7. 管理するの大変じゃないですか?高頻度で仮想マシンの削除・追加・移動発生環境の多種多様化 Problems
  8. 8. 面倒なことなくしたい!マルチ環境一括管理できるようにしてみよう!既に監視で利用している Zabbixから管理できるなら便利かも!
  9. 9. 何ができるようになった?Physical Machine■ IPMIを利用したサーバの起動・停止■ IPMIコンソール接続■ SSH接続VMware ESXi■ HV,VMのリソース状況取得■ VMの起動・停止■ データストアの管理■ VMコンソール接続AWS EC2■ EC2インスタンス情報取得■ EC2起動・停止 New Function
  10. 10. システム概略 Check Operation Custom Zabbix FrontendAdd Zabbix External Scripts monitoring DeltaCloud API Add Custom Custom IPMI Driver vSphere Driver EC2 Driver iLO,BMC等IPMI vSphere API AWS API 物理マシン VMware ESXi Amazon Web Services Overview
  11. 11. DeltaCloudとは?■ Apache Top Project (2012/02/16昇格)■ 最新バージョン0.5.0(2012/05/12現在)■ Ruby実装■ RedHatのクラウドプロジェクトの1つ■ CloudFormsの中の1コンポーネント■ 対応クラウド AWS,Eucalyptus,GoGrid,Opennebula,Rackspace, RHEV-M,Rimuhosting,Terremark,vSphere,OpenStack,WindowsAzure■ 各対応クラウド毎に環境操作用Driverが提供■ RESTful API提供 *Deltacloud公式サイトより引用( ttp://deltacloud.apache.org/index.html) h Whats DeltaCloud
  12. 12. DeltaCloudの使い方Install & Start Service$ sudo gem install deltacloud-core$ deltacloudd -i ec2 -p 3000 -r 192.168.xx.xx --daemon http://192.168.xx.xx:3000/-i デフォルトドライバ指定-p ポート番号指定-r ホスト指定--daemon デーモン起動 How to Use DeltaCloud
  13. 13. DeltaCloudの使い方API(ex. Get EC2 instances list)HTTP Request$ curl --user "ACCSESS_KEY:SECRET_KEY" -H "X-deltacloud-Driver:ec2" -H "X-deltacloud-Provider:us-west-1" http://192.168.xx.xx:3000/api/instances?format=json JSON Response{"instances": X-deltacloud-Driver [{"id":"i-86254000", "owner_id":"918550410000", X-deltacloud-Provider "image_id":"ami-3e060000", "name":"ami-3e060000", を変えることでマルチな環境の操 "realm_id":"ap-northeast-1a", 作を一括で実現 "state":"STOPPED", ・・・略 "href":"http://192.168.xx.xx:3000/api/instances/i-86254000" } { ・・・略 } ]} How to Use DeltaCloud
  14. 14. ZabbixカスタマイズExternal Script ● DeltaCloud経由でマシン稼働状況 ・マシンリソース状況 を取得 ● 取得結果をZabbix Senderで該当アイテムに登録 ● vSphereやEC2の仮想マシン情報は 自動的にホスト登録Template ● タイプ毎にテンプレート を作成 ○ IPMI用 ○ vSphere用(ホストOS用、ゲストOS用) ○ AWS用(アカウント用、EC2インスタンス用)FrontEnd(Dashboard etc...) ● カスタマイズExternalScript実行結果をダッシュボードに表示 ● ホストに対する"操作"(起動・停止・再起動等)をダッシュボードから 直接実行可能 に ○ 実行リクエストはDeltaCloud経由で各環境に送付 ● コンソール接続画面 を追加 Customize Zabbix
  15. 15. ZabbixカスタマイズExternal Script ● DeltaCloud経由でマシン稼働状況 ・マシンリソース状況 を取得 ● 取得結果をZabbix Senderで該当アイテムに登録 ● vSphereやEC2の仮想マシン情報はZabbix APIで 自動的にホスト登録&テンプレート割当Template ● タイプ毎にテンプレート を作成 ○ IPMI用 ○ vSphere用 メリット ○ AWS用 ・個々の仮想マシンの登録負荷軽減 ・基本情報監視アイテム化でリソース変化の管理可能 Zabbix Sender,Zabbix API便利! 2つを駆使することで柔軟にカスタマイズ可能!FrontEnd(Dashboard etc...) ● カスタマイズExternalScript実行結果をダッシュボードに表示 ● ホストに対する"操作"(起動・停止・再起動等)をダッシュボードから 直接実行可能 に ○ 実行リクエストはDeltaCloud経由で各環境に送付 ● コンソール接続画面 を追加 Customize Zabbix
  16. 16. デ モデモがうまくいかない場合は動画でどうぞ・・・ AWS: http://db.tt/qmcdL9OR IPMI: http://db.tt/igUwYe9S vSphere: http://db.tt/LWOHoCnM VNC: http://db.tt/Ynwc4UwU Demonstration
  17. 17. Console接続の仕組み Console Architecuture
  18. 18. 基本的なことだけできてもメリット少ない・・・マルチ環境間連携とか実現できないか?これから求められていくのは"CloudFederation"!環境間バックアップ・オートメーション等に挑戦でも実現方法は・・・?すでに存在するマルチクラウド運用管理ツールとの差別化はどうする?(Scalr,RightScaleなどなど沢山出てきている) Future Work
  19. 19. AWS,vSphere,物理マシンだけだと・・・幅広く管理できるようにならないか?KVM・Xen・その他OpenStackへの対応検討OpenStackなどに全ての環境を集約すればZabbixから実施できる必要ない?→既存の環境への影響をできる限り少なく・かつ統合管理したい場合もあるのでは? Future Work
  20. 20. 最終的には?統合管理できるZabbixを皆さんに使ってもらいたい Zabbix本体に機能をOSS公開? 取込んでもらえたらなぁ 外部ツール使いすぎて 厳しいかも・・・ Goal?
  21. 21. 目標! 1.公開できるレベルまで仕上げてどこかで公開 2.皆さんのご意見を聞きながら少しずつ良いものに3.Zabbixをクラウド時代の運用方法にもマッチしたツールに できなかったら... @ike_dai end

×