Why Agile Now ? - leanstartup and ARC

19,369 views

Published on

I spoke about Agile, in the context of could age.

Published in: Technology, Business
1 Comment
8 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
19,369
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14,894
Actions
Shares
0
Downloads
58
Comments
1
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Why Agile Now ? - leanstartup and ARC

  1. 1. Seeing is understanding. gile uby loud今、なぜアジャイルが注目されるのか~クラウド環境での素早いスタートアップ~ 株式会社チェンジビジョン 株式会社永和システムマネジメント 平鍋 健児 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 1
  2. 2. Seeing is understanding. なぜ今Agileか? かCopyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 2
  3. 3. Seeing is understanding.ミッション・リスク分割型ビジネスとウォーターフォール型開発(従来型) 市場分析 発注市場市場 ビジネス ビジネス IT IT リリース 納品 半年から3年 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 3
  4. 4. Seeing is understanding. 従来型の問題=要求の劣化 システムの機能の利用度 いつも使う 7% よく使う 13%たまに使う 16% 全く使われない ほとんど使われな 45% い 19% Standish group study report in 2000 chaos report Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 4
  5. 5. Seeing is understanding.ミッション・リスク共有型ビジネスとAgile型開発 ビジネスとITが一体になった ビジネスと が一体になった 「OneTeam」を作り、ミッション 」を作り、ミッション 市場 とリスクを共有する。 やってみて、結果から戦略を 作りながら進む。 ビジネス 市場 市場 ら 半年 間か 1週 IT IT Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 5
  6. 6. Seeing is understanding. Agileとは?Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 6
  7. 7. Seeing is understanding.短いサイクルで、分析、設計、実装、テストを並列に行うタイムボックス型、進化型開発 Waterfall 要求(スコープ) Agile 要求(スコープ) 分析 設計 実装時間 テスト 時間 Royce 1970 Beck 2000 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 7
  8. 8. アジャイル開発のプロセスモデル SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri ■プロセスモデル1 システム運用 要 開 テ 要 開 テ 要 開 テ 要 開 テ 要 開 テ 要 開 テ 企画 求 発 ス ・・・ 求 発 ス 求 発 ス ・・・ 求 発 ス ・・・ 求 発 ス ・・・ 求 発 ス ト ト ト ト ト ト 第1反復 第n反復 第1反復 第n反復 第1反復 第n反復 第1リリース 第2リリース 第mリリース• n=1のケースもあり。 Copyright © 2005-2007 Kenji HIRANABE, Some rights Software Engineering Center 8 reservedCopyright © 2011 IPA, All Rights Reserved
  9. 9. Seeing is understanding. スクラム(Scrum) スクラム 朝会 朝会 24 時間 製品 製品 スプリント スプリント 出荷可能 出荷可能バックログバックログ バックログ バックログ ソフトウェア ソフトウェア 1-4 週 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 9
  10. 10. Seeing is understanding.タスクかんばん Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 10
  11. 11. Seeing is understanding.astah* 開発チーム例 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 11
  12. 12. Seeing is understanding. 日本での事例Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 12
  13. 13. Seeing is understanding. 出典:アジャイルジャパン、富士通事例Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 『モチベーション駆動開発 13
  14. 14. Seeing is understanding. Copyright (C) 2011 Change 実例:ユーザー企業責任で25サイトをアジャイルに開発』 実例:ユーザー企業責任で25 25サイトをアジャイルに開発出典:アジャイルジャパン、リクルート事例 『Vision Corporation. All Rights Reserved. サイトをアジャイルに開発』 14
  15. 15. Seeing is understanding.出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例出典:アジャイルジャパン、良品計画+USP研究所事例 『スピードがすべてを駆逐する Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation.USP All Rights Reserved. 15
  16. 16. Seeing is understanding.アジャイルの導入の難しさ(1)アジャイルの導入の難しさ開発側本を読んでも、具体的にどうやって良いかわからない。ファシリテーション(場作りとコミュニケーション)には、慣れがいる。組織全体を変えるのは難しい。試行プロジェクトをやってみたい。 そこで… そこで Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 16
  17. 17. Seeing is understanding.永和システムマネジメントが提供する、コンサルティングサービスhttp://www.esm.co.jp/trial/new-agile-contracts-service.html Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 17
  18. 18. Seeing is understanding.アジャイルの導入の難しさ(2)アジャイルの導入の難しさ顧客側全体の仕様を固めないで、本当に始められるのか?本当に満足のいく品質のものができるか?ROIは妥当なのか? そこで… そこで Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 18
  19. 19. 永和システムマネジメントが提供するシステム構築サービスhttp://www.esm.co.jp/trial/new-agile-contracts-service.html
  20. 20. Seeing is understanding. Agile Ruby Cloud Lean StartupCopyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 20
  21. 21. Seeing is understanding. Agile の外側どこから来て どこへ行く Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 21
  22. 22. Seeing is understanding. ?Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 22
  23. 23. Seeing is understanding.Lean Startup進歩の単位: 顧客についての検証された知識 ($$$) 問題: Unknown 解決: Unknown Eric Ries (@ericries) Copyright (C) 2011 Change Visionhttp://startuplessonslearned.blogspot.com Corporation. All Rights Reserved. 23
  24. 24. Eric Ries (@ericries) http://startuplessonslearned.blogspot.com IDEAS素早く学習 素早くコード LEARN BUILDAB テスト 単体テスト顧客インタビュー ユーザビリティテスト顧客開発 継続的結合なぜなぜ5回、真因分析 漸進開発顧客アドバイザリボード オープンソース利用仮説検証 クラウドプロダクト・オーナーの責任 DATA CODE クラスタ免疫システム顧客タイプ分析 JITスケーラビリティ機能横断チーム リファクタリング半自立チーム デベロパーサンドボックススモークテスト 素早く測定 MEASURE AB テスト 漏斗分析 明確なプロダクトオーナ コホート分析 継続的開発 ネットプロモータスコア ユーザビリティテスト 検索エンジンマーケティング リアルタイムモニタ リアルタイムアラート 顧客代表 予測的モニタリング
  25. 25. http://market-by-numbers.com/2010/02/complementary-iteration-loops-product-and-customer-development/
  26. 26. Seeing is understanding. ARCAglie 顧客参画と繰り返し。フィードバック。Ruby (on Rails) 開発者に優しい。スピード。Cloud 小さな初期投資。スケールアウト。Lean Startup+顧客開発。ムダなく流れを作る。 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 26
  27. 27. Seeing is understanding.http://dropasta.com/ Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 27

×