Your SlideShare is downloading. ×
コミュニティとUX
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

コミュニティとUX

989

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
989
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. @ C H A C H A K I 2 0 1 0 / 1 0 / 30 U X の か ら 騒 ぎ / U X も や も や 会 コミュニティとUX/HCD
  • 2. 自己紹介  chachaki  情報家電  Android  人間中心デザイン  DevLOVE  もやもやブランド
  • 3. 人間中心デザイン  ユーザビリティ  UX
  • 4. DevLOVE  開発を愛する人達の集まり  開発の楽しさを 広げよう  開発の現場を 前進させよう
  • 5. 勉強会開催
  • 6. ワークショップ
  • 7. Dluid  DevLove UserInterfaceDesign
  • 8. おおまかな流れ  Dluidに参加 ↓ やっべ、デザイン思考面白ぇ ↓ 勉強したいなーでも方法分からないなー  「人間中心デザイン」開講 ↓ !!  受講なう ←イマココ
  • 9. そもそも何故  機能や技術セットが多すぎる  Silverlight / Flash / Flex / AIR  CSS / HTML / HTML5 (以下略  HTTP  MPEG / WMV / MP3  クラウド / GAE / Amazon EC2 / Windows Azure  iPhone / Android  多すぎ  何勉強したらいいか分からない!
  • 10. 技術何のために  ユーザーのために!  ユーザーのことを考えられるようになれば何でもできる! 迷わず行けよ!行けば分かるさ!ありがとー!
  • 11. UX? UX ユーザー体験 ユーザー経験 デザイン思考 おもてなし 情報デザイン 情報アーキテクチャ 人間中心設計 人間中心デザイン 完全に一致
  • 12. UX? 別にもやもやしてませんけど? (虚ろな目で ごめんなさい、ググりたいです
  • 13. HCDを学んで 実践? 理論? せっかく学んだことを 試せないことがもやもや
  • 14. やってみた
  • 15. やってみようず  Devlove LED  Lightning Energized Development  デザイン思考でやろうず!  ペルソナつくろうず!
  • 16. 手を動かすこと  手法を手法で終わらせたくない  もっと深く、有効に使いたい
  • 17. 以降は  Devloveの papanda さんの提供でお送りします http://www.slideshare.net/papanda/s-ier-3225895
  • 18. J・F・ケネディ 「我々は月に行く という選択をした」
  • 19. 月に
  • 20. 月へ  私が目指す月と、あなたが目指す月は違うかもしれない。 同じかもしれない。  コミュニティに入れば、ヒントが得られるかもしれない 月に行くには何が必要か
  • 21. 乗り物 乗り物が必要だ UX/HCDの手法は乗り物 それはエンジニアの技術力 デザイナの設計力 ユーザーに対する理解力 etc…
  • 22. 断ち切る  月へ行くには重力を断ち切る必要がある  仕様です  契約です  技術的に不可能です  何夢見てるんですか  やる気があればきっと変わる  少しずつ変われば、今よりずっと良くなる
  • 23. J・F・ケネディ 「我々は月に行く という選択をした」
  • 24. 月に
  • 25. 突き抜けて 重力を断ちきって 乗り物を使って もやもやの雲を突き抜けて
  • 26. 月に
  • 27. ありがとうございました。 @chachaki

×