SlideShare a Scribd company logo
UXデザインのための
ユーザーの価値観分析WS
〜KA法を試してみよう〜
at DevLOVE関西
2014.01.26
ちゃちゃき@chachaki

DevLOVE: http://www.devlove.org/

1
ちゃちゃき
@chachaki
宮城県出身
昼:エクスペリエンスアーキテクト
夜:コミュニティイベント主宰
DevLOVE(無印&仙台) / hcdvalue
DevLOVE: http://www.devlove.org/

2
DevLOVE
Name: DevLOVE
since: 2008.06.21
Concept:
開発の楽しさを発見しよう。広げよう。
開発の現場を前進させよう。
Number: #153 ?
DevLOVE

3
DevLOVE
「現場=Gemba」のHubとなる
HangarFlight
「広さ」と「深さ」
git・redis/最愛戦略/UXD/サービスデザイン/オ
ブジェクト指向/キャリアデザイン/Web解析
/Lean Startup/etc….
DevLOVE

4
DevLOVE

DevLOVE

5
hcdvalueの紹介:コンセプト

コンセプト:

現場で使える人間中心設計の実践
hcdvalueとは何か:
2011年2月に発足した社外勉強会コミュニ
ティ
hcdvalue: http://site.hcdvalue.org/

6
hcdvalueの紹介:メンバー構成

産業技術大学院大学履修証明プログラム
「人間中心デザイン」

2010
HCDに
興味が
ある方

2011

2012

hcdvalue
hcdvalue: http://site.hcdvalue.org/

7
hcdvalueの紹介:メンバー構成

職種

業種

hcdvalue
エンジニア
デザイナー
インフォメーションアーキテクト
企画・ディレクター
コーダー
研究開発
etc.
hcdvalue: http://site.hcdvalue.org/

webサービス系
webメディア系
SIer系
メーカー系
広告系
etc.

8
hcdvalue紹介:活動内容
• 議論する

• 試す
– アプリアワード応
募
– WS企画

– UX白書翻訳
– ISO9241-210読書会

• 発表する

• 交流する
– 懇親会 / 忘年会
– 他団体とコラボ

– HI学会など
– 研究会・セミナー
など

hcdvalue: http://site.hcdvalue.org/

9
「人間中心デザイン」
(ユーザー中心デザイン)
と
システム設計
[今日の目的]
☓KA法を学ぶ

◯KA法を通して
– ユーザー視点の大切さを学ぶ
– ユーザー視点の分析の考え方を学ぶ

DevLOVE: http://www.devlove.org/

11
第一部 UXとUXDとHCDについて
第二部 KA法概要とインタビュー
第三部 KAカードの作成
第四部 KA価値マップの作成
第五部 まとめ

DevLOVE: http://www.devlove.org/

12
第一部 UXとUXDとHCDについて
第二部 KA法概要とインタビュー
第三部 KAカードの作成
第四部 KA価値マップの作成
第五部 まとめ

DevLOVE: http://www.devlove.org/

13
第一部
UXとUXDとHCDについて
DevLOVE: http://www.devlove.org/

14
DevLOVE: http://www.devlove.org/

15
ファッ!?
DevLOVE: http://www.devlove.org/

16
インタラク
ション(Ix)
UI
Web
サービス
ヒト

UX

画面
など
システム

コンテキスト(利用状況)
DevLOVE: http://www.devlove.org/

17
UX白書(2011)を読んでね!

現象

実践

としてのUX

としてのUX

としてのUX

UX

ex.

研究分野

UX研究
UXD研究

UXD

健康

医学

医療行為
http://site.hcdvalue.org/docs

DevLOVE: http://www.devlove.org/

18
UX白書(2011)を読んでね!
予期的
UX

一時的
UX

エピソード
的UX

累積的
UX

利用前

利用中

利用後

利用時間
全体

体験を
想像する

体験する

ある体験を
内省する

回想する

iPhoneに触れ
る前、CM

iPhoneを
使ってる間

iPhoneを思い
返す時

iPhoneに「意
味」が出る
無くてはならな
いものになる

http://site.hcdvalue.org/docs

DevLOVE: http://www.devlove.org/

19
デザイン=設計 or 意匠
→ここでは「設計」の意
UXのために「設計」する
UXのために「計画」する
→設計・計画することで”再生産可能”に
(産業革命以降の工業デザインの流れを受けています)
DevLOVE: http://www.devlove.org/

20
設計・計画することで”再生産可能”に
(産業革命以降の工業デザインの流れを受けています)

DevLOVE: http://www.devlove.org/

21
ソフトウェア開発に
(無理やり)
当てはめてみます

DevLOVE: http://www.devlove.org/

22
ドメイン大事!

ソフトウェア
サービス
開発

ユーザー大事!

データ大事!

その他色々大事!
DevLOVE: http://www.devlove.org/

23
ドメイン大事!
ふぇぇ…

ソフトウェア
サービス
開発

ユーザー大事!

データ大事!

その他色々大事!
DevLOVE: http://www.devlove.org/

24
建築とは違い、ソフトウェア
には「重力」がないため、何
を下とするか、何を土台とす
るかを決める必要があります

ドメイン大事!

ソフトウェア
サービス
開発

ユーザー大事!

データ大事!

その他色々大事!
DevLOVE: http://www.devlove.org/

25
ソフトウェアやサービスを
ドメイン大事!
デザインする考え方の一つ
ソフトウェア
サービス
開発

データ大事!
ユーザー大事!

その他大事!
DevLOVE: http://www.devlove.org/

26
ある
UX

開発者 デザイナ

運用担当

ユーザー
サポート

DevLOVE: http://www.devlove.org/

マーケタ

27
ユーザーを共通認識とした
組織のデザイン
ユーザーのシナリオのデザイン

ユーザーのことを考えた
UI・グラフィックのデザイン

DevLOVE: http://www.devlove.org/

28
ユーザーを共通認識とした
組織のデザイン
ユーザーのシナリオのデザイン

UXを提供する仕組み
の仕組みのデザイン

UXを提供するための

仕組みのデザイン

ユーザーのことを考えた
UI・グラフィックのデザイン

DevLOVE: http://www.devlove.org/

UXのための
人工物のデザイン

29
[ここまでのまとめ]
・UXは、ヒトの感情の変化
・語る人、文脈によって、UXの指すものは変化
する
・UXDはユーザー(ヒトとの関わり)を軸に”再生
産可能な”体験のためにデザイン・開発していこ
うという姿勢・考え方。仕組みのデザイン。
・グラフィックデザイン、ユーザーシナリオデザ
イン、組織デザインと対象が拡大中
DevLOVE: http://www.devlove.org/

30
UX->UXD->HCD

DevLOVE: http://www.devlove.org/

31
ユーザーを共通認識とした
組織のデザイン
ユーザーのシナリオのデザイン
UXを提供するための

仕組みのデザイン

ユーザーのことを考えた
UI・グラフィックのデザイン
よしやろう!

調べてみる
いい製品だ!

評価する

分析する

作ってみる
ISO9241-210のHCDプロセス
人間中心設計
プロセスの計
画
利用状況の
把握と明示

システムが
ユーザーの要
求事項を満た
す
要求事項に
対する
設計の評価

ユーザーの
要求事項の
明示

ユーザーの
要求を満たす
解決策の作成
HCDプロセスの手法・技法
利用状況の把握と明示
観察/インタビューなど

要求事項に対する設計の
評価

ユーザーの要求事項
の明示

ユーザーテストなど

ユーザーモデリングなど
ユーザーの要求事項を
満たす解決策の作成
プロトタイピングなど

DevLOVE: http://www.devlove.org/

35
Human
Centered
Design

ユーザーの
要求事項に
対する設計
の評価

利用状況の
把握と明示

MEA
SURE

LEARN
ユーザーの
要求事項の
明示

BUILD
設計による
解決策の作
成

Lean
Startup
第一部 UXとUXDとHCDについて
第二部 KA法概要とインタビュー
第三部 KAカードの作成
第四部 KA価値マップの作成
第五部 まとめ

DevLOVE: http://www.devlove.org/

37
第二部
KA法概要とインタビュー
DevLOVE: http://www.devlove.org/

38
HCDプロセスの手法・技法
利用状況の把握と明示
観察/インタビューなど

要求事項に対する設計の
評価

ユーザーの要求事項
の明示

ユーザーテストなど

ユーザーモデリングなど
ユーザーの要求事項を
満たす解決策の作成
プロトタイピングなど

DevLOVE: http://www.devlove.org/

39
KA法とは?
当時、紀文食品に居た浅田和実
(Asada Kazumi)さんが開発した手法。
元々はマーケティング分野の手法
として著作で公開された。
それをデザイン用途で千葉工大の
安藤昌也先生がモディファイした。
「小ヒット」の商品を生み出すことを
目的としている。
DevLOVE: http://www.devlove.org/

40
こんな人が

こんなことをした

DevLOVE: http://www.devlove.org/

こんな価値
のために

41
こんな人が

こんなことをした

DevLOVE: http://www.devlove.org/

こんな価値
のために

42
こんな人が

こんなことをした

DevLOVE: http://www.devlove.org/

こんな価値
のために

43
[属性]

[行動]

こんな人が

こんなことをした

DevLOVE: http://www.devlove.org/

[価値]
こんな価値
のために

44
[属性]

[行動]

こんな人が

こんなことをした

[価値]
こんな価値
のために

今回はここ[価値]
にフォーカス

DevLOVE: http://www.devlove.org/

45
1.出来事集め
→観察、インタビュー…(定性調査

2.KAカード作成
→「出来事」「心の声」「生活価値」
を書く

KA法
3.KAマップ作成
→「中分類」「大分類」を行なう
DevLOVE: http://www.devlove.org/

46
KAカード作成手順
①出来事を描く

②ユーザーの心の声を
想像して描く

④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

47
KAカード作成手順
「状況+行動」or「行動
+結果」を必ず入れる。
「〜だったので」「〜
②ユーザーの心の声を した」 ④複数枚作成する
「〜したら」「〜だっ
想像して描く
た」
③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
①出来事を描く

DevLOVE: http://www.devlove.org/

48
KAカード作成手順
①出来事を描く

②ユーザーの心の声を
想像して描く

出来事でユーザーが言
いそうな言葉を想像し
て描く。
ベタな表現でOK!
想像しやすくするstep

④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

49
KAカード作成手順
①出来事を描く

②ユーザーの心の声を
想像して描く

出来事+心の声で

「〜する価値」
と動詞+価値として描
く
④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

50
KAカード作成手順

ファッ!?
①出来事を描く

②ユーザーの心の声を
想像して描く

④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

51
KAカード作成手順

練習(素振り)をしましょう!
①出来事を描く
②ユーザーの心の声を
想像して描く

④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

52
例題1:5分

それほど期待していない物件だったが、
実際に内見に行ったらとても静かで居心
地が良さそうだったのでそこに決めた。

②ユーザーの心の声を
想像して描く

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

53
例題1:5分

「〜だったので」「〜した」
「〜したら」「〜だった」

それほど期待していない物件だったが、
実際に内見に行ったらとても静かで居心
地が良さそうだったのでそこに決めた。

②ユーザーの心の声を
想像して描く

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く

出来事でユー
ザーが言いそう
な言葉を想像し
て描く。

「〜する価値」

DevLOVE: http://www.devlove.org/

54
例題2:5分

南向きですごく安い物件があってそこに
決めようとしたが、実際に内見に行った
ら窓のすぐ前に建物があって、全く日が
ささなかったのでやめた。

②ユーザーの心の声を
想像して描く

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

55
例題2:5分

「〜だったので」「〜し
た」
「〜したら」「〜だった」

南向きですごく安い物件があってそこに
決めようとしたが、実際に内見に行った
ら窓のすぐ前に建物があって、全く日が
ささなかったのでやめた。

②ユーザーの心の声を
想像して描く

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く

出来事でユー
ザーが言いそう
な言葉を想像し
て描く。

「〜する価値」

DevLOVE: http://www.devlove.org/

56
例題2:5分
未充足の価値
南向きですごく安い物件があってそこに
決めようとしたが、実際に内見に行った
ら窓のすぐ前に建物があって、全く日が
ささなかったのでやめた。

②ユーザーの心の声を
想像して描く

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

57
1.出来事集め
→観察、インタビュー…(定性調査

2.KAカード作成
→「出来事」「心の声」「生活価値」
を書く

KA法
3.KAマップ作成
→「中分類」「大分類」を行なう
DevLOVE: http://www.devlove.org/

58
DevLOVE: http://www.devlove.org/

59
まず「価値が似たカード」を
寄せてください。
ラベルを先に考えてはいけません!
「これは◯◯系」という言葉が
出たら要注意です!

DevLOVE: http://www.devlove.org/

60
「〜する価値」
というラベルに
してください

中分類

DevLOVE: http://www.devlove.org/

61
「〜する価値」
というラベルに
してください

中分類

1つだけ「その他の価値」と
いうラベルを作ってOKです。
(「世界平和」といったレイヤ
が違う価値が出てきた時に無
理に分類しないために作成し
ます」)

DevLOVE: http://www.devlove.org/

その他
の価値

62
大分類

DevLOVE: http://www.devlove.org/

63
DevLOVE: http://www.devlove.org/

64
DevLOVE: http://www.devlove.org/

65
ではやってみましょう!

DevLOVE: http://www.devlove.org/

66
1.出来事集め
→観察、インタビュー…(定性調査

2.KAカード作成
→「出来事」「心の声」「生活価値」
を書く

KA法
3.KAマップ作成
→「中分類」「大分類」を行なう
DevLOVE: http://www.devlove.org/

67
• ブレインマップ
「脳内メーカー」
インタビューの
きっかけツール

インタビューされる
人に書いてもらう
DevLOVE: http://www.devlove.org/

68
1. ブレインマップを書いてください。(5
分)
2. ブレインマップとメモを2人1組になっ
て交換して、読んでください。(3分)
3. 気になったところを中心に、相手にイ
ンタビューしてください。メモをいっ
ぱい書きこんでください。(12分x2)
DevLOVE: http://www.devlove.org/

69
第一部 UXとUXDとHCDについて
第二部 KA法概要とインタビュー
第三部 KAカードの作成
第四部 KA価値マップの作成
第五部 まとめ

DevLOVE: http://www.devlove.org/

70
第三部
KAカードの作成
DevLOVE: http://www.devlove.org/

71
KAカード作成手順
①出来事を描く

②ユーザーの心の声を
想像して描く

④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

72
KAカード作成手順
「状況+行動」or「行動
+結果」を必ず入れる。
「〜だったので」「〜
②ユーザーの心の声を した」 ④複数枚作成する
「〜したら」「〜だっ
想像して描く
た」
③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
①出来事を描く

DevLOVE: http://www.devlove.org/

73
KAカード作成手順
①出来事を描く

②ユーザーの心の声を
想像して描く

出来事でユーザーが言
いそうな言葉を想像し
て描く。
ベタな表現でOK!
想像しやすくするstep

④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

74
KAカード作成手順
①出来事を描く

②ユーザーの心の声を
想像して描く

出来事+心の声で

「〜する価値」
と動詞+価値として描
く
④複数枚作成する

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

75
未充足の価値
久しぶりの友人が電話をくれた瞬間、充
電がなくなってスマートフォンの電池が
切れてしまった。

②ユーザーの心の声を
想像して描く

③(太字で)ユーザーの
「生活価値」を描く
DevLOVE: http://www.devlove.org/

76
• 1人最低6枚以上、10枚を目標に!
• 「価値」が大事です。小さい価値で構わ
ないので、ユーザーにとっての「価値」
を書きましょう!

DevLOVE: http://www.devlove.org/

77
第一部 UXとUXDとHCDについて
第二部 KA法概要とインタビュー
第三部 KAカードの作成
第四部 KA価値マップの作成
第五部 まとめ

DevLOVE: http://www.devlove.org/

78
第四部
KA価値マップの作成
DevLOVE: http://www.devlove.org/

79
DevLOVE: http://www.devlove.org/

80
まず、「価値が似たカード」
を寄せてください。ラベルを
先に考えてはいけません!
「これは◯◯系」という言葉
が出たら要注意です!

DevLOVE: http://www.devlove.org/

81
「〜する価値」
というラベルに
してください

中分類

DevLOVE: http://www.devlove.org/

82
「〜する価値」
というラベルに
してください

中分類

1つだけ「その他の価値」と
いうラベルを作ってOKです。
(「世界平和」といったレイヤ
が違う価値が出てきた時に無
理に分類しないために作成し
ます」)

DevLOVE: http://www.devlove.org/

その他
の価値

83
大分類

DevLOVE: http://www.devlove.org/

84
第五部
まとめ
DevLOVE: http://www.devlove.org/

85
[参考]
• 質的分析手法(定性分析)
– Grounded Theory Approach(GTA)
– Modified–GTA(m-GTA)
→ 社会学、会話分析(EMCA)・エスノメソドロ
ジーからのアプローチ

DevLOVE: http://www.devlove.org/

86
[参考]私がKA法を好きな理由
「どんな小さなコトにも価値がある」
「あるある」「ふーん」「なるほど」

DevLOVE: http://www.devlove.org/

87

More Related Content

What's hot

小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介
小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介
小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介
Akiyah
 
Techlion vol8 yusuke #techlion
Techlion vol8 yusuke #techlionTechlion vol8 yusuke #techlion
Techlion vol8 yusuke #techlion
Yusuke Yamamoto
 
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
Yukei Wachi
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
Kaoru NAKAMURA
 
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれからエンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
Yusuke Suzuki
 
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
Yusuke Suzuki
 
失敗から学ぶAndroid設計話
失敗から学ぶAndroid設計話失敗から学ぶAndroid設計話
失敗から学ぶAndroid設計話
chigichan24
 
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へモバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
ekushida
 
反復型ソフトウェア開発の勘所
反復型ソフトウェア開発の勘所反復型ソフトウェア開発の勘所
反復型ソフトウェア開発の勘所
Yoshifumi Tsuda
 
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
Yasuhiro Horiuchi
 
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011
Yusuke Suzuki
 
Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界
Hal Seki
 
アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan
アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan
アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan
Yusuke Suzuki
 
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Akio Hoshi
 
[devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く!
[devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く![devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く!
[devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く!
tocfebootcamp
 
ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA
ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiAワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA
ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA
Ryutaro YOSHIBA
 
デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料
デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料
デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料
Shinichiro Isago
 
Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術
Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術
Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術
Yuichi Ota
 
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
インフラジスティックス・ジャパン株式会社
 

What's hot (20)

小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介
小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介
小さいカイゼンをまぁまぁうまく回しているチームとツールの紹介
 
Techlion vol8 yusuke #techlion
Techlion vol8 yusuke #techlionTechlion vol8 yusuke #techlion
Techlion vol8 yusuke #techlion
 
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
人が作るソフトウェア 〜今組織パターンを読む意味〜
 
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
【15-e-7】Kinectから始まったスタートアップ #devsumi
 
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれからエンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
エンタープライズ、アーキテクチャ、アジャイルのこれから
 
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
マイクロサービスに至る歴史とこれから - XP祭り2021
 
失敗から学ぶAndroid設計話
失敗から学ぶAndroid設計話失敗から学ぶAndroid設計話
失敗から学ぶAndroid設計話
 
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へモバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
モバイル&コンシューマ向けのシステム開発ができるPHP&Javaプログラマの皆様へ
 
反復型ソフトウェア開発の勘所
反復型ソフトウェア開発の勘所反復型ソフトウェア開発の勘所
反復型ソフトウェア開発の勘所
 
15 c5 dad
15 c5 dad15 c5 dad
15 c5 dad
 
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
【15-B-1】AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド
 
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011
なぜソフトウェアアーキテクトが必要なのか - デブサミ2011
 
Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界Open dataとハッカソンで変わる世界
Open dataとハッカソンで変わる世界
 
アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan
アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan
アーキテクチャとアジャイルプロジェクトをまともに進めるための両輪について-DevLOVE関西 #DevKan
 
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
Developers Summit 2013【15-B-8】タブレット進化論
 
[devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く!
[devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く![devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く!
[devsumi2013]【15-D-7】実演!現場の悩みをTOCfEで考え抜く!
 
ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA
ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiAワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA
ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA
 
デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料
デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料
デブサミ2013【15D-3】Azureセッション資料
 
Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術
Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術
Devsumi2013_15-c-7 アドテク・ターゲティング技術
 
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
 

Viewers also liked

主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)
主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)
主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)
chachaki chachaki
 
DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」
DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」
DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」
Tarumoto Tetsuya
 
20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版
20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版
20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版
chachaki chachaki
 
エスノグラフィック・デザインアプローチ
エスノグラフィック・デザインアプローチエスノグラフィック・デザインアプローチ
エスノグラフィック・デザインアプローチ
Masaya Ando
 
人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント
人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント
人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント
Masaya Ando
 
20150627 リモートワークでチームを組むということ
20150627 リモートワークでチームを組むということ20150627 リモートワークでチームを組むということ
20150627 リモートワークでチームを組むということ
chachaki chachaki
 
人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?
人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?
人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?
Masaya Ando
 
UX白書サマリー資料20111015
UX白書サマリー資料20111015UX白書サマリー資料20111015
UX白書サマリー資料20111015
hcdvalue
 

Viewers also liked (8)

主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)
主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)
主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました(2015年10月10日 Devlove現場甲子園2015東北大会)
 
DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」
DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」
DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」
 
20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版
20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版
20170121 ユーザー同士を結ぶサービスの構造 公開版
 
エスノグラフィック・デザインアプローチ
エスノグラフィック・デザインアプローチエスノグラフィック・デザインアプローチ
エスノグラフィック・デザインアプローチ
 
人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント
人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント
人間中心設計の国際規格ISO9241-210:2010のポイント
 
20150627 リモートワークでチームを組むということ
20150627 リモートワークでチームを組むということ20150627 リモートワークでチームを組むということ
20150627 リモートワークでチームを組むということ
 
人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?
人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?
人工知能技術は人間中心設計の議論の俎上に載せ得るか?
 
UX白書サマリー資料20111015
UX白書サマリー資料20111015UX白書サマリー資料20111015
UX白書サマリー資料20111015
 

Similar to 20140126 KA法ワークショップ@DevLOVElove関西

20140213 hcdvalue コミュニティLT
20140213 hcdvalue コミュニティLT20140213 hcdvalue コミュニティLT
20140213 hcdvalue コミュニティLT
chachaki chachaki
 
明日からデキるUXデザイン#1講義編
明日からデキるUXデザイン#1講義編明日からデキるUXデザイン#1講義編
明日からデキるUXデザイン#1講義編
Mari Takahashi
 
2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義
2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義
2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義
chachaki chachaki
 
デザイン・エンジニアがWeb開発で考えること
デザイン・エンジニアがWeb開発で考えることデザイン・エンジニアがWeb開発で考えること
デザイン・エンジニアがWeb開発で考えること
Kohei Kakudo
 
20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」
20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」
20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」
chachaki chachaki
 
リーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkan
リーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkanリーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkan
リーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkan
Itsuki Kuroda
 
ON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったこと
ON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったことON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったこと
ON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったこと
Masakazu Muraoka
 
Inceptiondeck_Workshop_yohhatu
Inceptiondeck_Workshop_yohhatuInceptiondeck_Workshop_yohhatu
Inceptiondeck_Workshop_yohhatu
Yoh Nakamura
 
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
Mari Takahashi
 
20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる
20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる
20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる
chachaki chachaki
 
Html5時代のクリエイターのあり方
Html5時代のクリエイターのあり方Html5時代のクリエイターのあり方
Html5時代のクリエイターのあり方
Masakazu Muraoka
 
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
Jiji Kim
 
時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016
時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016
時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016
Chiharu Kodama
 
次世代Web業務アプリケーション
次世代Web業務アプリケーション次世代Web業務アプリケーション
次世代Web業務アプリケーション
Fumio SAGAWA
 
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKIデザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
Hideki Akiba
 
Kerasで可視化いろいろ
Kerasで可視化いろいろKerasで可視化いろいろ
Kerasで可視化いろいろ
Masakazu Muraoka
 
コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?
コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?
コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?
Kohei Kakudo
 

Similar to 20140126 KA法ワークショップ@DevLOVElove関西 (20)

コミュニティとUX
コミュニティとUXコミュニティとUX
コミュニティとUX
 
20140213 hcdvalue コミュニティLT
20140213 hcdvalue コミュニティLT20140213 hcdvalue コミュニティLT
20140213 hcdvalue コミュニティLT
 
明日からデキるUXデザイン#1講義編
明日からデキるUXデザイン#1講義編明日からデキるUXデザイン#1講義編
明日からデキるUXデザイン#1講義編
 
2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義
2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義
2020年01月24-25日 「仮説検証型UXデザイン特論」 講義資料 @産技大講義
 
デザイン・エンジニアがWeb開発で考えること
デザイン・エンジニアがWeb開発で考えることデザイン・エンジニアがWeb開発で考えること
デザイン・エンジニアがWeb開発で考えること
 
20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」
20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」
20131109 DevLOVE現場甲子園2013「コミュニティとカンパニーの距離 デザインとエンジニアリングの距離」
 
リーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkan
リーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkanリーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkan
リーンスタートアップと顧客開発とアジャイル開発を一気通貫するッ #devlove #devkan
 
Devsumi2013 community
Devsumi2013 communityDevsumi2013 community
Devsumi2013 community
 
ON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったこと
ON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったことON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったこと
ON HTML5 FIELD で書き尽くせなかったこと
 
Inceptiondeck_Workshop_yohhatu
Inceptiondeck_Workshop_yohhatuInceptiondeck_Workshop_yohhatu
Inceptiondeck_Workshop_yohhatu
 
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
明日からデキるUXデザイン #2ワークショップ編
 
20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる
20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる
20130309 DevLOVE仙台 意図と意欲を繋げる
 
Html5時代のクリエイターのあり方
Html5時代のクリエイターのあり方Html5時代のクリエイターのあり方
Html5時代のクリエイターのあり方
 
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
0から始めるUXデザイン(UXデザインの組織を作る)
 
時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016
時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016
時代の変化と私にとってのデザイン ― UI Crunch for YOUTH U25 2016
 
次世代Web業務アプリケーション
次世代Web業務アプリケーション次世代Web業務アプリケーション
次世代Web業務アプリケーション
 
#nds34 LT
#nds34 LT#nds34 LT
#nds34 LT
 
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKIデザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
 
Kerasで可視化いろいろ
Kerasで可視化いろいろKerasで可視化いろいろ
Kerasで可視化いろいろ
 
コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?
コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?
コラボレーティブデザインを実践するエンジニアは何を考えているのか?
 

More from chachaki chachaki

ひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンス
ひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンスひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンス
ひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンス
chachaki chachaki
 
コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会
コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会
コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会
chachaki chachaki
 
利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)
利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)
利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)
chachaki chachaki
 
(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介
(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介
(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介
chachaki chachaki
 
20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料
20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料
20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料
chachaki chachaki
 
20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ
20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ
20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ
chachaki chachaki
 
20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)
20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)
20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)
chachaki chachaki
 
ギルドワークスに入ってやったこと・学んだこと
ギルドワークスに入ってやったこと・学んだことギルドワークスに入ってやったこと・学んだこと
ギルドワークスに入ってやったこと・学んだこと
chachaki chachaki
 
AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)
AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)
AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)
chachaki chachaki
 
20160625 アジャイル巡業仙台
20160625 アジャイル巡業仙台20160625 アジャイル巡業仙台
20160625 アジャイル巡業仙台
chachaki chachaki
 
私以外私じゃないの 完全版(20160611 第二回ドアラカンファレンス)
私以外私じゃないの 完全版(20160611  第二回ドアラカンファレンス)私以外私じゃないの 完全版(20160611  第二回ドアラカンファレンス)
私以外私じゃないの 完全版(20160611 第二回ドアラカンファレンス)
chachaki chachaki
 
UX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jp
UX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jpUX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jp
UX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jp
chachaki chachaki
 
20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」
20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」
20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」
chachaki chachaki
 
学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜
学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜
学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜
chachaki chachaki
 
ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容
ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容
ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容
chachaki chachaki
 
勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014
勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014 勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014
勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014
chachaki chachaki
 
20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料
20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料
20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料
chachaki chachaki
 
DevLOVE仙台の野望
DevLOVE仙台の野望DevLOVE仙台の野望
DevLOVE仙台の野望
chachaki chachaki
 
2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望
2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望
2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望
chachaki chachaki
 
20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話
20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話
20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話
chachaki chachaki
 

More from chachaki chachaki (20)

ひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンス
ひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンスひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンス
ひとりの心の内を「ことば」にして、間合いをはかる。 #1on1カンファレンス
 
コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会
コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会
コデザインの紹介20210308 ゲーミファイ・ネットワーク勉強会
 
利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)
利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)
利用者の声分析ワークショップ (XP祭り2020)
 
(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介
(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介
(飲み会ネタ)フリースタイルMCバトル紹介
 
20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料
20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料
20181103ドラッカー風エクササイズ補足資料
 
20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ
20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ
20170902 ことば探しから始める情報設計ワークショップ
 
20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)
20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)
20170701 仮説検証に追随するソフトウェア開発をするために大切なこと (DevLOVE関西)(公開版)
 
ギルドワークスに入ってやったこと・学んだこと
ギルドワークスに入ってやったこと・学んだことギルドワークスに入ってやったこと・学んだこと
ギルドワークスに入ってやったこと・学んだこと
 
AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)
AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)
AIへの期待 わかること、わからないこと(AI eats UX)
 
20160625 アジャイル巡業仙台
20160625 アジャイル巡業仙台20160625 アジャイル巡業仙台
20160625 アジャイル巡業仙台
 
私以外私じゃないの 完全版(20160611 第二回ドアラカンファレンス)
私以外私じゃないの 完全版(20160611  第二回ドアラカンファレンス)私以外私じゃないの 完全版(20160611  第二回ドアラカンファレンス)
私以外私じゃないの 完全版(20160611 第二回ドアラカンファレンス)
 
UX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jp
UX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jpUX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jp
UX白書のあまり紹介されてないところを紹介するよ! #hcdvalue #uxjam_jp
 
20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」
20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」
20160228 如月会発表資料「私以外私じゃないの?」
 
学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜
学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜
学ぶことを学ぶ 〜ShareWis開発のための価値探索をしてわかったこと〜
 
ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容
ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容
ユーザー行動を時系列に並べる各手法の開発現場における受容
 
勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014
勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014 勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014
勉強会コミュニティでのコラボレーション事例 ~同じテーマを異なる視点で捉えることの意味~ 20150308@DIGRA2014
 
20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料
20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料
20150219 デブサミコミュニティLT hcdvalue紹介資料
 
DevLOVE仙台の野望
DevLOVE仙台の野望DevLOVE仙台の野望
DevLOVE仙台の野望
 
2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望
2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望
2015 DevLOVE現場甲子園東北大会の野望
 
20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話
20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話
20141007 仕事・コミュニティ・学びの「間」の話
 

20140126 KA法ワークショップ@DevLOVElove関西