hcdvalue紹介(devsumi2013)

947 views

Published on

Published in: Design
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
947
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
48
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

hcdvalue紹介(devsumi2013)

  1. 1. hcdvalueの紹介Developers Summit 2013 @chachaki 2013.02.15
  2. 2. 自己紹介@chachaki (ちゃちゃき)・エンジニア(エクスペリエンスアーキテクト)・産業技術大学院大学履修証明プログラム「人間中心デザイン」2010年度履修修了・社外IT勉強会コミュニティ hcdvalue(2011〜) / DevLOVE(2010〜)
  3. 3. hcdvalueとはなにか
  4. 4. コンセプト: 現場で使える人間中心デザイン(HCD) の実践
  5. 5. コンセプト: 現場で使える人間中心デザイン(HCD) の実践
  6. 6. 言葉の整理 UX?UI? ↓UXD HCD UCD ↓ hcdvalue
  7. 7. 言葉の整理 UX?UI? ↓UXD HCD UCD ↓ hcdvalue
  8. 8. UXとUIとヒトとモノとInteraction UI (Ix) Context UXヒト モノやサービス
  9. 9. ヒトとモノと開発と 作るの は たかだInteraction UI かこの (Ix) 辺り Context UXヒト モノやサービス
  10. 10. 言葉の整理 ☑UX?UI? ↓UXD HCD UCD ↓ hcdvalue
  11. 11. 言葉デザイン →ヒトとモノ(サービス)・ヒトとヒトの関わりをより良く設計する(問題発見・問題解決)HCD/UCD →(デザイナーなどの暗黙知だった)「ユーザーを(ちゃんと)観る」という事をプロセス化・手技法化したデザインの考え方UXD
  12. 12. デザイン 問題発見! 問題解決!Context Problem Solution モノやサービ ヒト ス
  13. 13. HCD?UCD?UXそのものをデザインすることはでき ない ユーザーやその周辺のことを ちゃんと調べる ユーザーやその周辺のことを ちゃんと考える・共有するユーザーのためのモノやサービスを ちゃんと企画する・作ってみる ユーザーが体験できているか ちゃんと評価する
  14. 14. HCDプロセス• ISO9241-210 で規定されるHCDプロセス
  15. 15. HCDプロセス• ISO9241-210 で規定されるHCDプロセス Act Plan Check Do
  16. 16. HCDプロセスの手法・技法 利用状況の把握と明示 観察/インタビューなど要求事項に対する設計の ユーザーの要求事項 評価 の明示 ユーザーテストなど ユーザーモデリングなど ユーザーの要求事項を 満たす解決策の作成 プロトタイピングなど
  17. 17. 言葉デザイン →ヒトとモノ(サービス)・ヒトとヒトの関わりをより良く設計する[問題発見・問題解決]HCD/UCD →「ユーザーを(ちゃんと)観る」というプロセスをプロセス化・手技法化したデザインの考え方UXD →ユーザー体験を得られる「仕組み」
  18. 18. UXDUX自体をつくる のではない。「仕組み」をつ くる。 UI Context UX ヒト モノやサービス
  19. 19. 言葉の整理 ☑UX?UI? ↓☑UXD HCD UCD ↓ hcdvalue
  20. 20. コンセプト: 現場で使える人間中心デザイン(HCD) の実践
  21. 21. 学術…学際… 文化 システ 人類学 ム工学 HCDの基礎 ソフト心理学 認知 人間 ウェア 科学 工学 工学 情報 社会学 工学 創造 工学
  22. 22. 距離感からのコミュニティ 文化 シス 人類 テム 学 工学 HCDの基礎 ソフ 認 人 ト 心理 知 間 ウェ 学 科 工 ア工 学 学 学 社会 情報 学 工学 創造 工学現場 hcdvalue
  23. 23. つまり: (学術として知見が溜まっている) 人間中心デザイン(HCD)を(少し距離があるところを頑張って) 現場で使えるように 実践的に学んでいこう
  24. 24. hcdvalueの紹介:メンバー構成 産業技術大学院大学履修証明プログラム 「人間中心デザイン」 2010 2012 2011HCDに興味がある方 hcdvalue hcdvalue: http://site.hcdvalue.org/ 24
  25. 25. hcdvalueの紹介:メンバー構成 職種 業種 hcdvalueエンジニア webサービス系デザイナー webメディア系インフォメーションアーキテクト SIer系企画・ディレクター メーカー系コーダー 広告系研究開発 etc.etc. hcdvalue: http://site.hcdvalue.org/ 25
  26. 26. 試す 訳す飲む 話す
  27. 27. 試す 訳す飲む 話す
  28. 28. • セミナーやWSで学んだことを自分達で 試す – 誰かに「管理されたワークショップ」では ない – 素振り・失敗してもよい • TOYOTAソーシャルアプリアワード(3~5月) • 東京スマフォアワード(12月~2月) • WSを企画(5月〜3回)←New! – UXのためのUIデザイン – インタビュー祭り
  29. 29. 試す 訳す飲む 話す
  30. 30. • 関連文献を訳したり読んだり • 「UX白書」翻訳(2011年12月公開) – UXを捉える視点の整理として • 「ISO9241-210」読書会(2011年8月、2012年5月 〜) – HCDプロセスの教科書として
  31. 31. 試す 訳す飲む 話す
  32. 32. さまざまな発表の機会 – 新横浜ユーザビリティ研究会@新横浜(2011年8月) • UX白書翻訳 / ISO9241-210 読書会 / ペーパーホワイトボードプロト / HCDの価値 – HIS2011(ヒューマンインタフェースシンポジウム)@仙台(2011年9月) • ペーパーホワイトボードプロト / HCDの価値 – 情報デザインフォーラム@津田沼(2011年9月) • UX白書翻訳 / ISO9241-210読書会 – HCDnet研究発表会@東京(2011年12月) • ペーパーホワイトボードプロト / UX白書翻訳 – APCHI2012(2012年8月) • ペーパーホワイトボードプロト – HIS2012(2012年9月) • ISO9241-210読書会 / UX白書翻訳
  33. 33. 試す 訳す飲む 話す
  34. 34. • とりあえず、月一回くらいは集まる – じゃ、勉強会やろうか• ポストイットのある飲み会• 何だかんだで気の合う各々で出かけたり – 芋煮行ったり• 他のイベント参加体験をシェア – 名古屋行ったり静岡行ったり
  35. 35. 試す 訳す飲む 話す
  36. 36. 試す 訳す体験する 学習する 飲む 話す省察する 外化する
  37. 37. コンセプト: 現場で使える人間中心デザイン(HCD) の実践http://site.hcdvalue.org/hcdvalueinfo@gmail.com @hcdvalue

×