Your SlideShare is downloading. ×
0
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack

6,072

Published on

「OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack」勉強会向け資料です。 …

「OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack」勉強会向け資料です。

Published in: Technology
0 Comments
16 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
6,072
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
108
Comments
0
Likes
16
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack 日本仮想化技術株式会社 玉置 伸行 ntamaoki@VirtualTech.jp
  • 2. 自己紹介 • 玉置 伸行(たまおき のぶゆき) – ntamaoki@virtualtech.jp – twitter.com/ntamaoki facebook.com/ntamaoki • 日本仮想化技術株式会社 2013/8 – エンタープライズクラウド事業部 • OpenStackの価値を伝える – @ITで「たまおきのクラウドウオッチ」連載中 – 「OpenStack最新情報セミナー」を企画、11/20(水)夜に開 催予定 • エンタープライズクラスのクラウド基盤構築の検討のお手伝い • 日本オラクル株式会社 1998/4 – 2013/7 – ミドルウェア製品のプリセールエンジニア 2 – 知識管理・コンテンツ管理製品の製品マーケティング
  • 3. 日本仮想化技術株式会社 概要 • 社名:日本仮想化技術株式会社 • • • • • • • • • – 英語名:VirtualTech Japan Inc. – 略称:日本仮想化技術/VTJ ベンダーニュートラ 設立:2006年12月 ルな独立系仮想化技 資本金:2,000万円 術の 売上高:1億3,573万円(2013年7月期) 本社:東京都渋谷区渋谷1-8-1 エキスパート集団 取締役:宮原 徹(代表取締役社長兼CEO) 伊藤 宏通(取締役CTO) スタッフ:9名(うち、8名が仮想化技術専門エンジニアです) URL:http://VirtualTech.jp/ 仮想化技術に関する研究および開発 – – – – 仮想化技術に関する各種調査 仮想化技術に関連したソフトウェアの開発 仮想化技術を導入したシステムの構築 OpenStackの導入支援・新規機能開発 3
  • 4. 仮想化環境構築をトータルサポート • 戦略立案 – 戦略立案 • コスト削減、社内標準化、将来プランのコンサルティ ング 設計 – 要求仕様の策定 設計 導入・移行 運用保守 – サーバ、ストレージからネットワークまでアプ リケーションまで考慮した設計最適化 – キャパシティプランニング(ベンチマーク) • 導入 – 仮想化ソリューションパッケージの提供 – 仮想化統合(P2V既存環境移行) • 運用保守 – エンジニア教育 – 技術サポートの提供 – OSSソースコードレベルサポート ベンダーニュートラルなワンストップ・サポートをご提供 4
  • 5. OpenStackへの取り組み • お客様向けOpenStack評価環境の構築 • Baremetal OpenStackの開発 – 仮想環境と物理環境をOpenStackで一括管 理 – 単一のイメージで仮想マシンと物理マシン の双方を起動可能 – 2013年4月リリースのGrizzlyで本体にマー ジ • 某OpenStackクラウドサービス評価 5
  • 6. 本日のアジェンダ OSSクラウド基盤の市場動向をお話しします • クラウドとは • OpenStack / CloudStack について 1. ポイント、勢力関係 2. エコシステム 3. 今後の方向性 6
  • 7. 本日のアジェンダ OSSクラウド基盤の市場動向をお話しします • クラウドとは • OpenStack / CloudStack について 1. ポイント、勢力関係 2. エコシステム 3. 今後の方向性 7
  • 8. クラウドとは 利用者自身が (セルフサービス) 利用したいときに (オンデマンド) コンピュータリソースを利用できる 利用者 クラウド コンピューティ ング マシ ン ネッ ト ワー 8 ク ディ スク
  • 9. クラウドを構成する要素 • オンデマンドベースのセルフサービス • 広域ネットワークアクセス • ロケーションに依存しないリソース プール • 迅速性・柔軟性 • 計測可能なサービス 出典:NIST Working Defenition of Cloud Computiing (NIST: アメリカ国立標準技術研究所) 9
  • 10. クラウド基盤 • IaaS(Infrastructure as a Service) – – – – Amazon Web Service Microsoft Azure Google Compute Engine など 10
  • 11. OSSのクラウド基盤を選択する理 由 • Anti Vendor Lock-in • Cost Saving – ライセンス: トータル&イニシャルコストの 削減 – ストレージ: 仮想化環境用の高額ストレージ – ネットワーク: AWSの下り転送量の従量課金 • Innovation – HPC Utility Computing: 学術用途 – Virtual/Baremetal Hybrid Cloud: 11 ハイパフォーマンス、VPS用途
  • 12. OSSのクラウド基盤 • • • • • • OpenStack CloudStack Eucalyptus OpenNebula Wakame-vdc など 12
  • 13. 本日のアジェンダ OSSクラウド基盤の市場動向をお話しします • クラウドとは • OpenStack / CloudStack について 1. ポイント、勢力関係 2. エコシステム 3. 今後の方向性 13
  • 14. OpenStack / CloudStack • OSSのクラウド基盤ソフトウェア • サーバ、ネットワーク、ストレージな どを統合管理 • 仮想マシンやストレージなどを一括配 置 • 管理用のWeb画面 • Amazon Web Service互換API 14
  • 15. OpenStack / CloudStack ここ半年間のニュース • OpenStack – IBM、オープンクラウドアーキテクチャの全面採用を宣言 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/05/news088.html – レッドハット、OpenStack製品を国内提供開始 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1307/23/news120.html – Oracle Exalogic、Enterprise ManagerがOpenStack API対応へ http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1309/26/news028.html – OpenStack Havana(8番目のバージョン) リリース • CloudStack – Apache CloudStack 4.2.0リリース 15
  • 16. OpenStack / CloudStack 勢力図 IaaSマーケットのリーダー 仮想化マーケット のリーダー Amazon 商用導入実績の多い OSSクラウド基盤 VMware CloudStack クラウド界のLinux OpenStack IBM RackSpace VMware HP Intel Dell Red Hat Cisco NEC など 16 Citrix
  • 17. OpenStack / CloudStack Developer視点でみると OpenStack Google検索件数 コントリビュータの数 注1 CloudStack 5,700,000 2,050,000 1,241人 165人 注1 米国エンジニア求職サイ ト での求人数 注2 +72(77%) 39,642回 6,843回 +18,956(91%) ソースコードの修正回数 +671(117%) +989(16%) 623件 120件 2013/10/21現在 注1:OSSプロジェクト検索サイトohloh.netで12ヶ月間の集計値 注2:米国エンジニア求人サイトengineerjobs.comで調査
  • 18. OpenStack / CloudStack Product視点でみると OpenStack 良いとこ ろ 良くない ところ CloudStack • 全てをOSSで提供してい る • 協賛企業が大規模導入し ている(HP, Intel, など) • コントリビュータが非常 に多い • 通信事業社での事例が多 い(KT, KDDI, NTTコ ミュニケーションズ, な ど) • ポータル機能や課金機能 の評価が高い、BSS/OSS 連携APIを備える • CloudStackに比べると製 品としての成熟が足りな い • 一部の機能(ポータルや 課金など)がOSSではな く有償製品で提供されて いる • コントリビュータがOpen Stackに比べて少ない 18
  • 19. 本日のアジェンダ OSSクラウド基盤の市場動向をお話しします • クラウドとは • OpenStack / CloudStack について 1. ポイント、勢力関係 2. エコシステム 3. 今後の方向性 19
  • 20. 3社の取り組みを紹介 • OpenStack / CloudStack の関わる会社の 取り組みから、OSSのクラウド基盤の エコシステムを理解する • Citrix Systems社 • IBM社 • 某A社 20
  • 21. Citrix Systems社 CloudPortal Business Manager セルフサービスポータル Powered by Apache • リソース計測 CloudStack • 課金 プロビジョニングの 有償製品で提供 自動化 サポートサービス を提供 CloudPlatform Apache CloudStack OSSで提供 21
  • 22. IBM社 提供 形態 PaaS 垂直統合機 IBM Pure Systems パブリッククラウド IBM Smart Cloud Cloud Foundry, OASIS TOSCA(開発中) IBMによる機能追加 「IBM SmarterCloud Orchestrator」 • 独自セルフサービスポータル • サービステンプレート • モニタリング、運用自動化 クラウド OS OpenStack Nova H/W Cinder Neutron サーバ ストレー ジ 22 ネットワー ク 参考文献:日経コンピュータ 2013年8月8日号
  • 23. 某A社 従来のOpenStack クラウド クラウド クラウド サービスA サービスB サービスC Baremetal OpenStack クラウド クラウド クラウド サービスA サービスB サービスC サーバ仮想化技術 を利用しない サーバ 仮想化 技術 物理サーバ群 状況に応じて 仮想/物理の 切替可能 23 物理サーバ群
  • 24. 某A社 2. Choose Nova-Compute 1. Instance Request Nova-API 利用者 Nova-Scheduler 3. Image Provisioning 従来のOpenStack Baremetal OpenStack Nova-Compute Nova-Compute Xenドライバ Xen API Nova-Compute Libvirtドライ バ Libvirt Baremetal ドライバ Machine Host OS Machine Host OS VM VM Hypervisor Hypervisor 4. Network Isolation Image Service 5. Block Storage USER USER 2 24 Attachment 1 Block Storage 4. Network Isolation 5. Block Storage Attachment
  • 25. 本日のアジェンダ OSSクラウド基盤の市場動向をお話しします • クラウドとは • OpenStack / CloudStack について 1. ポイント、勢力関係 2. エコシステム 3. 今後の方向性 25
  • 26. OpenStackセミナーのアンケート より Q5.クラウド に期待するものは何ですか?3つ選択 0 2 4 6 8 14 21 管 コ 削減 理 スト システムの柔軟性向上 18 セキュリ ティ 5 3 ユーティ ティ ンピューティ リ コ ング BCP/災害対策 オンデマンド サービス 8 6 信頼性向上 15 ユーザで集計 提案者で集計 2 環 境構築の自動化 資源の使 用率 向上 22 15 ホスティ ング費 削減 用 4 標準化 既存システムの移行 その他 12 13 導入コ 削減 スト 性能向上 10 2 7 5 N=43 26
  • 27. 管理コスト削減 • 運用管理の自動化 – オーケストレーションの活用 • VM,OS,アプリ,ネットワーク,ストレージなどを 一括配備(プロビジョニング) • ストレージコストの削減 – 目的別にストレージの使い分け • SSD,NANDを活用した高速ストレージ • HDDを使用した大規模ストレージ • 分散型ストレージやオブジェクトストレージの 活用 27 • オーケストレーションとの連動
  • 28. システムの柔軟性の向上 • P2Vシステムからクラウド最適化システム へ – 並列分散処理などはクラウドと親和性が高い – 各種コンポーネントのXaaS化 • DBaaS、LBaaS、FWaaS • パブリッククラウドの活用 – 遠隔地バックアップ – バースティング • プライベートクラウドのリソース不足時にパブ 28 リッククラウドを使って追加リソースを提供
  • 29. 参考情報 9/25 OpenStackセミナー 「ビジネスユーザ必見!OpenStack最新情報セミナー」 セミナー資料 http://virtualtech.jp/handout/#20130925seminar アンケート http://www.slideshare.net/VirtualTech-JP/open-stackbizseminar130926612855 29
  • 30. お問い合わせ先 「仮想化環境を構築したいが、どこに相談すればいい の?」 まずは我々にご相談ください http://VirtualTech.jp/ sales@VirtualTech.jp 050-7571-0584 30
  • 31. 本資料の位置づけ 本資料は「OSSのクラウド基盤 OpenStack / CloudStack」勉強会のために用意した資料です。 筆者の個人的主観を記したものであり、会社としての 発言ではありません。 31
  • 32. 32

×