Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

空回りのクラウド基盤導入

1,395 views

Published on

Developers Summit 2015 Summer
Enterprise × Cloud TechTalks

Published in: Technology
  • Be the first to comment

空回りのクラウド基盤導入

  1. 1. Enterprise × Cloud TechTalks 空回りのクラウド基盤導入 2015/7/29 Tomoaki Nakajima (@irix_jp) 1 openstackOpen source software to build public and private clouds. Developers Summit 2015 Summer
  2. 2. 自己紹介  日本OpenStackユーザ会 – 会長(2012~)  東京大学 – 非常勤講師(2015~)  国立情報学研究所/TOPSE – 講師(2014~)  一般社団法人クラウド利用促進機構 – 技術アドバイザー(2012~)  普段はSI勤務 – クラウド技術の企画・開発(2011~) 2
  3. 3. 最近の取り組み 3 Nova Glance Cinder SwiftNeutron 仮想ネットワーク制御 ハイパーバイ ザー制御 イメージ SnapShot管理 ブロック ストレージ制御 オブジェクト ストレージ Horizon OpenStack API VPNaaS L3 L2/LBaaS FWaaS Heat オーケストレーション Trove DBaaS Ceilometer 統計情報の収集・アラート発信 Keystone 認証・認可 Sahara DPaaS Ironic ベアメタル プロビジョニング OpenStackに関するよろず相談 ~作り方、使い方、などなど~
  4. 4. 最近の取り組み 4 http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/s150415001.html https://github.com/stackforge/rack OpenStackの「利用」に特化したアプリ開発など
  5. 5. 本日のお話 クラウド基盤の導入・利用を成功させるには? 5 空回りはやめよう というお話 テーマも「SPEED for Enterprise」ですし。
  6. 6. 最近の状況 6 http://www.gii.co.jp/report/infi335148-global-open-stack-market.html 2015年から2019年 の期間中、31.88% のCAGRで成長すると 予測されています
  7. 7. 7 2015年から2019年の期間中、 31.88% のCAGRで成長すると予測されています
  8. 8. 8 完 我々の未来はバラ色です。ありがとうございました。
  9. 9. と思いきや・・・ 9 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1506/19/news09.html http://www.slideshare.net/takedakn/openstack-50452109 こういう話題が出始めてきています。
  10. 10. なぜか? 日本はOpenStackへの期待がピーク – 「OpenStackを使えば従来の問題が何でも解決できる!」 – と思っている人が多い – ハイプ・サイクルの上だと 10 黎明期 期待のピーク 幻滅期 活動期 安定期
  11. 11. 北米では 11https://www.openstack.org/summit/vancouver-2015/summit-videos/presentation/architecting-organizational-change-at-td-bank https://www.openstack.org/summit/vancouver-2015/summit-videos/presentation/changing-culture-at-time-warner-cable 活用には企業文化の変化が必要 わかってるじゃん
  12. 12. 一方、日本では 12 安い仮想化基盤ソフトだな 違う 改造すれば今のシステムを そのまま移行ができるな え?(会計パッケージ同じような話が・・・) 上がクラウドクラウドうるさいからとりあえず使うか (GOTO 上の2つ) ・・・
  13. 13. その原因1 13 これがOpenStackね 実は全体が OpenStack 知っている部分だけを見て理解(したつもりになる)
  14. 14. その原因2 14 ホスト・メインフレーム 1970~ オープン・インターネット 1990~ クラウド 2010~ 数億~数十億円 7~10年 1年 数百万円 3~5年 数カ月 数百円 数時間~数カ月 数秒~数時間 リソースコスト 減価償却期間 準備期間 時間とコストの大きな変化に気づいていない
  15. 15. その結果 前提を誤認したまま話を進めて 15 空回りのOpenStackが完成 検討に時間ばかりが過ぎ、 「SPEED for Enterprise」から遠ざかっていく・・・
  16. 16. 課題の解決には・・・ 正しく「クラウド技術」を理解する必要があります。 – OpenStackには様々な従来技術が含まれていますが、 – それらの延長線上にOpenStackはありません。 – そのため、従来の方法に精通した人ほど、判断を見誤ってしま う傾向があります。 合わせて、コスト・時間の面での変化も認識しましょう。 – 業種問わずビジネスで最も重要な要素です。 16
  17. 17. 解決策1 この本を読む(実際に使う) 17 1. 演習環境の作成方法 2. 基礎的な使い方と考え方 3. Ansibleを使った自動化 4. Fogによるマルチ/ヘテロクラウド操作 5. Serf/Consulで自律システムの構築 6. Docker & OpenStack ディプロイ 7. OpenStackと自動テスト 8. Yahoo! Japan社における導入の経緯と試行錯誤の歴史
  18. 18. 解決策2 OpenStack Summitへ参加する – 国内では数少ない大規模な国際イベントです。 – 世界のOpenStackユーザが何をしているのかを知ることがで きます。 18 https://www.openstack.org/summit/tokyo-2015/
  19. 19. まとめ 19 正しい情報と、正しい理解で 空回りを防止! 急がば回れ、それこそ「SPEED for Enterprise」のポイント!
  20. 20. ご清聴ありがとうございました 20

×