Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

5Gにまつわる3つの誤解 - 5G×ライブコンテンツ:5G時代の双方向コンテンツとは

313 views

Published on

イベントタイトル:5G×ライブコンテンツ:5G時代の双方向コンテンツとは
講演タイトル:5Gにまつわる3つの誤解

Published in: Technology
  • Be the first to comment

5Gにまつわる3つの誤解 - 5G×ライブコンテンツ:5G時代の双方向コンテンツとは

  1. 1. 5Gにまつわる3つの誤解 ⽇本仮想化技術株式会社 VitrualTech.jp ⽟置 伸⾏ 2019/6/18 1 6/18 5Gイノベーションセミナー 5G×ライブコンテンツ : 5G時代の双⽅向コンテンツとは
  2. 2. 解決したい3つの誤解 1. 3つの特徴を全て網羅できません 2. 5Gの低遅延は無線区間での改善 3. 5Gの特徴はこれだけでない 2
  3. 3. 5Gとは第五世代の通信インフラサービス 4G 5G 備考 ① ⾼速・⼤容量 理論値:1.29 Gbps 実測値: (下り)140-237 Mbps (上り)17-27 Mbps 理論値:20 Gbps ② 無線区間の転送遅延 理論値:10 ms [0.01 秒] 理論値:1 ms [0.001 秒] ③ 多数の端末との接続 10,000 台 1,000,000 台 平⽅キロあたりの端末数 3 10倍速くなる 転送遅延が1/10に 端末数の接続数が100倍に 5Gの代表的な3つの特徴①②③を整理 本資料の5Gの特徴の整理は筆者の⾒解をまとめたものです。
  4. 4. 誤解1. 3つの特徴を全て網羅できません 4 ① ⾼速・⼤容量 ② 無線区間の転送遅延 ③ 多数の端末との接続 20 Gbps 1 ms 1,000,000 台 1 Gbps 10,000 台10 ms
  5. 5. 参考)下り:上りの⽐率を変えられる 1.29 Gbps 10 : 1 20 Gbps 10 : 1 5 : 5 5Gになると上りが数10倍速くなる可能性も SIMカードやアプリなどで変更できるようになると聞いています。 4G 5G
  6. 6. 誤解2. 5Gの低遅延は無線区間での改善 4G 5G 6 端末 端末 端末 CDN コア網 コア網 無線アンテナ インターネット ゲートウェイ インターネット コア網 コア網 無線アンテナ 無線アンテナ インターネット ゲートウェイ 端末 端末 端末 CDN 10 ms [0.01秒] 100 ms [0.1秒] 1 ms [0.001秒] 4Gにおける「無線アンテナからインターネットゲートウェイにいたる時間」は筆者の⾒解です。 5Gにおける「無線アンテナからインターネットゲートウェイにいたる時間」について現時点 で公開できる情報は聞いておりません。 通信事業者が 提供する範囲 通信事業者が 提供する範囲
  7. 7. 誤解3. 5Gの特徴はこれだけでない 3つの特徴以外に、5Gの導⼊のタイミングで 下記の2つの特徴も活⽤可能に ④ ネットワークの優先制御 ⑤ モバイルネットワーク内でのコンピューティングリソース の活⽤ 7
  8. 8. ④ ネットワークの優先制御 ネットワークスライシング技術を活⽤した、 モバイルネットワークでのネットワークの 優先制御 想定ユースケース例 • ⾼帯域を優先確保(動画配信など) • 低遅延を安定提供(eスポーツなど) 優先制御を⾏うためのきっかけ注 • SIMカード • モバイルアプリ • 携帯の契約情報 など “スマホアプリをメインスコープとしたネットワークスライシング ‒ 5G×ネットワークスライシング”より引⽤ https://5g-innovation.com/report/networkslicing-2019-event-report3/ 注:ネットワークの優先制御の仕組みを説明する資料であり、通信事業者が本サービスを 提供することをお約束するものではありません。
  9. 9. ⑤ モバイルネットワーク内でのコンピューティングリソースの活⽤ 参考)そもそも『エッジ』コンピューティングとは? エッジコンピューティングという⾔葉はありますが、『エッジ』の定義が様々です。 本資料では、コンピューティングの配置・実⾏場所による3つの『エッジ』を定義します。 テレコエッジでの取り組みをMEC (Multi-Access Edge Computing)と⾔います。 9 Google Cloud AzureAWS デバイスエッジ クラウドエッジテレコエッジ コア網 インターネット ゲートウェイ コンピュート コンピュート デバイス群 無線 アンテナ 無線 アンテナ 通信事業者が 提供する範囲 インターネット
  10. 10. 4G 5G + MEC 10 端末 端末 端末 CDN コンピュート コンピュート コンピュート コンピュート コンピュート コア網 コア網 無線アンテナ 無線アンテナ インターネット ゲートウェイ インターネット CDN コア網 コア網 無線アンテナ 無線アンテナ インターネット ゲートウェイ 端末 端末 端末 通信事業者が 提供する範囲 通信事業者が 提供する範囲 インターネット 300 ms [0.3秒] 以上 100 ms [0.1秒] 以上 MECのコンピュー ティングリソース ⑤ モバイルネットワーク内での コンピューティングリソースの活⽤
  11. 11. ⑤ モバイルネットワーク内での コンピューティングリソースの活⽤ 4G 5G + MEC 11 端末 端末 端末 CDN コンピュート コンピュート コンピュート コンピュート コンピュート コア網 コア網 無線アンテナ 無線アンテナ インターネット ゲートウェイ インターネット CDN コア網 コア網 無線アンテナ 無線アンテナ インターネット ゲートウェイ 端末 端末 端末 通信事業者が 提供する範囲 通信事業者が 提供する範囲 インターネット ドコモオープン イノベーションクラウド として提供予定
  12. 12. 5Gとは第五世代の通信インフラサービス 4G 5G 備考 ① ⾼速・⼤容量 理論値:1.29 Gbps 実測値: (下り)140-237 Mbps (上り)17-27 Mbps 理論値:20 Gbps 4Gでは下り:上りの割合は 10:1 5Gでは下り:上りの割合を変 更可能に ② 無線区間の転送遅延 理論値:10 ms [0.01 秒] 理論値:1 ms [0.001 秒] 左記は無線区間の転送遅延の 表記であり、応答時間の⼀部 ③ 多数の端末との接続 10,000 台 1,000,000 台 平⽅キロあたりの端末数 ④ ネットワークの優先制御 SIMカードやアプリ単位など で制御可能 ⑤ モバイルネットワーク内で のコンピューティング リソース活⽤ 無線区間からモバイルネットワークのインターネットゲート ウェイを通過する時間(約100 ms [0.1 秒])を削減し、数10ms [0.1 秒以下] での低遅延アプリケーションを実現 Stream XRやクラウドゲーミ ングなどは5G+MEC相当を想 定した検討が進む 10倍速くなる 転送遅延が1/10に 帯域の優先確保や低遅延の安定提供などを実現 端末数の接続数が100倍に Stream XRやクラウドゲーミングなどで必須 代表的な3つの特徴①②③の他に、④⑤も5G導⼊のタイミングで活⽤可能に ①②③の特徴をすべて満たすことは難しく、1つもしくは2つの特徴を⽣かしたアプリケーションやサービスを構築することになります。 本資料の5Gの特徴の整理は筆者の⾒解をまとめたものです。

×