LOD技術の概要とLinkData.orgを用いたLOD公開
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

LOD技術の概要と LinkData.orgを用いたLOD公開

on

  • 625 views

日本図書館研究会「情報組織化研究グループ」で行われたLOD勉強会の資料です.

日本図書館研究会「情報組織化研究グループ」で行われたLOD勉強会の資料です.
LODの概要に加え,LinkData.orgを用いてLOD公開を,よりLODとして適切な形で行うための工夫を交え,解説しています.

Statistics

Views

Total Views
625
Views on SlideShare
606
Embed Views
19

Actions

Likes
15
Downloads
20
Comments
0

4 Embeds 19

https://twitter.com 15
http://s.deeeki.com 2
http://www.slideee.com 1
https://www.chatwork.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

LOD技術の概要とLinkData.orgを用いたLOD公開 LOD技術の概要と LinkData.orgを用いたLOD公開 Presentation Transcript

  • LOD技術の概要と LinkData.orgを用いたLOD公開 大阪大学産業科学研究所 古崎晃司 2014年8月23日(土) 於:大阪大学中之島センター 2014/8/23 1
  • 自己紹介  古崎 晃司(こざき こうじ)  所属:大阪大学産業科学研究所 知識システム研究分野 准教授  専門分野 オントロジー工学  LODとのつながり  LODチャレンジ2011から実行委員として参加  実行委員参加のモチベーション  オントロジーはLODで用いる「語彙」の意味を定義する技術として“も” 用いられる  LODをさらに高度化する技術としてオントロジー工学を活用したい  実施中のLOD関連プロジェクト  オントロジー構築環境「法造」のLOD対応  臨床医学オントロジーのLOD化  バイオミメティクデータベースの開発にLOD技術を利用 2014/8/23 2
  • 講演概要  ねらい  データをLODとして公開する方法を学ぶ  使用するツールは,LinkData.org  講演概要  LOD技術の概要  LinkData.orgを利用したLOD公開方法の チュートリアル+ハンズオン 2014/8/23 3
  • LOD技術の概要  LODの技術的背景  従来のWebから Linked Dataへの流れ  LODの基本的技術  RDF(Resource Description Framework)  SPARQL 2014/8/23 4 参考文献: 『Linked Data-Webをグローバルなデータ空間にする仕組み (Tom Heath, Christian Bizer(武田英明監訳),丸善,2013)』
  • Linked Open Data(LOD)  Linked Data:Web上のデータを,つなぐ(linkする)ことで,新しい価値 を生み出そうとする取り組み.Webの創始者Tim Berners-Lee氏が提唱 ※ Linked Open Data(LOD):オープンな形で公開されたLinked Data 2014/8/23 http://linkeddata.org/ • 誰もが同じ方法で,「データをつなぐことができる仕組み」を提供している. • 技術的には, -データ公開の共通フォーマット(URIによる名前付け,RDFによるグラフ表現 -コンピュータが,データにアクセスする共通の仕組み が提供されている. →Web上に公開された膨大なデータを統合した1つのデータベースとして利用できる. 5
  • Linked Dataの技術的背景 ~Semantic Webの概要~  Semantic Webとは  従来の「人が読む(理解する)ためのWeb」から, 「コンピュータが理解(意味処理)可能なWeb」へ  技術的には,  Web上のドキュメントにコンピュータによる意味処理に用いる「メタデー タ」を付与する(タグを付ける)」  その際に用いるフォーマットが「RDF」  メタデータに用いる語彙を定義するのが「オントロジー」(RDFSやOWLで 書かれる)  RDFで書かれたメタデータを検索するためのクエリー言語が 「SPARQL」  ...  Semantic Webの学術的流れ  The Semantic Web:Tim Berners-Lee, James Hendler and Ora Lassila,Scientific American, May 17, 2001.  Semantic Web Conference  Semantic Web分野のトップカンファレンス 2002~ 毎年開催 2014/8/23 6
  • Layer Cake  Semantic Webに必要な要素技術を階層状に表したもの 2014/8/23 http://www.w3.org/2001/09/06-ecdl/slide17-0.html http://www.dajobe.org/talks/200905-redland/ 7
  • Semantic Webの研究動向の変遷  研究動向(流行トピック)の変遷  語彙(オントロジー)に基づいたメタデータによる意味処理の実現  誰がメタデータを?→Web2.0的共同構築  データ(インスタンス)のLinkの重視:Linked Data 2014/8/23 リ ッ チ な 意 味 記 述 スケーラビリティ(大量データ) Semantic Web (の理想) すぐに使えるタグを(RSS,FOAF) SNS利用・Web2.0 DBPedia × Linked Data 2004-2006 2007 2008- 8
  • TED Talk by Tim Berrners Lee (1) 2009/2 ~Raw Data Now!~ 2014/8/23 http://www.ted.com/talks/tim_berners_lee_on_the_next_web.html データを抱え込むのでは無く, 誰もが使えるように(オープンに) することを呼びかける =Raw Data Now! (生データをすぐに!) 9
  • TED Talk by Tim Berrners Lee (1) 2010/2 ~LODの活用事例~ 2014/8/23 http://www.ted.com/talks/tim_berners_lee_the_year_open_data_went_worldwide.html オープンデータの活用事例を紹介 ・白人/黒人の住む家と水道管の整備状況 の相関を見える化→裁判で勝利へ ・Where does my money go? (税金はどこへ行った?) (英国) http://wheredoesmymoneygo.org/ (横浜市) http://spending.jp/ 10
  • Linked Dataが目指すこと  WWW(World Wide Web)  文書を公開し,相互に接続(ハイパーリンクでつなぐ)ための 革命的な仕組みを提供したことで,今日のWebの発展につ ながった.  Linked Data  データを共有(公開)し,相互につなぐ仕組みを提供する.  Linked Dataの原理  データの構造化  構造化されたデータはより洗練された処理を可能にする  分散したデータをつなぐハイパーリンク  文書単位では無く,データ単位のリンクを可能にする.  データの島々から一つのグローバルデータ空間へ  分散されたデータ群を1つのグローバルなデータ空間へ統合する 参考:『Linked Data-Webをグローバルなデータ空間に する仕組み(Tom Heath, Christian Bizer(武田英明監訳), 丸善,2013)』 1章.はじめに 2014/8/23 11
  • 既に公開・リンクされているLOD ~LODクラウド~ 2014/8/23 2007/5/1 2007/10/8 2008/9/182009/7/14 2010/9/22 http://lod-cloud.net/ 2011/9/19時点 1つの丸が個別に公開 されたDBを表す. 参考:「Linked Data-Webをグ ローバルなデータ空間にする仕 組み」 3章.データのWeb マスメディア 地理情報 図書館・教育 ユーザ作成 データ 政府情報 クロス・ドメイン ライフサイエンス DBPedia open.gov open.gov.uk 12
  • DBPedia 2014/8/23 Wikipediaの各記事のインフォボックスの 情報を抽出して自動生成されるLOD 様々なデータをつなぐLODのハブ的な存在 となっている. http://dbpedia.org/ 日本語版のDBPediaは http://jp.dbpedia.org/ インフォボックスの例 13
  • LOD技術の概要  RDF(Resource Description Framework)  データの記述に用いるモデル  RDFのデータモデル  RDFの表現形式(シリアル化形式)  SPARQL  RDFへのクエリ(検索)言語 2014/8/23 14
  • RDF(Resource Description Framework)  Web上の情報(リソースと呼ぶ)を記述するための統一的枠組み  RDFのデータモデル  主語(subject),述語(predicate),目的語(object)の3つ組み(トリプル)の組み 合わせで,リソースに関する情報を表現する.  計算機表現上はXML形式をはじめ,いくつかの表現が用意されている.  リソースはURI(Uniform Resource Identifier:Web上の情報資源(リソース)の場 所を示すための記述方式.URLはURIの一種)を用いて表される. →最近は,IRI(Internationalized Resource Identifier):国際化リソース識別子へ. 2014/8/23 15 知識工 学論 古崎 担当教員 主語 述語 目的語 所属 知識システム 研究分野 述語 目的語主語 來村 担当教員 所属授業コード 280598
  • RDF(Resource Description Framework)  Web上の情報(リソースと呼ぶ)を記述するための統一的枠組み  RDFのデータモデル  主語(subject),述語(predicate),目的語(object)の3つ組み(トリプル)の組み 合わせで,リソースに関する情報を表現する.  計算機表現上はXML形式をはじめ,いくつかの表現が用意されている.  リソースはURI(Uniform Resource Identifier:Web上の情報資源(リソース)の場 所を示すための記述方式.URLはURIの一種)を用いて表される. →最近は,IRI(Internationalized Resource Identifier):国際化リソース識別子へ.  目的語には「リテラル」(文字列)を用いることができる. 2014/8/23 16 https://koan.osaka-u.ac.jp/ koan/lecture#280598 http://www.ei.sanken. osaka-u.ac.jp/~kozaki/ 担当教員 主語 述語 目的語 所属 http://www.ei.sanken. osaka-u.ac.jp/main 述語 目的語主語 http://www.ei.sanken. osaka-u.ac.jp/~kita/ 担当教員 所属授業コード 280598 リソース リテラル プロパティ :リソース間の関係
  • RDF(Resource Description Framework) 2014/8/23 17 koan:lecture#280598 ei:kozaki/ 担当教員 主語 述語 目的語 所属 ei:main 述語 目的語主語 ei:kita/ 担当教員 所属授業コード 280598 ネームスペース(namespace)を用いると… koan:=https://koan.osaka-u.ac.jp/koan/ ei:=http://www.ei.sanken.osaka-u.ac.jp/  Web上の情報(リソースと呼ぶ)を記述するための統一的枠組み  RDFのデータモデル  主語(subject),述語(predicate),目的語(object)の3つ組み(トリプル)の組み 合わせで,リソースに関する情報を表現する.  計算機表現上はXML形式をはじめ,いくつかの表現が用意されている.  リソースはURI(Uniform Resource Identifier:Web上の情報資源(リソース)の場 所を示すための記述方式.URLはURIの一種)を用いて表される. →最近は,IRI(Internationalized Resource Identifier):国際化リソース識別子へ.  目的語には「リテラル」(文字列)を用いることができる.
  • RDFのシリアル化形式  RDFのシリアル化(serialize)  RDFは,リソースを主語,目的語,述語の形式で記述 するデータモデルであって,データ形式ではない.  RDFの形式に沿ってトリプルを特定の文法に従って ファイルに書き出す(シリアル化する)必要がある.  代表的なシリアル化形式  RDF/XML:計算機向け  RDFa:HTMLにRDFを埋め込む  Turtle:プレーンテキストで人間向けに読みやすい  N-Triples:1行単位で処理できるので処理しやすい  RDF/JSON:Web開発向け 参考:『Linked Data』 2.4.2 RDFのシリアル化形式 2014/8/23 18
  • Turtle・N-Triplesの表現例  Turtle @prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#> @prefix foaf: <http://xmlns.com/foaf/0.1/> <http://www.ei.sanken.osaka-u.ac.jp/~kozaki/> rdf:type foaf:Person ; foaf:name “Kouji Kozaki” .  N-Triples <http://www.ei.sanken.osaka-u.ac.jp/~kozaki/> <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#type> <http://xmlns.com/foaf/0.1/Person>. <http://www.ei.sanken.osaka-u.ac.jp/~kozaki/> <http://xmlns.com/foaf/0.1/name> “Kouji Kozaki”. 2014/8/23 19 http://www.ei.sanken. osaka-u.ac.jp/~kozaki/ foaf:Person rdf:type foaf:name Kouji Kozaki 1行 1行 ヘッダ
  • SPARQL  SPARQL  RDFデータに対するクエリ言語  「指定したグラフ構造」に一致するトリプルを検索する  例  select distinct * where { ?s ?p ?o . } LIMIT 100  select distinct * where { <http://ja.dbpedia.org/resource/東京都> ?p ?o . } LIMIT 100  select distinct ?s where { ?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> ?o FILTER(regex(str(?o), "大阪")) . } LIMIT 100 2014/8/23 20 日本語DBPediaでのクエリ検索例 http://ja.dbpedia.org/ で指定したパターンに一致するトリプルを検索する. ←取得する数 ↑同じパターンは除外する ↓返す要素(*は全て) 全トリプルの組み合わせ 東京都を主語(Subject)に含むトリプル ラベルに“大阪”を含むトリプル
  • LOD技術に関する参考資料  Semantic WebからLinked Dataへの変遷  Linked Open Dataで広がるデータ統合  萩野 達也,トーゴーの日シンポジウム2011,2011/10/5  http://events.biosciencedbc.jp/sympo/togo2011/program/2  Semantic Web Conferenceに見るLinked Open Dataの国際 動向  古崎晃司,第1回LODチャレンジデーin大阪,2011/12/3  http://www.slideshare.net/KoujiKozaki/semantic-web- conferencelinked-open-data  LODに関する入門資料  Linked Open Data Initiative(LODI)によるLOD連続 講座のスライド  http://linkedopendata.jp/?cat=17 2014/8/23 21
  • 講演概要  ねらい  データをLODとして公開する方法を学ぶ  使用するツールは,LinkData.org  講演概要  LOD技術の概要  LinkData.orgを利用したLOD公開方法の チュートリアル+ハンズオン 2014/8/23 22
  • LODの構築から公開まで  データの準備  元となるデータを準備する  CSVやエクセルなど,機械処理しやすい形がよい  RDF化に利用するURIの準備  自分が管理できるURIを用意することが望ましい  データのLOD化(RDF化)  用意したデータをRDF形式に変換する  変換方法  変換ツールの利用:LinkData.org,GoogleRefine,etc.  RDFエディタ(オントロジーエディタ)の利用:Protégé,法造,etc.  RDFデータをDBに登録して公開 2014/8/23 23
  • 既存データをRDF化する方法  RDFデータを作成するツールを使用  Open Refine(http://openrefine.org/)+ RDF Refine(http://refine.deri.ie/)  データを整備・公開するための多様な機能をサポート  Linked Data(http://linkdata.org/)  テーブルデータをRDFに変換して公開することができるサイト  SparqlEPCU(http://lodcu.cs.chubu.ac.jp/SparqlEPCU/)  LODの作成・活用のための支援サイト  CSVファイルをRDFとしての公開する機能もあり  StatLD(http://satolab.tiu.ac.jp/statld/)  統計Linked Dataの活用を中心としたツールを公開  一般のLinked Dataの作成にも使用可能  独自のプログラム用でRDFデータを作成 2014/8/23 24 LODチャレンジ2011 アプリケーション部門最優秀賞 LODチャレンジ2012 アプリケーション部門最優秀賞
  • LinkData.orgの特徴  できること  表形式のデータをRDFに変換し,サイト上で公開  変換にはエクセル形式の「ひな型ファイル」を利用  公開したデータを用いたアプリケーションをサイト上で開発す る機能(LinkData.app)を提供  できないこと  複雑なRDFモデルをつくるのが難しい  RDFのスキーマ(RDFS,OWL)の定義が行えない  SPARQLエンドポイントは未提供  注意点  LinkDataでのデータ公開=(完全な)LODの公開 ではない.  より良い形のRDFに変換する為の“コツ”がある 2014/8/23 25
  • 2014/8/23 26 LinkData.orgを用いた LOD作成・公開の流れ テーブルデータ 作成 RDF形式へ 変換 テーブルデータの ひな形ファイルを作成 ひな形ファイルに データを⼊⼒ ステップ1で作成した テーブルデータの ファイルをアップロード &RDF形式への変換 RDFファイルが公開 されダウンロード 可能に ステップ ステップ ステップ 3ステップでRDFを公開できる RDFファイルを ダウンロードして, トリプルストア (RDF‐DB)に登録 →SPARQLでの 検索が可能に ※LinkDataでは 未サポート で,アプリケーションを 作成・公開可能 http://linkdata.org の内容を元に記載 SPARQLを利用した アプリケーションの 開発・公開 作業① 作業② 作業③ 作業④
  • 使用するサンプルデータ  大阪市が公開しているオープンデータ 「施設情報ポイントデータ(官公庁)」  http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/page/0000250227.html より入手可能  データの内容  「緯度・経度」を含む「施設情報(名称,住所,TEL,カテゴリ...など) 2014/8/23 27
  • 表形式からRDF形式への 変換イメージ 2014/8/23 28 各行(レコード)のID →主語(Subject)となるRDFリ ソースのURI(IRI)に 各列の項目名(ヘッダ行) →RDFリソースに結びつくプロパティに ID_4965 官公庁/市の機関 住之江区役所 住之江区御崎3-1-.. http://www.city.osaka.lg.jp/suminoe/ 34.60965 135.4827 カテゴリ 施設名 住所 HPのURL 緯度 経度 主語 (Subject) 述語(Property) 目的語(Object) ※目的語になるデータには,「URIで表されるリソース」と「文字列で表されるリテラル」がある. →目的語を他のリソースとすることで,複雑なグラフも表現可能(単純な表形式では難しい) 各セルの値 →トリプルの目的語に
  • 作業①:ひな型ファイルの作成 「ひな型ファイル作成」画面へ 2014/8/23 29 「テーブルデータの作成」 →「ひな型ファイルを作成」
  • 作業①:ひな型ファイルの作成 「全他の設定」を入力 2014/8/23 30
  • 作業①:ひな型ファイルの作成 「各列の設定」を入力 2014/8/23 31 入力した列数に応じて 「列の設定」欄が表示される 未登録の「ネームスペース」を 追加したいとき使用 列ごとに対応するプロパティの 設定を入力する
  • 作業①:ひな型ファイルの作成 「各列の設定」を入力 2014/8/23 32 プロパティに関するキーワードや, プロパティのURIの一部などを入力す ると候補が表示されるので選択する 候補が見つからないときは, 自分で入力する(※詳細次項)
  • 作業①:ひな型ファイルの作成 プロパティ入力時の注意 2014/8/23 33  プロパティを「名前(文字列)」で入力すると,RDF変換時に, <http://linkdata.org/property/rdf1s1782i#%E6%96%BD%E8%A8%AD%E5%90%8D> rdf:type rdf:Property ; rdfs:label “施設名”@ja . のように,linkdata.orgのURIを用いたプロパティとなる.  語彙をコントロールするために,URIで入力することを推奨.  ただし,その場合は,プロパティ名が設定できない.  日本語で入力されると,%エンコーディングされます.  プロパティ定義でrdfs:labelが付与されますし, DBへの登録・検索など に問題はありませんが,生成されるRDFファイルを直接見るときなどには, 半角英語で入力した方が可読性が高くなります. 候補が見つからないときは, 自分で入力する 1.既存のLODで使われて いるプロパティを探して入力 (推奨) 2.独自のプロパティを定義
  • 作業②:ひな型ファイルへのデータ入力 ひな型ファイルのダウンロード 2014/8/23 34
  • 作業②:ひな型ファイルへのデータ入力 ひな型ファイルへのデータ入力 2014/8/23 35  1)ひな形ファイルを開く  左端の列がID,それ以降が設定したプロパティとなっています.  2)元データのファイルを開く  3)元データの列を,1)のひな形ファイルに項目に合わせて並 べ替える  4)3)で並び替えたデータをコピーして,ひな形ファイルの該当 箇所にペーストする.  5)ひな形ファイルを保存 RDFリソースのURIとな る各行(レコード)のID
  • 作業②:ひな型ファイルへのデータ入力 データ入力時の注意点  URIとなる行の入力を「(URIでない)文字列」とすると, <http://linkdata.org/resource/rdf1s1782i#111> <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> “111”@ja ; <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> “東住吉区役所”@ja ; のように,  リソースのURIがlinkdata.org...となり,rdfs:labelが付与されます. →URIで入力することを推奨します.  リソースのURIをコントロールするため  rdfs:labelが(不用意に)複数付与されることを避けるため 2014/8/23 36 RDFリソースのURIとな る各行(レコード)のID
  • 作業③:データのアップロード(RDF変換) アップロードするファイルの選択 2014/8/23 37 アップロードするファイルを 「選択」 or「ドラック&ドロップ」する Webサイトで公開しているデータを URLで指定することも可 (→定期的に自動で更新・RDF変換される?)
  • 作業③:データのアップロード(RDF変換) アップロード先を選択 2014/8/23 38
  • V 2014/8/23 39 データ名を入力 必要であれば共同編集者を選択 作品情報の入力 公開範囲を選択 市町村の オープンデータを公開 する時は入力 →CityData.jpに反映 される
  • 作業③:データのアップロード(RDF変換) 公開時のライセンス等を指定 2014/8/23 40 (備考:同じ作品に,同じファイル名をアップ ロードしようとすると,失敗することがある?)
  • 作業③:データのアップロード(RDF変換) アップロードしたデータの登録 2014/8/23 41
  • 作業④:RDFデータのダウンロード・公開 RDFデータのダウンロード 2014/8/23 42 アップロード・RDF変換が完了するとデータが LinkData.org上で公開される 公開したデータは,形式を選択してダ ウンロードできる →RDF-DB登録用には「RDF(Turtle)」 形式でダウンロードする
  • 作業④:RDFデータのダウンロード・公開 データの公開ページ 2014/8/23 43 公開したデータの ダウンロード ページ上でデータ (表形式)の内容確認
  • 作業④:RDFデータのダウンロード・公開 DBへのRDFデータの登録 2014/8/23 45
  • 作業④:RDFデータのダウンロード・公開 DBへ登録したRDFデータの確認 2014/8/23 46 DBに登録した データの確認
  • その他の工夫① 同じプロパティが複数の場合  1つのRDFリソースが「同じプロパティを複数」持つとき  テーブルデータの「同じURI」の行を複数追加し, プロパティの値が異なるセルにのみデータを入力する. 2014/8/23 47 ID_1 著者1 著者2 タイトル1 author author タイトル 同じURI 同じProperty が複数 値が変わらないときは 2つめ以降を空欄に
  • その他の工夫①-2(別方法) 同じプロパティが複数の場合 2014/8/23 48 同じPropertyが複数列繰り返し定義する  1つのRDFリソースが「同じプロパティを複数」持つとき  同じプロパティを持つ「最大数」が分かっているときは,同じプ ロパティが入る列を繰り返し定義し,データを入力することも可.  空欄のセルが残ってもOK.
  • その他の工夫② 複雑なグラフの扱い  RDFリソースのObject(目的語)が更にトリプルを持つ (構造を持つ)とき  「(ひな型,および)テーブルデータ」を複数に分けて表現する  その際,Object(目的語)がURIとなるように注意 2014/8/23 49 ID_1 著者_ID1 山田太郎 タイトル1 author 名前 タイトル ①書誌情報用 テーブルデータ で表現 ②著者(人名)用の テーブルデータで表現 やまだたろうふりがな ①のObjectと②のURI が一致するようにする
  • その他の工夫③ 外部のLODとのリンク  LODを有用なものとするためには,既に公開さ れている他のLODと「リンクする」が重要  LinkData.orgでは,テーブルデータにおいて,プロパ ティのObjectとして,外部のLODのURIを入力するこ とでリンク可能  リンク先を見つけるためには,公開されている SPARQLエンドポイントを利用することも可能  簡易SPARQLツール http://sourceforge.jp/projects/easylod/ では,文字列一致でのリンク先一括取得の機能を提供 2014/8/23 50
  • その他の工夫④ スキーマの定義  LinkData.orgでは,「スキーマ(や語彙)」の定義が行えない  「各リソースのクラス」や「プロパティの定義」を行いたい場合は,多のツー ルで記述する. (スキーマ定義用のテーブルデータを用意することも可能だが…)  主なスキーマ定義  簡単なスキーマ(RDFS)であれば,RDF(Turtle)で直接記述しても良い  各RDFリソースには,rdf:typeでクラスを指定  プロパティ定義では,rdfs:domain(定義域), rdfs:range(値域)の定義 2014/8/23 51 プロパティ定義の例 <http://example.org/property/author> rdf:type rdf:Property ; rdfs:domain ex:Document; rdfs:range ex:Person. リソースのクラス指定の例 <http://example.org/data/001> rdf:type ex:Person ; rdfs:label “山田太郎”@ja. クラス定義の例 <http://example.org/class/Person> rdf:type rdfs:Class .
  • まとめ  LinkData.orgを使ったLOD公開  比較的簡単な形式のデータのRDF変換に有用  より良い形式のRDFにするための注意点(コツ)  IDは,単なる文字列ではなく「URI」とする.  プロパティ定義は,名前(文字列)だけでなくURIを用いる.  コントロール可能なURIとするために,自分で管理可能なURI を用いる  リソース http://myweb.com/data/*** http://myweb.com/resource/*** など  プロパティ http://myweb.com/propery/***  クラス http://myweb.com/class/***  より良いLODとするために  サイト上だけではなく,RDF-DBなどでの公開を考える  外部データと「リンクする」ことを考える  可能であれば,スキーマ定義も行う 2014/8/23 52