SPARQL Timelinerの使い方

3,783 views

Published on

http://uedayou.net/SPARQLTimeliner/

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,783
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,580
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

SPARQL Timelinerの使い方

  1. 1. SPARQL Timeliner 使い方 上田 洋 @uedayou http://uedayou.net/SPARQLTimeliner/
  2. 2. 使い方 1. SPARQLクエリを作成する 2. SPARQLエンドポイントURLとSPARQL クエリを入力する 3. 利用可能なデータか確認する 4. データを可視化する 5. 可視化ページを公開する
  3. 3. (1) SPARQLクエリを作成
  4. 4. (1)SPARQLクエリを作成 • SPARQL TimelinerはSPARQLクエリで得ら れたデータをタイムラインと地図で可視化す ることができます • SPARQLクエリで予め決められた変数内に データを指定する必要があります
  5. 5. SPARQLクエリのルール • 左の表のルール に従って、 SPARQLクエリを 作成してください • ?title、?start、?lat 、?long は必ず含 めてください
  6. 6. 必須変数 • ?title – データのタイトル(文字列) – rdfs:label, dc:title, dcterms:title など • ?start – データについての始まった日付 – 必ず西暦が入ったデータを入力してください – 例:2013, 2013年, 2013-12-07,2013年12月07日 • ?lat, ?long – データについてのWGS84の緯度(?lat)、経度(?long) – geo:lat, geo:long
  7. 7. 任意変数 • ?description – データに対する説明 – dc:description, dcterms:description など • ?media (または?image) – データに対する画像や動画などのURL – 画像、Flickr、YouTube、Dailymotion、Wikipediaに対応 – 画像の場合、.jpgや.pngなど拡張子が明示されたURLを入力してくだ さい • ?end – データについての終了した日付 – データ型は ?start と同じ • ?source – データの情報源のタイトル(文字列) – ※?description, ?sourceurl が無いと表示されません • ?sourceurl – データの情報源のURL – ※ ?description, ?source が無いと表示されません
  8. 8. ?lat, ?long ?title ?start ?description ?media(?image) ?start
  9. 9. ?lat, ?long ?title ?start ?end ?source ?sourceurl ?description ?start
  10. 10. SPARQL Timeliner で使えるクエリ例
  11. 11. 浮世絵LOD(SparqlEPCU) http://lodcu.cs.chubu.ac.jp/SparqlEPCU/RDFServer.jsp?reqtype=api&p roject=toukaido PREFIX schema: <http://schema.org/> PREFIX geo: <http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#> PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> PREFIX dcterm: <http://purl.org/dc/terms/> select distinct ?title ?start ?lat ?long ?description ?image where { ?link a <toukaido:浮世絵 浮世絵>; 浮世絵 rdfs:label ?title; dcterm:created ?start; schema:image ?image; dcterm:description ?description; geo:lat ?lat; geo:long ?long. } LIMIT 100
  12. 12. ヨコハマ・アート・LOD http://archive.yafjp.org/test/inspection.php PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> PREFIX schema: <http://schema.org/> PREFIX event: <http://fp.yafjp.org/terms/event#> PREFIX geo: <http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#> SELECT * WHERE{ ?sourceurl a event:Event; schema:name ?title; schema:name ?source; schema:startDate ?start; schema:endDate ?end; event:location ?place. ?place rdfs:label ?description; geo:lat ?lat; geo:long ?long. filter(lang(?description)="ja"). } order by desc(?start) LIMIT 200
  13. 13. (2) SPARQLエンドポイントURL とSPARQLクエリを入力
  14. 14. (2)エンドポイントとクエリを入力する エンドポイントの エンドポイントのURLを入力 を クエリを クエリを入力
  15. 15. ▼を押すと、予 め登録された エンドポイント URLを簡単に 入力すること ができます
  16. 16. • 「PREFIX」ボタン を押すと、予め登 録されたPREFIX がリストとして表 示されます。 • 各語を押すと、右 側のクエリフォー ムの最初の行に にPREFIXが挿 入されます
  17. 17. 神奈川東海道五十三次浮世絵 可視化ページの タイトルを入力 することもでき ます。 ※無くても表示 できます
  18. 18. (3) 利用可能なデータか確認
  19. 19. 利用可能データかどうか確認 • 「check」ボタンを押 すと、入力したクエ リでどのようなデー タが得られるか確 認できます。 • 正しいデータであ れば「利用できま す」と表示されます
  20. 20. 利用可能な場合
  21. 21. 必須データが不足している場合 (?lat がない)
  22. 22. エラーの場合
  23. 23. (4) データを可視化
  24. 24. データを可視化 • データの確認がで きたら、「Load>>」 ボタンを押してくだ さい
  25. 25. このようなページが表示されれば 完成です!
  26. 26. (5)可視化ページを公開
  27. 27. (5)可視化ページを公開 • ページのURLはパーマネントリンクになって いるので、そのまま公開できます 例: http://uedayou.net/SPARQLTimeliner/view/?url=1386 206395-922.json • データをサーバにキャッシュしているので、 エンドポイントが停止されても可視化ページ は表示できます • iframeで自分のページに埋め込めます
  28. 28. iframeタグの作成方法 可視化ページの「Embed instructions」ボタンを押すと ページのiframeタグが作成されます。自分のページに 埋め込むと、可視化ページを貼り付けることができます

×