Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

エンジニアのための Windows Virtual Desktop 設計術

994 views

Published on

エンジニアのための Windows Virtual Desktop 構築のための参考資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

エンジニアのための Windows Virtual Desktop 設計術

  1. 1. エンジニアのための Windows Virtual Desktop 設計術 2020/01 日本マイクロソフト 株式会社 クラウド ソリューション アーキテクト 牛上 貴司 (うしがみ たかし) @tushigami cloudou.net
  2. 2. 2 • ExpressRoute完結 • 強制トンネリング • ホワイトリスト • プロキシ よくあるネットワーク要件
  3. 3. Connection Broker Session Host (VDI) RD Gateway 接続経路 3 ExpressRoute 画面転送 VDI通信
  4. 4. 4 ① DNS ② Traffic Manager ③ RD Gateway ④ Traffic Manager/CDN(akamai) ⑤ Azure AD (Premium-Add) ⑥ RD Gateway ⑦ Connection Broker ⑧ Session Host Internet ExpressRoute(MS Peer) クライアント通信 *.microsoft.com *.servicebus.windows.net login.microsoftonline.com aadcdn.msftauth.net aadcdn.msauth.net
  5. 5. セッションホスト通信 DataBaseRD Gateway RD Web Access Connection Broker RD AgentSxS Stack FSlogix AgentRD Agent Tenant Host Pool Desktop App UPN*.wvd.microsoft.com *.blob.core.windows.net *.core.windows.net *.servicebus.windows.net prod.warmpath.msftcloudes.com catalogartifact.azureedge.net kms.core.windows.net 5 Session Host (VDI) Active Directory
  6. 6. 6 リージョンごとに アクセス先が異なる
  7. 7. 7
  8. 8. 8 セッションホストの作成 ④ ② ① ③ ・エージェントのインストール ・ホストプールへの登録
  9. 9. 9 よくある失敗原因 ① RDSロール (RDS Owner) ② NWアクセス (プロキシ , フィルタリング) ③ クォーター (CPUコア数) ④ 入力間違い (Domain UPN , WVD UPN) ⑤ デプロイ数 (一度に200VM)
  10. 10. 10 セッションホストのログ
  11. 11. 11 Windows7の展開 Step1:Windows 7 の作成 Step2:Windows 7 の日本語化 Step3:初期化とイメージ化 Step4:ドメイン参加 Step5:ホストプール の作成 Step6:セッションホスト の登録
  12. 12. 12 WVDv1 構造 Tenant Group (Default Tenant Group) Host Pool OfficeApps UPN Desktop Application Group UPN Tenant
  13. 13. Tenant 13 DataBaseRD Gateway RD Web Access Connection Broker tushigami (Tenant Name) user01@tushigami01.onmicrosoft.com user02@tushigami01.onmicrosoft.com [Tenant Name] tushigami01 Active Directory Session Host [Tenant Name] tushigami02 [User Account] user01 user02Regist
  14. 14. 利用予定の アプリケーションが マルチセッションに 対応している Yes No Multi-Session Pooled Yes No ユーザーに 管理者権限が不要 Single-Session Pooled Single-Session Personal ホストプール 14
  15. 15. 15 ① TenantName : taushiga ② TenantGroupName : Default Tenant Group ③ HostPoolName : Per-Single ④ FriendlyName : Per-Single ⑤ Description : Created through ARM template ⑥ Persistent : True ⑦ CustomRdpProperty : ⑧ MaxSessionLimit : 999999 ⑨ LoadBalancerType : Persistent ⑩ ValidationEnv : False ⑪ Ring : Get-RdsHostPool
  16. 16. 16 ① SessionHostName : Per-Single-0.wvd.com ② TenantName : taushiga ③ TenantGroupName : Default Tenant Group ④ HostPoolName : Per-single ⑤ AllowNewSession : True ⑥ Sessions : 1 ⑦ LastHeartBeat : 12/3/2019 5:23:05 AM ⑧ AgentVersion : 1.0.1534.2000 ⑨ AssignedUser : user21@taushiga.onmicrosoft.com ⑩ OsVersion : 10.0.18362 ⑪ SxSStackVersion : rdp-sxs190927002 ⑫ Status : Available ⑬ UpdateState : Succeeded ⑭ LastUpdateTime : 12/3/2019 5:17:17 AM ⑮ UpdateErrorMessage : Get-RdsSessionHost
  17. 17. Tech-Pool-2 Tech-Pool-3 Tech-Pool-4 Session Host の追加 17 追加したいHost Pool名にする Tech-Pool-0 Tech-Pool-1 Tech_Pool 合計台数を指定 同じVM名にする
  18. 18. Session Host の削除 18 $Pool = "Tech-Pool" Remove-RdsSessionHost -TenantName "taushiga" -HostPoolName "$Pool" -Name "Tech-Pool-0.wvd.com" -Force Remove-RdsAppGroup -TenantName "taushiga" -HostPoolName "$Pool" -Name "Desktop Application Group" Remove-RdsHostPool -TenantName "taushiga" -Name "$Pool"
  19. 19. Snapshot Managed Disk Image Session HostVM 更新 イメージ更新 Snapshot Managed Disk Image Session HostVM 19 Master VM
  20. 20. 20 File Server 選択 構成:コスパ最強! ※アカウントキー隠蔽可能 DR:GRS(4.48/GB) コスト:2.24/GB(LRS) Premium_24.416/GB 構成:AzureAD DSが必要となるため、オンプレとの分離構成となる。 DR:AzureAD DS はDR不可 コスト:6.72/GB(LRS) Premium_32.256/GB + AzureAD DS 構成:スケールアップ&運用が大変(泣) DR:ASR コスト:VMサイズ + ストレージ 構成:スケールアップ&運用が容易。Global Peer構成が不可。 DR:NetApp Cloud Sync コスト:Sta_19.78/GB Pre_39.49/GB Ult_52.73/GB ANF S2D Files Blob
  21. 21. 21 リージョン冗長 Session Host (VDI) File Server (User Profile) Master VM Azure Site Recovery Session Host (VDI) Master VM File Server (User Profile) 東日本西日本 [Cloud Cache] 同IP:PrimaryFS; 異IP:PrimaryFS; SecondaryFS
  22. 22. 22 FSlogix
  23. 23. 23 プロファイルサイズ プロファイルサイズ [Size in MBs] ※500MB ~ 1TB VHDX作成後、サイズ変更不可
  24. 24. 24 概算費用 ① ユーザーへの管理者権限 ② アプリケーションのマルチセッション対応 ③ VDI 利用者数 ④ 一ヶ月のVM稼働時間
  25. 25. 利用予定の アプリケーションが マルチセッションに 対応している Yes No Multi-Session Pooled Yes No ユーザーに 管理者権限が不要 Single-Session Pooled Single-Session Personal 概算費用② 25
  26. 26. Multi-Session Pooled Single-Session Pooled Single-Session Personal 概算費用③ 26 利用ユーザー数 利用ユーザー数 利用ユーザー数 VM稼働時間/月 VM稼働時間/月 VM稼働時間/月
  27. 27. 27 料金計算ツール https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/calculator/
  28. 28. 28

×