Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

[Japan Tech summit 2017] CLD 011

177 views

Published on

[Japan Tech summit 2017] CLD 011 セッション資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

[Japan Tech summit 2017] CLD 011

  1. 1. Microsoft Tech Summit 2017本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、Microsoft Tech Summit 2017 開催日(2017 年 11 月 8日 - 9 日)時点のものであり、予告なく変更される場合があります。
  2. 2. Tech Summit 2日目の夕方から! https://masken.connpass.com/event/70353/ 参加したい方は、今からでもお申込みを! URL がわからない方は Ask the Speaker で! 会場にてお会いましょう! ※ ビジネスローンチは 11月28日に実施
  3. 3. SIer 様の ソリューション開発支援 特定ソリューション ビジネス開発 Azure Stack, VDI, Datacenter Transformation
  4. 4. Azure Stack ホスト デモ用 PC RDP アプリ展開 デモマシン
  5. 5. Azure Stack Azure IaaS | Azure PaaS Compute | Networking | Storage | App Service | Functions | Service Fabric | Container Service Cloud infrastructure (統合システム) Portal | PowerShell | DevOps tools Azure Resource Manager Azure Azure IaaS | Azure PaaS Cloud infrastructure Portal | PowerShell | DevOps tools Azure Resource Manager 開発者 IT 担当者 継続的/連続性
  6. 6. DevOps Tools Azure Resource Manager (ARM) Subscriptions I RBAC I Gallery I Metrics I Usage Cloud infrastructure Storage I Networking I Compute I Management I Security Portal RP = Resource Provider
  7. 7. • キッティング済みアプライアンス • 開発環境との高い親和性 (DevOps) • 常に進化する基盤 (Azure First) • ライフサイクルを意識したシステム
  8. 8. SDN = Software Defined Network SDS = Software Defined Storage
  9. 9. (CLD003 Windows “RDMA” Network Deep Dive を後日ご確認ください) BMC Switch (1G+) Datacenter Bridge 対応 TOR Switch (10G+) Lifecycle Management Host 1セット Compute Node 4 – 12 (CY18 に 16 まで拡大) RDMA 対応 NIC 推奨 階層化ストレージ ハードウェア メーカー様の工場で 初期構成を済ませて出荷 初期ヒアリング XLS シートに記入 ラック丸ごと輸送 ※ 既設ラックへの収容可能なベンダーもあり 現地作業 ラック設置、電源/ネットワーク接続、Azure Stack の セットアップ、Azure 接続、動作確認、HW 保守設定 ハードウェアの導入ステップ
  10. 10. Ratio** of Cache to Capacity 10% 2 Power Supplies 4+ Capacity Devices (HDD or SSD) ** Cache capacity should accommodate intended workload. If Cache device resiliency is 10 drive-writes-per-day or better, then ratio can be 6-10% If Cache device resiliency is 3-5 drive-writes-per-day, then ratio must be 10% or greater Storage Compute 2+ Flash Devices (NVMe, SATA SSD or SAS SSD) CPU: 20 Cores Minimum (2 socket @ 10 cores each) 256GB Memory Minimum Boot Device 400GB or larger (optional mirroring) NIC – 2 port 10 GbE or better
  11. 11. 記憶域スペース ダイレクト (S2D) SMB3.0 クラスター 記憶域プール Hyper-V Hyper-V Hyper-V Hyper-V RDMA S2D によるプール化 SSD + HDD の階層化 仮想ディスク (3way Mirror) ReFS (Cluster Shared Volumes) Scale-out File Server (ヘッドノード冗長)
  12. 12. Storage Network Fabric Storage Cloud Admin Service Resource Provider Cluster Table Service Queue Service Storage Account Service Scale-Out File Server (SOFS) with Storage Spaces Direct (S2D) . . . . . Blob back-endBlob back-end Blob Service Data Services Cluster Utility Services Storage Controller JEA Storage Controller JEA Storage Controller Service Service Fabric Service Fabric
  13. 13. VM #1 Service Fabric Your code, etc. VM #2 Service Fabric Your code, etc. VM #3 Service Fabric Your code, etc. VM #4 Service Fabric Your code, etc. VM #5 Service Fabric Your code, etc. Service Fabric cluster
  14. 14. 仮想マシン作成指示 Template Validation Build VM Placeholder Select Cluster and Host Tenant VM Request Acquire Page Blob Create NIC Start and customize VM Register for Usage Storage RP Network RP Compute Controller VM Image • 常に Usage Data を取得 • ローリングアップデートにも 対応可能 (Live Migration あり) • 待機用のリソースを確保
  15. 15. Web Server 1 Web Server 3 Network Controller Web Server 2 SLB外部の マシン AzS-SLBxx AzS-NCxx 仮想マシン の可用性 >サービス の可用性
  16. 16. Public Internet ECMP Hyper-V Host SLB Host Agent DIP DIP DIP SLB Manager Health Monitor Deploy Config Deploy BGP Direct Server Return (DSR) P Microsoft Azure Stack SDNv2 オーバーレイネットワーク 仮想マシン+Hyper-V Host Agent で実現
  17. 17. Mobile Apps API AppsWeb Apps Azure Functions App Service on Azure Stack 開発者に最高の 経験を提供 • 複数言語とフレームワーク • DevOps を上位レイヤーで実現 • 開発者へのセルフサービス提供 フルマネージドな PaaS • オートスケール • フレームワークへのパッチ運用 • ロードバランス エンタープライズ 対応
  18. 18. ユーザ―からの HTTP/S 要求 アプリの デプロイ処理 (FTP) PaaS利用/管理 ARM/REST Portal/PowerShell Script
  19. 19. 展開用のツール 管理用のツール Azure Stack 管理ポータル
  20. 20. あらためて Azure Stack アーキテクチャー概要 Templates/PowerShell/CLI, SDK, etc Azure Resource Manager (ARM) RP LAYER Infrastructure Deployment ARM LAYER INFRASTRUCTURE CONTROL LAYER Azure Portal (UX) INFRASTRUCTURE ROLES HARDWARE LAYER
  21. 21. “慣れ親しんだ“大量の仕事に 時間を割き続ける??? そんな生活から脱却可能!
  22. 22. 利用者のための IT を Azure Stack と共に 実現しましょう!!
  23. 23. ■  ■  ■  ■ 
  24. 24. Session ID Title CLD001 インフラ エンジニアにもできる企業の IT 改革 ~モダンなインフラを作ろう~ CLD002 事例と技術から改めて考える ハイブリッド クラウドの本質的な意味と価値 CLD003 Windows ”RDMA” Network Deep Dive CLD004 Windows Server 2016 で実現しちゃう HCI CLD006 マイクロサービスだけじゃない! コンテナー オーケストレーターとしての「Azure Service Fabric」 CLD009 失敗しない Hyper-V 環境の構成 CLD010 Azure Stack ってどう使うんだろう? ~早くも登場!Azure Stack 活用術~ CLD011 Azure Stack ってこんな風にできてるんだ ~Azure Stack の中身を探ろう~ ※本セッション CLD012 百聞は一見に如かず。デモで理解する Azure Stack の面白さ! CLD020 Azure Stack導入するなら、Lenovo ThinkAgile SXMで決まり? ~お教えします。レノボがご提供するAzure Stack~ CLD021 Azure Stackは「仮想基盤」からの移行先として使えるのか? ~「クラウド化」したい企業/エンジニアにむけて~

×