Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AIとロボットが変える人の未来

21 views

Published on

AIとロボットは人の仕事を奪うのか、それによって人は不幸になるのか。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

AIとロボットが変える人の未来

  1. 1. AIロボットコミュニケーション株式会社 取締役 富田良治 中小企業診断士、ITストラテジスト AIとロボットが変える 人の未来 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 1
  2. 2. 自己紹介 2019/5/6 Copyright (C) 2018 TITC All Rights Reserved. 2 ■富田良治(とみた よしはる) 1976年生まれ42歳、千葉出身、府中市府中町在住 中小企業診断士、ITストラテジスト 受託開発ソフトウェア業の中小企業に16年勤務の後、 2016年末にIT経営コンサルタントとして独立 電気通信大学非常勤講師(データ分析) 一般社団法人 データマーケティングラボラトリー 理事 [2016/5] 一般社団法人 クラウドサービス推進機構 特別研究員 [2017/1] 富田IT経営コンサルティング合同会社 代表社員 [2017/4] 一般社団法人 多摩経営工房 理事 [2017/8]
  3. 3. 自己紹介 2019/5/6 Copyright (C) 2017 TITC All Rights Reserved. 3 株式会社 DSOティーン 取締役/COO (芸能プロダクション) [2018/4] 男装ユニット「ROYCEandGEEK」 男装ホストクラブ「9VI」 株式会社 オフィスAZ 取締役 (飲食業) [2018/5] 割烹阿吽(東京府中に10/1オープン) BAR AΩ(阿吽の地下一階に4/1オープン) 立ち飲み屋(東京府中に5月オープン予定) ShannonLab株式会社 執行役員(AI) [2018/7] 「誤解だらけの人工知能」(代表の著書) 株式会社GREEN Forest 代表取締役(出版、医療機器製造販売)[2018/8] 歯磨き絵本「はみがきあーん」(クラウドファンディング) 夢の自動歯磨き機 AIロボットコミュニケーション株式会社 取締役(ロボット販売) [2018/9] コミュニケーションロボットNAO・Sota
  4. 4. AIロボットコミュニケーション 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 4 街中を幸せにするロボット社会創出(地方創生) コミュニケーション・ロボットのビジネス活用によ る社会貢献
  5. 5. AIとは? 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 5  artificial intelligence = 人工知能 知能とは(デジタル大辞泉) 1 物事を理解したり判断したりする力。「―の高い動物」 2 心理学で、環境に適応し、問題解決をめざして思考を行 うなどの知的機能。 果たしてAIを「知能」と呼べるのか
  6. 6. 東ロボくんプロジェクト 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 6 AIによって東大合格を目指すプロジェクト 国立情報学研究所 新井紀子 目的 AIにはどこまでのことができるようになって、どうしても できないことは何かを解明すること TED(youtube) Can a robot pass a university entrance exam? | Noriko Arai 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」
  7. 7. 東ロボくんプロジェクト 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 7 偏差値57.1(MARCH、関関同立合格レベル)を達成 東大合格は不可能との判断により断念 数学や物理の計算問題は圧倒的に得意 単語の穴埋めも圧倒的に得意 文章問題が解けない AIは物事を「理解」できない
  8. 8. AIに解けない問題(同義文判定) 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 8 1. 幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には 沿岸の警備を命じた 2. 1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から 沿岸の警備を命じられた 上の2つの文の意味は、 ①同じである ②異なる
  9. 9. AIに解けない問題 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 9 正解は② 全国2万5000人の基礎的読解力をテスト 中学生の正答率 57% 高校生の正答率 71% 子供も文章を「理解」できていない
  10. 10. AIは知能をもっているのか 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 10 チューリング・テスト
  11. 11. チューリングテスト 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 11 初の合格者とされる「Eugene Goostman」 13歳のウクライナ少年の設定(英語が不自由) 実験として疑問?
  12. 12. AIとは? 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 12 ディープラーニングなどの仕組みによって大量に データを学習し、効率的に最適な答えを出すもの
  13. 13. 人を超えたAI 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 13 チェス、将棋、囲碁 →自己対局による強化学習(AlphaGo Zeroは24時間で最強に) クイズ番組(Jeopardy!) →大量のデータから答えを出す(Watson) 医療診断 →大量の過去データ、画像解析により適切に診断 株取引 →日本の株式市場の取引の8割はAIによるもの
  14. 14. AIによって奪われる仕事 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 14 現在日本国内で担われている職業の49%が人工知能 などのロボットによって代替えできる可能性 (野村総研NRI) 今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事 が自動化されるリスクが高い (英オックスフォード大学) AIに仕事を奪われて人は不幸になるのか?
  15. 15. 産業革命の歴史 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 15 第1次 • 蒸気機関 • →馬車、手織り作業員 第2次 • 石油、電力 • →蒸気機関 第3次 • IT、インターネット • →電話交換手、104、本屋、レンタルDVD 第4次 • AI、ロボット • →単純作業、ルール化できる作業、学習できる作業
  16. 16. 産業革命の歴史 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 16 産業革命によって、これまでいくつもの職が失われ てきた →人じゃなくてもできる仕事が失われた →結果として新たな職が生まれた 人の生活は便利で豊かなものになった
  17. 17. AI・ロボットが人より優れている点 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 17 24時間365日働き続ける →人には労働基準法が存在する 大量のデータを高速に処理することができる →人は疲れる、精度が落ちる 決まったことは精度高く処理できる →人は個人や気分でブレが生じる
  18. 18. AI・ロボットが人より劣る点 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 18 言葉や文章を理解できない 教えられたことしかできない 新たなものを創造できない 課題解決の提案ができない 感情がない、心がない、空気を読めない
  19. 19. AI・ロボットの活用 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 19 人じゃなくてもよい仕事はAI・ロボット に任せる 人は人にしかできない仕事に集中できる 人の生活を豊かにできる
  20. 20. 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 20 AI・ロボットの活用事例
  21. 21. reCAPCHA Google 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 21 膨大なアクセスデータを学習してロボットかどうか を判断
  22. 22. NTTコミュニケーションズ「COTOHA Virtual Assistant」 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 22 コールセンター業務などを自動化
  23. 23. NIKKEI AI記事生成 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 23 決算サマリーを自動生成
  24. 24. 「duAro(デュアロ)」川崎重工 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 24 人と共存して作業を行う産業ロボット
  25. 25. 「Amazon Robotics」物流配送センター 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 25 国内でも川崎FC、茨木FCに導入
  26. 26. Amazon Go 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 26 2021年までに3,000店舗に増やす計画
  27. 27. 介護ロボット 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 27 コミュニケーションロボットを老人介護の現場に 認知症の改善効果
  28. 28. 自動運転 GoogleCar 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 28 大量の走行データを学習
  29. 29. 自動運転(採掘現場) 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 29 運転席のないダンプカー(コマツ)
  30. 30. T-iROBO Rebar(大成建設) 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 30 鉄筋拘束ロボット、全作業中の2割 10人分の作業を1台でこなすことができる
  31. 31. 交通誘導ロボット「安全太郎」 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 31 1970年に誕生、1体78万円
  32. 32. まとめ 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 32 AI・ロボットを道具として活用 人じゃなくてもよい仕事はAI・ロボットに代替 人にしかできない仕事に人は集中すればよい AI・ロボットは人の生活を豊かに変える
  33. 33. 2019/5/6 Copyright (C) TITC All Rights Reserved. 33 ご清聴ありがとうございました。

×