Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「R」による従業員満足度調査(ES)事例

131 views

Published on

2017/07/12 渋谷中小診断士会 講演資料

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「R」による従業員満足度調査(ES)事例

  1. 1. 一般社団法人データマーケティングラボラトリー 理事 富田 良治 「R」による従業員満足度調査(ES)事例 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 1
  2. 2. 自己紹介 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 2 ■富田良治(とみた よしはる) • 1976年生まれ、41歳、千葉県市原市出身、府中市在中 • 電気通信大学 • ITストラテジスト、中小企業診断士 • 富田IT経営コンサルティング合同会社 代表社員 • 一般社団法人 データマーケティングラボラトリー 理事 • 一般社団法人 クラウドサービス推進機構 特別研究員 受託開発ソフトウェア業の中小企業に16年勤務の後、IT経 営コンサルタントとして独立。
  3. 3. 得意分野と実績 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 3 ■地域活性化コンサルティング ・まちづくり支援 ・商店街活性化支援 【実績】 まちゼミ支援 島しょ支援(三宅島、大島)、 地域商業調査、空き店舗調査 府中文化村 ■IT経営コンサルティング ・IT導入支援 ・クラウド活用支援 ・Web活用支援 【実績】 広告代理店ITコンサルティング 小売業・飲食業Web活用支援 製造業業務効率化支援 ■IoT導入コンサルティング ・IoT導入支援 ・IoTデータ見える化 ・IoTデータ分析 【実績】 IAクラウドプロジェクト 経産省IoTツール選定 故障予知データ分析 ■データ活用コンサルティング ・データ分析 ・オープンデータ活用 ・データ活用セミナー 【実績】 従業員満足度調査 商圏分析、需要予測分析 R講座、RESAS講座 ITの知識と経験
  4. 4. データ分析講座、セミナーの実績 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 4 ■講座 • QGIS講座 • R入門講座(毎月開催) • R講座中級編(全5回) • RESAS講座 ■セミナー • オープンデータ活用による地域活性化 • データで見る府中
  5. 5. 本日の内容 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 5 1. Rとは 2. SEMとは 3. Rを使ってSEMでデータ分析 4. 従業員満足度調査(ES)事例
  6. 6. 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 6 1.Rとは
  7. 7. Rの特徴 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 7 • 統計学者が統計分析のために作ったプログラミング言 語(S言語をベースにしている) • オープンソース(無料でつかえる) • データ分析がやりやすい機能を最初から備える • 多数のパッケージ(1万以上!)により機能を拡張で きる • スクリプト言語(すぐに実行して結果が確認できる言 語)なので、手軽に分析できる • データ分析の分野では、PythonとRが有名。その他で はJuliaという新しい言語もある
  8. 8. R実行環境(RStudio) 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 8
  9. 9. 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 9 2.SEMとは
  10. 10. SEMとは 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 10 • SEM = 共分散構造分析 • 複数の構成概念(直接測定できないもの)を定量化し、 因果関係を分析する手法 • 因子分析と重回帰分析を組み合わせたような分析を行 える • パス図によりモデルを表現する • 仮説をモデルにより検証できるため、非常に汎用性が 高い • 特にアンケート結果分析に向いている
  11. 11. パス図 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 11 0.76 0.71 0.86 0.80 0.78 0.82 0.85 015 0.92 0.97 0.87 0.84 0.45 パス係数 (関係性の強さ) 潜在変数 (観測できない概念 的なもの) 観測変数 (観測できるもの)
  12. 12. パス図の例 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 12 f1: 経営方 針 f3:待遇 f2:仕事 f4: 人間関 係 x30.上司の方針 f6: 帰属意 識 x29.上司との人間関係 x1.総合満足度 x9.今後も働き続け たい x2.会社の経営方針は明確 x3.会社の経営方針に共感 x8.仕事にやりがい x9.仕事量 x11.仕事の権限 x12.仕事の成長 x19.残業時間 x23.自分の待遇 x25.成果の待遇への反映 x26.公平な評価基準 x27.将来の昇給 x32.尊敬できる x33.悩みを相談できる
  13. 13. 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 13 3.Rを使ってSEMでデータ分析
  14. 14. Rを使ってSEMでデータ分析 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 14 • 実際にデモをお見せします。 ■利用するパッケージ lavaan semTools semPlot ■参考になる資料 共分散構造分析[R編] 豊田秀樹 編著 東京図書
  15. 15. 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 15 4.従業員満足度調査(ES)事例
  16. 16. 概要 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 16 • 受託開発ソフトウェア業の中小企業に対して従業員満 足度調査を実施した。 設立 :1973年 資本金 :5,000万 従業員数:約180名 売上高 :約18億 取引先は大手メーカーが多い。 社員の大半は客先に常駐して作業している。
  17. 17. 分析の流れ 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 17 概要フロー作成 モデル作成 アンケート作成・ 実施 データ分析
  18. 18. 概要フロー作成 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 18
  19. 19. モデル作成 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 19 f1: 経営方針 f3:待遇 f2:仕事 f6: 帰属意識 x24.上司との人間関係 x1.総合満足度 x8.知人に勧めたい x3.会社の経営方針は明確 x4.会社の経営方針に共感 x10.仕事にやりがい x11.仕事量 x12.残業時間 x13.作業環境 x14.十分な権限 x18.努力や成果の反映度 x19.評価の伝達 x20.公平な評価基準 x21.将来の昇給 x7.今後も働き続けたい x6.会社に愛着がある x5.将来性 x15.自身の成長 x22.福利厚生 x17.待遇満足度 x2.経営方針満足度 x9.仕事満足度
  20. 20. アンケート項目作成 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 20
  21. 21. アンケート実施 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 21 • Webアンケートシステムにて実施 →無料のシステムを活用 (AWS上にLimesurveyを構築) アンケート実施期間:2週間 回答数:144 回答率:83.2%
  22. 22. 分析結果(パス図) 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 22 • 役職者は仕事や待遇の満足度が高い CFI:0.863 TLI:0.810 RMSEA:0.075
  23. 23. 総合満足度への影響度 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 23 →総合満足度への影響度が高く、満足度の低い「経営方針への共感」 の改善が、最重要課題である。
  24. 24. 分析した後 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 24 課題を抽出 施策を提言 施策の実行支援 実行結果の分析
  25. 25. おまけ 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 25 「IT経営ジャーナルVol.3」 著者:岡田浩一(編) 出版社:クラウドサービス推進機構 「中小企業における従業員満足度調査の有効性」 富田良治 データマーケティングラボラトリー理事 電子書籍(Kindle版)がAmazonで買えます。500円。 https://goo.gl/niDbwL
  26. 26. 2017/8/12 Copyright (C) 2016 DML All Rights Reserved. 26 ご清聴ありがとうございました。

×