SlideShare a Scribd company logo
1 of 33
Download to read offline
あるゲームアプリケーションの
構成とアップデートサイクル
飯塚健太郎
DroidKaigi, 2015/04/25
今回お話しすること
• あるゲームアプリの構成
• どのようなゲームを,いかにして作っているか
• アップデートサイクル
• アップデートをいかにして回していくか
• 雑多な Tips 集
あるゲームアプリ開発者のデスク
(自己紹介)
• 飯塚健太郎.KLab Inc
Android 4.4
Android 2.3
Android 5.1
Jenkins 用
Mac mini
開発用 MacBook
HHKB
いろいろ用
Windows
24インチモニタ
5.1A USB電源ハブ
HHKB Lite 2
どんなゲームを作っているの?
• Android 2.3 以降対応の音ゲーム
• 自社製ゲームエンジン
• 自社製サーバサイドフレームワーク
• 既に2年くらい運用中
• 2∼3ヶ月に1度アップデートを実施
今回は,こんなゲームの運用経験を元にノウハウを共有します
あるゲームアプリの構成
- あるパイプラインエンジニア曰く
ゲームはソースコードのみにて在るに非ず
ソース
コード
マスターデータ
音声
データ
画像
データ
リソースの海
素敵ゲームアプリ
の力?
ゲームエンジン
ムービー
いかにして多種多様なリソースからゲームを生成するのか?
API
• 様々なリソースから の力で素敵なゲームアプリができる
わけではない
• 音声ファイル,画像ファイル,ソースコード,マスターデー
タ等のリソースをまとめあげてアプリとして具現化するビ
ルドシステムが存在する
• 私達は,主に Jenkins と Github を用いたシステムを構
築している(次ページ)
ゲームはソースコードのみにて在るに非ず
様々なリソースを束ねる
Jenkins を使ったビルドシステム
APIサーバゲームアプリ(apk)
Jenkins
fetch
ゲーム
エンジン
NDK, Gradle
フロントエンド
UI
サーバサイド
PHP
Jenkins
fetch
追加DL用
音声,画像等
API通信
Amazon S3
Jenkins
fetch
deploy upload
マスターデータ
音声,画像等
fetchfetch
DL
• 私達はこのビルドシステムを,「パイプライン」と呼んで
いる.そして,パイプラインの整備を専門にする「パイプ
ラインエンジニア」のチームが存在する
• マスターデータのバリデーションやアセットの整合性
チェックなども,Jenkins の中で動かしている
• Github や Jenkins マシンが死ぬとプロジェクトが止まる
リスクがあったりする
様々なリソースを束ねる
Jenkins を使ったビルドシステム
参考書籍
• ゲーム・映像制作パイプラ
イン構築マニュアル
• 2014年
• 税込み約6500円
ゲームエンジン在らざればゲーム在らず
- あるパイプラインエンジニア曰く
• 昨今のゲーム開発はゲームエンジンの上でゲームを作るこ
とが非常に多い,と思う
• 私達は Playground というゲームエンジンを使ってい
る.これはOSS でも公開されている
• https://github.com/KLab/PlaygroundOSS/
• 社内にゲームエンジンチームがあって,Playground ゲー
ムエンジンの開発を専門に行っている
• ゲームの UI は,ゲームエンジンに付属する IDE で作れる
ようになっている
どんなゲームエンジンを使っているのか
エンジン自作の嬉しさと悲しさ
• 音ゲーを作っているので,オーディオ周りなどでハードウェ
ア寄りの細かい制御をできるのはゲームエンジンを作って
いる強みになっている
• ググっても情報がない.しかし開発者に直に質問可能
• 例えば,新しいバージョンの OS(Lollipop) への対応がス
ムーズにできたりとか,比較的小回りが効く
ゲームフロントエンド(UI, ゲームロジック)
Open GLOS機能 (ファイルIO,スレッド…)
タスクシステム
アセット管理
知財暗号化
OSごとのポーティング層 (Java, Obj-C) 描画ラッパー
データベース その他
ゲームエンジン
(Playground)
(Lua, XML)
(C, C++ 等)
ゲームエンジン Playground の
おおざっぱな構成
アップデートサイクル
たった 50MB ぽっち!
- あるパイプラインエンジニア曰く
たった 50MB ぽっち!
• Google Play から Wi-Fi を使わない環境でダウンロード
できる apk の最大サイズ
• 多いように感じるかもしれないけど,ゲーム開発をしてい
ると全然足りなくなることもしばしばしばしば
• はみ出したリソースは,追加ダウンロードの仕組みを作っ
て使って対応する(expansion packを使っているゲームも
最近は多いですが,ここでは使っていません)
追加ダウンロードのしくみ
全アセット空間
(数百MB∼数GB)
アセットリスト
(API サーバ)
Amazon S3
アセット
アップロード
アセットリスト
作成
画像
ムービー
音声
UI 情報
その他
apk (50MB)
ダウンロード
リスト取得
アセット
ダウンロード
リソース
抽出
• API サーバにアセットのリストを作っておいて,アセット自体は
Amazon S3 からダウンロードする仕組みになっている
追加ダウンロードのしくみ
を使ってアップデート
アセットリスト
(API サーバ)
Amazon S3
差分アセット
アップロード
アセット差分
リスト作成
apk ver 1.0 -> 1.1
差分
リスト取得
差分アセット
ダウンロード
リソース
抽出
• 追加DLの仕組みを応用してアセットのアップデートもできる
ver 1.0 アセット集合
ver 1.1 アセット集合
差分アセット集合
アップデートはゲームアプリの呼吸なり
- あるパイプラインエンジニア曰く
アップデートはゲームアプリの呼吸だ
• ゲームを面白く新鮮に保つためには,アップデートが必要
• 新機能追加,新キャラ追加,UI改修,性能チューニ
ング
• スムーズにアップデートを回していくためにどうしたら良
いのだろうか?ということを話す
• 前置き:アップデートには 2 種類ある
2 種類のアップデート
アップデート方法 期間 更新内容 関連エンジニア
Google
Play
数ヶ月単位
(コードの改修)
・ゲームロジック改修
・ゲームエンジン改修
・フロントエンド
・ゲームエンジン
・サーバサイド
追加
ダウンロード
数週間単位
(リソースの追加)
・アイテム追加
・キャラクター追加
・サーバサイド
・運用エンジニア
•今回話すのは主に Google Play からのアップデートのほう
• アップデートには想像されるように様々なフェーズが存在
する
• 仕様策定,実装,レビュー,動作テスト,リリース
• それらをどうつなぎあわせてリリースまでもっていくか
は,実は自明ではない
• 次ページで仕様策定からリリースまでの一連の流れの例
をあげる
アップデートサイクル
仕様策定
アップデートテスト
実装
コードレビュー
テスト(開発者)
リリース
テストエンジニア
レビューパス
テストパス
コメント・修正
フィードバック
テストパス
バグ報告
ユニットテスト, 手元テスト
リリースリハーサル
リハーサル
成功
ユーザサポート
クラッシュ
レポート
リリース後
こんなものを作りたい
という気持ち
明文化
アップデートサイクルの一連の流れの例
• デイリーで apk を作成してテストエンジニアへ
• テストサイクルがうまく回るかどうかは,アップデートの成否に
関わる問題
• テストを上手くまわすための技術開発に工数を使うことも積極的
に検討
• UIパーツやゲームロジックといったゲームフロントエンド
は差し替えずに,ゲームエンジンだけを入れ替えてテスト
できるようにしてみたり…
• 通信速度あげるために有線 LAN アダプタを挿してみたり…
テストの比重は重い
デバッグのための2種類のapk
アセット apk サイズ テスト内容
FULL版
全部
apk 内
数百MB∼数GB
・新機能
・バグフィックス
DL版
最小限
+
追加DL
50MB
・追加DL
・Google Play α版
・Google Play β版
•新機能テストのとき,いちいち数百MBの追加ダウンロードはやってられ
ないため,すべてのアセットを含んだ FULL版 と呼ばれる巨大な apk
が使われる
実装者下暗し
- あるテストエンジニア曰く
• View 部分の動作テストは自動化が非常に難しい
• テストエンジニアによる動作テストは必須
• 実装者自身は動作テストを都合の良いように最適化してし
まう(ことがある)
• テストエンジニアは,実装者が見落としてしまいそうな遷
移の不具合を,仕様と優れたメソッド(企業秘密)で発
見してくれる
テストエンジニアによるテストの価値
プロの手によって発見されたバグ再現手順の例
電源ボタンでゲームをバックグラウンドにし,即座にフォア
グラウンドに戻すと発生するバグ
このようなバグは開発者の動作テストでは見つかる確率低
• リリース後はクラッシュレポートでユーザの手元で起こったクラッ
シュを監視
• Developer Console のクラッシュレポートはあまり参考になら
ない
• クラッシュレポートツール選び
• 遅延なくでクラッシュを監視できるか?
• NDK 部分と Java 部分で起こったクラッシュを分けて分
析できるか
クラッシュレポートコレクターになろう
まとめ
• あるゲームアプリの構成
• Jenkins と Github を多用したパイプラインを構築している
• Playground というゲームエンジンを使用している
• アップデートサイクル
• Google Play, 追加DL の2種類のアップデートがある
• テストの比重は比較的重い.テストをいろいろ工夫する
• テストエンジニアのテストは必須
• 外部のクラッシュレポートツールを使ってクラッシュを監視
PR
• CodeLunch.fm というポッドキャストに出たりしてます
• http://codelunch.fm/

More Related Content

What's hot

Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)
Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)
Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)Kengo Suzuki
 
minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介
minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介
minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介Masataka Kono
 
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open APIRESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open APIKohei Saito
 
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発日本マイクロソフト株式会社
 
Ciじゃない方のJenkins
Ciじゃない方のJenkinsCiじゃない方のJenkins
Ciじゃない方のJenkinsKatsuhiro Miura
 
Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化
Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化
Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化Kenichi Kambara
 
Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13
Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13
Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13Sho Douhashi
 
VS Code新機能紹介 2020-2021
VS Code新機能紹介2020-2021VS Code新機能紹介2020-2021
VS Code新機能紹介 2020-2021Yuki Ueda
 
GBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポート
GBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポートGBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポート
GBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポートYutaka Kato
 
Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有
Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有
Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有Shinobu Okano
 
AndroidStudioはじめました ~Gradle編~
AndroidStudioはじめました ~Gradle編~AndroidStudioはじめました ~Gradle編~
AndroidStudioはじめました ~Gradle編~Yabata Tomomitsu
 
Androidリリース作業の効率化(2)
Androidリリース作業の効率化(2)Androidリリース作業の効率化(2)
Androidリリース作業の効率化(2)Kenichi Kambara
 
Net なプロジェクトでも jenkins を使ってみた
Net なプロジェクトでも jenkins を使ってみたNet なプロジェクトでも jenkins を使ってみた
Net なプロジェクトでも jenkins を使ってみたOda Shinsuke
 
2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespaces
2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespaces2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespaces
2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespacesIssei Hiraoka
 
Android Studioの魅力
Android Studioの魅力Android Studioの魅力
Android Studioの魅力Keiji Ariyama
 
Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O
 Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O   Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O
Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O 健一 辰濱
 
.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CD.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CDYuta Matsumura
 

What's hot (20)

Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)
Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)
Androidのセキュア開発について考えてみた(明日、敗訴しないためのセキュアコーディング.ver2)
 
minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介
minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介
minneにおけるテスト〜リリース〜リリース後にやっている事の紹介
 
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open APIRESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
 
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
 
Ciじゃない方のJenkins
Ciじゃない方のJenkinsCiじゃない方のJenkins
Ciじゃない方のJenkins
 
Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化
Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化
Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化
 
Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13
Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13
Redmine4時代のプラグイン開発 redmine.tokyo #13
 
VS Code新機能紹介 2020-2021
VS Code新機能紹介2020-2021VS Code新機能紹介2020-2021
VS Code新機能紹介 2020-2021
 
Jenkins導入ライブ
Jenkins導入ライブJenkins導入ライブ
Jenkins導入ライブ
 
GBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポート
GBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポートGBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポート
GBDC 勉強会 #2 Android Studio 実践レポート
 
Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有
Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有
Android学ぶを君へ。生き抜くためのナレッジ共有
 
AndroidStudioはじめました ~Gradle編~
AndroidStudioはじめました ~Gradle編~AndroidStudioはじめました ~Gradle編~
AndroidStudioはじめました ~Gradle編~
 
Androidリリース作業の効率化(2)
Androidリリース作業の効率化(2)Androidリリース作業の効率化(2)
Androidリリース作業の効率化(2)
 
Net なプロジェクトでも jenkins を使ってみた
Net なプロジェクトでも jenkins を使ってみたNet なプロジェクトでも jenkins を使ってみた
Net なプロジェクトでも jenkins を使ってみた
 
ドリコムJenkins勉強会資料
ドリコムJenkins勉強会資料ドリコムJenkins勉強会資料
ドリコムJenkins勉強会資料
 
2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespaces
2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespaces2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespaces
2020/06/16 tsjp-azure-staticwebapps-vs_codespaces
 
Android Studioの魅力
Android Studioの魅力Android Studioの魅力
Android Studioの魅力
 
Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O
 Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O   Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O
Sansan Tech Meetup Androidエンジニアが振り返る Google I/O
 
【BS2】.NET 6 最新アップデート
【BS2】.NET 6 最新アップデート【BS2】.NET 6 最新アップデート
【BS2】.NET 6 最新アップデート
 
.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CD.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CD
 

Viewers also liked

絶対落ちないアプリの作り方
絶対落ちないアプリの作り方絶対落ちないアプリの作り方
絶対落ちないアプリの作り方Fumihiko Shiroyama
 
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -Yuki Anzai
 
開発を効率的に進めるられるまでの道程
開発を効率的に進めるられるまでの道程開発を効率的に進めるられるまでの道程
開発を効率的に進めるられるまでの道程Takao Sumitomo
 
CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)
CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)
CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)Kenichi Takahashi
 
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]YUKI YAMAGUCHI
 
僕らのデータ同期プラクティス
僕らのデータ同期プラクティス僕らのデータ同期プラクティス
僕らのデータ同期プラクティスYukiya Nakagawa
 
20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方
20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方
20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方Makoto Yamazaki
 
Droid kaigiプレゼン
Droid kaigiプレゼンDroid kaigiプレゼン
Droid kaigiプレゼンSuguru Oho
 
明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)
明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)
明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)Kazuki Yoshida
 
Android lint-srp-practice
Android lint-srp-practiceAndroid lint-srp-practice
Android lint-srp-practicecch-robo
 
React Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigi
React Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigiReact Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigi
React Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigiYukiya Nakagawa
 
DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法
DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法
DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法tkawashita
 
Master of Canvas
Master of CanvasMaster of Canvas
Master of CanvasMima Yuki
 
用途に合わせたアニメーションの実装方法
用途に合わせたアニメーションの実装方法用途に合わせたアニメーションの実装方法
用途に合わせたアニメーションの実装方法Takao Sumitomo
 
パーミッションモデルの過渡期への対応
パーミッションモデルの過渡期への対応パーミッションモデルの過渡期への対応
パーミッションモデルの過渡期への対応ak_shio_555
 
【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)
【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)
【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)Hiroyuki Kusu
 
怖くないGradle設定とBazel
怖くないGradle設定とBazel怖くないGradle設定とBazel
怖くないGradle設定とBazelshimada tatsuya
 
最速でリリースするためのAndroidアプリデザイン
最速でリリースするためのAndroidアプリデザイン最速でリリースするためのAndroidアプリデザイン
最速でリリースするためのAndroidアプリデザインNaoki Aoyama
 

Viewers also liked (20)

絶対落ちないアプリの作り方
絶対落ちないアプリの作り方絶対落ちないアプリの作り方
絶対落ちないアプリの作り方
 
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
Activity, Fragment, CustomView の使い分け - マッチョなActivityにさよならする方法 -
 
開発を効率的に進めるられるまでの道程
開発を効率的に進めるられるまでの道程開発を効率的に進めるられるまでの道程
開発を効率的に進めるられるまでの道程
 
CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)
CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)
CardboardのUXをカメラで向上する (droidkaigi 2015/04)
 
進化するArt
進化するArt進化するArt
進化するArt
 
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
マテリアルデザインを用いたデザインリニューアル [フリル編]
 
僕らのデータ同期プラクティス
僕らのデータ同期プラクティス僕らのデータ同期プラクティス
僕らのデータ同期プラクティス
 
20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方
20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方
20150425 DroidKaigi つかえるGradleプロジェクトの作り方
 
AndroidとSELinux
AndroidとSELinuxAndroidとSELinux
AndroidとSELinux
 
Droid kaigiプレゼン
Droid kaigiプレゼンDroid kaigiプレゼン
Droid kaigiプレゼン
 
明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)
明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)
明日から使えるRxjava頻出パターン (Droid kaigi 2016)
 
Android lint-srp-practice
Android lint-srp-practiceAndroid lint-srp-practice
Android lint-srp-practice
 
React Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigi
React Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigiReact Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigi
React Nativeはクロスプラットフォームモバイルアプリ開発の夢を見るか #DroidKaigi
 
DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法
DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法
DroidKaigi2016 windows環境での効率的なアプリ開発手法
 
Master of Canvas
Master of CanvasMaster of Canvas
Master of Canvas
 
用途に合わせたアニメーションの実装方法
用途に合わせたアニメーションの実装方法用途に合わせたアニメーションの実装方法
用途に合わせたアニメーションの実装方法
 
パーミッションモデルの過渡期への対応
パーミッションモデルの過渡期への対応パーミッションモデルの過渡期への対応
パーミッションモデルの過渡期への対応
 
【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)
【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)
【DroidKaigi2015】初学者に嬉しいAndroid開発環境(あとMVCとか)
 
怖くないGradle設定とBazel
怖くないGradle設定とBazel怖くないGradle設定とBazel
怖くないGradle設定とBazel
 
最速でリリースするためのAndroidアプリデザイン
最速でリリースするためのAndroidアプリデザイン最速でリリースするためのAndroidアプリデザイン
最速でリリースするためのAndroidアプリデザイン
 

Similar to あるゲームアプリケーションの構成とアップデートサイクル

Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...Developer Camp 2012 Japan Fall
 
Dev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2specialDev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2specialKatsuhito Katoh
 
わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門
わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門
わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門Yasuhiko Yamamoto
 
わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)
わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)
わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)Yasuhiko Yamamoto
 
Windows 11 がやってくる - IT管理者の準備と対策
Windows 11 がやってくる -  IT管理者の準備と対策Windows 11 がやってくる -  IT管理者の準備と対策
Windows 11 がやってくる - IT管理者の準備と対策彰 村地
 
協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦 〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜
協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦  〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦  〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜
協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦 〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜DeNA
 
KLabのゲーム開発を支える開発環境
KLabのゲーム開発を支える開発環境KLabのゲーム開発を支える開発環境
KLabのゲーム開発を支える開発環境KLab Inc. / Tech
 
Voicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminarVoicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminarManabu Shimobe
 
Windows 10 Creators Update
Windows 10 Creators UpdateWindows 10 Creators Update
Windows 10 Creators UpdateTomokazu Kizawa
 
Tips and Tricks for developing Windows APO drivers
Tips and Tricks for developing Windows APO driversTips and Tricks for developing Windows APO drivers
Tips and Tricks for developing Windows APO driversAtomu Hidaka
 
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!Hiroko Umetsu
 
ビルドで情報を埋め込んでみた
ビルドで情報を埋め込んでみたビルドで情報を埋め込んでみた
ビルドで情報を埋め込んでみたKazuhide Maruyama
 
Windows 11 information that can be used at the development site
Windows 11 information that can be used at the development siteWindows 11 information that can be used at the development site
Windows 11 information that can be used at the development siteAtomu Hidaka
 
10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラム
10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラム10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラム
10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラムRie Moriguchi
 
20190525 event slide
20190525 event slide20190525 event slide
20190525 event slideHiroko Umetsu
 
静的解析Klocwork とJenkins CIの連携
静的解析Klocwork とJenkins CIの連携静的解析Klocwork とJenkins CIの連携
静的解析Klocwork とJenkins CIの連携Masaru Horioka
 
ストアアプリ →universal Windows Apps =WP8.1アプリ
ストアアプリ→universal Windows Apps=WP8.1アプリストアアプリ→universal Windows Apps=WP8.1アプリ
ストアアプリ →universal Windows Apps =WP8.1アプリAkira Hatsune
 

Similar to あるゲームアプリケーションの構成とアップデートサイクル (20)

Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
Developr Camp 2012 Japan Fall Day2 Special Session - Visual Studio 2012 で始める ...
 
Dev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2specialDev camp2012jpn day2special
Dev camp2012jpn day2special
 
わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門
わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門
わんくま名古屋#36 (20150725) Windows 10 ユニバーサル Windows アプリ開発入門
 
わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)
わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)
わんくま名古屋 #37 (20151114) Windows 10 UWP アプリ開発入門(実践編)
 
Windows 11 がやってくる - IT管理者の準備と対策
Windows 11 がやってくる -  IT管理者の準備と対策Windows 11 がやってくる -  IT管理者の準備と対策
Windows 11 がやってくる - IT管理者の準備と対策
 
速報!!Windows 11
速報!!Windows 11速報!!Windows 11
速報!!Windows 11
 
協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦 〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜
協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦  〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦  〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜
協業アプリ開発を推進するテクニカルコンサルタントの挑戦 〜『歌マクロス』を成功に導く技術支援〜
 
KLabのゲーム開発を支える開発環境
KLabのゲーム開発を支える開発環境KLabのゲーム開発を支える開発環境
KLabのゲーム開発を支える開発環境
 
Klocworkのご紹介
Klocworkのご紹介Klocworkのご紹介
Klocworkのご紹介
 
Voicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminarVoicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminar
 
Windows 10 Creators Update
Windows 10 Creators UpdateWindows 10 Creators Update
Windows 10 Creators Update
 
Tips and Tricks for developing Windows APO drivers
Tips and Tricks for developing Windows APO driversTips and Tricks for developing Windows APO drivers
Tips and Tricks for developing Windows APO drivers
 
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
 
ビルドで情報を埋め込んでみた
ビルドで情報を埋め込んでみたビルドで情報を埋め込んでみた
ビルドで情報を埋め込んでみた
 
Windows 11 information that can be used at the development site
Windows 11 information that can be used at the development siteWindows 11 information that can be used at the development site
Windows 11 information that can be used at the development site
 
10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラム
10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラム10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラム
10分で(だいたい)わかるMicrosoft MVP アワードプログラム
 
20190525 event slide
20190525 event slide20190525 event slide
20190525 event slide
 
静的解析Klocwork とJenkins CIの連携
静的解析Klocwork とJenkins CIの連携静的解析Klocwork とJenkins CIの連携
静的解析Klocwork とJenkins CIの連携
 
ニコニコ超開発
ニコニコ超開発ニコニコ超開発
ニコニコ超開発
 
ストアアプリ →universal Windows Apps =WP8.1アプリ
ストアアプリ→universal Windows Apps=WP8.1アプリストアアプリ→universal Windows Apps=WP8.1アプリ
ストアアプリ →universal Windows Apps =WP8.1アプリ
 

Recently uploaded

Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Danieldanielhu54
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxAtomu Hidaka
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000Shota Ito
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムsugiuralab
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略Ryo Sasaki
 
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdfUPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdffurutsuka
 

Recently uploaded (9)

Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
 
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdfUPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
 

あるゲームアプリケーションの構成とアップデートサイクル