SlideShare a Scribd company logo
© Copyright 2019 Pivotal Software, Inc. All rights Reserved.
トランスフォーメーションを支える
Pivotal のプロセスと
プラットフォーム
2019-10-23
Pivotal ジャパン株式会社
プラットフォームアーキテクト
柳原 伸弥
Transforming
How the world Builds Software
我々Pivotalのミッションは
デジタルの時代における
世界のソフトウェア開発を
変革することです
Pivotalはデジタル変革の
パートナーとして企業の競争力を高め
ビジネス成長と
カルチャー・チェンジを支援します
メソドロジー
先進的なソフトウェア開発の為の
ベスト・プラクティスの導入
ツール
開発者の生産性を重視した
ツールを用いた開発
プラットフォーム
あらゆるアプリケーションを、
あらゆるクラウドで、統合的な基盤で運用
デジタル変革
推進可能な
組織へ
カルチャー
継続的な向上を通じてお客様の
成功を実現する
Pivotal Labs and
Services
Pivotal Platform
Spring and
Pivotal OSS
Pivotal Way
メソドロジー
先進的なソフトウェア開発の為の
ベスト・プラクティスの導入
ツール
開発者の生産性を重視した
ツールを用いた開発
プラットフォーム
あらゆるアプリケーションを、
あらゆるクラウドで、統合的な基盤で運用
Pivotal Labs and
Services
Pivotal Cloud Foundry
Spring and
Pivotal OSS
Pivotal Way
カルチャー
継続的な向上を通じてお客様の
成功を実現する
テクノロジー
プラクティス
リーンやアジャイル開発などの
ベスト・プラクティスを活用して、
人材育成や組織の立ち上げを行い
社内プロセスの改革と併せて
企業のカルチャーを変えていく
クラウドネイティブプラットフォームや先進的
なツール群を活用して、
アプリケーション開発やシステム運用の在
り方を変え、デジタル変革を促進する
Pivotalが選択される理由
我々はプラクティスとテクノロジーの
両面でお客様を支援します
成功のための
ベスト
プラクティス Product Development
新規ビジネス創出
XP / Lean による開発
Pivotal Labs
お客様と共になってアジャイル手法を用いたチームを育成
成果物の完成への促進を支援
App Modernization
既存資産の活用 / 移行
Microservices 化支援
Platform Ops
Platform as a Product を
実践するチーム育成
Education
ワークショップ型での実施
実践型のスキル育成
Data Science
データの利活用を促進
データ解析と人材育成を支援
Enable clients to deliver value fast, forever
一緒に実践しながら
手法を教える
ビジネス価値
ユーザ価値を創出する
素早く実施し
頻度を上げる
持続可能な
ペースで続ける
“正しい”モノを作る
<WHAT/WHY>
“正しく”モノを作る
<HOW>
Pivotal Way
リーン
ユーザー
中心
デザイン
変化への
最適な対応
モノを動かす - 実行基盤
<WHERE: Pivotal Cloud Foundry>
Pivotal Labs のアプローチ
アジャイル
クラウドネイティブ
プラットフォーム
● 実践手法とプロセス
● チーム
● カルチャー
● マインドセット
Pivotalが育てるチーム:バランスドチーム
プロダクト
マネジメント
ビジネスに
貢献できるか?
Desirable
・ユーザ課題は何か?
・課題をどのように解決するか?
・効果的に作用するか?
Viable
・価値のある
 アウトプットが出せるか?
・アウトプットを
 どう測定するか?
Feasible
・技術的な課題を解決する
 最適な手段は何か?
・どのように実現するか?
デザイナー
ユーザーが
気にいるか?
エンジニア
実現できるか?
Product
Pivotalが提供するプロセスのアプローチ
プロダクト
マネジメント
デザイナー
エンジニア
Product
リーン
アジャイル
クラウドネイティブ
プラットフォームユーザ
中心
設計
新規アプリケーション開発
既存システム
マイグレーション
プラットフォーム運用
Product Development
App Modernization
Platform Ops (Dojo)
Pivotalがご支援する
アジャイルプラクティス
スタンドアップ・ミーティング
短時間で実施する情報と状況の共有朝会
毎朝チーム(オフィス)で実施する
コミュニケーション
● オフィススタンドアップ
○ 初めてオフィスに来た人の紹介
○ ニュース
○ 当日のイベント
● チームスタンド・アップ
○ 昨日やった事
○ 今日の予定
○ 困っている事
  コミュニケーションと自己組織化
ペアリング
効率と品質の向上のためのペアリング
● ペアプログラミング
● ペアデザイン
● ペアによるストーリー作成
● ペアによるプラットフォーム構築及び運用
:
「ドライバー」が作業を実施し、
「ナビゲーター」が作業ガイドや
フィードバックを行い、交代しながら作業実施
  ペアによる気づきと学びを
  繰り返しながら作業を遂行
「ドライバー」と「ナビゲーター」によるペア作業
ダンプ・アンド・ソート
短時間の会議で効率的なアウトプット
必要なもの
● 付箋
● ペン
● ホワイトボード
実施方法
1. 制限時間を決めて付箋に意見を書き出す
2. 付箋に書き出したアイデアを絞り込む
3. 各自の付箋をホワイトボードに貼る
4. 質問を行う
5. 同じアイデアや似ているアイデアを分類
6. 優先付けする
短時間でのアイデア出しと分類
効率的なアイデアの引き出し方・まとめ方
レトロスペクティブ
作業内容を見直し次の作業を改善
● 意見を出しやすい雰囲気を作る
○ 否定しない
○ 褒める
● 情報を収集する
○ 🙂:良かった事
○ 😐:いまいちな事
○ ☹:改善すべき事
● アクションプランを決定する
チームの課題点を明確にし
個々のアクションプランの認識
作業内容の効果的な振り返り
Pivotalが提供するサービス
新規アプリケーション開発
既存システム
マイグレーション
プラットフォーム運用
Product Development
App Modernization
Platform Ops (Dojo)
プロダクト
マネジメント
デザイナー
エンジニア
Product
リーン
アジャイル
クラウドネイティブ
プラットフォームユーザ
中心
設計
Pivotal プラクティス
アジャイル
アプローチ
開発効率性の
向上と
自動化の促進
Spring Framework &
Pivotal OSS
Spring Framework の活用と
自動化ツールを用いた継続的デリバリの実現
Spring Boot & Spring Cloud
迅速かつ容易に開発可能とな
る Spring Boot の活用
クラウドネイティブ開発を促進
するマイクロサービスフレーム
ワークの適用
Steeltoe
.NETテクノロジーで実現するク
ラウドネイティブ
アプリケーション開発
Concourse & Spinnaker
開発/運用を自動化する
OSSツールの適用と活用
Cloud Native Application を
実現する
デファクトフレームワーク
Spring Framework by Pivotal
Standard Cloud Native Java Application Framework
Spring Boot
クイックスタート
Spring Cloud
分散アプリケーションパターン
Spring Cloud Data Flow
データ集約パターン
明瞭なコード | 複雑さの回避 | 技術負債からの解放 | 業務ロジック・フォーカス | テスト網羅性 | コード補完
Spring Cloud Service によるマイクロサービス
Pivotal Platform と Spring Cloud のインテグレーションによるマイクロサービス開発
Cloud Gateway
for Pivotal Platform
Service Registry
for Pivotal Platform
Config Server
for Pivotal Platform
分散環境に跨り
アプリケーションメタ情報を
管理し動的に配信する
コンフィグレーションサービス
マイクロサービスアーキテクチャを構成
するための
サービスディスカバリパターンの
実装を提供
サービスAPIを提供し
管理するための各種機能を提供するゲー
トウェイ
(SSO / 流量制御 / リトライ / パス操作)
              など
Spring Cloud Service によるマイクロサービス
Pivotal Platform と Spring Cloud のインテグレーションによるマイクロサービス開発
Config
Server
Service
Registry
Spring
Cloud
Gateway
メッセージブローカ
データサービス
分散トレーシング
ID管理
Webサービス
(SOA)
API モノリス
Spring Cloud Gateway
利用用途
● ルーティング
● レジリエンシー
● モノリス分離
● シングルサインオン
● セキュリティ
● モニタリング
● カナリアリリース
Spring Cloud Gateway ダッシュボード画面
Spring Cloud Gateway で管理するAPIカタログ表示
Spring Frameworkの普及
エンタープライズレベルでの広い認知と利用
Spring Framework エンタープライズ・サポート
Spring Framework, Tomcat, Java の24時間365日サポート提供
Open JDK Spring Framework Apache Tomcat
エンタープライズ・サポート提供
Pivotal Continuous Delivery with Spinnaker
マルチクラウド継続的デリバリープラットフォーム
● ゼロダウンタイム・Blue/Green デプロイ
● セキュア・パイプライン
● アプリケーション・インベントリ管理
Pivotal Platform
Kubernetes 上で稼働するアプリケーションとサー
ビスのための統一プラットフォーム
コンテナ
オーケストレーション
( Container Service )
マルチクラウドで提供するKubernetes クラスタの
ライフサイクル自動化と、テナントモデル、仮想ネットワーク、パッチ適
用やアップグレードのサポート
Application
Service
Concourse
CI
Function
Service
Marketplace
Spring
Runtime
RabbitMQ
Build
Service
Cloud
Cache
VMware AWS Google Azureマルチクラウド
プラガブルに
利用可能な
プラットフォーム
サービス
IT資産の
活用と加速
Pivotal Platform
Kubernetes 上で稼働するアプリケーションとサー
ビスのための統一プラットフォーム
コンテナ
オーケストレーション
( Container Service )
マルチクラウドで提供するKubernetes クラスタの
ライフサイクル自動化と、テナントモデル、仮想ネットワーク、パッチ適
用やアップグレードのサポート
Application
Service
Concourse
CI
Function
Service
Marketplace
Spring
Runtime
RabbitMQ
Build
Service
Cloud
Cache
VMware AWS Google Azureマルチクラウド
プラガブルに
利用可能な
プラットフォーム
サービス
IT資産の
活用と加速
コンテナ・オーケストレーション
のためのOSSツール
Kubernetes
コンテナ・アプリケーション開発
コンテナ技術を利用したアプリケーション開発
ホスト環境 ホスト環境
アプリケーション
コンテナ構成情報
BUILD SHIP RUN
コンテナ
イメージ レジストリ
格納
実行
様々な環境で稼働
マルチホスト分散環境での稼働
単一環境の稼働は容易
● ホスト間ネットワーク
● ストレージ管理
● スケジューリング
開発者
Kubernetes
コンテナ・オーケストレーション・プラットフォーム
ホスト環境 ホスト環境
● 複数ホストへのコンテナ展開
● コンテナのヘルスチェック
● コンテナのスケーリング
● サービスディスカバリ
● 展開済みコンテナの
ローリングアップグレード
● モニタリングとロギング
● 認証・認可
● ストレージのマウント など
Kubernetes とコンテナ
Kubernetes とコンテナを結びつける標準化仕様
コンテナコンテナランタイム
高レイヤランタイム 低レイヤランタイム
kubelet
CRI OCI
OCI コンテナのランタイムとイメージのオープンな業界標準
CRI kubeletとコンテナランタイムの通信インターフェース規定
高レイヤ kubelet からのPod生成などの指示を処理
低レイヤ 高レイヤランタイムからの指示でコンテナを作成
Kubernetes クラスタ
Kubernetes の実行環境を構成する配置モデル
コンテナコンテナランタイム
高レイヤランタイム 低レイヤランタイム
kubelet
CRI OCI
マスター
ノード
ワーカーノード
実行を責務制御を責務
Kubernetes アーキテクチャ
Kubernetes を構成する各種コンポーネント
コンテナコンテナランタイム
高レイヤランタイム 低レイヤランタイム
kubelet
CRI OCI
マスターノード ワーカーノード
api-server
controller
manager
scheduler
etcd
kubectl
kube-proxykubelet
Pod Pod Pod Pod Pod・・・・
開発者/運用者 利用者
Kubernetes 環境ができました
さて、どうする?how should I automate
the network?
what software should I run where?
Which data services do our developers need to
build modern software?
how are we enabling self-service while
maintaining a strong security stance?
what should we do to improve
resilience and uptime for key systems?
are we building software that our
customers care about?
what’s needed to increase developer
velocity?
how do I provide on-demand access to
single-tenant infrastructure? how should we monitor and
troubleshoot apps?
how am I upgrading apps and platforms across
clouds and regions?
Pivotal Platform
レイヤーを跨って一貫している
プラットフォームAPI
適切な
抽象度の
選択
VMware AWS Google Azure
Embedded
OS
(Stemcell)
Network
as API
仮想マシン&
ストレージ
as API
継続的
セキュリティ
Platform
as
a Product
● パイプライン
● エコシステム
● Cloud Provider
Interface
● Windows
● Linux
● マイクロ
セグメンテーション
● Rotate
● Repair
オーケストレーション レジストリ マルチテナント APIベース 管理
● Repave
コンテナAPI
$ kubectl run {my_image}
CaaS
Pivotal Platform
レイヤーを跨って一貫している
プラットフォームAPI
適切な
抽象度の
選択
VMware AWS Google Azure
Embedded
OS
(Stemcell)
Network
as API
仮想マシン&
ストレージ
as API
継続的
セキュリティ
Platform
as
a Product
● パイプライン
● エコシステム
● Cloud Provider
Interface
● Windows
● Linux
● マイクロ
セグメンテーション
● Rotate
● Repair
オーケストレーション レジストリ マルチテナント APIベース 管理
ビルドパック APIゲートウェイ ルーティング/LB
サービスメッシュ C2C
暗号化 Isolation Segment Orgs/Spaces 監査 
RBAC
メトリクス トレース 自己修復 オートスケール
ロギング
Microservices運用(Brue/Green コンフィグ
サーキットブレーカー サービスディスカバリ)
● Repave
コンテナAPI
$ kubectl run {my_image}
アプリケーションAPI
$ cf push {my_code}
マーケットプレイス
サービスブローカー
$ cf bind {my_service}
PaaS
CaaS
Pivotal Platform
レイヤーを跨って一貫している
プラットフォームAPI
適切な
抽象度の
選択
VMware AWS Google Azure
Embedded
OS
(Stemcell)
Network
as API
仮想マシン&
ストレージ
as API
継続的
セキュリティ
Platform
as
a Product
● パイプライン
● エコシステム
● Cloud Provider
Interface
● Windows
● Linux
● マイクロ
セグメンテーション
● Rotate
● Repair
オーケストレーション レジストリ マルチテナント APIベース 管理
ビルドパック APIゲートウェイ ルーティング/LB
サービスメッシュ C2C
暗号化 Isolation Segment Orgs/Spaces 監査 
RBAC
メトリクス トレース 自己修復 オートスケール
ロギング
Microservices運用(Brue/Green コンフィグ
サーキットブレーカー サービスディスカバリ)
リアクティブ
オートラン&ワイア
● Repave
コンテナAPI
$ kubectl run {my_image}
アプリケーションAPI
$ cf push {my_code}
ファンクションAPI
$ pfs create {my_function}
マーケットプレイス
サービスブローカー
$ cf bind {my_service}
FaaS
PaaS
CaaS
Pivotal Platform
レイヤーを跨って一貫している
プラットフォームAPI
適切な
抽象度の
選択
VMware AWS Google Azure
Embedded
OS
(Stemcell)
Network
as API
仮想マシン&
ストレージ
as API
継続的
セキュリティ
Platform
as
a Product
● パイプライン
● エコシステム
● Cloud Provider
Interface
● Windows
● Linux
● マイクロ
セグメンテーション
● Rotate
● Repair
オーケストレーション レジストリ マルチテナント APIベース 管理
ビルドパック APIゲートウェイ ルーティング/LB
サービスメッシュ C2C
暗号化 Isolation Segment Orgs/Spaces 監査 
RBAC
メトリクス トレース 自己修復 オートスケール
ロギング
Microservices運用(Brue/Green コンフィグ
サーキットブレーカー サービスディスカバリ)
リアクティブ
オートラン&ワイア
● Repave
コンテナAPI
$ kubectl run {my_image}
アプリケーションAPI
$ cf push {my_code}
ファンクションAPI
$ pfs create {my_function}
マーケットプレイス
サービスブローカー
$ cf bind {my_service}
FaaS
PaaS
CaaS
Pivotal Platform
Kubernetes 上で稼働するアプリケーションとサー
ビスのための統一プラットフォーム
コンテナ
オーケストレーション
( Container Service )
マルチクラウドで提供するKubernetes クラスタの
ライフサイクル自動化と、テナントモデル、仮想ネットワーク、パッチ適
用やアップグレードのサポート
Application
Service
Concourse
CI
Function
Service
Marketplace
Spring
Runtime
RabbitMQ
Build
Service
Cloud
Cache
VMware AWS Google Azureマルチクラウド
プラガブルに
利用可能な
プラットフォーム
サービス
IT資産の
活用と加速
Pivotal Application Service
cf push experience
PAS
$ cf push
cf push の実施のみ
あとは全部PASにお任せ
開発者
Pivotal Application Service
cf push experience
Kubernetes Native に広がる Pivotal Application Service
開発者の課題をKubernetes ネイティブに解決
Pivotal Container Service (PKS) or Any Kubernetes
短期間稼働、あるい
は長期間稼働する
ワークロードの実行
Pivotal
Function
Service
セキュアにコードを
アセンブリ、
デプロイ、
アップデートする
Pivotal
Build
Service
プラットフォーム
内外のサービス活用
マネージドサービス
としての
オブザバビリティと
ルーティングの提供
Pivotal
Ingress
Router
サポートされたJava,
Spring, Tomcatを活
用
Pivotal
Spring
Runtime
Pivotal
Services
Marketplac
e
継続的な
向上と成功
Do the right thing
正しいことを実行
Pivotal コアバリュー
アジャイル宣言に従った効率的なアプローチの実践と理念
Do what works
効果的に行動
Always be kind
思いやりを忘れない
共感
コミュニケーション
振り返り 改善
ワークライフバランス
心理的安全性
トランスフォーメーションを支える
Pivotal のプロセスとプラットフォーム
“真の”
Transforming How The World Builds Software
© Copyright 2019 Pivotal Software, Inc. All rights Reserved.

More Related Content

Similar to 2019-Nov-23 Pivotalのプロセスとプラットフォーム@DellTechnologies FORUM

Java-minishift-20191123
Java-minishift-20191123Java-minishift-20191123
Java-minishift-20191123
Yasushi Osonoi
 
ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発
ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発
ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発
政雄 金森
 
JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...
JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...
JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...
NTT DATA Technology & Innovation
 
[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送
[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送
[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
TECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバー
TECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバーTECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバー
TECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバー
QlikPresalesJapan
 
Circle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud FoundryCircle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud Foundry
Tomohiro Ichimura
 
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
Koto Shigeru
 
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
DeNA
 
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]
オラクルエンジニア通信
 
[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送
[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送
[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化
Takeshi Fukuhara
 
6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに
6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに
6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに
Google Cloud Platform - Japan
 
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]
オラクルエンジニア通信
 
VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界
VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界
VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界
Yuichi Tamagawa
 
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
Yoichi Kawasaki
 
Kubernetes超入門
Kubernetes超入門Kubernetes超入門
Kubernetes超入門
Takashi Suzuki
 
[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送
[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送
[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送
Google Cloud Platform - Japan
 
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - OverviewAzure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
Keiji Kamebuchi
 
Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進
Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進
Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進
EMC Japan
 
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in JapaneseOpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
Toshikazu Ichikawa
 

Similar to 2019-Nov-23 Pivotalのプロセスとプラットフォーム@DellTechnologies FORUM (20)

Java-minishift-20191123
Java-minishift-20191123Java-minishift-20191123
Java-minishift-20191123
 
ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発
ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発
ハイブリットクラウド環境におけるモダンアプリケーション開発
 
JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...
JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...
JCBの Payment as a Service 実現にむけたゼロベースの組織変革とテクニカル・イネーブラー(NTTデータ テクノロジーカンファレンス ...
 
[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送
[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送
[Cloud OnAir] Talks by DevRel Vol.5 アプリケーションのモダナイゼーション 2020年9月3日 放送
 
TECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバー
TECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバーTECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバー
TECHTALK 20200923 Qlik Sense+Qlik NPrinting でセルフサービスBIから定型帳票の配信までをカバー
 
Circle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud FoundryCircle of Code with Cloud Foundry
Circle of Code with Cloud Foundry
 
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
[OracleCodeTokyo2019] Kubernetesで実現する運用自動化の新しいアプローチとは
 
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
IoTと業務システムをつなぐgRPC/RESTサービスの開発と運用
 
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年5月版]
 
[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送
[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送
[Cloud OnAir] Anthos で実現する ハイブリッドクラウド 〜 Cloud Service Mesh 編 〜 2019年9月5日 放送
 
.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化.NETアプリケーションのクラウド最適化
.NETアプリケーションのクラウド最適化
 
6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに
6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに
6 月 18 日 Next - Kubernetes のコンテナ技術ですべてをシンプルに
 
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]
Oracle Container Engine for Kubernetes (OKE) ご紹介 [2021年2月版]
 
VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界
VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界
VMware が考えるコンテナと Kubernetes の世界
 
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
コンテナ&サーバーレス:トレンドの考察と少し先の未来の展望
 
Kubernetes超入門
Kubernetes超入門Kubernetes超入門
Kubernetes超入門
 
[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送
[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送
[Cloud OnAir] 【Google Kubernetes Engine 演習】解説を聞きながら GKE を体験しよう 2020年10月29日 放送
 
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - OverviewAzure DevOps 関西 2019 - Overview
Azure DevOps 関西 2019 - Overview
 
Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進
Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進
Pivotal Cloud FoundryによるDevOpsとアジャイル開発の推進
 
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in JapaneseOpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
OpenStack Vancouver Summit Report presented at nttgroup meeting in Japanese
 

Recently uploaded

遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
t m
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
Toru Tamaki
 
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
Matsushita Laboratory
 
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
Toru Tamaki
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
Takayuki Nakayama
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
harmonylab
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
chiefujita1
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
CRI Japan, Inc.
 
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
Matsushita Laboratory
 
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさJSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
0207sukipio
 

Recently uploaded (10)

遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
遺伝的アルゴリズムと知識蒸留による大規模言語モデル(LLM)の学習とハイパーパラメータ最適化
 
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
論文紹介:Deep Learning-Based Human Pose Estimation: A Survey
 
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
TaketoFujikawa_物語のコンセプトに基づく情報アクセス手法の基礎検討_JSAI2024
 
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
論文紹介:When Visual Prompt Tuning Meets Source-Free Domain Adaptive Semantic Seg...
 
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援しますキンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
キンドリル ネットワークアセスメントサービスご紹介 今のネットワーク環境は大丈夫? 調査〜対策までご支援します
 
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language ModelsGenerating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
Generating Automatic Feedback on UI Mockups with Large Language Models
 
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
This is the company presentation material of RIZAP Technologies, Inc.
 
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアルLoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
LoRaWAN 4チャンネル電流センサー・コンバーター CS01-LB 日本語マニュアル
 
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
ReonHata_便利の副作用に気づかせるための発想支援手法の評価---行為の増減の提示による気づきへの影響---
 
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさJSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
JSAI_類似画像マッチングによる器への印象付与手法の妥当性検証_ver.3_高橋りさ
 

2019-Nov-23 Pivotalのプロセスとプラットフォーム@DellTechnologies FORUM