SlideShare a Scribd company logo
BEYOND 〜最先端に潜む数学たち〜
第二回 6/2(金)の予告
数学(データ)×可視化(グラフ)
今あなたが使っている
グラフを開発した人間のドラマ
Founder & PJ Leader
五十嵐康伸、博士(理学)
突然ですが、質問です
棒グラフって
知っていますか?
突然ですが、質問です
世界で初めて出版された
棒グラフって
知っていますか?
from https://goo.gl/gpabJM , https://goo.gl/gpabJM
仮説
新しいグラフが開発(工学)された瞬間には
必ず、人間のドラマがある!
可
視
化
解
析
計
測
人
世
界
新しいグラフが開発(工学)された瞬間の
「人間のドラマ」を聞きたい人は
6/2(金) 19:00- dots. へお越しください
https://eventdots.jp/event/621819

More Related Content

More from E2D3.org

データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」
E2D3.org
 
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
E2D3.org
 
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
E2D3.org
 
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会いE2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3.org
 
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

E2D3.org
 
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しいプロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
E2D3.org
 
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
E2D3.org
 
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
E2D3.org
 
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
E2D3.org
 
日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞
E2D3.org
 
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
E2D3.org
 
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディングプロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
E2D3.org
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
E2D3.org
 
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
E2D3.org
 
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
E2D3.org
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
E2D3.org
 
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
E2D3.org
 
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
E2D3.org
 
データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?
E2D3.org
 
E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3.org
 

More from E2D3.org (20)

データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」データ可視化作品を「みること」と「つくること」
データ可視化作品を「みること」と「つくること」
 
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
「OSSの品質管理」に対する市民共創方法
 
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
小泉進次郎環境大臣に贈る-気候変動のような大きな問題を楽しくかっこよくセクシーに取り組み始める方法
 
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会いE2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
E2D3メンバーの貢献の仕方と出会い
 
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン
勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

勇気を出して戦略的に「大学でも企業でも研究しにくいテーマ」 を選んで研究するというキャリアデザイン

 
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しいプロジェクトマネージメントはすごく楽しい
プロジェクトマネージメントはすごく楽しい
 
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
タイトルが決まるまで担当編集者とどう戦ったのか!
 
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
「2019年の目標と運営方針」を議論するための「2018年の振り返り」
 
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
2019-1-29-名古屋工業大学の講義資料
 
日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞日本統計学会-統計教育賞
日本統計学会-統計教育賞
 
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
「2018年の目標と運営方針」を議論するための「2017年の振り返り」
 
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディングプロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
プロダクトをリリースしてグロースさせる シビックテックのチームビルディング
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
 
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
人・組織・社会を動かすデータビジュアライゼーション
 
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
統計データを楽しむ 「新しいアクティブ・ラーニング教材」の提案
 
名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料名古屋工業大学の講義資料
名古屋工業大学の講義資料
 
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
「2017年の目標と運営方針」を議論するための「2016年の振り返り」
 
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
 
データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?データをどうやって見せるか?
データをどうやって見せるか?
 
E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書E2D3 2016年1-6月-活動報告書
E2D3 2016年1-6月-活動報告書