Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Solaris11 osc tokyo2011_fall

OracleSolaris11始めました
先日リリースされた、Solaris11の紹介

  • Login to see the comments

Solaris11 osc tokyo2011_fall

  1. 1. OracleSolaris11始めました OSC 2011 Tokyo/Fall みやざきさとる 日本OpenSolarisユーザグループ
  2. 2. 自己紹介とあるIT企業のSolaris使いTwitter: s_miyazaストレージとかも触ってますSolarisなのは趣味です最近Solarisのお仕事がありません… (´・ω・`) OSC2010 Tokyo/Fall pg 2 どこのご家庭にもあるOpenSolarisを、ZFSで有効活用
  3. 3. Agenda Solaris11新機能 Solaris10から削除された機能 Solaris10からの移行
  4. 4. Solaris10からSolaris11へ 2005/03 2005/05 2011/11 Solaris10 Solaris11 製品版 SolarisExpess 開発版 OpenSolaris Solaris11Express 2008/05 2010/11
  5. 5. Solaris11の主な特徴 ZFSをroot filesystemに使用 インストーラの変更 新パッケージシステム(IPS) Network仮想化 ZFSの強化 Zoneの拡張 デスクトップの変更
  6. 6. Solaris11で削除されたモノ(1) 32bit kernelのサポート – 古いPCは要注意 – 初期のNetbook(ATOM N270とか)も要注意 – X server&driver も32bitは未サポート UltraSparc I〜IV+ のサポート – SPARCは、TとMシリーズのみ xVM/Linux Container – xVM= Xenのポート – linux Container=Linuxバイナリが使用出来る Zone
  7. 7. Solaris11で削除されたモノ(2) NIS+ OpenWindow – s10 or s10 zoneで使用可能 SVM(Solaris Volum Manager) でのboot SMC(Solaris Management Console) LP – CUPSに置き換え /etc/hostname.* – dladm/ipadm を推奨
  8. 8. インストーラ(1) ライブCDインストーラ – CD/USBによりOS起動 – レスキューディスクとしても使用可能 – GUIによるインストール – Gpartdによるパーティション設定 – ハードウェアの確認 – X86版のみ
  9. 9. インストーラ(2)テキストインストーラ – CUIによるインストールAI(Automated Install) – CD/USBによるブート – PXEブート・Networkブート – JumpStartの代替Distribution Constructor – カスタム版インストールイメージの作成 – AIでも使用可能
  10. 10. IPS(Image Packaging System) SVR4パッケージから変更 – 追加・削除・更新 – 検索 – パッチの概念が無くなる レポジトリからパッケージをインストール – ネットワーク(http[s])経由でアクセス – レポジトリサーバを立てることも可能 – ミラーサーバー使用可能 – SVR4パッケージをレポジトリにインポート可能
  11. 11. IPSの導入によって変わることSolaris Zone – Sparse Zoneの廃止 – Zoneインストール時にIPSからパッケージ導入Live UpgradeからBoot Environmentへ – ZFSと連携したブートシステムの更新
  12. 12. ブート環境(Boot Environment) ブート可能な複数のOS環境 – x86ではgrub menuから選択可能 更新をzfs cloneベースで行う – 安全・確実 – 停止点の確保=失敗しても元に戻せる Live Upgrade よりシンプル – パーティションの確保が不要 – 高いディスク利用効率 高速ブートがデフォルト – BIOS画面・ハードウェアチェックをスキップ
  13. 13. Network仮想化(Project Crossbow) NICの仮想化 – 仮想NIC(VNIC)、仮想Switch 帯域制御 – 帯域分割 – リソース制御 – リアルタイムの使用率・履歴 再設計されたネットワークスタック – IPoverIB などとの連携
  14. 14. NICの管理データリンク層の管理 – dladm によるデータリンク層の管理 – VLAN, link-aggrigation(802.3ad), ip tunnel – 仮想NIC(VNIC)の作成 – Vanity name=自由なNIC名の使用IP層の管理 – ipadm を使用して、IPの管理 – IPアドレス、Netmask, broadcast, gateway, IPv4/IPv6, … – データリンクに対し、複数のIP設定
  15. 15. NICの仮想化 仮想NIC(VNIC) 物理NICもしくは仮想switchと接続 仮想switch(etherstub) 仮想NIC同士を接続する、仮想的なswitch Global-Zone InternetZone VNIC etherstub VNIC NIC VNICZone VNIC VNIC Zone
  16. 16. 帯域制御帯域の分割 – VNIC、サービス、プロトコル、接続毎に優先度や 帯域制限を設定 – dladm で、VNICに帯域制限 – flowadm で、サービス、プロトコル、接続対象リソース制御 – NIC、VNICが使用するCPUを制限 – pool設定との連携リアルタイムに使用率・履歴の表示 – dlstat, flowstat を使用
  17. 17. 再設計化されたネットワークスタック Crossbow ハードウェアレーン       物理マシン 物理NIC ハードウェア VNIC 仮想マシン リング/DMA カーネルスレッド /Zone ク ラ ハードウェア VNIC 仮想マシン シ リング/DMA カーネルスレッド /Zoneswitch フ ァ イ ハードウェアレーン ア ハードウェア VNIC 仮想マシン リング/DMA カーネルスレッド /Zone
  18. 18. ZFSの強化(1) ZFS暗号化 – データセット単位で暗号化 – CPUの暗号化機能を使用 ZFS重複排除 – ブロック単位の重複検知 – 重複判定の即時実行 – 圧縮、暗号化と同時に使用可能 ZFS比較 – Snapshot間の比較 – ファイルの増減、変更などを表示
  19. 19. ZFSの強化(2) COMSTARとの連携 – COmmon Multiprotocol SCSI TARget – サーバをストレージに • Ethernet(iSCSI) • Fibre Channel over Ethernet(FCoE) • InfiniBand(iSER, SRP) CIFS server – カーネルレベルで高速に動作 – ZFSとの連携 – DFS(distributed File System)のサポート – smbstat による統計情報取得
  20. 20. Zoneの拡張(1) ZFSブート環境とIPSの統合 – IPSでパッケージインストール – ブート環境をZoneで利用可能 – AIによるインストールが可能 – cloneによる容易な複製 Zone単位での管理権限委譲 – RBACを使用して、特定Zoneの管理権限を 特定ユーザに委譲可能 Solaris10 Zone – Solaris10が動作するZone
  21. 21. Zoneの拡張(2)zonestatコマンドによる監視 – メモリ・CPUの利用状況 – Zone毎の総合的な利用状況排他的IP(Exclusive-IP)がデフォルトに – Network仮想化によりVNICを作成、 多くのZoneで使用可能Automatic VNIC – 自動的にVNICを作成Sparse Zoneの廃止 – 代わりに、 ZFSの重複排除でディスク使用率削減
  22. 22. Zoneの拡張(3) ファイルシステムの使用 – 使用出来るファイルシステムの指定 – mount オプションの指定 – 書き込み不可のファイルシステムが可能 デバイスの強化 – 特定デバイスを割り振ることが可能 – 音声デバイスの使用など NFSをZoneで使用可能 – Zoneをファイルサーバとして使用可能
  23. 23. デスクトップの変更GNOME2.30.2を使用 – Compizも使用可能gnu バイナリがデフォルトPATHにデフォルトシェルがbashに変更OpenSoundSystem APIの採用CUPSを印刷エンジンに採用その他OpenSourceSoftwareの採用 JavaSE6/7、gcc4.5、Python2.7、Perl5.12、 Ruby1.8.7、 PHP5.2.17、 Apache2.2.20
  24. 24. Solaris10からの移行 Solaris10以前からの アップグレードインストールは不可能 Solaris10 Zoneを使用して移行 – 物理マシンからの移行 – Zoneからの移行 Solaris10以前の環境からの移行は不可能 – Solaris10のSolaris8/9 Zoneを使用 – LDOMを使用すると、Solari11とSolaris10が 共存可能
  25. 25. Oracle Solaris11始めました ご静聴ありがとうございました。
  26. 26. 参考資料Oracle Solaris 11 Downloads – http://www.oracle.com/technetwork/server- storage/solaris11/downloads/index.htmlOracle Solaris11 Documents – http://www.oracle.com/technetwork/server- storage/solaris11/documentation/index.htmクラウド世代を担う新世代OS Solaris11 – http://www.oracle.co.jp/events/jpm110119/download.htmlOracle Enterprise Computing Summit in Autumn – http://www.oracle.co.jp/events/jpm111110/download.html

×