仮想ルータを使ったスイッチレス・サーバクラスタリングの考察

2,460 views

Published on

仮想ルータを使ったスイッチレス・サーバクラスタリングの考察

2014年10月10日
情報処理学会インターネットと運用技術研究会・情報セキュリティ心理学とトラスト研究会/合同研究会
さくらインターネット株式会社/ さくらインターネット研究所
上級研究員松本直人

Published in: Technology

仮想ルータを使ったスイッチレス・サーバクラスタリングの考察

  1. 1. 2014年10月10日 情報処理学会インターネットと運用技術研究会・情報セキュリティ心理学とトラスト研究会/合同研究会 さくらインターネット株式会社/ さくらインターネット研究所 上級研究員松本直人
  2. 2. 本件考察の課題と目的 広帯域スイッチ導入コストを抑え、サーバクラスタの広帯域化を実現する
  3. 3. Intel XL710 40GbENIC $940 私たちを取り巻く市場環境 ■参考:広帯域ネットワークインターフェイスカードの市場価格 Chelsio T520-SO-CR 10GbE NIC $234 Mellanox ConnectX-3 Pro 40/56GbENIC$470 Source: Colfax International http://www.colfaxdirect.com/ Quanta T3064-LY1R 1/10GbE Switch(64P)$7,980 MellanoxSwitchX-2 SX1012 40GbESwitch(12P)$6,150
  4. 4. 抽象化による概念の単純化 単純なリング型のIPネットワーク 複雑に見えたネットワーク構成も...
  5. 5. 設計概念と適用範囲 ネットワーク冗長化はVRRPとOSPFで実現する
  6. 6. 課題解決と動作検証(正常系) 実験環境: VMware vSphere ESXi 5.1, Brocade Vyatta 5400 vRouter 6.7R2 宛先IPアドレス 宛先IPアドレス 宛先IPアドレス 宛先IPアドレス 宛先IPアドレス 宛先IPアドレス
  7. 7. 課題解決と動作検証(異常系) 実験環境: VMware vSphere ESXi 5.1, Brocade Vyatta 5400 vRouter 6.7R2 ・VRPPの仮想IPアドレス切替 ・OSPF default-information originateの経路切替 ・OSPF default-information originateの経路切替
  8. 8. 構築手順:OSPF設定 default gateway設定 default gateway設定 default gateway設定なし default gateway設定なし default gateway設定なし
  9. 9. 構築手順:VRRP設定 VRRPにより仮想IPアドレスを共有する 上位ルータから静的経路を向ける
  10. 10. 構築手順:OSPF設定(経路広報) OSPFにより下位ネットワークの経路広報を行う
  11. 11. 本件考察のまとめ ■広帯域スイッチ導入コストを抑えたサーバクラスタの広帯域化は実現可能である ■サーバクラスタで共有される広帯域ネットワーク性能の許す限り拡張可能である
  12. 12. ご清聴誠にありがとうございました

×