Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CloudStack徹底入門読書会 第3章 - 1

1,945 views

Published on

CloudStack徹底入門読書会 第3章で使用した資料です。(※訂正・補足あり)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

CloudStack徹底入門読書会 第3章 - 1

  1. 1. CloudStack徹底入門 読書会 第3章2013.4.16日本CloudStackユーザー会島崎 聡史 (Tw:@smzksts)
  2. 2. Japan CloudStack User GroupAgenda1. 第3章の全体的な話(島崎)2. XenServer環境について(島崎)3. KVM環境について(輿水さん)4. vSphere環境について(工藤さん)2大事なことなのでくり返し言います&ちょっと補足 編
  3. 3. 第3章の全体的な話3
  4. 4. Japan CloudStack User Group第3章ですること1. 管理サーバーの構築2. ハイパーバイザーの準備3. ゾーンの作成 ~ インスタンスの起動4
  5. 5. Japan CloudStack User Group先に考えておくこと•XenServer or KVM or vSphere• 慣れ、好み、容易さ、コスト、連携性•基本ゾーン or 拡張ゾーン• 違いがわからない ⇒第2章へ• CloudStackを誰が何に使う?目的は?≒どんなサービス(機能)を提供するのか ⇒第6章へ10
  6. 6. Japan CloudStack User GroupTips – 私自身もミスしがちなところ①•管理サーバーのインストール時• hostname –f でFQDNが引ける状態は必須⇒ /etc/hostsを編集するなど• SELinuxは切る• CentOSに余分なパッケージが入っていない方が良い• 導入済みパッケージとConflictするかも?• Minimal や Minimal Desktopでインストールすると無難11
  7. 7. Japan CloudStack User GroupTips – 私自身もミスしがちなところ②• cloud-management サービスが落ちる!?⇒MySQL へのコネクションに失敗してるかも12[root@csman ~]# service cloud-management statuscloud-management が停止していますが PID ファイルが残っていますThe pid file locates at /var/run/cloud-management.pid and lock file at /var/lock/subsys/cloud-management.Starting cloud-management will take care of them or you can manually clean up.[root@csman ~]# grep ERROR /var/log/cloud/management/management-server.log2013-04-15 12:09:59,067 ERROR [cloud.cluster.ClusterServiceServletContainer] (Thread-14:null)Unexpected exception2013-04-15 12:10:23,007 ERROR [db.Transaction.Transaction] (main:null) Unexpected exception:2013-04-15 12:10:23,031 ERROR [utils.db.DbUtil] (main:null) Unable to acquire DB connection forglobal lock system2013-04-15 12:10:23,037 ERROR [utils.component.ComponentLocator] (main:null) Problems withrunning checker:DatabaseIntegrityChecker
  8. 8. XenServer環境について13
  9. 9. Japan CloudStack User GroupCloudStack環境(4.0.X)における要件• XenServerのバージョン• 5.6 SP2, 6.0, 6.0.2 (6.1は非対応⇒CloudStack 4.1で)• エディション• 無償版でも動作OK• Advanced(有償の最廉価版)が望ましい⇒HA(Pool Masterの保護、VMの保護(←不要))• 他の用途に使用していない状態であること14【訂正】CloudStack 管理サーバーによる制御でPool Masterの保護(XenServer HAに似た動作)をするため、無償版でもPool Masterの自動フェイルオーバーが可能です。よってXenServer側でのHA設定は不要です。【補足】CS4.1で実装されるメモリオーバーコミットにはAdvanced Edition以上で有効なDMC (Dynamic Memory Control)が必要なため、Advancedが推奨です。現状、Enterprise Edition以上の機能はCloudStackでは利用されません。
  10. 10. Japan CloudStack User Groupポイント① - ドメイン0のメモリサイズ•Domain 0 のメモリサイズ調整• 1ホストあたりのVM数が多い場合• 752MB ⇒ 2940MB• How to Configure dom0 Memory in XenServer 5.6or Laterhttp://support.citrix.com/article/CTX126531• 6.1は別のKB(CTX134951 - Configuring dom0 Memory in XenServer 6.1.0)15
  11. 11. Japan CloudStack User Groupポイント② - CSP•Cloud Supplemental Pack (CSP)のインストール• 4.0.Xには関係ないが…XenServer 6.1の場合• CSPは初めから組み込まれている• Sysctrl周りの設定が少しだけ必要• 参考:CloudPlatform 3.0.6 Installation Guidehttp://support.citrix.com/article/CTX13605716
  12. 12. Japan CloudStack User Groupポイント③(補足) - ホスト内のログ• XenServerのローカルディスク容量がFullになるとXAPI(CloudStack管理サーバーとのやり取り)が機能しなくなる• CloudStack環境は特にログが多いため、油断すると溢れる• 対策• リモートのSyslogサーバに飛ばす(GUIで設定)• Logrotate関連の設定を見直す(Linuxと同じ)• その他KBを参考に• How to Enable Log Compression on XenServer• http://support.citrix.com/article/CTX130327• How to Move the Log File Directory to a Separate File System• http://support.citrix.com/article/CTX13024517

×