Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Oracle SolarisでOpenStack始めました

Oracle Solaris11.2でサポートされたOpenStackについて

Oracle SolarisでOpenStack始めました

  1. 1. Oracle Solarisで OpenStack 始めました(仮) みやざきさとる 日本OpenSolarisユーザグループ
  2. 2. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 2 自己紹介 とあるIT企業のSolaris使い Twitter: s_miyaza Solarisなのは趣味です 最近Solarisのお仕事がありません… (´・ω・` )
  3. 3. Agenda OpenStackについておさらい Oracle Solaris11.2 でOpenStackが動 Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 3 くよ! OpenStackを動かすための Oracle Solaris11.2 新機能
  4. 4. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 4 OpenStackって知ってるかい?
  5. 5. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 5 OpenStackって知ってるかい? OpenSourceで開発されるCloudOS。 IaaS(Infrastracture as a Service) と PaaS(Platform as a Service)を実現 http://www.openstack.org/software
  6. 6. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 6 OpenStackの概要 仮想サーバ、ストレージ、仮想ネットワークを 管理 Pythonによる実装 公開されたWebAPIを使用可能 マルチテナント 仮想サーバとしてXen/KVM/VMwareなどに対応 4半期に1回のリリース 2010/10 – Austin 2012/10 - Folsom 2011/02 - Bexar 2013/04 - Grizzly 2011/04 - Cactus 2013/10 - Havana 2011/09 - Diablo 2014/04 – IceHouse 2012/04 - Essex 2014/10/16 – Juno  ← NEW
  7. 7. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 7 OpenStackの主な構成要素(1) Compute Nova – Computer Node Xen/KVMなどの仮想マシンを管理 Glance - Image Store 仮想マシンのイメージ管理 Network Neutron – Networking 仮想ネットワークを管理 OpenVSwitch などを使用
  8. 8. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 8 OpenStackの主な構成要素(2) Storage Cinder – Block Storage 仮想マシンで使用するブロックスト レージ Swift – Object Storage 分散型のオブジェクトストレージ
  9. 9. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 9 OpenStackの主な構成要素(3) その他 KeyStone – Identify Service 各構成要素で使用する認証基盤 Horizen – Dashboard WebUIによる操作 Trove - Database Service Heat - Orchestration Ceilometer - Telemetry … etc
  10. 10. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 10 OpenStack 始めました http://eventreg.oracle.com/profile/web/index.cfm?PKWebId=0x74044d69f
  11. 11. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 11 Oracle Solaris11.2でOpenStack対応 Oracle Solaris11.2でOpenStackが パッケージリリース Havanaに対応 x86でもSPARCでも動作! 仮想化基盤として、Zoneおよび Kernel Zone(新機能)に対応 ネットワーク仮想化機能EVS(新機能)と 統合 ストレージにZFS使用可能
  12. 12. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 12 OpenStack統合の仕組み http://docs.oracle.com/cd/E56342_01/html/E56871/opstck-about.html KeyStone 統合認証
  13. 13. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 13 Nova – Zone/Kernel Zone
  14. 14. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 14 サポートする仮想マシン Zone コンテナ型の仮想マシン Kernel Zone(新機能) 親OSから分離して動作するZone
  15. 15. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 15 Solaris のZoneおさらい コンテナ型の仮想化機能 オーバヘッドが少ない 同じバージョンのOSで動作 仮想化ネットワークの使用 poolによるCPU/メモリの使用制限 Unified Archiveを使用した デプロイに対応(新機能)
  16. 16. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 16 Kernel Zoneとは Solaris11.2から実装 Zoneの機能はそのまま使用可能 パッチレベルの異なるSolaris11を起動可 CPUの仮想化支援機能が必須 ※Intel VTiもしくはSPARC T4以降 Kernel Zone以下にZoneを構成可能
  17. 17. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 17 Kernel Zoneで何が変わったか OS versionの固定化 複数のOS versionに依存するアプリケーション を1筐体に混在できる OSクラッシュの回避 Zone内でOSクラッシュするとOS全体がク ラッシュしていた OSアップデート 1つのKernel ZoneだけをOSアップデート ※Kernel Zoneは8GBの物理空きメモリを必要とします
  18. 18. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 18 Glance – Image Store
  19. 19. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 19 Glance – Unified Archive GlanceはOSイメージをストアする NovaはGlanceがストアしたイメージを 基に仮想マシンをデプロイする Zone/Kernel Zoneをデプロイする イメージとしてUnified Archive(新機能) を使用する
  20. 20. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 20 Unified Archive とは OS環境をアーカイブする Solaris10以前のFlash Archiveの後継 ブート環境、もしくはZoneをアーカイブ してテンプレート化 OVF(Open Virtualization Format) 準拠 Clone用 とRecovery用のアーカイブ
  21. 21. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 21 Clone用アーカイブ OpenStackのGlanceに登録するのはこ ちら 1つのBE(Boot Environment)もしくは Zoneが対象 ノード、インスタンス固有なデータは 削除 システム・デバイス構成は初期化 システムログ・イベントも初期化
  22. 22. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 22 Recovery用アーカイブ システムリカバリで使用 単一のシステムとしてデプロイ可能 1つのZone(Global or Non-Global)が 対象 Global Zoneを対象にしたときは、 配下のNon-Global Zoneも含まれる デバイスの構成情報のみが初期化される すべてのBEが含まれる
  23. 23. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 23 Cinder - ZFS
  24. 24. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 24 CinderとZFSの関係 Cinderはブロックストレージを用意 Glanceが管理するイメージをデプロイする CinderのバックエンドとしてZFSを使用 http://www.oracle.com/technetwork/articles/servers-storage-admin/howto-build-openstack-zfs-2248817.html
  25. 25. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 25 Cinder のZFSサポート 以下のドライバが用意 みんなだいすきZFSをバックエンドに使用 ZFSVolumeDriver localhostのZFS Volumeをそのまま使用 ZFSISCSIDriver ZFS VolumeをiSCSI経由で使用 ZFSFCDriver ZFS Volume を FC経由で使用 ZFSSAISCSIDriver ZFSSA をiSCSI経由で使用
  26. 26. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 26 みんなだいすきZFSのおさらい 128bitファイルシステム 高い拡張性(Zeta Byteクラス) Copy on Writeによる高い堅牢性 RAID0、1、5、6などを標準サポート 圧縮、重複排除、暗号化などの機能 スナップショット、クローン ZFS imageのsend/receiveによる バックアップリストア
  27. 27. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 27 ZFSSA? ZFS Storage Applianceのこと CinderおよびSwiftのバックエンド として使用可能 JUNOにZFSSA Driver入りました
  28. 28. ZFS Volumeを使用した仮想マシン Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 28 Cinderを使わない場合 ZoneはZFSファイルセット上に作成さ れる Cinderを使用する場合 ZoneをZFS Volume(Block Device)上に 作成 ※検証中
  29. 29. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 29 Neutron → EVS http://en.wikipedia.org/wiki/Neutron
  30. 30. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 30 Neutron → EVS Neutron はL2/L3ネットワークを コントロール Neutron はSolarsi上のEVSへ ネットワーク作成命令(SSH経由で実施) Neutronでネットワークを作成すると 同名のEVSが作成される
  31. 31. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 31 Neutron で作成したNetwork例 縦線がNetwork 青(demo) 橙(External_network) 緑(test) 同名のEVSが 作成される
  32. 32. vport vport Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 32 Elastic Virtual Switch 仮想化ネットワーク機能 Solaris11.2 までのvswitchを置換 データリンクと仮想スイッチの分離 仮想スイッチと仮想ポート(vport)で構成 VM VM VNIC VNIC vSwitch DataLink VM VM VNIC VNIC EVS DataLink
  33. 33. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 33 マシン間のEVS連携 マシン間をEVSで接続 複数マシン上のZoneを、フラットなネットワークで接続 VLAN/VxLAN に対応 OpenStackの 設定で VLANを使用 http://docs.oracle.com/cd/E36784_01/html/E36813/gntgc.h tml
  34. 34. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 34 Swift - ZFS
  35. 35. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 35 Swift オブジェクトストレージ AWSのS3に相当 ZFSをStorage Nodeのバックエンドに使 用できる ※未検証 http://docs.openstack.org/grizzly/openstack-compute/install/apt/content/example-object-storage-installation-architecture.html
  36. 36. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 36 OpenStack on Solarisのメリット コンテナ型のZoneを使用 SPARCアーキテクチャで動作 他はARMくらい? EVSなど強力なネットワーク機能 IPMP、Link Aggregation、VPNなど 使用可能 SDNへの道 強力なストレージ ZFS FC、iSCSI、IB、FCoEも使用可
  37. 37. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 37 OpenStack on Solarisの課題 最新版への追従 OpenStack メインラインへのcommit EVS、ZFSなどへのAPI 現在はSSHなど使用 細かいリソース制御 現在はCPU単位だが、Zoneは%単位で も可能
  38. 38. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 38 まとめ OpenStackはSolarisで動きます SPARCでも動きます Zoneさいこー EVSさいこー ZFSさいこー
  39. 39. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 39 Oracle Solarisで OpenStack 始めました(仮) ご清聴ありがとうございました
  40. 40. Oracle SolarisでOpenStack始めました(仮) OSC2014 Tokyo/Fall Page 40 参考文献 OpenStack Cloud Management http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/ solaris11/technologies/openstack-2135773.html Getting Started with OpenStack on Oracle Solaris 11.2 http://www.oracle.com/technetwork/articles/servers-storage-admin/getting-started- openstack-os11-2-2195380.html Oracle Solaris 11.2 での OpenStack のインス トールと構成 http://docs.oracle.com/cd/E56342_01/html/E56871/docinfo.html Oralce Solaris 11.2 Open Beta 紹介資料 http://www.slideshare.net/SolarisJP/oralce-solaris-112-open-beta

×