Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Oracle jdk 20190827 - 今、あらためてOracle提供のJDKを語る

3,972 views

Published on

JJUGナイトセミナー 2019/8 OpenJDK祭りでの講演資料です。

Published in: Software
  • Be the first to comment

Oracle jdk 20190827 - 今、あらためてOracle提供のJDKを語る

  1. 1. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 今、あらためてOracle提供のJDKを語る Oracle OpenJDK / Oracle JDK 2019/8/27 Takashi Ito Principal Product Manager, Oracle
  2. 2. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Safe Harbor Statement The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, timing, and pricing of any features or functionality described for Oracle’s products may change and remains at the sole discretion of Oracle Corporation. 2
  3. 3. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | JDK リリース履歴 JDK 8 (2014/3) • Lambda & Stream API • New Date and Time API • Nashorn: JavaScript Interoperability • JavaFX Enhancements • Etc.. JDK 9 (2017/9) • Modularity – Jigsaw • Jshell (Java Shell) • HTTP 2.0 • G1GC as default • JDK 5 source code can not compile • Continued Java SE Advanced Features JDK 10 (2018/3) • Local-Variable Type Inference • Garbage-Collector Interface • Parallel full GC for G1 • Application Class-Data Sharing 20182014 2016 2020 3 JDK 11 (2018/9) • HTTP Client • Drop Java EE/CORBA APIs/Functions • Extend Class file format • Extend Switch syntax JDK 12 (2019/3) • Extend Switch Expression • Default CDS Archives • Shenandoah: A Low-Pause-Time Garbage Collector (Experimental)
  4. 4. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 4 変わらない仕様の策定と開発の体制 メイン・スポンサーおよびコントリビュータ ディスカッション • スケジュール • 仕様 (Java VM, Java⾔語およびJava SE API) • 拡張・改善 • 実装 etc. リリースの承認 • 仕様 • RI (ソースコード) • 互換テスト (JCK) 配布 • 仕様 • RI (ソースコード) • 互換テスト (JCK)
  5. 5. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 5 https://blogs.oracle.com/java-platform-group/building-jdk-11-together JDK 11 における貢献 – ベンダー、個人、団体など 80% - オラクル 20% - その他 17% - SAP (7%), Red Hat (5%), Google (3%), BellSoft (1%), IBM (1%) 2% - 個⼈開発者 1% - その他の団体 Alibaba, Amazon, ARM, Azul, Intel, JetBrains, Linaro, Qualcomm Datacenter などを含む主要な新機能 • Amber, Valhalla, ZGC, JFR led by Oracle • AArch64 Port, led by Red Hat JIRA
  6. 6. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Java 12 • 8つの新機能 • 日本新元号:令和 に対応 • openjdk.java.net/12 6 現在におけるJDK最新版
  7. 7. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | • http://openjdk.java.net – Oracle OpenJDKのダウンロード – 新機能情報 • 詳しくは “Features” を参照 • OpenJDK 13/14 EA版提供中 – OpenJDK 13 EA版 – http://jdk.java.net/13/ – OpenJDK 14 EA版 – http://jdk.java.net/14/ (build 11) OpenJDK最新情報とEarly Access
  8. 8. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | リリースドキュメントは是非ご一読を! Confidential – Oracle Internal/Restricted/Highly Restricted 8
  9. 9. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 9 JDK日本語ドキュメント:
  10. 10. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle OpenJDKとOracle JDKの提供 • OpenJDKコミュニティが開発 • ソースコードを公開、バイナリ提供なし • ライセンス:GPL v.2 + Classpath Exception • オラクルがOpenJDKバイナリを生成し、無償提供 • ライセンス: GPL v.2 + Classpath Exception • オラクルがバイナリ生成、有償提供(一部用途を除く) • ライセンス: 商用ライセンス or OTNLA for Oracle Java SE (JDK 11~) • JavaFX, Java Plug-In, Java Web Start 自動更新:提供終了 ソースコード バイナリ バイナリ
  11. 11. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 11 オラクルの OpenJDK バイナリ と Oracle JDK バイナリ オラクルの OpenJDK バイナリ • フィーチャー・リリース Ø 各リリースに対する2回のアップデートリリース Ø Oracle JDKと互換性を持つ (Interchangeable) • (LTS リリースの提供はない) • GPLv2 + Classpath Exception Oracle JDK バイナリ • フィーチャー・リリース Ø 各リリースに対する2回のアップデートリリース Ø OpenJDK ビルドと互換性を持つ • LTS (Long-Term-Support) リリース Ø 各リリースに対する8年間の四半期リリース Ø 開発者向けにOTN license で無償提供 • Oracle Commercial license • My Oracle Support
  12. 12. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle が提供するJDKバイナリのサポート・ロードマップ 9 9 9 10 10 10 Java SE 11 LTS (有償サポート) 11 12 12 13 13 14 14 15 15 16 16 Java SE 17 LTS (有償サポート) 17 18 18 Java SE 8 (有償サポート) Java SE 7 (有償サポート) Java SE 6 (有償サポート) Java SE 8 無償サポート Non-corporate 3⽉ 9⽉ 3⽉ 9⽉ 3⽉ 9⽉ 3⽉ 9⽉ 3⽉ 9⽉ 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2025年 3⽉ 2026年 9⽉ 2022年 7⽉ 2018年 12⽉ 2019年 1⽉ 2020年 12⽉ 2017年 9⽉ 6ヶ⽉に⼀度 機能追加 3年 無償サポート 有償サポート 無償サポート OpenJDKビルド from Oracle Oracle JDK バイナリ 11 17
  13. 13. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 13 JDKバイナリの新・旧リリースサイクル 2018年 3⽉ 11 12 13 14 15 16 17 18 19 2017年 9⽉ 2018年 9⽉ 2021年 9⽉ 6ヶ⽉に⼀度 機能追加 2019年 9⽉ 2020年 9⽉ 2021年 9⽉ 2019年 3⽉ 2020年 3⽉ 2021年 3⽉ 2022年 3⽉ 9 10 • 6ヶ月単位でフィーチャーリリースがリリースされる • 次期バージョンがリリースされると前バージョンはEnd of Life → 複数バージョンのサポートのオーバーラップなし Oracle OpenJDK/Oracle JDK フィーチャーリリースのリリースサイクル 従来のOracle JDKのリリースサイクル OpenJDK/ Oracle JDK フィーチャーリリース Oracle JDK Oracle JDK 6 (無償)
  14. 14. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle OpenJDK/Oracle JDKのリリースとアップデートリリース 14 バージョンアップ・リリースは3月と9月 更 新 アップデートリリース: • 脆弱性対策 • バグFix
  15. 15. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Java SE Subscription オラクルが提供する有償Javaサポート
  16. 16. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 提供されるもの サポート窓⼝ (My Oracle Support) 商⽤ライセンスと⻑期サポート (CPUヘの継続的アクセス) 商⽤機能やツール
  17. 17. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ライセンスの対象となるハードウェア Java が実行される可能性のあるすべてのハードウェア 17
  18. 18. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Java SE Subscription • 提供内容 – 商用ライセンス、サポート、商用機能 • 価格体系 – 月単位のサブスクリプション(年単位の契約) • デスクトップとサーバが対象 (クラウドでの利用を含む) – 課金単位 • デスクトップ – NUP • サーバ – Processor • お問い合わせは日本オラクルもしくは日本オラクル販売パートナー各社へ
  19. 19. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | https://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javaseproducts/overview/javasesubscriptionfaq-4891443-ja.html 製品名 メトリック サブスクリプション 年額 (⽉額) 数量 (⼀回の発注数) Java SE Desktop Subscription Named User Plus 3,600円 (300円 / ⽉) 1 - 999 2,880円 (240円 / ⽉) 1,000 – 2,999 2,520円 (210円 / ⽉) 3,000 – 9,999 2,160円 (180円 / ⽉) 10,000 – 19,000 1,800円 (150円 / ⽉) 20,000 – 49,999 問い合わせ 50,000+ Java SE Subscription Processor License 36,000円 (3,000円 / ⽉) 1 - 99 34,200円 (2,850円 / ⽉) 100 – 249 32,400円 (2,700円 / ⽉) 250 – 499 28,800円 (2,400円 / ⽉) 500 – 999 25,200円 (2,100円 / ⽉) 1,000 – 2,999 21,600円 (1,800円 / ⽉) 3,000 – 9,999 18,000円 (1,500円 / ⽉) 10,000 – 19,000 問い合わせ 20,000+ Oracle Java SE Subscription価格表 19 Processor 数の算出式 Processor 数 = 物理サーバーの CPU の Core 総数 × Processor Core 係数(Factor)
  20. 20. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Javaリリースのまとめ これまで 現在のOracle Javaリリース リリース サイクル バージョンアップ の間隔 2年に⼀回 (⽬標) 6ヶ⽉に⼀回 (Oracle OpenJDK) 3年に⼀回(Oracle JDK) バイナリ • ライセンス Oracle JDK • BCLもしくは商⽤ライセンス Oracle OpenJDK • GPLv2 + Classpath Exception Oracle JDK • OTNLA for Java (JDK 11 〜)もしくは 商⽤ライセンス 無償更新期限 後継バージョンリリース後⼀年 後継バージョンリリースまで ⻑期サポート 対象のリリース すべてのバージョンが対象 (〜 JDK 8) JDK 11以降、3年間隔でリリー スされるLTSバージョン (ただし⻑期サポートは過去を含む全ての バージョンに適⽤される) バイナリ Oracle JDK 更新期間 (有償) Oracle Lifetime Support Policy 準拠 – 最低8年 アップデート リリース リリース時期 年4回 (1⽉, 4⽉, 7⽉, 10⽉) 内容 アップデートリリース + 限定機能更新 アップデートリリースのみ
  21. 21. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | お知らせ:Oracle IaaSにはJava SEライセンスが付属 • Oracle IaaSを利用する場合、以下を無償で利用できる – Oracle Java 8(update 211以降)、Oracle Java 11(LTS)、Oracle Java 12(最新版) • 利用できる用途と範囲:OCI上での開発・テスト・実運用 – CPU(クリティカルパッチアップデート)の入手 – テクニカルサポート 21
  22. 22. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |
  23. 23. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. |

×