SlideShare a Scribd company logo
Oracle Cloud Infrastructure (PaaS & IaaS)
2023年1⽉度サービス・アップデート
⽇本オラクル株式会社
事業戦略統括 事業開発本部
2023年1⽉12⽇
マニュアル
• Oracle Cloud Infrastructure Documentation
(英語版︓最新情報はこちらをご覧ください)
• Oracle Cloud Infrastructure ドキュメント
(⽇本語版)
アップデートへのリンク
• Oracle Cloud Infrastructure 全体
• Autonomous Database
ブログ
• [英語]Oracle Cloud Infrastructure Blog
• [英語]Oracle Database Insider
• [⽇本語]オラクルエンジニア通信
• サービス・アップデート(全体概要)
• 本資料の過去資料はこちら
• OCI新機能ハイライト(機能詳細)
各サービスのアップデートはこちらから確認できます
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
2
東京/⼤阪リージョン: 追加サービス (12-1⽉)
• Queue
• Document Understanding (Visionから分離)
サービス・アップデート
• 全体
• シカゴ・リージョン 開設
• Compute
• Windowsイメージのコンピュート・インスタンスでライブ移⾏が可能
に
• Network
• コンソール上でMegaportの仮想回線を設定可能に
• Autonomous Database
• 継続的なデータロード及びエクスポートに対応するData
Pipelines
• Medium/High ServiceでAuto Scalingを有効にした場合、同
時実⾏SQL数が3倍に増加
• 複数のData Catalogをサポート
サービス・アップデート (続き)
• Base Database Service
• Microsoft Azure Active Directoryとの統合
• Exadata Database Service
• マルチVMおよびVM Cluster Node Subsetting︓
Autonomous Database⽤のクラスタも作成可能に
• Microsoft Azure Active Directoryとの統合
• MySQL Database
• MySQL HeatWaveでAMD E4をサポート
• Announcements
• お知らせのサブスクリプションでタイムゾーン設定が可能に
• GoldenGate
• 接続対象をOracle Database 以外にも⼤幅拡張
• Resource Manager
• BitbucketとOCI DevOpsレポジトリが使⽤可能に
• SDK
• OCI SDK v3 for Javaの⼀般提供
2023年1⽉度 アップデート・サマリー
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
3
1. 東京/⼤阪リージョン
2. Oracle Cloud Infrastructure 全体
3. Infrastructure Service
4. データベース・サービス
5. Platform Service
6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等)
サービス・アップデート
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
4
⾮同期のイベント駆動アーキテクチャを実現するメッセージ・キュー
サービス概要/特徴
• フルマネージド、オートスケール
• OCI Streaming を補完する適⽤領域
• オフセット(カーソル)無し、メッセージ消費は逐次確認
• パーティション無し、需要に応じてオートスケール
• Dead Letter Queueの提供 (異常終了メッセージを退避)
• キューメッセージの暗号化
• STOMPプロトコル*をサポート
* Simple Text Orientated Messaging Protocol: 軽量なメッセージングプロトコル
こんな課題に役⽴ちます
• アプリケーションを分離し、疎結合なシステムのアーキテクチャ
を構築
• 配信順序はベストエフォート、at-least-once 配信
サービス価格
• 100万リクエスト/⽉は無料
• 以後、100万リクエスト/⽉ごとに30.8円
Oracle Cloud Infrastructure - Queue
* 2022年12⽉現在
Container Engine
For Kubernetes
Containers
Virtual
Machine
OCI Queue
Service
Functions
Producer
… etc. Container Engine
For Kubernetes
Containers
Virtual
Machine
Functions
Consumer
… etc.
regular
dead letter
新サービス
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
5
1. 東京/⼤阪リージョン
2. Oracle Cloud Infrastructure 全体
3. Infrastructure Service
4. データベース・サービス
5. Platform Service
6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等)
サービス・アップデート
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
6
2022年12⽉現在︓41リージョン提供中、さらに8リージョン計画
Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン
https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/
SYDNEY
MELBOURNE
SANTIAGO
VINHEDO
SAO PAULO
CHILE 2
COLOMBIA
JEDDAH
JERUSALEM
DUBAI
MUMBAI
HYDERABAD
SAUDI 2
ABU DHABI
ISRAEL 2
CHUNCHEON
SEOUL TOKYO
OSAKA
SINGAPORE
JOHANNESBURG
34 Commercial
6 Commercial Planned
7 Government
12 Microsoft Azure Interconnect
2 Sovereign Planned
NEWPORT
AMSTERDAM
FRANKFURT
ZURICH
LONDON STOCKHOLM
MILAN
PARIS
MADRID MARSEILLE
SPAIN
GERMANY
SERBIA
デュアル・リージョン︓基本的にすべての国/地
域で2つ以上のリージョンを提供し、
お客様の業務継続要件に対応していく
(⽇本の場合は東京-⼤阪)
各リージョンはOracle Backboneで接続
サステナビリティ︓2025年までに、全リージョンで
100%再⽣可能エネルギーを使⽤することを表明
(南⽶/欧州は2021年達成)
SAN JOSE
PHOENIX
CHICAGO
ASHBURN
TORONTO
MONTREAL
QUERETARO
MEXICO 2
New
シカゴ・リージョン 開設
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
7
1. 東京/⼤阪リージョン
2. Oracle Cloud Infrastructure 全体
3. Infrastructure Service
4. データベース・サービス
5. Platform Service
6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等)
サービス・アップデート
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
8
Infrastructure Service
サービス・アップデート詳細
2022年12⽉
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/categ
ory/o4e-new-feature-highlights
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
9
Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/12 : 1)
https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
Release Date Services
2022/12/1 APM APM Java Agent and Tracer Version 1.8 are Now Available
2022/12/1 APM APM Tracer Supports GraalVM Native Images
2022/12/1 APM New features for Peoplesoft applications monitoring in APM
2022/12/6 Operations Insights Native Support for Exadata Cloud Service
2022/12/6 Container Instances Container Instances is now available
2022/12/6 DevOps DevOps Deployment now supports stage level parameters
2022/12/6 Resource Manager Store Terraform configurations in Bitbucket
2022/12/6 Resource Manager Store Terraform configurations in external repositories (DevOps)
2022/12/6 MySQL Database MySQL Database Service: Read Replicas with Load Balancer
2022/12/7 GoldenGate New release for GoldenGate
2022/12/7 API Gateway Support for OAuth 2.0 and OpenID Connect
2022/12/7 API Gateway Support for logout back ends
2022/12/7 Stack Monitoring Support for Apache Tomcat, Microsoft SQL Server, and Linux hosts.
2022/12/7 MySQL Database MySQL Database Service: Replication Channel Filters and Sources Without GTIDs
⾚字:本資料で取り上げる機能
⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
10
Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/12 : 2)
https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
Release Date Services
2022/12/8 Java Management Java Management 6.0 is Now Available
2022/12/8 Vision Document Functionality is Moving to a New Service
2022/12/8 Document
Understanding
Document Understanding is now Available
2022/12/9 Data Science Accelerated Data Science 2.7.0 is released
2022/12/12 MySQL Database MySQL HeatWave now supports AMD E4
2022/12/13 DevOps DevOps now supports scheduled cascading delete of a project
2022/12/13 Networking New features for Megaport customers
2022/12/14 OKE Support for dynamically provisioning Kubernetes Persistent Volume Claims (PVCs) on
new file systems in File Storage service
2022/12/14 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud : Migrator updates
2022/12/14 GoldenGate New connection types available in GoldenGate
2022/12/14 Queue The Queue service is now available
2022/12/15 OCI New region in Chicago, United States
⾚字:本資料で取り上げる機能
⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
11
Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/12 : 3)
https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/
Release Date Services
2022/12/16 Data Science Data Science notebook session timeout change
2022/12/19 Compute Live migration supported for Windows-based compute instances
2022/12/19 Big Data New release for Big Data Service 3.0.18
2022/12/22 Announcements Time zone and language display preferences
⾚字:本資料で取り上げる機能
⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
12
Resource ManagerのGitリポジトリとして、 Bitbucket とDevOpsサービスのコードリポジトリに対応しました
Resource ManagerでBitbucketとOCI DevOpsレポジトリが使⽤可能に
2022/12/6
Terraform構成の格納場所をローカルzipファイルやオブジェクトストレージ以外に、外部のレポジトリとして以下から選択
可能になりました。
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
13
インフラストラクチャの管理なしでコンテナ化されたアプリを実⾏可能に
• OCIは基盤となるコンテナ ランタイムとコンピューティングリソースを管理する
• E4.FlexまたはE3.Flexからシェイプを選択可能
• 選択したシェイプの通常の OCI Compute インスタンスと同じ価格で、CPU およびメモリ・リソースに対してお⽀払い。
Container Instancesには追加料⾦は発⽣しない
• 強⼒なワークロード分離を実現
• コンテナ・インスタンスどうしはハイパーバイザのレベルで分離され、 OSカーネル、CPU、メモリ・リソースを共有しない
コンテナ・インスタンスが利⽤可能に
オラクルエンジニア通信-技術資料、マニュアル、セミナー: OCI Container Instancesの正式リリース
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-conatiner-instances-ga
2022/12/6
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
14
MegaportのAPIを使⽤して仮想回線や仮想ルータ(MCR)をコンソール上で設定可能に
[Network, Fastconnect] コンソール上でMegaportの仮想回線を設定可能に
2022/12/13
Megaportのユーザー名とパスワードを使⽤して
Megaportアカウントにコンソール上でログインします。
(Oracle Consoleにはログイン情報は格納されません)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
15
2022年12⽉現在︓41リージョン提供中、さらに8リージョン計画
Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン
https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/
SYDNEY
MELBOURNE
SANTIAGO
VINHEDO
SAO PAULO
CHILE 2
COLOMBIA
JEDDAH
JERUSALEM
DUBAI
MUMBAI
HYDERABAD
SAUDI 2
ABU DHABI
ISRAEL 2
CHUNCHEON
SEOUL TOKYO
OSAKA
SINGAPORE
JOHANNESBURG
34 Commercial
6 Commercial Planned
7 Government
12 Microsoft Azure Interconnect
2 Sovereign Planned
NEWPORT
AMSTERDAM
FRANKFURT
ZURICH
LONDON STOCKHOLM
MILAN
PARIS
MADRID MARSEILLE
SPAIN
GERMANY
SERBIA
デュアル・リージョン︓基本的にすべての国/地
域で2つ以上のリージョンを提供し、
お客様の業務継続要件に対応していく
(⽇本の場合は東京-⼤阪)
各リージョンはOracle Backboneで接続
サステナビリティ︓2025年までに、全リージョンで
100%再⽣可能エネルギーを使⽤することを表明
(南⽶/欧州は2021年達成)
SAN JOSE
PHOENIX
CHICAGO
ASHBURN
TORONTO
MONTREAL
QUERETARO
MEXICO 2
New
シカゴ・リージョン 開設
2022/12/15
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
16
https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/c4d8411e-82bd-4a69-b169-46ec31b1f11e/
Windowsイメージのコンピュート・インスタンスでライブ移⾏が可能に
2022/12/19
• ホストのメンテナンス時に、ライブ移⾏を利⽤すれば実⾏中のインスタンスの中断を最⼩限に抑えられる
• Linuxイメージに加えて、Windowsイメージでもライブ移⾏が利⽤可能になった
※ ライブ移⾏の設定を⾏うためには、インスタンスはparavirtualized networkingを利⽤する必要があることに注意
※ 2023年1⽉6⽇現在、インスタンスのプロビジョニング後にインスタンスの編集>可⽤性構成>ライブ移⾏から設定を変更可能
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
17
これまでメールアドレスに届くお知らせの時
間表⽰がUTC表⽰だったが、指定したタイ
ムゾーンで表⽰できるようになりました。
[Announcements] お知らせのサブスクリプションでタイムゾーン設定が可能に
2022/12/22
タイムゾーンの
指定可能
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
18
OCI SDK for Javaの新しいバージョンが使⽤可能に
• SDK v3 for Javaの新機能として以下が追加された
• Micronautフレームワークのサポート
• Jakarta EE 8/Jersey 2: bmc-common-httpclient-jersey
• Jakarta EE 9/Jersey 3: bmc-common-httpclient-jersey3
• 複数のサード・パーティ・ライブラリへの依存関係の削除
• GuavaとApache Commonsのサードパーティ・ライブラリが削除された
• 簡素化されたクライアント構成
• 多くの標準クライアント構成プロパティーを均⼀に設定可能
• SDK v3 for JavaはSDK v2 for Javaのアップグレードであり、移⾏する際にユーザー側でコードの変更が必要
• 他のOCI SDKと同様にGitHubで使⽤可能
[SDK] OCI SDK v3 for Javaの⼀般提供
参考: https://blogs.oracle.com/post/ja-announcing-oci-java-sdk-300
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
19
https://oracle-japan.github.io/ocidocs/
各サービスや機能カットの資料などを掲載
OCI活⽤資料集︓⽇本語技術資料
最近アップデートされた資料
CSPモデルにおけるOCI設計ガイドライン December 28, 2022
OCI Securityサービス技術概要 December 20, 2022
OCI Network Firewall概要 December 20, 2022
OCI Database Management技術詳細 December 20,
2022
OCI IAM Identity Domain - APEXアプリケーションとの認証
連携・認可 December 13, 2022
Oracle Content Management サービス概要 December 12,
2022
Autonomous Database 技術FAQ December 5, 2022
Oracle Cloud Migrations Service概要 November 9, 2022
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
20
https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-new-feature-highlights
よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい⽅は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud
Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。
隔週で新機能をご紹介しています。
Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
21
1. 東京/⼤阪リージョン
2. Oracle Cloud Infrastructure 全体
3. Infrastructure Service
4. データベース・サービス
5. Platform Service
6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等)
サービス・アップデート
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
22
Autonomous Database
サービス・アップデート詳細
2022年12⽉
https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autono
mous-database/adbsn/
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
23
データ・ロードおよびエクスポート⽤のデータ・パイプライン
データ ・パイプラインを使⽤すると、オブジェクト・ストアからデータを繰り返しロードしたり、データをオブジェクト・ストアにエクス
ポートすることが可能になります。データ・パイプラインはDBMS_CLOUD.PIPELINEパッケージで管理され、以下の3つが利
⽤できます。
• データ・ロード・パイプライン
• ⼀定間隔で継続的にオブジェクト・ストア内の新規ファイルからデータを表にロード
• データ・エクスポート・パイプライン
• ⼀定間隔で継続的に表またはクエリの結果として新しい増分データをオブジェクト・ストアにエクスポート
• Oracle管理の事前定義済みパイプライン
• 監査ログ、APEXアクティビティ・ログ⽤の事前定義済みパイプライン
2022/12
Documentation: 24 Using Data Pipelines for Continuous Load and Export
使⽤ステップはDBMS_CLOUD.PIPELINE
パッケージのサブプログラムで実⾏
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
24
UTL_HTTP、UTL_SMTP、DBMS_LDAPで使⽤するクレデンシャル・オブジェクト
UTL_HTTP、UTL_SMTPおよびDBMS_LDAPでクレデンシャル・オブジェクトを使⽤することができるようになりました。
SET_AUTHENTICATIONプロシージャ(UTL_HTTP)、AUTHプロシージャ(UTL_SMTP)を利⽤したクリアテキストで
の認証情報の受け渡しよりも、セキュリティ、管理性が向上します。
例︓UTL_HTTP
従来 : SET_AUTHENTICATIONで設定
2022/12
Documentation:Use Credential Objects to Set HTTP Authentication Use
Credential Objects to set SMTP Authentication
-- クリアテキストでの受け渡し
︓
UTL_HTTP.SET_AUTHENTICATION (l_http_request, 'web_app_user',
'xxxxxxxxxxxx');
︔
-- クレデンシャルの作成
BEGIN DBMS_CLOUD.CREATE_CREDENTIAL (
credential_name => 'HTTP_CRED',
username => 'web_app_user',
password => '<password>' );
END;
--SET_CREDENTIALでクレデンシャル・オブジェクトを受け渡す
DECLARE
l_http_request UTL_HTTP.REQ;
BEGIN
l_http_request :=
UTL_HTTP.BEGIN_REQUEST('https://www.example.com/v1/dwcsdev/
SNANDAN/dwcs_small_xt1.csv');
UTL_HTTP.SET_CREDENTIAL (l_http_request,
'HTTP_CRED','BASIC');
...
END;
New! : SET_CREDENTIALで設定
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
25
⾃動スケーリングのMediumおよびHighサービスの制限
OCPUの⾃動スケーリングが有効である場合、MediumサービスおよびHighサービスの同時実⾏ステートメントの数が無効
の場合の3倍の値になりました。これまでより多くの処理の同時実⾏が可能になります。
2022/12
Documentation:Service Concurrency
事前定義済みサービス ⾃動スケーリング無効 ⾃動スケーリング有効
TPURGENT 300 × number of OCPUs 300 × number of OCPUs
TP 300 × number of OCPUs 300 × number of OCPUs
HIGH 3 9
MEDIUM 1.26 × number of OCPUs 3.78 × number of OCPUs
LOW 300 × number of OCPUs 300 × number of OCPUs
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
26
複数のData Catalogのサポート
1つのAutonomous Databaseから複数のData Catalogインスタンスへの接続ができるようになりました。
• dbms_dcatパッケージのいくつかのサブプログラムで新たに対象のData Catalogの識別⼦パラメータが追加されてお
り、クレデンシャル作成および接続作成、同期の際などでその識別⼦を指定します。
• ADBから接続するData Catalogが1つである場合は識別⼦パラメータは指定する必要はありません(デフォルト:Null)
2022/12
Documentation:29 The Data Transforms Page
Data Catalog1
Data Catalog2
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
27
ADB-Dで複数のAutonomous VMクラスタのサポート
Exadata Infrastructure(EI)で複数のAutonomous VM Clusterの作成がサポートされました。1つのEI上にExaDB-D
とADB-Dを動かすことも可能になります。なお、ADB-C@Cは2022/3にサポート済みです。
2022/12
Compute Node 1 Compute Node 2
VM Cluster 2
OLTP⽤途で多くのコンピュートリソースを利⽤
Autonomous Database Service
VM Cluster 1
分析⽤途で多くのストレージを利⽤
Exadata Database Service
VM Cluster 3
コンピュートとストレージをバランスよく利⽤
Autonomous Database Service
ADB-D
• 以下が可能に
• 複数のAutonomous VMクラスタの作成
• 各Autonomous VMクラスタのリソースのカスタ
マイズ(OCPU/メモリ/ストレージ)
• Autonomous VMクラスタごとの個別のメンテナ
ンス実⾏
• Autonomous VMクラスタごとに異なるライセン
ス・モデルの指定
• X8M以上のバージョンおよび複数AVMクラスタサ
ポート後にプロビジョニングされたEIが対象
イメージ例
Documentation:Create an Autonomous Exadata VM Cluster
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
28
お知らせ︓コンソールからの⼿動バックアップの削除
⼿動バックアップがコンソールから削除されました。現在はAPIの利⽤は可能ですが、将来的には利⽤できなくなる可能性
があります。
削除の理由︓以下などで⼿動バックアップの価値価値が⾒直されたためとご認識ください。
• ⽇次で取得している⾃動バックアップでポイント・イン・タイム・リカバリが可能である
• ⼿動バックアップはADB以外のバックアップとして利⽤することができない
2022/12
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
29
お知らせ︓DB接続のクライアント資格証明(ウォレット)差し替えのお願い
現在Autonomous Database - Sharedへクライアント資格証明(ウォレット)を使⽤してDB接続を⾏っているユーザーは、
2023年3⽉6⽇までに新しいウォレットを再ダウンロードする必要があります。既存のウォレットでは、アプリケーション、ツール、
サービスが、2023年3⽉6⽇以降、Autonomous Database インスタンスに接続できなくなります。
• 2022年8⽉をもって、すべてのパブリックTLS/SSL証明書のOrganization Unit(OU)フィールドが廃⽌されました
(DigiCert社の発表)
• 現在Autonomous Database-Sharedのウォレットファイルの接続⽂字列には、OUフィールドが含まれています
• OUフィールド廃⽌に伴い、従来のウォレットを使⽤した接続(mTLS接続)が2023年3⽉6⽇以後できなくなります
• OUフィールドのない新しいmTLS接続⽤のウォレットは2023年1⽉10⽇からダウンロード可能になりました
ウォレットを使わないTLS接続でDB接続を⾏っているユーザーも、接続⽂字列の更新が必要な場合があります。
詳細は以下をご覧ください
• Autonomous Database 技術FAQ
• ALERT: Action Required for Autonomous Databases that Use mTLS Authentication (Doc ID
2911553.1)
2022/12
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
30
1. 東京/⼤阪リージョン
2. Oracle Cloud Infrastructure 全体
3. Infrastructure Service
4. データベース・サービス
5. Platform Service
6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等)
サービス・アップデート
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
31
IaaSベース(Compute VM/Baremetal) のWebLogic Server
サービス概要/特徴
• BYOL/UC Modelの2種類の価格モデル
• UC ModelはEnterprise Edition/Suiteの2種のエディション
• Web UIで容易にプロビジョニング
こんな課題に役⽴ちます
• ⼀時的にWebLogic Serverのテスト環境を従量課⾦で利
⽤したい(UC Model)
• 既存のWebLogic Severのライセンスを利⽤して、クラウド
上で環境を構築したい(BYOL)
• Java EEシステムを素早くクラウド上に構築したい
サービス価格
• Suite: ¥101.178 → ¥65.044 [OCPU/時間]
• Enterprise Edition: ¥36.134 [OCPU/時間]
* 別途IaaS部分の費⽤が必要
* BYOLの場合はIaaS部分のみの課⾦
* Standard EditionはBYOLのみ
WebLogic Server for OCI
* 2022年12⽉現在
価格変更 (WLS Suite)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
32
セットアップ済みのWebLogic Kubernetes Operator環境をMarketplaceから提供
サービス概要/特徴
• ベースの環境に加え、デプロイメントを担うライフサイクル機
能をマネージドで提供
• Kubernetesクラスタ・ネットワーク構成・WebLogic
Kubernetes Operator等の環境を⾃動構築
• WebLogic管理者は、YAMLベースで構成管理
• WebLogicやアプリケーションの更新を⾃動化
こんな課題に役⽴ちます
• Javaでマイクロサービス開発に取り組みたい
• WebLogic Serverで動作する既存アプリをコンテナ化して
アーキテクチャを刷新したい
サービス価格
• Suite: ¥101.178 → ¥65.044 [OCPU/時間]
• Enterprise Edition: ¥36.134 [OCPU/時間]
* 別途IaaS部分の費⽤が必要
* BYOLの場合はIaaS部分のみの課⾦
WebLogic Server for OKE
* 2022年12⽉現在
価格変更 (WLS Suite)
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
33
Cloud Native & Data
Management
サービス・アップデート詳細
2022年11-12⽉
Document Understanding
DevOps
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
34
• AI Services - Visionに含まれていたドキュメントに関する分析機能を別サービス(Document Understanding )とし
て切り出した
• Visionに含まれているドキュメント関連の機能は、2024/01まで使⽤可能
• ドキュメントの理解として含まれている機能
• 光学⽂字検出(OCR) ※英語のみ対応
• ドキュメント内のテキストを検出し、認識することができる
• テキスト抽出 ※英語のみ対応
• 単語、⾏レベル、テキストが配置されている場所のバウンディングボックスの座標を提供
• キー・バリュー検出
• 領収書、請求書、パスポート、運転免許証などからあらかじめ定義されたキー・バリューのペア情報を抽出
• ※領収書は英語のみの対応
• 表形式抽出 ※英語のみ対応
• 表形式でコンテンツを抽出する
• 光学⽂字検出(OCR) PDF ※英語のみ対応
• 検索可能なPDFファイルをObject Storageに⽣成
Document Understanding が使⽤可能に
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
35
これまで、プロジェクトを削除するには、事前に関連リソースを削除しておくことが前提だったが、カスケード削除がサポートさ
れたことにより、DevOps の Web UI から関連リソースも含めて、⼀括で削除可能
• カスケード削除は72時間後に実⾏される
• 72時間以内であれば、カスケード削除をキャンセル可能
[DevOps] プロジェクトのカスケード削除をサポート
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
36
DevOps と連携した外部リポジトリ(コード)に保存されている Terraform 構成からスタックを作成できる
[DevOps] DevOps と連携した外部リポジトリ(コード)の Terraform 構成からスタック作成
• Bitbucket クラウド
• Bitbucket サーバー
• DevOps
• GitHub
• GitLab
「ソースコード管理タイプ」のプルダウンメニューから以下
を選択して、DevOps で利⽤および Terraform 構
成を格納しているリポジトリを選択可能
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
37
[DevOps] デプロイメントパイプラインの各ステージにおけるパラメータ設定可能
マニフェストファイルの内容を変更せずに、デプロイメント・パイ
プラインの各ステージを指定して、対象のパラメータをOCI
DevOpsのWeb UIから設定できる。
※2022年12⽉時点では、デプロイメント・パイプラインの⼿
動実⾏時のみ可能
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
name: nginx-deployment
spec:
selector:
matchLabels:
app: nginx
replicas: 2 # tells deployment to run 2 pods matching the template
template:
metadata:
labels:
app: nginx
spec:
containers:
- name: nginx
image: nginx:${version}
ports:
- containerPort: ${port}
マニフェストファイルでは変数
を設定
デフォルト値の設定
各ステージを指定
オーバーライドするパラ
メータを設定
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
38
Observability and
Management
サービス・アップデート詳細
2022年12⽉
https://docs.oracle.com/en-
us/iaas/releasenotes/
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
39
Operations InsightsでExaDBをネイティブサポート。リソースやパフォーマンスの監視ダッシュボードを提供
新機能
• Operation InsightにてExadata Database
Service(ExaDB)監視をネイティブサポート。設定が⼤幅に
簡素化されます
• ExaDBを監視対象とした場合もManagement Agentのインス
トール不要、Private Endpoint経由の監視で容易なセットアップ
• Exadata Cloud@Customerは従来通りEnterprise Manager
経由の監視となります
• ExaDB専⽤の監視ダッシュボード「Exadata Insight」
• ExaDBインスタンスを横断した運⽤、監視、リソース効率化のため
の統合ビュー
メリット
• 直感的かつ⼈に依存しないExaDBの運⽤分析
• ExaDBリソース利⽤の分析と予測
• 過負荷インスタンスの発⾒と最適化
• 過去データ(12ヶ⽉)をもとに機械学習を活⽤して将来のリソース利
⽤予測と対処
Observability and Management
Exadata Database Service 専⽤の監視メニュー「Exadata Insight」
Exadata Insightビュー Exadata環境を横断した
CPU、メモリ、ストレージなどの利⽤状況を⼀括把握
Rack単位での詳細分析
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
40
新機能
• Linux監視対象ホストの簡単な追加が可能に
• OCI Computeのデフォルトオラクル提供VMイメージに統合されているAgent
を有効化
• 後、リソース登録作業無しでOCI Consoleの「リソース検出」画⾯にてLinux
ホスト監視対象を追加
• 監視対象としてTomcatをサポート
• Tomcatへのリクエスト数、CPUやメモリの利⽤量、JVMの状況などの監視が
可能
• Cloud,オンプレミスなど様々な環境のTomcatを監視できます
• 監視対象としてMicrosoft SQL Serverをサポート
• SQL ServerのIOPS、CPUやリソース、ストレージ使⽤量、トランザクション状
況などが監視可能
※Tomcat, SQL Server監視は対象ネットワークのホストにインストールされた
Linux版Management Agentからの監視になります
メリット
• 導⼊障壁が低く、すぐ利⽤開始できるCloud環境を横断したリソー
ス活⽤分析
• TomcatやSQL Serverも含めて、稼働状態の把握やトラブルシュー
ティングを素早く実施できる便利なダッシュボード
Observability and Management
Stack MonitoringにてLinux監視の簡略化 & Tomcat, SQL Server監視
Tomcatのリソース使⽤量、および
JVM負荷の時系列分析
SQL Serverのリソースやトランザク
ション処理状況の分析
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
41
OCI GoldenGate
サービス・アップデート詳細
2022年12⽉
OCI GoldenGate
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
42
従来オンプレミスのOracle DatabaseおよびAutonomousを含むOCI上のデータベースサービスを接続対象としてサポー
トしていたが、他社クラウド上のデータベースサービスやOSSデータベース、Big Dataソースへの接続が可能となり、マルチク
ラウド環境でのデータ連携をサポート
[OCI GoldenGate] 接続対象をOracle Database 以外にも⼤幅拡張
他社クラウド上のデータベースや⾮データベース環境との連携が可能に
機能拡張
カテゴリー Oracle Database(*1) MySQL PostgreSQL Big Data
サポートされる
接続対象
• Oracle Database 11.2.0.4, 12.1.0.2,
and higher
• Oracle Exadata 11.2.04, 12.1.0.2,
and higher
• Oracle Exadata CS
• Oracle Autonomous Transaction
Processing
• Oracle Autonomous Data
Warehouse
• Amazon RDS for Oracle 19 and
higher
• MySQL Database Server 5.7, 8.0
• OCI MySQL Database
Service 8.0
• Amazon Aurora MySQL 5.7
• Amazon RDS for MariaDB 10.4,
10.5
• Amazon RDS for MySQL 5.7, 8.0
• Azure Database for MySQL 5.7,
8.0
• MariaDB 10.4, 10.5
• Google Cloud SQL for
MySQL 8.0
• PostgreSQL Server 10, 11, 12, 13,
14
• Amazon Aurora PostgreSQL 10,
11, 12, 13
• Amazon RDS PostgreSQL 10, 11,
12, 13, 14
• Azure Database for
PostgreSQL 10, 11, 12, 13
• Google Cloud SQL for
PostgreSQL 10, 11, 12, 13, 14
• Apache Apache Kafka 2.4, 2.5,
2.6, 2.7, 2.8
• OCI Streaming
• OCI Object Storage (target only)
• Confluent Kafka, with or
without Confluent Schema
Registry, 7.1 or earlier
• Azure Data Lake Storage (target
only)
• Azure Event Hubs
• Azure Synapse Analytics (target
only)
• Amazon MSK
(*1)OCI GoldenGateで使⽤するデータベースには、Oracleサポートが推奨する最新のパッチを適⽤していることを確認してください。
*⾚字が拡張された接続対象
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
43
OCIコンソールからボタン⼀つでAdmin Clientを起動することができるようになりました。
これまでもCloud ShellからAdmin Clientを起動することはできましたが、
OCIコンソールの”デプロイメントの詳細”ページに専⽤ボタンが⽤意されたことにより
簡単に起動することができるようになりました。
[OCI GoldenGate] Admin Clientの直接起動
https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengate-service/uacwm/index.html#articletitle
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
44
OCI GoldenGateのデプロイメントに
関する情報を分析または共有します。
収集された情報は、問題が発⽣した場合に
My Oracle Support と共有することができます。
[OCI GoldenGate] 診断の収集
https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengate-service/jxuuw/index.html#JXUUW-
GUID-459BB433-579A-46DF-9A57-6D41E5928F4B
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
45
1. 東京/⼤阪リージョン
2. Oracle Cloud Infrastructure 全体
3. Infrastructure Service
4. データベース・サービス
5. Platform Service
6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等)
サービス・アップデート
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
46
プレスリリース
• ベネッセの⼤規模基幹システムにOracle Cloud Infrastructureが採⽤
• Sky、企業のワークスタイル変⾰を⽀援する仮想デスクトップ・クラウドの新サービス基盤にOracle Cloud Infrastructureを採⽤
メディア記事
• ⽇本オラクル、“データの洪⽔”に対応できる「MySQL HeatWave Lakehouse」を解説 - クラウド Watch
• ミッションクリティカルなITシステムのクラウド化が進む2023年 OCIの採⽤がさらに加速する - ITmedia エンタープライズ
• 急速なビジネス進化への対応と数⼗億円のITコスト削減を両⽴する三井住友銀⾏〜巨⼤化するデータベースに求められる要件とは - ⽇経ビジネス
電⼦版 Special
パートナー様発表
• [アシスト] Oracle Databaseクラウド移⾏時のコスト最適化を推進
• [テンダ] ワンストップDXソリューションのサービス基盤に 『Oracle Cloud Infrastructure』を採⽤
• [テンダ] 『センター共通利⽤型クラウドRPAソリューション』契約累計100店舗達成 〜『Oracle Cloud Infrastructure』を採⽤しDXソリューション事業
を拡⼤〜
• [CTC] Oracle Database環境のマルチクラウドへの移⾏⽀援サービスを開始
• [システムステムサポート] Oracle Database を Microsoft Azure上で利⽤したいユーザー企業に向け「導⼊⽀援サービス for Azure+OCI」を提供開
始
関連ニュース
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
47
“リコーの中でも⼤規模なシステムを初めてクラウド化するにあたり、多
数のミッションクリティカルなデータベースを移⾏するため業務影響を最
⼩化することが必須でした。移⾏にあたっては⽇本オラクルのコンサル
ティング・サービスの⽀援を頂き、当初想定していた移⾏期間を短縮
することができました。また、OCI移⾏によって技術要素の変更を最
⼩限に抑えたままクラウド移⾏が実現できたほか、『Oracle
Database』のパフォーマンスも向上しました。この経験をベースに適
⽤可能な他領域への展開も検討しています。"
株式会社リコー デジタル戦略部
コーポレートIT統括センター 所⻑ 浜中 啓恒 ⽒
• 2025年までに180の基幹システムのクラウド移⾏を含む約7
割の基幹システム刷新を掲げる
• 他社UNIXサーバー上に構築し、約45TBのデータを含むこの
⼤規模なシステム基盤は、当初クラウド移⾏は困難なものと
想定
• OCIで検証したところ、変更や移⾏時のダウンタイムなどユー
ザーへの影響が最⼩限に抑えられ「Oracle Database」の性
能向上も可能なことを確認し、OCIの導⼊を決定
• リコーグループの基幹システムとして最もミッションクリティカルな
システムのパブリック・クラウド移⾏
• システム性能を約30%向上しながら、従来⽐で、年間約
50%のコスト削減が実現できる⾒込み
リコー 様
国内グループ13社の経理業務システム
基盤をOracle Cloud Infrastructure
へ移⾏
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
48
システム概要
• 2025年までに180の基幹システムのクラウド移⾏を含む約7割の基
幹システム刷新を掲げる
• 他社UNIXサーバー上に構築し、約45TBのデータを含むこの⼤規模
なシステム基盤は、ハードウェアの保守期限切れや⽼朽化に伴い、ク
ラウドへの移⾏を限られた期間内にユーザーへ影響を及ぼすことなく
⾏うことが要件とされていた
• システム変更、ユーザーへの影響、環境構築や移⾏により⽣じる膨
⼤な時間とコストなどの懸念があり、クラウド移⾏は困難なものと想
定。既存システムと親和性のあるOCIで検証したところ、変更や移⾏
時のダウンタイムなどユーザーへの影響が最⼩限に抑えられ「Oracle
Database」の性能向上も可能なことを確認し、OCIの導⼊を決定
導⼊効果
• リコーグループの基幹システムとして最もミッションクリティカルなシステム
のパブリック・クラウド移⾏
• 2021年6⽉から構築を開始し、2022年8⽉に移⾏を完了
• システム性能を約30%向上しながら、従来⽐で、年間約50%のコ
スト削減が実現できる⾒込み
国内グループ13社の経理業務システム基盤をOracle Cloud Infrastructureへ移⾏
システム構成イメージ
利⽤サービス・製品
• Compute, Storage, Load Balancing, Fast Connect
• Oracle Management Cloud
• Oracle Consulting Service
顧客事例︓リコー様
https://www.oracle.com/jp/news/announcement/ricoh-moves-accounting-system-infrastructure-to-oci-2022-11-28/
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
49
従前システムの性能を維持しながらコストを最適化、Microsoft Azureとのマルチクラウドでサービス全体のレスポンスを向上
システム概要
• 「DXの推進」を2025年までの中期経営計画の中核戦略として位置付けており、
「DX認定事業者」、「DX銘柄2021」にも選出
• コロナ禍における通信教育のニーズ拡⼤により会員数が急増したことや、DX推
進のためのシステム基盤構築施策として「クラウドへの移⾏」が⼤きな要件に
• WEBフロント系システムを先にMicrosoft Azureで稼働させており、オンプレミス
のOracle ExadataとOracle Exadata Cloud@Customerで構築していた基
幹システムの移⾏先について検討
導⼊効果
• 第1フェーズとして、マーケティング分析基盤を移⾏。次に販売管理・新顧客基盤
を含む残りの基幹システムの移⾏を完了し、AzureとOCIでのマルチクラウドでの
システム稼働を実現し、サービス全体のレスポンスを向上させることができた
• 移⾏後4ヶ⽉経過した現在、ベネッセの新基幹システムはOCI上で提供される
Oracle Exadata Database Service上で安定的に稼働し、従前システムに⽐
べ約60%ものCPUを削減しながらも性能を維持
利⽤サービス・製品
• Oracle Exadata Database Service
• Oracle Consulting Service (OCS)
• Oracle Support Rewards
導⼊パートナー
• 株式会社アシスト
顧客事例︓ベネッセコーポレーション様
https://www.oracle.com/jp/news/announcement/benesse-moves-mission-critical-system-to-oci-2022-12-12/
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
50
Oracle CloudWorld 2022 注⽬発表
• Oracle Excellence Awards︓⽇本のお客様も多数選出
• OCI(パブリック・クラウド)︓リージョン拡張とサービス・拡張を
継続
• 専⽤クラウド環境︓採⽤が増加しているOCI Dedicated
Regionと新たに提供するOracle Alloy
• オープン・マルチクラウド︓AWS/Azureユーザへ向けたサービ
ス
• Snowflakeの17倍、Redshiftの6倍⾼速なクエリ性能を提
供するMySQL HeatWave Lakehouse
• ミッションクリティカル・システムの保護を強化するソリューション
を拡充
• Oracle Database 23c Betaを発表
詳細はブログ記事 (Oracle CloudWorld 2022︓注⽬
発表まとめ)をご覧ください
Oracle Cloud ウェビナー
• [11/9実施] 最新情報を⽇本語で解説︕特別開催・
Oracle CloudWorld 2022 最新情報フィードバック︓資料
/ 動画
• NEW [12/7実施] 【⽇本語で解説︕】Oracle
CloudWorldで待望のOracle Database 23c発表︕その
魅⼒に迫る︕︓資料 / 動画
• NEW [12/14実施] 【⽇本語で解説︕】Oracle
CloudWorldで発表されたマルチクラウド戦略と他社クラウド
連携の魅⼒とは︕︓資料 / 動画
YouTube (セッション動画)
• 基調講演に加え、多数のセッションがYouTubeで視聴でき
るようになりました
• OCI&PaaS (50セッション)、Database (58セッション)、
Developer Technology (51セッション)、等
Oracle CloudWorld 2022 に関する情報
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
51
Oracle Cloud (PaaS/IaaS)︓セミナー情報
• https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar
今後の開催予定
• 2023/1/11︓[Oracle Cloud Hangout Cafe] サーバレス on Kubernetes (オンライン+東京)
• 2023/1/12︓グラフはなぜ使われていない︖どうやって使われている︖グラフデータベース活⽤事例 #3「部品表とトレーサビリティ」
• 2023/1/18︓事例から⾒る規模別クラウド・データベースの選び⽅ (Oracle Database)
• 2023/1/20︓[Blockchain GIG] パブリック/エンタープライズのブロックチェーンインターオペラビリティ
• 2023/1/24︓ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう [ハンズオン]
• 2023/1/25︓サイバーセキュリティの2023年の予測 〜クラウド・セキュリティのトレンドのトップ5〜
• 2023/1/31︓はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤! ⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI活⽤へ [ハンズオン]
• 2023/2/2︓Oracle Cloud Infrastructure 2022 Architect Associate 資格試験ポイント解説セミナー
• 2023/2/2︓[Oracle Database Technology Night] ハイブリッド・ディザスター・リカバリー実践
• 2023/2/8︓[Oracle Cloud Hangout Cafe] Javaで最強コンカレントプログラミング (オンライン+東京)
• 2023/2/9︓グラフはなぜ使われていない︖どうやって使われている︖グラフデータベース活⽤事例 #3「リコメンデーションと機械学習」
• 2023/2/16︓[Oracle APEX勉強会] Flows for APEXを使ってワークフローを扱うAPEXアプリを作成してみよう︕
セミナー/イベント予定 “Oracle Cloud セミナー”で検索
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
52
Oracle Cloud ウェビナーシリーズ
進化し続ける Oracle Cloud Infrastructure (IaaS & PaaS) や Oracle Database をはじめとする、さまざまな製品につい
ての最新情報や活⽤事例および技術情報を業務部⾨からIT部⾨のエンジニアの⽅々までの幅広い皆様へ向けてウェビナーを通じ
てお届けします。 さまざまなテーマや理解度レベルのコンテンツを取り揃えていますので、ぜひご活⽤ください。
毎週⽔曜⽇の開催となります。
『はじめてのOCI』 『Database関連テーマ』 『DXテーマ』 『時々の旬なテーマ、最新トピック』を中⼼にお伝えしていきます。
Oracle Cloud ウェビナー ハンズオン・トレーニング
Oracle Cloudのご紹介とビジネス課題を解決したお
客様事例やその時々のホットなトピックをお届けします
クラウドを活⽤したDX化をお客様と⼀緒に取り組む活動をしてお
り、その取り組みを広く知っていただくために、お客様のDX促進に
役⽴つヒントとなる事例やノウハウを紹介します
Oracle Cloudの使い⽅や活⽤イメージを実際にOracle
Cloudを操作していただきながら具体的にご紹介します
開催スケジュール
oracle.com/goto/ocws-jp
DXシリーズ
2⽉22⽇(⽔)15:00 - 16:00
詳細決定次第公開
1⽉25⽇(⽔)15:00 - 16:00
サイバーセキュリティの2023年の予測
〜クラウド・セキュリティのトレンドのトップ5〜
詳細/お申込はこちら
2⽉8⽇(⽔)15:00 - 16:00
Oracle Database 11g,12cからのアップグレード対策と
クラウド移⾏
詳細/お申込はこちら
1⽉24⽇(⽕)13:00 - 17:00
ハンズオンWebinar
- Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう
詳細/お申し込みはこちら
1⽉31⽇(⾦)13:00 - 16:00
はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤!
⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI活⽤へ
詳細/お申し込みはこちら
Oracle Code Night Online
Oracle Database
Technology Night
Iオラクルのユーザーとユー
ザーが繋がり、データベー
スの技術や運⽤にフォーカ
スしながら、最適な使い⽅
を⾒出していただく場です。
毎回、各テーマを設け、オ
ラクルの精鋭の技術者陣が、
⽇々のデータベース運⽤の
ための最良のTipsや将来の
ITインフラのアーキテク
チャ設計に必要なヒントな
ど、「明⽇から現場ですぐ
に使えるテクニック」をお
伝えしています。
Oracle Cloud
Hangout Cafe
Cafe
クラウドネイティブ時代の
開発者を対象に巷で話題の
オープン・スタンダードな
テクノロジーをテーマに取
り上げ、短時間でガッツリ
学んでお持ち帰りいただく
テクニカルな勉強会シリー
ズです。
Monthly Monthly Quarterly
Oracle Big Data
Jam Session
Cafe
Oracle Cloud Infrastructure
の ビッグデータ系サーバレ
ス・サービスの技術情報を
お伝えする勉強会シリーズ
です。 「ときにはデモを交
え、可能な限りわかりやす
く」をコンセプトに皆さん
にお届けしていきます。
Blockchain GIGCafe
エンタープライズでブロッ
クチェーンを活⽤しようと
考えている、あるいはこれ
から学ぼうとしているエン
ジニアのために、先鋭のエ
ンジニアたちから、実際の
事例での苦労話やここでし
か聞けない話などを交えつ
つ、ブロックチェーン活⽤
技術やノウハウをご紹介し
ます。
Quarterly
APEX in Action / UG
Cafe
APEXに関する四半期に⼀回程度のユーザー
会の開催を基本的な活動とし、ユーザー間
の技術情報の共有、ネットワーキング、
ネット上の技術情報の蓄積を進めていきま
す。
Quarterly
MySQL
Technology Cafe
Cafe
MySQLの最新情報やお客様
事例など、ディープな技術
者向け内容をお届けします。
irregular
OCI skill up Seminar
Cafe
Oracle Cloud Infrastructure (OCI) をより
深く活⽤していくための情報をお伝えす
る勉強会シリーズです。
Quarterly
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
54
Oracle Cloud サービス概要
• https://www.oracle.com/jp/
Oracle Cloud Free Tier
(Always Free&無償トライアル)
• https://www.oracle.com/cloud/free/
マニュアル
• 英語 / ⽇本語
リージョン毎のサービス提供情報
• https://www.oracle.com/cloud/data-
regions.html#apac
東京/⼤阪リージョン最新情報
• https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po
st/oci-tokyo-osaka
サービス・アップデート
• https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/
技術情報
• 活⽤資料集 / チュートリアル
活⽤事例
• https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po
st/oci-customer-reference
セミナー情報
• https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po
st/oci-seminar
Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
55
Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です
• https://www.oracle.com/jp/cloud/free/
Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル
Always Free
時間制限なく
特定サービスを利⽤可能
Free Trial
30⽇間 300ドル
フリー・クレジット
+
Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
56
Oracle Cloud Infrastructure:2023年1月度サービス・アップデート

More Related Content

Similar to Oracle Cloud Infrastructure:2023年1月度サービス・アップデート

Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデートOracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
オラクルエンジニア通信
 

Similar to Oracle Cloud Infrastructure:2023年1月度サービス・アップデート (20)

Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年4月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年6月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデートOracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデート
Oracle Cloud PaaS & IaaS:2020年3月度サービス情報アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年8月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年3月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年12月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年7月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年9月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年11月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年10月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年2月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2023年3月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年4月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年9月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年5月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年3月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2020年4月度サービス・アップデート
 
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
事例から見る規模別クラウド・データベースの選び方 (Oracle Database) (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年6月30日)
 

More from オラクルエンジニア通信

Oracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure データベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)
Oracle Cloud Infrastructureデータベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)Oracle Cloud Infrastructureデータベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)
Oracle Cloud Infrastructure データベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)
オラクルエンジニア通信
 
MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会
MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会
MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)
Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)
Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)
オラクルエンジニア通信
 
【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]
【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]
【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]
オラクルエンジニア通信
 
あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)
あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)
あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)
オラクルエンジニア通信
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート
オラクルエンジニア通信
 
第18回しゃちほこオラクル俱楽部
第18回しゃちほこオラクル俱楽部第18回しゃちほこオラクル俱楽部
第18回しゃちほこオラクル俱楽部
オラクルエンジニア通信
 
第17回しゃちほこオラクル俱楽部
第17回しゃちほこオラクル俱楽部第17回しゃちほこオラクル俱楽部
第17回しゃちほこオラクル俱楽部
オラクルエンジニア通信
 
ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)
ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)
ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)
オラクルエンジニア通信
 
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)
オラクルエンジニア通信
 
新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)
新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)
新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)
オラクルエンジニア通信
 

More from オラクルエンジニア通信 (12)

Oracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2022年6月度サービス・アップデート
 
Oracle Cloud Infrastructure データベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)
Oracle Cloud Infrastructureデータベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)Oracle Cloud Infrastructureデータベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)
Oracle Cloud Infrastructure データベース・クラウド:各バージョンのサポート期間 (2022年4月版)
 
MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会
MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会
MySQL Technology Cafe #14 MySQL Shellを使ってもっと楽をしようの会
 
Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)
Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)
Oracle Databaseはクラウドに移行するべきか否か 全10ケースをご紹介 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月30日)
 
【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]
【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]
【旧版】Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer:サービス概要のご紹介 [2021年12月版]
 
あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)
あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)
あなたのクラウドは大丈夫?NRI実務者が教えるセキュリティの傾向と対策 (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年11月24日)
 
Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデートOracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート
Oracle Cloud Infrastructure:2021年11月度サービス・アップデート
 
第18回しゃちほこオラクル俱楽部
第18回しゃちほこオラクル俱楽部第18回しゃちほこオラクル俱楽部
第18回しゃちほこオラクル俱楽部
 
第17回しゃちほこオラクル俱楽部
第17回しゃちほこオラクル俱楽部第17回しゃちほこオラクル俱楽部
第17回しゃちほこオラクル俱楽部
 
ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)
ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)
ゼロトラスト、この1年でお客様の4つの気づき ~内部不正、ランサムウェアとの戦い方~ (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年10月6日)
 
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)
はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2021年9月22日)
 
新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)
新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)
新たなビジネスにおけるデータ活用 ~小田急電鉄のローカル・コミュニティ活性化アプリ「KYOUDOKO」の場合~(2021/9/15)
 

Recently uploaded

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Shinichi Hirauchi
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
ARISE analytics
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
chisatotakane
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
CRI Japan, Inc.
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
Toru Tamaki
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
Ayachika Kitazaki
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
Sony - Neural Network Libraries
 

Recently uploaded (15)

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話Developer IO 2024 Odyssey  SAMを応用したコンピュータビジョンの話
Developer IO 2024 Odyssey SAMを応用したコンピュータビジョンの話
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
【JSAI2024】J-NER大規模言語モデルのための固有表現認識における拡張固有表現階層を考慮したベンチマークデータセット.pdf
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
最速の組織を目指して全社で大規模スクラムを導入してみた話 #dxd2024 #medicalforce
 
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログLoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
LoRaWAN AI Image Sensorエンドデバイス AIG01カタログ
 
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
論文紹介:BAM-DETR: Boundary-Aligned Moment Detection Transformer for Temporal Sen...
 
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
20240717_IoTLT_vol113_kitazaki_v1___.pdf
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
【AI論文解説】クラスタリングベースアプローチによる大規模データセット自動キュレーション
 

Oracle Cloud Infrastructure:2023年1月度サービス・アップデート

  • 1. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS & IaaS) 2023年1⽉度サービス・アップデート ⽇本オラクル株式会社 事業戦略統括 事業開発本部 2023年1⽉12⽇
  • 2. マニュアル • Oracle Cloud Infrastructure Documentation (英語版︓最新情報はこちらをご覧ください) • Oracle Cloud Infrastructure ドキュメント (⽇本語版) アップデートへのリンク • Oracle Cloud Infrastructure 全体 • Autonomous Database ブログ • [英語]Oracle Cloud Infrastructure Blog • [英語]Oracle Database Insider • [⽇本語]オラクルエンジニア通信 • サービス・アップデート(全体概要) • 本資料の過去資料はこちら • OCI新機能ハイライト(機能詳細) 各サービスのアップデートはこちらから確認できます Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 2
  • 3. 東京/⼤阪リージョン: 追加サービス (12-1⽉) • Queue • Document Understanding (Visionから分離) サービス・アップデート • 全体 • シカゴ・リージョン 開設 • Compute • Windowsイメージのコンピュート・インスタンスでライブ移⾏が可能 に • Network • コンソール上でMegaportの仮想回線を設定可能に • Autonomous Database • 継続的なデータロード及びエクスポートに対応するData Pipelines • Medium/High ServiceでAuto Scalingを有効にした場合、同 時実⾏SQL数が3倍に増加 • 複数のData Catalogをサポート サービス・アップデート (続き) • Base Database Service • Microsoft Azure Active Directoryとの統合 • Exadata Database Service • マルチVMおよびVM Cluster Node Subsetting︓ Autonomous Database⽤のクラスタも作成可能に • Microsoft Azure Active Directoryとの統合 • MySQL Database • MySQL HeatWaveでAMD E4をサポート • Announcements • お知らせのサブスクリプションでタイムゾーン設定が可能に • GoldenGate • 接続対象をOracle Database 以外にも⼤幅拡張 • Resource Manager • BitbucketとOCI DevOpsレポジトリが使⽤可能に • SDK • OCI SDK v3 for Javaの⼀般提供 2023年1⽉度 アップデート・サマリー Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 3
  • 4. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 4
  • 5. ⾮同期のイベント駆動アーキテクチャを実現するメッセージ・キュー サービス概要/特徴 • フルマネージド、オートスケール • OCI Streaming を補完する適⽤領域 • オフセット(カーソル)無し、メッセージ消費は逐次確認 • パーティション無し、需要に応じてオートスケール • Dead Letter Queueの提供 (異常終了メッセージを退避) • キューメッセージの暗号化 • STOMPプロトコル*をサポート * Simple Text Orientated Messaging Protocol: 軽量なメッセージングプロトコル こんな課題に役⽴ちます • アプリケーションを分離し、疎結合なシステムのアーキテクチャ を構築 • 配信順序はベストエフォート、at-least-once 配信 サービス価格 • 100万リクエスト/⽉は無料 • 以後、100万リクエスト/⽉ごとに30.8円 Oracle Cloud Infrastructure - Queue * 2022年12⽉現在 Container Engine For Kubernetes Containers Virtual Machine OCI Queue Service Functions Producer … etc. Container Engine For Kubernetes Containers Virtual Machine Functions Consumer … etc. regular dead letter 新サービス Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 5
  • 6. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 6
  • 7. 2022年12⽉現在︓41リージョン提供中、さらに8リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SYDNEY MELBOURNE SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA SINGAPORE JOHANNESBURG 34 Commercial 6 Commercial Planned 7 Government 12 Microsoft Azure Interconnect 2 Sovereign Planned NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS MADRID MARSEILLE SPAIN GERMANY SERBIA デュアル・リージョン︓基本的にすべての国/地 域で2つ以上のリージョンを提供し、 お客様の業務継続要件に対応していく (⽇本の場合は東京-⼤阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ︓2025年までに、全リージョンで 100%再⽣可能エネルギーを使⽤することを表明 (南⽶/欧州は2021年達成) SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL QUERETARO MEXICO 2 New シカゴ・リージョン 開設 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 7
  • 8. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 8
  • 10. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/12 : 1) https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/12/1 APM APM Java Agent and Tracer Version 1.8 are Now Available 2022/12/1 APM APM Tracer Supports GraalVM Native Images 2022/12/1 APM New features for Peoplesoft applications monitoring in APM 2022/12/6 Operations Insights Native Support for Exadata Cloud Service 2022/12/6 Container Instances Container Instances is now available 2022/12/6 DevOps DevOps Deployment now supports stage level parameters 2022/12/6 Resource Manager Store Terraform configurations in Bitbucket 2022/12/6 Resource Manager Store Terraform configurations in external repositories (DevOps) 2022/12/6 MySQL Database MySQL Database Service: Read Replicas with Load Balancer 2022/12/7 GoldenGate New release for GoldenGate 2022/12/7 API Gateway Support for OAuth 2.0 and OpenID Connect 2022/12/7 API Gateway Support for logout back ends 2022/12/7 Stack Monitoring Support for Apache Tomcat, Microsoft SQL Server, and Linux hosts. 2022/12/7 MySQL Database MySQL Database Service: Replication Channel Filters and Sources Without GTIDs ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 10
  • 11. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/12 : 2) https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/12/8 Java Management Java Management 6.0 is Now Available 2022/12/8 Vision Document Functionality is Moving to a New Service 2022/12/8 Document Understanding Document Understanding is now Available 2022/12/9 Data Science Accelerated Data Science 2.7.0 is released 2022/12/12 MySQL Database MySQL HeatWave now supports AMD E4 2022/12/13 DevOps DevOps now supports scheduled cascading delete of a project 2022/12/13 Networking New features for Megaport customers 2022/12/14 OKE Support for dynamically provisioning Kubernetes Persistent Volume Claims (PVCs) on new file systems in File Storage service 2022/12/14 NoSQL Database Cloud Oracle NoSQL Database Cloud : Migrator updates 2022/12/14 GoldenGate New connection types available in GoldenGate 2022/12/14 Queue The Queue service is now available 2022/12/15 OCI New region in Chicago, United States ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 11
  • 12. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/12 : 3) https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/12/16 Data Science Data Science notebook session timeout change 2022/12/19 Compute Live migration supported for Windows-based compute instances 2022/12/19 Big Data New release for Big Data Service 3.0.18 2022/12/22 Announcements Time zone and language display preferences ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 12
  • 13. Resource ManagerのGitリポジトリとして、 Bitbucket とDevOpsサービスのコードリポジトリに対応しました Resource ManagerでBitbucketとOCI DevOpsレポジトリが使⽤可能に 2022/12/6 Terraform構成の格納場所をローカルzipファイルやオブジェクトストレージ以外に、外部のレポジトリとして以下から選択 可能になりました。 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 13
  • 14. インフラストラクチャの管理なしでコンテナ化されたアプリを実⾏可能に • OCIは基盤となるコンテナ ランタイムとコンピューティングリソースを管理する • E4.FlexまたはE3.Flexからシェイプを選択可能 • 選択したシェイプの通常の OCI Compute インスタンスと同じ価格で、CPU およびメモリ・リソースに対してお⽀払い。 Container Instancesには追加料⾦は発⽣しない • 強⼒なワークロード分離を実現 • コンテナ・インスタンスどうしはハイパーバイザのレベルで分離され、 OSカーネル、CPU、メモリ・リソースを共有しない コンテナ・インスタンスが利⽤可能に オラクルエンジニア通信-技術資料、マニュアル、セミナー: OCI Container Instancesの正式リリース https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-conatiner-instances-ga 2022/12/6 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 14
  • 16. 2022年12⽉現在︓41リージョン提供中、さらに8リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SYDNEY MELBOURNE SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA SINGAPORE JOHANNESBURG 34 Commercial 6 Commercial Planned 7 Government 12 Microsoft Azure Interconnect 2 Sovereign Planned NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS MADRID MARSEILLE SPAIN GERMANY SERBIA デュアル・リージョン︓基本的にすべての国/地 域で2つ以上のリージョンを提供し、 お客様の業務継続要件に対応していく (⽇本の場合は東京-⼤阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ︓2025年までに、全リージョンで 100%再⽣可能エネルギーを使⽤することを表明 (南⽶/欧州は2021年達成) SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL QUERETARO MEXICO 2 New シカゴ・リージョン 開設 2022/12/15 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 16
  • 17. https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/changes/c4d8411e-82bd-4a69-b169-46ec31b1f11e/ Windowsイメージのコンピュート・インスタンスでライブ移⾏が可能に 2022/12/19 • ホストのメンテナンス時に、ライブ移⾏を利⽤すれば実⾏中のインスタンスの中断を最⼩限に抑えられる • Linuxイメージに加えて、Windowsイメージでもライブ移⾏が利⽤可能になった ※ ライブ移⾏の設定を⾏うためには、インスタンスはparavirtualized networkingを利⽤する必要があることに注意 ※ 2023年1⽉6⽇現在、インスタンスのプロビジョニング後にインスタンスの編集>可⽤性構成>ライブ移⾏から設定を変更可能 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 17
  • 19. OCI SDK for Javaの新しいバージョンが使⽤可能に • SDK v3 for Javaの新機能として以下が追加された • Micronautフレームワークのサポート • Jakarta EE 8/Jersey 2: bmc-common-httpclient-jersey • Jakarta EE 9/Jersey 3: bmc-common-httpclient-jersey3 • 複数のサード・パーティ・ライブラリへの依存関係の削除 • GuavaとApache Commonsのサードパーティ・ライブラリが削除された • 簡素化されたクライアント構成 • 多くの標準クライアント構成プロパティーを均⼀に設定可能 • SDK v3 for JavaはSDK v2 for Javaのアップグレードであり、移⾏する際にユーザー側でコードの変更が必要 • 他のOCI SDKと同様にGitHubで使⽤可能 [SDK] OCI SDK v3 for Javaの⼀般提供 参考: https://blogs.oracle.com/post/ja-announcing-oci-java-sdk-300 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 19
  • 20. https://oracle-japan.github.io/ocidocs/ 各サービスや機能カットの資料などを掲載 OCI活⽤資料集︓⽇本語技術資料 最近アップデートされた資料 CSPモデルにおけるOCI設計ガイドライン December 28, 2022 OCI Securityサービス技術概要 December 20, 2022 OCI Network Firewall概要 December 20, 2022 OCI Database Management技術詳細 December 20, 2022 OCI IAM Identity Domain - APEXアプリケーションとの認証 連携・認可 December 13, 2022 Oracle Content Management サービス概要 December 12, 2022 Autonomous Database 技術FAQ December 5, 2022 Oracle Cloud Migrations Service概要 November 9, 2022 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 20
  • 22. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 22
  • 24. データ・ロードおよびエクスポート⽤のデータ・パイプライン データ ・パイプラインを使⽤すると、オブジェクト・ストアからデータを繰り返しロードしたり、データをオブジェクト・ストアにエクス ポートすることが可能になります。データ・パイプラインはDBMS_CLOUD.PIPELINEパッケージで管理され、以下の3つが利 ⽤できます。 • データ・ロード・パイプライン • ⼀定間隔で継続的にオブジェクト・ストア内の新規ファイルからデータを表にロード • データ・エクスポート・パイプライン • ⼀定間隔で継続的に表またはクエリの結果として新しい増分データをオブジェクト・ストアにエクスポート • Oracle管理の事前定義済みパイプライン • 監査ログ、APEXアクティビティ・ログ⽤の事前定義済みパイプライン 2022/12 Documentation: 24 Using Data Pipelines for Continuous Load and Export 使⽤ステップはDBMS_CLOUD.PIPELINE パッケージのサブプログラムで実⾏ Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 24
  • 25. UTL_HTTP、UTL_SMTP、DBMS_LDAPで使⽤するクレデンシャル・オブジェクト UTL_HTTP、UTL_SMTPおよびDBMS_LDAPでクレデンシャル・オブジェクトを使⽤することができるようになりました。 SET_AUTHENTICATIONプロシージャ(UTL_HTTP)、AUTHプロシージャ(UTL_SMTP)を利⽤したクリアテキストで の認証情報の受け渡しよりも、セキュリティ、管理性が向上します。 例︓UTL_HTTP 従来 : SET_AUTHENTICATIONで設定 2022/12 Documentation:Use Credential Objects to Set HTTP Authentication Use Credential Objects to set SMTP Authentication -- クリアテキストでの受け渡し ︓ UTL_HTTP.SET_AUTHENTICATION (l_http_request, 'web_app_user', 'xxxxxxxxxxxx'); ︔ -- クレデンシャルの作成 BEGIN DBMS_CLOUD.CREATE_CREDENTIAL ( credential_name => 'HTTP_CRED', username => 'web_app_user', password => '<password>' ); END; --SET_CREDENTIALでクレデンシャル・オブジェクトを受け渡す DECLARE l_http_request UTL_HTTP.REQ; BEGIN l_http_request := UTL_HTTP.BEGIN_REQUEST('https://www.example.com/v1/dwcsdev/ SNANDAN/dwcs_small_xt1.csv'); UTL_HTTP.SET_CREDENTIAL (l_http_request, 'HTTP_CRED','BASIC'); ... END; New! : SET_CREDENTIALで設定 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 25
  • 26. ⾃動スケーリングのMediumおよびHighサービスの制限 OCPUの⾃動スケーリングが有効である場合、MediumサービスおよびHighサービスの同時実⾏ステートメントの数が無効 の場合の3倍の値になりました。これまでより多くの処理の同時実⾏が可能になります。 2022/12 Documentation:Service Concurrency 事前定義済みサービス ⾃動スケーリング無効 ⾃動スケーリング有効 TPURGENT 300 × number of OCPUs 300 × number of OCPUs TP 300 × number of OCPUs 300 × number of OCPUs HIGH 3 9 MEDIUM 1.26 × number of OCPUs 3.78 × number of OCPUs LOW 300 × number of OCPUs 300 × number of OCPUs Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 26
  • 27. 複数のData Catalogのサポート 1つのAutonomous Databaseから複数のData Catalogインスタンスへの接続ができるようになりました。 • dbms_dcatパッケージのいくつかのサブプログラムで新たに対象のData Catalogの識別⼦パラメータが追加されてお り、クレデンシャル作成および接続作成、同期の際などでその識別⼦を指定します。 • ADBから接続するData Catalogが1つである場合は識別⼦パラメータは指定する必要はありません(デフォルト:Null) 2022/12 Documentation:29 The Data Transforms Page Data Catalog1 Data Catalog2 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 27
  • 28. ADB-Dで複数のAutonomous VMクラスタのサポート Exadata Infrastructure(EI)で複数のAutonomous VM Clusterの作成がサポートされました。1つのEI上にExaDB-D とADB-Dを動かすことも可能になります。なお、ADB-C@Cは2022/3にサポート済みです。 2022/12 Compute Node 1 Compute Node 2 VM Cluster 2 OLTP⽤途で多くのコンピュートリソースを利⽤ Autonomous Database Service VM Cluster 1 分析⽤途で多くのストレージを利⽤ Exadata Database Service VM Cluster 3 コンピュートとストレージをバランスよく利⽤ Autonomous Database Service ADB-D • 以下が可能に • 複数のAutonomous VMクラスタの作成 • 各Autonomous VMクラスタのリソースのカスタ マイズ(OCPU/メモリ/ストレージ) • Autonomous VMクラスタごとの個別のメンテナ ンス実⾏ • Autonomous VMクラスタごとに異なるライセン ス・モデルの指定 • X8M以上のバージョンおよび複数AVMクラスタサ ポート後にプロビジョニングされたEIが対象 イメージ例 Documentation:Create an Autonomous Exadata VM Cluster Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 28
  • 30. お知らせ︓DB接続のクライアント資格証明(ウォレット)差し替えのお願い 現在Autonomous Database - Sharedへクライアント資格証明(ウォレット)を使⽤してDB接続を⾏っているユーザーは、 2023年3⽉6⽇までに新しいウォレットを再ダウンロードする必要があります。既存のウォレットでは、アプリケーション、ツール、 サービスが、2023年3⽉6⽇以降、Autonomous Database インスタンスに接続できなくなります。 • 2022年8⽉をもって、すべてのパブリックTLS/SSL証明書のOrganization Unit(OU)フィールドが廃⽌されました (DigiCert社の発表) • 現在Autonomous Database-Sharedのウォレットファイルの接続⽂字列には、OUフィールドが含まれています • OUフィールド廃⽌に伴い、従来のウォレットを使⽤した接続(mTLS接続)が2023年3⽉6⽇以後できなくなります • OUフィールドのない新しいmTLS接続⽤のウォレットは2023年1⽉10⽇からダウンロード可能になりました ウォレットを使わないTLS接続でDB接続を⾏っているユーザーも、接続⽂字列の更新が必要な場合があります。 詳細は以下をご覧ください • Autonomous Database 技術FAQ • ALERT: Action Required for Autonomous Databases that Use mTLS Authentication (Doc ID 2911553.1) 2022/12 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 30
  • 31. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 31
  • 32. IaaSベース(Compute VM/Baremetal) のWebLogic Server サービス概要/特徴 • BYOL/UC Modelの2種類の価格モデル • UC ModelはEnterprise Edition/Suiteの2種のエディション • Web UIで容易にプロビジョニング こんな課題に役⽴ちます • ⼀時的にWebLogic Serverのテスト環境を従量課⾦で利 ⽤したい(UC Model) • 既存のWebLogic Severのライセンスを利⽤して、クラウド 上で環境を構築したい(BYOL) • Java EEシステムを素早くクラウド上に構築したい サービス価格 • Suite: ¥101.178 → ¥65.044 [OCPU/時間] • Enterprise Edition: ¥36.134 [OCPU/時間] * 別途IaaS部分の費⽤が必要 * BYOLの場合はIaaS部分のみの課⾦ * Standard EditionはBYOLのみ WebLogic Server for OCI * 2022年12⽉現在 価格変更 (WLS Suite) Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 32
  • 33. セットアップ済みのWebLogic Kubernetes Operator環境をMarketplaceから提供 サービス概要/特徴 • ベースの環境に加え、デプロイメントを担うライフサイクル機 能をマネージドで提供 • Kubernetesクラスタ・ネットワーク構成・WebLogic Kubernetes Operator等の環境を⾃動構築 • WebLogic管理者は、YAMLベースで構成管理 • WebLogicやアプリケーションの更新を⾃動化 こんな課題に役⽴ちます • Javaでマイクロサービス開発に取り組みたい • WebLogic Serverで動作する既存アプリをコンテナ化して アーキテクチャを刷新したい サービス価格 • Suite: ¥101.178 → ¥65.044 [OCPU/時間] • Enterprise Edition: ¥36.134 [OCPU/時間] * 別途IaaS部分の費⽤が必要 * BYOLの場合はIaaS部分のみの課⾦ WebLogic Server for OKE * 2022年12⽉現在 価格変更 (WLS Suite) Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 33
  • 34. Cloud Native & Data Management サービス・アップデート詳細 2022年11-12⽉ Document Understanding DevOps Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 34
  • 35. • AI Services - Visionに含まれていたドキュメントに関する分析機能を別サービス(Document Understanding )とし て切り出した • Visionに含まれているドキュメント関連の機能は、2024/01まで使⽤可能 • ドキュメントの理解として含まれている機能 • 光学⽂字検出(OCR) ※英語のみ対応 • ドキュメント内のテキストを検出し、認識することができる • テキスト抽出 ※英語のみ対応 • 単語、⾏レベル、テキストが配置されている場所のバウンディングボックスの座標を提供 • キー・バリュー検出 • 領収書、請求書、パスポート、運転免許証などからあらかじめ定義されたキー・バリューのペア情報を抽出 • ※領収書は英語のみの対応 • 表形式抽出 ※英語のみ対応 • 表形式でコンテンツを抽出する • 光学⽂字検出(OCR) PDF ※英語のみ対応 • 検索可能なPDFファイルをObject Storageに⽣成 Document Understanding が使⽤可能に Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 35
  • 36. これまで、プロジェクトを削除するには、事前に関連リソースを削除しておくことが前提だったが、カスケード削除がサポートさ れたことにより、DevOps の Web UI から関連リソースも含めて、⼀括で削除可能 • カスケード削除は72時間後に実⾏される • 72時間以内であれば、カスケード削除をキャンセル可能 [DevOps] プロジェクトのカスケード削除をサポート Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 36
  • 37. DevOps と連携した外部リポジトリ(コード)に保存されている Terraform 構成からスタックを作成できる [DevOps] DevOps と連携した外部リポジトリ(コード)の Terraform 構成からスタック作成 • Bitbucket クラウド • Bitbucket サーバー • DevOps • GitHub • GitLab 「ソースコード管理タイプ」のプルダウンメニューから以下 を選択して、DevOps で利⽤および Terraform 構 成を格納しているリポジトリを選択可能 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 37
  • 38. [DevOps] デプロイメントパイプラインの各ステージにおけるパラメータ設定可能 マニフェストファイルの内容を変更せずに、デプロイメント・パイ プラインの各ステージを指定して、対象のパラメータをOCI DevOpsのWeb UIから設定できる。 ※2022年12⽉時点では、デプロイメント・パイプラインの⼿ 動実⾏時のみ可能 apiVersion: apps/v1 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment spec: selector: matchLabels: app: nginx replicas: 2 # tells deployment to run 2 pods matching the template template: metadata: labels: app: nginx spec: containers: - name: nginx image: nginx:${version} ports: - containerPort: ${port} マニフェストファイルでは変数 を設定 デフォルト値の設定 各ステージを指定 オーバーライドするパラ メータを設定 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 38
  • 40. Operations InsightsでExaDBをネイティブサポート。リソースやパフォーマンスの監視ダッシュボードを提供 新機能 • Operation InsightにてExadata Database Service(ExaDB)監視をネイティブサポート。設定が⼤幅に 簡素化されます • ExaDBを監視対象とした場合もManagement Agentのインス トール不要、Private Endpoint経由の監視で容易なセットアップ • Exadata Cloud@Customerは従来通りEnterprise Manager 経由の監視となります • ExaDB専⽤の監視ダッシュボード「Exadata Insight」 • ExaDBインスタンスを横断した運⽤、監視、リソース効率化のため の統合ビュー メリット • 直感的かつ⼈に依存しないExaDBの運⽤分析 • ExaDBリソース利⽤の分析と予測 • 過負荷インスタンスの発⾒と最適化 • 過去データ(12ヶ⽉)をもとに機械学習を活⽤して将来のリソース利 ⽤予測と対処 Observability and Management Exadata Database Service 専⽤の監視メニュー「Exadata Insight」 Exadata Insightビュー Exadata環境を横断した CPU、メモリ、ストレージなどの利⽤状況を⼀括把握 Rack単位での詳細分析 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 40
  • 41. 新機能 • Linux監視対象ホストの簡単な追加が可能に • OCI Computeのデフォルトオラクル提供VMイメージに統合されているAgent を有効化 • 後、リソース登録作業無しでOCI Consoleの「リソース検出」画⾯にてLinux ホスト監視対象を追加 • 監視対象としてTomcatをサポート • Tomcatへのリクエスト数、CPUやメモリの利⽤量、JVMの状況などの監視が 可能 • Cloud,オンプレミスなど様々な環境のTomcatを監視できます • 監視対象としてMicrosoft SQL Serverをサポート • SQL ServerのIOPS、CPUやリソース、ストレージ使⽤量、トランザクション状 況などが監視可能 ※Tomcat, SQL Server監視は対象ネットワークのホストにインストールされた Linux版Management Agentからの監視になります メリット • 導⼊障壁が低く、すぐ利⽤開始できるCloud環境を横断したリソー ス活⽤分析 • TomcatやSQL Serverも含めて、稼働状態の把握やトラブルシュー ティングを素早く実施できる便利なダッシュボード Observability and Management Stack MonitoringにてLinux監視の簡略化 & Tomcat, SQL Server監視 Tomcatのリソース使⽤量、および JVM負荷の時系列分析 SQL Serverのリソースやトランザク ション処理状況の分析 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 41
  • 43. 従来オンプレミスのOracle DatabaseおよびAutonomousを含むOCI上のデータベースサービスを接続対象としてサポー トしていたが、他社クラウド上のデータベースサービスやOSSデータベース、Big Dataソースへの接続が可能となり、マルチク ラウド環境でのデータ連携をサポート [OCI GoldenGate] 接続対象をOracle Database 以外にも⼤幅拡張 他社クラウド上のデータベースや⾮データベース環境との連携が可能に 機能拡張 カテゴリー Oracle Database(*1) MySQL PostgreSQL Big Data サポートされる 接続対象 • Oracle Database 11.2.0.4, 12.1.0.2, and higher • Oracle Exadata 11.2.04, 12.1.0.2, and higher • Oracle Exadata CS • Oracle Autonomous Transaction Processing • Oracle Autonomous Data Warehouse • Amazon RDS for Oracle 19 and higher • MySQL Database Server 5.7, 8.0 • OCI MySQL Database Service 8.0 • Amazon Aurora MySQL 5.7 • Amazon RDS for MariaDB 10.4, 10.5 • Amazon RDS for MySQL 5.7, 8.0 • Azure Database for MySQL 5.7, 8.0 • MariaDB 10.4, 10.5 • Google Cloud SQL for MySQL 8.0 • PostgreSQL Server 10, 11, 12, 13, 14 • Amazon Aurora PostgreSQL 10, 11, 12, 13 • Amazon RDS PostgreSQL 10, 11, 12, 13, 14 • Azure Database for PostgreSQL 10, 11, 12, 13 • Google Cloud SQL for PostgreSQL 10, 11, 12, 13, 14 • Apache Apache Kafka 2.4, 2.5, 2.6, 2.7, 2.8 • OCI Streaming • OCI Object Storage (target only) • Confluent Kafka, with or without Confluent Schema Registry, 7.1 or earlier • Azure Data Lake Storage (target only) • Azure Event Hubs • Azure Synapse Analytics (target only) • Amazon MSK (*1)OCI GoldenGateで使⽤するデータベースには、Oracleサポートが推奨する最新のパッチを適⽤していることを確認してください。 *⾚字が拡張された接続対象 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 43
  • 44. OCIコンソールからボタン⼀つでAdmin Clientを起動することができるようになりました。 これまでもCloud ShellからAdmin Clientを起動することはできましたが、 OCIコンソールの”デプロイメントの詳細”ページに専⽤ボタンが⽤意されたことにより 簡単に起動することができるようになりました。 [OCI GoldenGate] Admin Clientの直接起動 https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengate-service/uacwm/index.html#articletitle Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 44
  • 45. OCI GoldenGateのデプロイメントに 関する情報を分析または共有します。 収集された情報は、問題が発⽣した場合に My Oracle Support と共有することができます。 [OCI GoldenGate] 診断の収集 https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengate-service/jxuuw/index.html#JXUUW- GUID-459BB433-579A-46DF-9A57-6D41E5928F4B Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 45
  • 46. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 46
  • 47. プレスリリース • ベネッセの⼤規模基幹システムにOracle Cloud Infrastructureが採⽤ • Sky、企業のワークスタイル変⾰を⽀援する仮想デスクトップ・クラウドの新サービス基盤にOracle Cloud Infrastructureを採⽤ メディア記事 • ⽇本オラクル、“データの洪⽔”に対応できる「MySQL HeatWave Lakehouse」を解説 - クラウド Watch • ミッションクリティカルなITシステムのクラウド化が進む2023年 OCIの採⽤がさらに加速する - ITmedia エンタープライズ • 急速なビジネス進化への対応と数⼗億円のITコスト削減を両⽴する三井住友銀⾏〜巨⼤化するデータベースに求められる要件とは - ⽇経ビジネス 電⼦版 Special パートナー様発表 • [アシスト] Oracle Databaseクラウド移⾏時のコスト最適化を推進 • [テンダ] ワンストップDXソリューションのサービス基盤に 『Oracle Cloud Infrastructure』を採⽤ • [テンダ] 『センター共通利⽤型クラウドRPAソリューション』契約累計100店舗達成 〜『Oracle Cloud Infrastructure』を採⽤しDXソリューション事業 を拡⼤〜 • [CTC] Oracle Database環境のマルチクラウドへの移⾏⽀援サービスを開始 • [システムステムサポート] Oracle Database を Microsoft Azure上で利⽤したいユーザー企業に向け「導⼊⽀援サービス for Azure+OCI」を提供開 始 関連ニュース Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 47
  • 48. “リコーの中でも⼤規模なシステムを初めてクラウド化するにあたり、多 数のミッションクリティカルなデータベースを移⾏するため業務影響を最 ⼩化することが必須でした。移⾏にあたっては⽇本オラクルのコンサル ティング・サービスの⽀援を頂き、当初想定していた移⾏期間を短縮 することができました。また、OCI移⾏によって技術要素の変更を最 ⼩限に抑えたままクラウド移⾏が実現できたほか、『Oracle Database』のパフォーマンスも向上しました。この経験をベースに適 ⽤可能な他領域への展開も検討しています。" 株式会社リコー デジタル戦略部 コーポレートIT統括センター 所⻑ 浜中 啓恒 ⽒ • 2025年までに180の基幹システムのクラウド移⾏を含む約7 割の基幹システム刷新を掲げる • 他社UNIXサーバー上に構築し、約45TBのデータを含むこの ⼤規模なシステム基盤は、当初クラウド移⾏は困難なものと 想定 • OCIで検証したところ、変更や移⾏時のダウンタイムなどユー ザーへの影響が最⼩限に抑えられ「Oracle Database」の性 能向上も可能なことを確認し、OCIの導⼊を決定 • リコーグループの基幹システムとして最もミッションクリティカルな システムのパブリック・クラウド移⾏ • システム性能を約30%向上しながら、従来⽐で、年間約 50%のコスト削減が実現できる⾒込み リコー 様 国内グループ13社の経理業務システム 基盤をOracle Cloud Infrastructure へ移⾏ Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 48
  • 49. システム概要 • 2025年までに180の基幹システムのクラウド移⾏を含む約7割の基 幹システム刷新を掲げる • 他社UNIXサーバー上に構築し、約45TBのデータを含むこの⼤規模 なシステム基盤は、ハードウェアの保守期限切れや⽼朽化に伴い、ク ラウドへの移⾏を限られた期間内にユーザーへ影響を及ぼすことなく ⾏うことが要件とされていた • システム変更、ユーザーへの影響、環境構築や移⾏により⽣じる膨 ⼤な時間とコストなどの懸念があり、クラウド移⾏は困難なものと想 定。既存システムと親和性のあるOCIで検証したところ、変更や移⾏ 時のダウンタイムなどユーザーへの影響が最⼩限に抑えられ「Oracle Database」の性能向上も可能なことを確認し、OCIの導⼊を決定 導⼊効果 • リコーグループの基幹システムとして最もミッションクリティカルなシステム のパブリック・クラウド移⾏ • 2021年6⽉から構築を開始し、2022年8⽉に移⾏を完了 • システム性能を約30%向上しながら、従来⽐で、年間約50%のコ スト削減が実現できる⾒込み 国内グループ13社の経理業務システム基盤をOracle Cloud Infrastructureへ移⾏ システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Compute, Storage, Load Balancing, Fast Connect • Oracle Management Cloud • Oracle Consulting Service 顧客事例︓リコー様 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/ricoh-moves-accounting-system-infrastructure-to-oci-2022-11-28/ Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 49
  • 50. 従前システムの性能を維持しながらコストを最適化、Microsoft Azureとのマルチクラウドでサービス全体のレスポンスを向上 システム概要 • 「DXの推進」を2025年までの中期経営計画の中核戦略として位置付けており、 「DX認定事業者」、「DX銘柄2021」にも選出 • コロナ禍における通信教育のニーズ拡⼤により会員数が急増したことや、DX推 進のためのシステム基盤構築施策として「クラウドへの移⾏」が⼤きな要件に • WEBフロント系システムを先にMicrosoft Azureで稼働させており、オンプレミス のOracle ExadataとOracle Exadata Cloud@Customerで構築していた基 幹システムの移⾏先について検討 導⼊効果 • 第1フェーズとして、マーケティング分析基盤を移⾏。次に販売管理・新顧客基盤 を含む残りの基幹システムの移⾏を完了し、AzureとOCIでのマルチクラウドでの システム稼働を実現し、サービス全体のレスポンスを向上させることができた • 移⾏後4ヶ⽉経過した現在、ベネッセの新基幹システムはOCI上で提供される Oracle Exadata Database Service上で安定的に稼働し、従前システムに⽐ べ約60%ものCPUを削減しながらも性能を維持 利⽤サービス・製品 • Oracle Exadata Database Service • Oracle Consulting Service (OCS) • Oracle Support Rewards 導⼊パートナー • 株式会社アシスト 顧客事例︓ベネッセコーポレーション様 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/benesse-moves-mission-critical-system-to-oci-2022-12-12/ Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 50
  • 51. Oracle CloudWorld 2022 注⽬発表 • Oracle Excellence Awards︓⽇本のお客様も多数選出 • OCI(パブリック・クラウド)︓リージョン拡張とサービス・拡張を 継続 • 専⽤クラウド環境︓採⽤が増加しているOCI Dedicated Regionと新たに提供するOracle Alloy • オープン・マルチクラウド︓AWS/Azureユーザへ向けたサービ ス • Snowflakeの17倍、Redshiftの6倍⾼速なクエリ性能を提 供するMySQL HeatWave Lakehouse • ミッションクリティカル・システムの保護を強化するソリューション を拡充 • Oracle Database 23c Betaを発表 詳細はブログ記事 (Oracle CloudWorld 2022︓注⽬ 発表まとめ)をご覧ください Oracle Cloud ウェビナー • [11/9実施] 最新情報を⽇本語で解説︕特別開催・ Oracle CloudWorld 2022 最新情報フィードバック︓資料 / 動画 • NEW [12/7実施] 【⽇本語で解説︕】Oracle CloudWorldで待望のOracle Database 23c発表︕その 魅⼒に迫る︕︓資料 / 動画 • NEW [12/14実施] 【⽇本語で解説︕】Oracle CloudWorldで発表されたマルチクラウド戦略と他社クラウド 連携の魅⼒とは︕︓資料 / 動画 YouTube (セッション動画) • 基調講演に加え、多数のセッションがYouTubeで視聴でき るようになりました • OCI&PaaS (50セッション)、Database (58セッション)、 Developer Technology (51セッション)、等 Oracle CloudWorld 2022 に関する情報 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 51
  • 52. Oracle Cloud (PaaS/IaaS)︓セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar 今後の開催予定 • 2023/1/11︓[Oracle Cloud Hangout Cafe] サーバレス on Kubernetes (オンライン+東京) • 2023/1/12︓グラフはなぜ使われていない︖どうやって使われている︖グラフデータベース活⽤事例 #3「部品表とトレーサビリティ」 • 2023/1/18︓事例から⾒る規模別クラウド・データベースの選び⽅ (Oracle Database) • 2023/1/20︓[Blockchain GIG] パブリック/エンタープライズのブロックチェーンインターオペラビリティ • 2023/1/24︓ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう [ハンズオン] • 2023/1/25︓サイバーセキュリティの2023年の予測 〜クラウド・セキュリティのトレンドのトップ5〜 • 2023/1/31︓はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤! ⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI活⽤へ [ハンズオン] • 2023/2/2︓Oracle Cloud Infrastructure 2022 Architect Associate 資格試験ポイント解説セミナー • 2023/2/2︓[Oracle Database Technology Night] ハイブリッド・ディザスター・リカバリー実践 • 2023/2/8︓[Oracle Cloud Hangout Cafe] Javaで最強コンカレントプログラミング (オンライン+東京) • 2023/2/9︓グラフはなぜ使われていない︖どうやって使われている︖グラフデータベース活⽤事例 #3「リコメンデーションと機械学習」 • 2023/2/16︓[Oracle APEX勉強会] Flows for APEXを使ってワークフローを扱うAPEXアプリを作成してみよう︕ セミナー/イベント予定 “Oracle Cloud セミナー”で検索 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 52
  • 53. Oracle Cloud ウェビナーシリーズ 進化し続ける Oracle Cloud Infrastructure (IaaS & PaaS) や Oracle Database をはじめとする、さまざまな製品につい ての最新情報や活⽤事例および技術情報を業務部⾨からIT部⾨のエンジニアの⽅々までの幅広い皆様へ向けてウェビナーを通じ てお届けします。 さまざまなテーマや理解度レベルのコンテンツを取り揃えていますので、ぜひご活⽤ください。 毎週⽔曜⽇の開催となります。 『はじめてのOCI』 『Database関連テーマ』 『DXテーマ』 『時々の旬なテーマ、最新トピック』を中⼼にお伝えしていきます。 Oracle Cloud ウェビナー ハンズオン・トレーニング Oracle Cloudのご紹介とビジネス課題を解決したお 客様事例やその時々のホットなトピックをお届けします クラウドを活⽤したDX化をお客様と⼀緒に取り組む活動をしてお り、その取り組みを広く知っていただくために、お客様のDX促進に 役⽴つヒントとなる事例やノウハウを紹介します Oracle Cloudの使い⽅や活⽤イメージを実際にOracle Cloudを操作していただきながら具体的にご紹介します 開催スケジュール oracle.com/goto/ocws-jp DXシリーズ 2⽉22⽇(⽔)15:00 - 16:00 詳細決定次第公開 1⽉25⽇(⽔)15:00 - 16:00 サイバーセキュリティの2023年の予測 〜クラウド・セキュリティのトレンドのトップ5〜 詳細/お申込はこちら 2⽉8⽇(⽔)15:00 - 16:00 Oracle Database 11g,12cからのアップグレード対策と クラウド移⾏ 詳細/お申込はこちら 1⽉24⽇(⽕)13:00 - 17:00 ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう 詳細/お申し込みはこちら 1⽉31⽇(⾦)13:00 - 16:00 はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤! ⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI活⽤へ 詳細/お申し込みはこちら
  • 54. Oracle Code Night Online Oracle Database Technology Night Iオラクルのユーザーとユー ザーが繋がり、データベー スの技術や運⽤にフォーカ スしながら、最適な使い⽅ を⾒出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オ ラクルの精鋭の技術者陣が、 ⽇々のデータベース運⽤の ための最良のTipsや将来の ITインフラのアーキテク チャ設計に必要なヒントな ど、「明⽇から現場ですぐ に使えるテクニック」をお 伝えしています。 Oracle Cloud Hangout Cafe Cafe クラウドネイティブ時代の 開発者を対象に巷で話題の オープン・スタンダードな テクノロジーをテーマに取 り上げ、短時間でガッツリ 学んでお持ち帰りいただく テクニカルな勉強会シリー ズです。 Monthly Monthly Quarterly Oracle Big Data Jam Session Cafe Oracle Cloud Infrastructure の ビッグデータ系サーバレ ス・サービスの技術情報を お伝えする勉強会シリーズ です。 「ときにはデモを交 え、可能な限りわかりやす く」をコンセプトに皆さん にお届けしていきます。 Blockchain GIGCafe エンタープライズでブロッ クチェーンを活⽤しようと 考えている、あるいはこれ から学ぼうとしているエン ジニアのために、先鋭のエ ンジニアたちから、実際の 事例での苦労話やここでし か聞けない話などを交えつ つ、ブロックチェーン活⽤ 技術やノウハウをご紹介し ます。 Quarterly APEX in Action / UG Cafe APEXに関する四半期に⼀回程度のユーザー 会の開催を基本的な活動とし、ユーザー間 の技術情報の共有、ネットワーキング、 ネット上の技術情報の蓄積を進めていきま す。 Quarterly MySQL Technology Cafe Cafe MySQLの最新情報やお客様 事例など、ディープな技術 者向け内容をお届けします。 irregular OCI skill up Seminar Cafe Oracle Cloud Infrastructure (OCI) をより 深く活⽤していくための情報をお伝えす る勉強会シリーズです。 Quarterly Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 54
  • 55. Oracle Cloud サービス概要 • https://www.oracle.com/jp/ Oracle Cloud Free Tier (Always Free&無償トライアル) • https://www.oracle.com/cloud/free/ マニュアル • 英語 / ⽇本語 リージョン毎のサービス提供情報 • https://www.oracle.com/cloud/data- regions.html#apac 東京/⼤阪リージョン最新情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-tokyo-osaka サービス・アップデート • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術情報 • 活⽤資料集 / チュートリアル 活⽤事例 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-customer-reference セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-seminar Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 55
  • 56. Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です • https://www.oracle.com/jp/cloud/free/ Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル Always Free 時間制限なく 特定サービスを利⽤可能 Free Trial 30⽇間 300ドル フリー・クレジット + Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates 56