いまもういちど SharePoint とエンタープライズ・ソーシャルを考える(2014年5月31日 JSPUG勉強会

2,971 views

Published on

2015年5月31日の Japan SharePoint Users Group でのセッション資料です。なかなか導入が難しい「企業内ソーシャル」ですが、改めて、それが何故必要なのか?何故うまく導入できないのか?大きく整理してみたいと思います。

Published in: Technology
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,971
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
479
Actions
Shares
0
Downloads
48
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

いまもういちど SharePoint とエンタープライズ・ソーシャルを考える(2014年5月31日 JSPUG勉強会

  1. 1. This is an Enterprise Social ! SharePoint と エンタープライズ・ソーシャル を考える
  2. 2. 中村 和彦 • シンプレッソ・コンサルティング株式会社 代表 • 元ユーザー企業 システム部門 情報企画担当 ノーツ移行、情報共有、ナレッジマネジメント、 業務効率化、ミュニケーション活性化 • SharePoint MVP(2009/10-2011/09) • Office365 MVP(2012/10-) 自己紹介
  3. 3. Blog/SNS/執筆 • ブログ :SharePoint Maniacs • ブログ :The Simplest Essence • Twitter :@saruhiko • Facebook :/Kazuhiko.Nakamura • Forum :Office 365 フォーラム、msdn • 執筆 :チームサイト活用ガイド(日経BP) 自己紹介
  4. 4. Agenda
  5. 5. アジェンダ 1. SharePoint のソーシャル機能 アップデート 2. 企業内ソーシャル活用の現状 3. 企業内ソーシャルとは? 4. 企業内ソーシャル実現に向けた三つの留意点 5. 企業内ソーシャルがもたらす三つの価値 本日のアジェンダ
  6. 6. SharePoint ソーシャル機能の アップデート
  7. 7. ‘Go Yammer !’ SharePoint ソーシャル機能のアップデート
  8. 8. Yammer を内部設置型の SharePoint 2013 環境と統合する • ソーシャル系 Web パーツを個人用サイトと チームサイトから削除する。 • ソーシャル機能系 UI を非表示にする。 • Yammer フィード を SharePoint サイトに組 み込む。 http://technet.microsoft.com/ja-JP/library/dn270535(v=office.15).aspx SharePoint ソーシャル機能のアップデート
  9. 9. ソーシャルの先へ「Office Graph」 SharePoint ソーシャル機能のアップデート
  10. 10. • Microsoft、Office 365の強化計画を発表、新構造 「Office Graph」を導入 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140304/540942/ • Social Success = People, Process, and Technology http://www.buckleyplanet.com/2014/05/social-success-people- process-and-technology.html • Oslo(オスロ)はつまり検索の大強化。ただし当面 Office 365 限定。 http://sharepointmaniacs.com/archives/5325 SharePoint ソーシャル機能のアップデート
  11. 11. Office Graph/Oslo にかかる期待 SharePoint ソーシャル機能のアップデート
  12. 12. 企業内ソーシャル の現状
  13. 13. 増える 企業内ソーシャル 導入事例 企業内ソーシャルの現状
  14. 14. 公開事例 1 株式会社ガリバーインターナショナル 買取から販売へのビジネス モデル シフトを推進す るため Yammer を活用。ゆるい繋がりで社員の 頭脳を組織化、新たな施策を生み出す原動力に。 http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/glv.aspx 企業内ソーシャルの現状
  15. 15. 公開事例 2 NTTラーニングシステムズ株式会社 新たな人材育成のモデルを自ら実証するため Yammer を積極活用。気付きをワーキング プロ セスにつなげ競争力のさらなる強化へ。 http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/nttls.aspx 企業内ソーシャルの現状
  16. 16. 公開事例 3 株式会社HDE 電子メールから Yammer へコミュニケーション 基盤を転換。手軽なやり取りで情報伝達の幅と速 度を拡大、意思決定もスピードアップ。 http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/hde.aspx 企業内ソーシャルの現状
  17. 17. 公開事例 4 アクセルマーク株式会社 Yammer を導入し組織の壁を超えたコミュニケー ションの活性化を実現。情報共有や意思決定もス ピードアップし、知的資産の有効活用も容易に。 http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/axelmark.aspx 企業内ソーシャルの現状
  18. 18. 公開事例 5 自動車メーカー、社内SNSが新ツールに〜従 業員の知恵でコストを削減 フォードではコミュニケーションを簡素化するた め、1万4000人以上の従業員がヤマーでプロジェ クトを共有し、協働する体制が整えられている。 http://www.nandemo-america.com/mobile/?p=29456 企業内ソーシャルの現状
  19. 19. 導入はする。しかし… 10% 企業内ソーシャルの現状
  20. 20. 企業ソーシャル導入、成功率10% The Vast Majority of Social Collaboration Initiatives Fail Due to Lack of Purpose 世界 1,000 以上の企業/組織を対象とした調査の結果、70% の企業/組織でソーシャル・ネットワーキング技術が利用さ れているが「とりあえず導入してみる」というアプローチが 災いし、利用が成功しているケースは 10% 程度にとどまって いる。─ガートナー http://www.gartner.com/newsroom/id/2402115 企業内ソーシャルの現状
  21. 21. ソーシャルメディアユーザー調査 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/02/25/16970 http://news.mynavi.jp/news/2014/05/23/027/ 社会インフラ化する ソーシャル 企業内ソーシャルの現状
  22. 22. 世代間の ソーシャル温度差 総務省 平成24年通信利用動向調査 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/06/18/15465 企業内ソーシャルの現状
  23. 23. 「オープン」と「企業内」のギャップ • . 企業内ソーシャルの現状
  24. 24. ソーシャル導入の 目的(効果)が曖昧 企業内ソーシャルの現状
  25. 25. 企業内 ソーシ ャ ル とは? 企業内ソーシャルの現状
  26. 26. 企業内 ソーシャル とは?
  27. 27. パブリックとクローズド 企業ソーシャルとは?
  28. 28. 四つの分野 企業ソーシャルとは? メディア セールス カスタマー リレーション ワーク スタイル 企業外 パブリック 企業内 イントラ A B DC
  29. 29. 四つの分野 企業ソーシャルとは? メディア セールス カスタマー リレーション ワーク スタイル 企業外 パブリック 企業内 イントラ A B DC
  30. 30. システム と アプローチ 企業ソーシャルとは?
  31. 31. システムとしての企業内ソーシャル • ソーシャルに特徴的な「機能」を社内システム で活かし、新しい効果を得ようとする。 • 短文投稿/いいね/フォロー/タイムライン/レコ メンド/グループ…etc. • 実効は、企業環境や導入目的、機能の選択とそ の用いられかた次第。 企業ソーシャルとは?
  32. 32. ソーシャルのシステム特性(例) • メールよりもオープン(対複数) • メール以上チャット以下のリアルタイム性 • 掲示板よりもプライベート • 口語や短文による投稿 • マルチメディア(写真/動画/位置情報) • 時系列に固定されたフロー情報 • 利用者による情報の取捨選択 • Any Where Any Device(いつでもどこでも何でも) 企業ソーシャルとは?
  33. 33. システム特性を活かした事例 NEC「nbook」 グローバルに分散したチーム間でスピーディなコ ミュニケーションができる。多様化した顧客ニー ズをスピーディにつかまえ、現場のメンバーと 「熱い思い」をもって製品を開発できた。 http://jpn.nec.com/case/nec_nbook/ 企業ソーシャルとは?
  34. 34. システム特性を活かした事例 ZARA「レスポンシブな組織」 店舗スタッフが、顧客が店にない特定種類の衣類 を求めていると気付いたら、即座に製品チームに フィードバックすることで 2 週以内にその製品を 試験的に店舗導入し、市場の反応をテストするこ とができた。 http://iajpn.wordpress.com/tag/yammer/ 企業ソーシャルとは?
  35. 35. はじめに ビジネスモデル ありき 企業ソーシャルとは? ビジネス モデル 適切な ツール 成 果× =
  36. 36. それって何か違わないか 企業ソーシャルとは? ソーシャルって、そこに あって、使いたい人が使う ものではないか? 目的とか、成果とか、活性 化とか、言われることに違 和感がある。
  37. 37. アプローチとしてのソーシャル • Facebook や Twitter のような、新しいコミュ ニティ/コミュニケーションスタイルを社内で実 現しようとする。 • 興味や関心、共感等を軸にした、個々人がつな がるネットワーク • どのような機能が必要になるかは企業次第。 企業ソーシャルとは?
  38. 38. Enterprise Social の価値Engagement Collaboration Innovation http://blogs.technet.com/b/yammerjp/archive/2014/05/13/enterprise-social.aspx 企業ソーシャルとは?
  39. 39. アプローチとしてのソーシャルの効果 • コミュニケーションが活性化する。 • 社員がモチベートされる。 • 困った時に助けてもらえる。 • 誰が専門家かがわかる。 • アイデアが生まれ、イノベーションにつながる。 • 顧客の声をすみやかにビジネスに反映できる。 企業ソーシャルとは?
  40. 40. 風吹けば 会社儲かる? 企業ソーシャルとは?
  41. 41. 会社内にも Facebook 企業ソーシャルとは?
  42. 42. 企業内ソーシャル 実現にむけた 三つの留意点
  43. 43. 1. 前提環境が異なる 実現に向けた三つの留意点 ソーシャルメディア 企業内ソーシャル ユーザー数 膨大(数千/数万/数億) 限定的(数十/数百/数千) 自律性 自律的な個人 所属や担当業務により立場 責任範囲が規定された社員 つながり特性 現実の人間関係を下敷き にした好感/共感による 所属や担当業務により規定 された専門領域による 自由度 サービス退会も含め不都合 な関係を終了する自由 関係性を自から選ぶことが できない、あるいは難しい
  44. 44. つながり特性の差異 ソーシャルメディア 企業内ソーシャル ユーザー数 多 少 自律性 高 低 つながり特性 好感/共感 業務 自由度 高 低 実現に向けた三つの留意点
  45. 45. 「 共 感 」 「 専 門 性 」 実現に向けた三つの留意点
  46. 46. 2. 企業内ソーシャルが生むもの • 個人と個人がつながる有機的なネットワーク • 縦のネットワーク:従来型組織 • 横のネットワーク:労働組合、同期会、クラブ 実現に向けた三つの留意点
  47. 47. 既存のネットワークを 敵視せず 活かす。 実現に向けた三つの留意点
  48. 48. 3. コミュニケーションは コストでもある 実現に向けた三つの留意点
  49. 49. コミュニケーションは しないですむのが一番 効率がいい。 実現に向けた三つの留意点
  50. 50. ソーシャルのコスト • 価値観が多様化すれば、コミュニケーションコ スト(時間)は高騰する。 • 有機的ネットワークは、変化への対応力が強い 反面、固定的な定常業務において非効率。 • 企業内ソーシャルの展開は “ソーシャルが役立 つ業務” を選ぶべき。 実現に向けた三つの留意点
  51. 51. 企業内ソーシャルが もたらす(かもしれない) 三つの価値
  52. 52. ブレストのアイデア出しは非効率? http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140425/263513/ 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  53. 53. トランザクティブ メモリー シェアード メンタルモデル 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  54. 54. トランザクティブ・メモリー トランザクティブ・メモリーは、組織学習研究の 重要なコンセプトです。その骨子は「組織に重要 なのは、組織の全員が同じことを知っていること ではなく、『誰が何を知っているか』を組織の全 員が知っていることである」というものです。 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  55. 55. シェアード・メンタルモデル 第2の役割は、参加メンバーが組織の「価値基準・ 行動規範」を共有しやすいことです。(略)この 行動規範はブレストの場を超えて、組織全体に浸 透することが期待できます。ブレストを繰り返す ほど、多様なメンバーが入り交じって同じ価値を 共有し、それが日頃の業務でも意識されるように なるのです。 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  56. 56. Facebook そのものじゃないか! 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  57. 57. 企業内ソーシャルの長期価値 • “シェアード メンタルモデル” • 社員間のコミュニケーションが増えることによ る価値判断軸(≒社風)の共有化、標準化。 • 従来は、組織変更や人事異動を経て、少しづつ 変化が進展した。 • ソーシャルが、それを数年のスパンにまで加速 する。 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  58. 58. 企業内ソーシャルの中期価値 • “トランザクション メモリー” • 社員間ネットワークにおいて「情報ハブ」と なっているキーマン同士のコミュニケーション が効率化。 • 誰が何を知り、何を決断できるか?が暗黙的に 可視化される。 • 社内に溜めこまれた知の流動化(KM2.0) 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  59. 59. しかし、 それが難しい 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  60. 60. 企業内ソーシャルの短期価値 ソーシャル活用によるチーム内コ ミュニケーションの深化に伴う業 務の「見える化」とそれに起因す る業務品質/効率の向上。 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  61. 61. 業務の見える化→効率化/高品質化 • オープンな場でコミュニケーションをとること で、個人間に「閉じて」いたやりとりがチーム 内でオープンになる。 • 一人へのアドバイスが全体で共有化され、より 多くの気付きが生まれ、業務が改善される。 • 他メンバーの業務が可視化されることで仕事の 進め方が効率化される。 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  62. 62. 成功体験が ソーシャルをひろげる 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  63. 63. SharePoint 2013 の場合 • 部署やチーム単位でサイトを作成する。 • 特定テーマ単位でサブサイトを作成する。 • 内部コミュニケーションをサイトフィードで。 • 対外的/正式な発信はメールと切り分ける。 • メール通知を活用してソフトなスタート。 企業ソーシャルがもたらす三つの価値
  64. 64. Have a happy SharePoint
  65. 65. kaz@simplesso.jp

×