Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2.0~2.2~2.4~3.0
Zabbixの進化を紐解く
-Zabbix便利機能紹介-
TIS株式会社
池田 大輔
2015/5/23 オープンソースカンファレンス2015 Nagoya
自己紹介
名前
池田 大輔
TIS株式会社 OSS推進室
@ike_dai
Zabbix,AWS,fluentd,JobScheduler...
所属
Twitter
興味
ThinkIT「自動化時代のインフラ環境稼働テスト「 Serversp...
3
TISエンタープライズOSSサポートサービス
対象OSS
インフラ基盤
運用基盤
アプリ
稼働基盤
※TISはZabbix社の認定パートナーです。
OSS推奨スタック
『ISHIGAKI Template』
https://www.tis....
4
アジェンダ
● Zabbixの概要とその仕組み
● Zabbixのサポートポリシーとバージョン
● Zabbixの進化の歴史
● Zabbix2.0の振り返り
● Zabbix2.2の振り返り
● Zabbix2.4の振り返り
● Zabb...
5
Zabbixの概要とその仕組み
OSS統合監視ツール
ラトビアのZabbixSIA社が開発
2015/5/23時点の最新安定版2.4.5
監視対象機器
- Linux
- Windows
- NW機器
等
監視内容
- リソース監視
- 死...
6
Zabbixの概要とその仕組み
Zabbix Server
trapper
poller
alerter
discoverer
Shared Memory
Zabbix Frontend
DB
監視設定情報
history syncer
u...
7
Zabbixの概要とその仕組み
ホストグループ
テンプレート
ホスト
アイテム トリガーグラフ割当
アイテム トリガーグラフ
・
・
・
・
・
・
アクション
アクション
アイテム トリガーグラフ
ホストグループ:Linux
ホスト:Se...
8
Zabbixのサポートポリシーとバージョン
● LTS版(5年サポート)は2.0系、2.2系、3.0系(次期リリース版)
● 2.4系はポイントリリース
● 偶数番号(1.9系、2.1系、2.3系等)は開発版
※Zabbix社 Zabbix...
9
Zabbixの進化の歴史
性能改善 機能拡充
2008/6 1.6リリース
2001/4 初版リリース
2009/12 1.8リリース
2012/5 2.0リリース
2013/11 2.2リリース
2014/09 2.4リリース
2015/...
10
Zabbixの進化の歴史 -性能改善-
監視ロジックの改善 メモリの活用
SNMP bulk get処理実装
ValueCacheによるトリガー評価軽量化
ハウスキーピング処理制御
バックエンド処理SQLの改善
DBsyncer機能実装
...
11
Zabbixの進化の歴史 -機能拡充-
監視できる幅拡大 自動化の促進
Javaアプリケーション監視実装
(Zabbix Java Gateway)
Zabbix APIの実装
WMI監視機能実装
SNMP Trap監視機能実装
ローレベ...
12
Zabbix2.0
2012/5リリース
2.0系最新: 2.0.14
13
Zabbix2.0の振り返り
Zabbix API正式サポート
ローレベルディスカバリ機能サポート
14
Zabbix API
Zabbix
Server
外部ツール
コマンド
プログラム
HTTP GET/POST Request
Response
Zabbix設定
Zabbix監視結果
できること
Zabbixの設定    : Creat...
15
Zabbix API
■ APIの形式: JSON-RPC
 - URL: http://<zabbix-server>/zabbix/api_jsonrpc.php
 - メソッド: host.create、host.update、it...
16
Zabbix APIを使えばこんな夢が広がる!
Zabbixの手間のかかる設定を全て外部から自動実行
Zabbixの監視結果を外のツールと連携
 
 Zabbixを起点としたシステム全体でのイベント駆動型の制御が可能に
17
ローレベルディスカバリ
ディスカバリルール
/ /data
定期的に探索
Zabbix Server
アイテムプロトタイプ
アイテム
{
"data":[
   {
   "{#FSNAME}":"/",
  "{#FSTYPE}":"e...
18
LLDでくすぐられるエンジニアの好奇心!
標準で対応しているディスカバリ対象項目は・・・
● ネットワークインタフェース
● ファイルシステム
● SNMPのOID
エンジニアの好奇心がくすぐられるのは
『JSONの特定形式でデータを返す...
フレームワークとして優れたZabbixへの進化
19
フレームワークとして優れたZabbixへの進化
20
Zabbix2.2
2013/12リリース
2.2系最新: 2.2.9
21
Zabbix2.2の振り返り
VMware監視機能サポート
ValueCacheによる性能改善
HostMetadata情報連携機能
22
VMware監視機能
vCenterを含めたVMware環境の監視自動化
ZabbixServer
vCenterServer
VMwareESXi
VM VM VM
VMwareESXi
VM VM VM
VMwareESXi
VM V...
23
VMware監視機能で見えた方向性と課題
方向性・・・
● ZabbixのLLDの機能をベースとした幅広い自動化の実現
➢ LLDの枠組みの中でホストの登録自動化が可能に
➢ LLDの機構を活用した様々な環境の自動監視設定が可能に
課題と...
24
Zabbixのメモリ活用機構
Zabbixは監視処理の負荷軽減のため様々なメモリ機構を持つ
ZabbixServer
Configuration Cache
History Cache
History Text Cache
Trend C...
POINT! 25
Zabbix Agent自動登録機能
Zabbix Server
or
Zabbix Proxy
Target
Server
Target
Server
Target
Server
Target
Server
Zabbix
...
仮想化・クラウド利用促進にマッチした
 大規模で動的な変化のある環境への対応
26
仮想化・クラウド利用促進にマッチした
 大規模で動的な変化のある環境への対応
27
Zabbix2.4
2014/9リリース
2.4系最新: 2.4.5
28
Zabbix2.4の振り返り
スクリーン機能改善
アドホックグラフ機能追加
29
スクリーン機能
一言でいうと・・・
運用にとって必要なViewを自由にカスタマイズして定義できる機能
30
スクリーン機能の改善
毎回手作業で登録は面倒・・・
監視テンプレートに事前定義ができる(これは過去のバージョンでも可)
LLDで自動生成されたグラフも監視テンプレートに登録できるように
例) 各ディスクデバイスの使用状況を並べて見たい
定...
31
アドホックグラフ機能
一言でいうと・・・
事前定義はしてないがとっさにデータを重ねて見る時へのお助け機能
実運用を意識したより細やかな対応
32
実運用を意識したより細やかな対応
33
Zabbix3.0
2015/xxリリース(8月頃?)
※引用: https://www.zabbix.org/mw/images/6/65/Skecth5.png
34
Zabbix3.0の最新情報
Zabbix3.0の開発ロードマップ
https://www.zabbix.org/wiki/Docs/roadmap
35
Zabbix3.0の最新情報
Zabbix3.0の開発ロードマップ
https://www.zabbix.org/wiki/Docs/roadmap
絶賛開発中なので最終的には変わる可能性あり絶賛開発中なので最終的には変わる可能性あり
36
Zabbix3.0の最新情報
Webインタフェースの改善
見た目がちょっと今風?に
※引用: https://www.zabbix.org/mw/images/d/d9/Skecth1.png
37
Alexeiさんからの最新Tweet情報
38
Zabbix3.0の最新情報
通信データの暗号化
Zabbix
Server
Zabbix
Proxy
Zabbix
Agent
Zabbix
Agent・・・
Zabbix
Agent
Zabbix
Agent・・・
internet
...
39
Zabbix3.0の最新情報
通信データの暗号化
これまでは・・・
VPNを通して対応したり
stunnelを間に挟んで暗号化したり
参考:Zabbixモジュール間の通信を暗号化する
(http://www.slideshare.net/...
40
Zabbix3.0の最新情報
LLD機能の改善
アイテムプロトタイプにおけるLLDマクロ展開可能箇所追加
- アイテム名
- アイテムキーのパラメータ
- SNMPのOID
- 計算アイテムの式
- SSHやTelnet接続監視のスクリプ...
ユーザの要望をうまくピックアップした対応
41
ユーザの要望をうまくピックアップした対応
42
Zabbix3.0から更に未来への進化に期待
より要件の厳しいエンタープライズ領域への適用
大規模化への対応
監視運用の自動化
統合監視の実現
43
TISでは以下のような思いで取り組みを
Zabbix利用者に安心して利用してもらえるように・・
 Zabbixサポート提供
  ソースコード解析やバグ報告
  Zabbixの利用方法のレクチャー
Zabbixを中心とした効果的な運用基盤実...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

2.0~2.2~2.4~3.0 zabbixの進化を紐解く zabbix便利機能紹介-

11,515 views

Published on

OSC2015Nagoyaでの発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

2.0~2.2~2.4~3.0 zabbixの進化を紐解く zabbix便利機能紹介-

  1. 1. 2.0~2.2~2.4~3.0 Zabbixの進化を紐解く -Zabbix便利機能紹介- TIS株式会社 池田 大輔 2015/5/23 オープンソースカンファレンス2015 Nagoya
  2. 2. 自己紹介 名前 池田 大輔 TIS株式会社 OSS推進室 @ike_dai Zabbix,AWS,fluentd,JobScheduler... 所属 Twitter 興味 ThinkIT「自動化時代のインフラ環境稼働テスト「 Serverspec」入門」 (http://thinkit.co.jp/book/2014/08/01/5149) 技術評論社HP : http://gihyo.jp/book/2014/978-4-7741-6288-1 Amazon : http://www.amazon.co.jp/dp/4774162884 2
  3. 3. 3 TISエンタープライズOSSサポートサービス 対象OSS インフラ基盤 運用基盤 アプリ 稼働基盤 ※TISはZabbix社の認定パートナーです。 OSS推奨スタック 『ISHIGAKI Template』 https://www.tis.jp/service_solution/oss/ TIS提供サービス紹介
  4. 4. 4 アジェンダ ● Zabbixの概要とその仕組み ● Zabbixのサポートポリシーとバージョン ● Zabbixの進化の歴史 ● Zabbix2.0の振り返り ● Zabbix2.2の振り返り ● Zabbix2.4の振り返り ● Zabbix3.0の紹介 ● まとめ
  5. 5. 5 Zabbixの概要とその仕組み OSS統合監視ツール ラトビアのZabbixSIA社が開発 2015/5/23時点の最新安定版2.4.5 監視対象機器 - Linux - Windows - NW機器 等 監視内容 - リソース監視 - 死活監視 - ICMPPing - プロセス - Web監視 - ログ監視 - HW監視 - SQL監視 等 監視方法 - Zabbix Agent監視 - SNMP監視 - IPMI監視 - エージェントレス監視 等
  6. 6. 6 Zabbixの概要とその仕組み Zabbix Server trapper poller alerter discoverer Shared Memory Zabbix Frontend DB 監視設定情報 history syncer unreachable poller 監視結果情報 設定・確認 SNMP Agent SNMP Agent Zabbix Agent SNMP Agent Zabbix Agent ...
  7. 7. 7 Zabbixの概要とその仕組み ホストグループ テンプレート ホスト アイテム トリガーグラフ割当 アイテム トリガーグラフ ・ ・ ・ ・ ・ ・ アクション アクション アイテム トリガーグラフ ホストグループ:Linux ホスト:Server1 テンプレート:LinuxServerテンプレート アイテム:CPU使用率 トリガー:CPU使用率が5分間平均80%以上 アクション:管理者にアラートメール送信 例 ホスト
  8. 8. 8 Zabbixのサポートポリシーとバージョン ● LTS版(5年サポート)は2.0系、2.2系、3.0系(次期リリース版) ● 2.4系はポイントリリース ● 偶数番号(1.9系、2.1系、2.3系等)は開発版 ※Zabbix社 Zabbix サポート期間とリリースポリシー 引用 (http://www.zabbix.com/jp/life_cycle_and_release_policy.php) ● 長期間安定して動かしっぱなしにしたい場合はLTS版を ● 最新機能をいち早く使いたい場合はポイントリリース版を   → ポイントリリース版を使う場合は随時アップデートに対応を
  9. 9. 9 Zabbixの進化の歴史 性能改善 機能拡充 2008/6 1.6リリース 2001/4 初版リリース 2009/12 1.8リリース 2012/5 2.0リリース 2013/11 2.2リリース 2014/09 2.4リリース 2015/08 3.0リリース予定?
  10. 10. 10 Zabbixの進化の歴史 -性能改善- 監視ロジックの改善 メモリの活用 SNMP bulk get処理実装 ValueCacheによるトリガー評価軽量化 ハウスキーピング処理制御 バックエンド処理SQLの改善 DBsyncer機能実装 Historyデータキャッシュ実装
  11. 11. 11 Zabbixの進化の歴史 -機能拡充- 監視できる幅拡大 自動化の促進 Javaアプリケーション監視実装 (Zabbix Java Gateway) Zabbix APIの実装 WMI監視機能実装 SNMP Trap監視機能実装 ローレベルディスカバリ機能実装 VMware監視自動化機能実装 Zabbix Agent自動登録機能改善
  12. 12. 12 Zabbix2.0 2012/5リリース 2.0系最新: 2.0.14
  13. 13. 13 Zabbix2.0の振り返り Zabbix API正式サポート ローレベルディスカバリ機能サポート
  14. 14. 14 Zabbix API Zabbix Server 外部ツール コマンド プログラム HTTP GET/POST Request Response Zabbix設定 Zabbix監視結果 できること Zabbixの設定    : Create/Read/Update/Delete Zabbixでの監視結果 : Read Zabbixfrontend 一言でいうと・・・ その仕組は・・・ 外部からZabbixに対する操作をする口を提供
  15. 15. 15 Zabbix API ■ APIの形式: JSON-RPC  - URL: http://<zabbix-server>/zabbix/api_jsonrpc.php  - メソッド: host.create、host.update、item.get、history.getなど  - パラメータ: メソッド毎に必要なパラメータを渡す ホスト情報取得の例 レスポンス { "auth": "xxxxxxx", "method": "host.get", "params": { "output": "extend", "filter": {"host":"Zabbix server"} }, "jsonrpc": "2.0", "id": 1 } { "jsonrpc":"2.0", "result":[{ "maintenances":[], "hostid":"10084", "host":"Zabbix server", ・・・略 }], "id":1 } リクエストパラメータ
  16. 16. 16 Zabbix APIを使えばこんな夢が広がる! Zabbixの手間のかかる設定を全て外部から自動実行 Zabbixの監視結果を外のツールと連携    Zabbixを起点としたシステム全体でのイベント駆動型の制御が可能に
  17. 17. 17 ローレベルディスカバリ ディスカバリルール / /data 定期的に探索 Zabbix Server アイテムプロトタイプ アイテム { "data":[    {    "{#FSNAME}":"/",   "{#FSTYPE}":"ext3"},   {   "{#FSNAME}":"/data",   "{#FSTYPE}":"ext3"},   ・・・省略 } vfs.fs.size[{#FSNAME},free] アイテム vfs.fs.size[/,free] vfs.fs.size[/data,free] 探索 登録 削除 アイテム グラフ トリガー スクリーン ・・・・等 の の流れを自動化 POINT!POINT! その仕組は・・・ 一言でいうと・・・
  18. 18. 18 LLDでくすぐられるエンジニアの好奇心! 標準で対応しているディスカバリ対象項目は・・・ ● ネットワークインタフェース ● ファイルシステム ● SNMPのOID エンジニアの好奇心がくすぐられるのは 『JSONの特定形式でデータを返すことで         この機構に沿った自動管理が可能になる』                                             という点 {“data”: [ {“{#METRIC.NAME}”:”CPUUtilization”}, {“{#METRIC.NAME}”:”DiskReadBytes”}, {“{#METRIC.NAME}”:”NetWorkIn”},     ・・・・略 ] } 例) AWSのCloudWatchの監視メトリクス一覧を取得し、 JSON形式のデータをZabbixに返せばメトリクスの数に応じたアイテム自動登録可
  19. 19. フレームワークとして優れたZabbixへの進化 19 フレームワークとして優れたZabbixへの進化
  20. 20. 20 Zabbix2.2 2013/12リリース 2.2系最新: 2.2.9
  21. 21. 21 Zabbix2.2の振り返り VMware監視機能サポート ValueCacheによる性能改善 HostMetadata情報連携機能
  22. 22. 22 VMware監視機能 vCenterを含めたVMware環境の監視自動化 ZabbixServer vCenterServer VMwareESXi VM VM VM VMwareESXi VM VM VM VMwareESXi VM VM VMVMware Cache VMwareCollectors vSphereAPI simple check (VMwareFrequencyの頻度で) - クラスタ情報 - ハイパーバイザ情報 - データストア情報 - 仮想マシン情報 - イベントログ情報 追加&更新 一言でいうと・・・ その仕組は・・・
  23. 23. 23 VMware監視機能で見えた方向性と課題 方向性・・・ ● ZabbixのLLDの機能をベースとした幅広い自動化の実現 ➢ LLDの枠組みの中でホストの登録自動化が可能に ➢ LLDの機構を活用した様々な環境の自動監視設定が可能に 課題と思われること・・・ ● ZabbixのLLDの枠組みでできることがまだまだ少ない ➢ 自動登録できるホストのインタフェース情報の登録ができない ➢ 監視アイテム名とアイテムキー等にはマクロ展開できるができない部分もあり ● Zabbixのデータオブジェクトの管理機構の制約 ➢ 管理対象のホストは『ホストグループ -> ホスト』の2段階構成 ➢ Datacenter -> Cluster -> HV -> VMといって多段構成の場合複雑に
  24. 24. 24 Zabbixのメモリ活用機構 Zabbixは監視処理の負荷軽減のため様々なメモリ機構を持つ ZabbixServer Configuration Cache History Cache History Text Cache Trend Cache Value Cache VMware Cache ■ホスト、アイテム等の設定キャッシュ  ↳用途: 監視処理実行内容確認処理 ■監視結果(テキストタイプ以外)の一時格納キャッシュ  ↳用途: DBへのデータ同期前の一時キャッシュ ■監視結果(テキストタイプ)の一時格納キャッシュ  ↳用途: DBへのデータ同期前の一時キャッシュ ■トレンドデータ(1時間毎のサマリ)の一時格納キャッシュ  ↳用途: DBへのデータ同期前の一時キャッシュ ■トリガー関数評価用データキャッシュ  ↳用途: トリガー関数の評価対象のデータをキャッシュ ■VMware監視結果データキャッシュ  ↳用途: vSphereAPIを叩いて取得した結果のキャッシュ
  25. 25. POINT! 25 Zabbix Agent自動登録機能 Zabbix Server or Zabbix Proxy Target Server Target Server Target Server Target Server Zabbix Agent Zabbix Agent Zabbix Agent Zabbix Agent 起動時にプッシュ通知 一言でいうと・・・ その仕組は・・・ Zabbix Agentが動いているサーバの監視設定を自動化 起動時に通知  - Hostname (Agentホスト名)  - ListenIP (Agent稼働IP)  - ListenPort (Agent稼働ポート)  - HostMetadata (Agentに割り当てられたメタ情報) 通知情報をもとに自動化  - ホスト追加  - ホストグループへの登録  - テンプレート割当  - コマンド処理実行 POINT!
  26. 26. 仮想化・クラウド利用促進にマッチした  大規模で動的な変化のある環境への対応 26 仮想化・クラウド利用促進にマッチした  大規模で動的な変化のある環境への対応
  27. 27. 27 Zabbix2.4 2014/9リリース 2.4系最新: 2.4.5
  28. 28. 28 Zabbix2.4の振り返り スクリーン機能改善 アドホックグラフ機能追加
  29. 29. 29 スクリーン機能 一言でいうと・・・ 運用にとって必要なViewを自由にカスタマイズして定義できる機能
  30. 30. 30 スクリーン機能の改善 毎回手作業で登録は面倒・・・ 監視テンプレートに事前定義ができる(これは過去のバージョンでも可) LLDで自動生成されたグラフも監視テンプレートに登録できるように 例) 各ディスクデバイスの使用状況を並べて見たい 定義は1つ 表示は全て
  31. 31. 31 アドホックグラフ機能 一言でいうと・・・ 事前定義はしてないがとっさにデータを重ねて見る時へのお助け機能
  32. 32. 実運用を意識したより細やかな対応 32 実運用を意識したより細やかな対応
  33. 33. 33 Zabbix3.0 2015/xxリリース(8月頃?) ※引用: https://www.zabbix.org/mw/images/6/65/Skecth5.png
  34. 34. 34 Zabbix3.0の最新情報 Zabbix3.0の開発ロードマップ https://www.zabbix.org/wiki/Docs/roadmap
  35. 35. 35 Zabbix3.0の最新情報 Zabbix3.0の開発ロードマップ https://www.zabbix.org/wiki/Docs/roadmap 絶賛開発中なので最終的には変わる可能性あり絶賛開発中なので最終的には変わる可能性あり
  36. 36. 36 Zabbix3.0の最新情報 Webインタフェースの改善 見た目がちょっと今風?に ※引用: https://www.zabbix.org/mw/images/d/d9/Skecth1.png
  37. 37. 37 Alexeiさんからの最新Tweet情報
  38. 38. 38 Zabbix3.0の最新情報 通信データの暗号化 Zabbix Server Zabbix Proxy Zabbix Agent Zabbix Agent・・・ Zabbix Agent Zabbix Agent・・・ internet ※注: 実現イメージ 暗号化不要なところは 平文通信の選択も可 各コンポーネント間のTLS v1.2を使った暗号化通信サポート
  39. 39. 39 Zabbix3.0の最新情報 通信データの暗号化 これまでは・・・ VPNを通して対応したり stunnelを間に挟んで暗号化したり 参考:Zabbixモジュール間の通信を暗号化する (http://www.slideshare.net/takeshiyamane9/zabbix-stunnel) ユーザがなんとか工夫して対応
  40. 40. 40 Zabbix3.0の最新情報 LLD機能の改善 アイテムプロトタイプにおけるLLDマクロ展開可能箇所追加 - アイテム名 - アイテムキーのパラメータ - SNMPのOID - 計算アイテムの式 - SSHやTelnet接続監視のスクリプト内 - Database監視アイテムのパラメータ - 説明 - アプリケーション名 - IPMIセンサー名 - 単位 New!New!
  41. 41. ユーザの要望をうまくピックアップした対応 41 ユーザの要望をうまくピックアップした対応
  42. 42. 42 Zabbix3.0から更に未来への進化に期待 より要件の厳しいエンタープライズ領域への適用 大規模化への対応 監視運用の自動化 統合監視の実現
  43. 43. 43 TISでは以下のような思いで取り組みを Zabbix利用者に安心して利用してもらえるように・・  Zabbixサポート提供   ソースコード解析やバグ報告   Zabbixの利用方法のレクチャー Zabbixを中心とした効果的な運用基盤実現に向けて・・  Zabbixの効果的な利用法についての研究と発信  Zabbixの効果的な活用に向けた拡張機能や監視テンプレートの公開 oss-sales@ml.tis.co.jp

×