AWSのデータベースサービス全部紹介@中国データベース勉強会 in 松江 20150131

1,575 views

Published on

松江でおこなわれた中国地方DB勉強会でのプレゼンです。

Published in: Technology
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,575
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
373
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AWSのデータベースサービス全部紹介@中国データベース勉強会 in 松江 20150131

  1. 1. AWSの データベースサービス 全部紹介 @中国地方DB勉強会 in 松江 2015/01/31 玉川竜司@大阪
  2. 2. 自己紹介 • 玉川竜司 • FB: Ryuji Tamagawa • Twitter: @tamagawa_ryuji • 本業ソフト開発(Sky株式会社) • 兼業翻訳者(ほぼオライリー)
  3. 3. なんか今日はつらかったです
  4. 4. 新刊 & 近刊
  5. 5. 本日の流れ • 全体像 • RDS(MySQL, PostgreSQL, Oracle, SQL Server & Aurora !) • DynamoDB • Redshift • ElasicMapReduce • 周辺サービス 詳細についてはかならず 公式ドキュメントをチェック!
  6. 6. 全体像 RDS NoSQL / Document 象さん関連 MySQL Postgre SQL Oracle SQL Server Aurora DynamoDB simple DB Elastic MapReduce
  7. 7. 全体像 サービス 特徴 RDS 既存のリレーショナルデータベースのマネージドサービス。構築、バック アップ、バージョンアップなどを自動化。
 Auroraは、エンタープライズ市場をねらうMySQL互換の独自エンジン。 DynamoDB AWS独自のNoSQLデータベース。課金を調整することによって性能を上 げることができる。 Redshift プロトコルレベルでPostgreSQL互換のデータウェアハウスサービス。 Elastic MapReduce Hadoopのマネージドサービス。クラスタの構築やソフトウェアのインス トールを自動化。S3を入出力として利用。
  8. 8. RDS • MySQL、PostgreSQL、Oracle、SQL Serverをほぼそのまま使え る • バックアップ・リストア・冗長化・バージョンアップなどの機能が 用意されている(エンジンによって多少の差異はある) • 既存のRDBを活かし、運用面を楽にしてくれる • Aurora !
  9. 9. RDSの課金体系 インスタンス ストレージ 通信 MySQL ○ Magnetic ○ PostgreSQL ○ SSD / Provisioned IO SSD / Magnetic ○ Oracle ○ SSD / Provisioned IO SSD / Magnetic ○ SQL Server ○ SSD / Provisioned IO SSD / Magnetic ○
  10. 10. RDS for SQL Serverのライセンス • 大きく分けて2つ:ライセンス込みのインスタンスと、BYOL(Bring Your Own License)インスタンス • ライセンス込みのインスタンスでは、CALは要らない • (おそらく)AWS-Microsoft間でSPLA(http://www.microsoft.com/ja- jp/server-cloud/windows-server/licenseguide/spla-01.aspx)を契約 し、AWSはその契約の下でAWSのユーザーにSQL Serverを使わせている • Windows Serverや、Windows Server + SQL ServerのAMIについても同様
  11. 11. RDS for Aurora • 先日のre:Invent 2014で発表。現在はまだLimited Preview • http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-tech- aws-reinvent-2014 • 「リレーショナルデータベースを、AWSのインフラやサービスを基盤として再創造 してみようじゃないか?」 • 低速かつスタンドアローンのストレージ、少ないメモリ、低速なネットワークといっ た制約を取り払うと、どんなリレーショナルデータベースを作れるのか? • 基本的には、RDS for MySQLはRDS for Auroraへの移行が推進されそう
  12. 12. DynamoDB • NoSQLデータベースサービス • ハッシュ、もしくはハッシュ+レンジキーでレコードにアクセス • プロビジョニングされたリード/ライトの性能による課金 • 単純なKVSからJSONドキュメントデータベースへの機能強化が進行中 • http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/10/amazon-dynamodb-json- support.html • 開発用ローカルバージョンもあり
  13. 13. (余談)SimpleDB
  14. 14. Redshift • PostgreSQL(ParAccel)を(遠い)祖先とするデータウェアハウス サービス • 列指向ストレージ • OLTP用ではない。一気にロードして分析、が基本 • GoogleでいえばBigQueryに相当する
  15. 15. Elastic MapReduce • Hadoopクラスタを簡単に構築、運用 • 様々なバージョンのHadoopディストリビューション+アプリケー ション(HBase、Hive、Impala、Hue)をサポート • S3との入出力 • スポットインスタンスによるコスト削減
  16. 16. 周辺のサービス • Kinesis • 小さいデータをバッファリングしてくれる。IoTなどの一次受けに好適 • Lambda(Preview) • イベントを受けて、(今のところ)JavaScriptのコードを実行 • EC2インスタンスを使わずにコンピューティングを行える • ElastiCache • マネージドキャッシュサービス。memcached / Redis
  17. 17. その他いろいろ • DaaS on AWS • MongoHQなど • EC2インスタンスでDBを動かす • MarketPlaceや公式AMIなど
  18. 18. 最後に一言
  19. 19. AWSのアップデートは非常に速いです。 最新情報はこのあたりから。 http://aws.typepad.com/aws_japan/
 https://twitter.com/awscloud_jp http://dev.classmethod.jp
  20. 20. ご清聴ありがとうございました。

×