Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

世界最大のLoRaWANコミュニティ - The Things Networkの説明

32,805 views

Published on

世界最大のLoRaWANコミュニティ - The Things Networkの説明

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

世界最大のLoRaWANコミュニティ - The Things Networkの説明

  1. 1. バックグランド 2015年6月、仲間とアイデアを出し合い、6ヶ月間で オランダ・アムステルダム市全域をカバーする世界初 のLoRaWANネットワークを構築!
  2. 2. Our mission is to build a DECENTRALIZED,OPEN and CROWDSOURCED Internet of Things data network owned and operated by its USERS ユーザによって所有および運営されている分散型のオープンなクラウドベース のIoTデータネットワークを構築する ミッション The Things Network創業者の二人、 Johan Stokking (左:Tech Lead/CTO) Wienke Giezeman(右: CEO)
  3. 3. スポンサー 「The Next Webとして、私たちは このような取り組みを受け入れてい ます。IoTのためのオープンで無料の ネットワークを構築し、誰もがそれ を使うことは、私たちの信念と一致 しています。」 - Boris、CEO The Next Web 「TTNについて私が本当に興味深い のは、アムステルダム市政府とはまっ たく関わっていないということです。 これは、アムステルダムの住民によっ て完全に開始され、資金提供され構築 されたものです。」 - アムステルダムCTO、Ger Baron
  4. 4. 専用ゲートウェイ Tweetonig 専用ゲートウェイ開発チーム
  5. 5. クラウドファウンディング 300,000ユーロ 調達!
  6. 6. タイムライン
  7. 7. 世界展開 登録ユーザー数: 30,293 ゲートウェイ数: 2,209 アプリケーション数: 15,538 2018年1月現在
  8. 8. 名称 機能 設置者 LoRaノード (DEVICE) LoRaWAN対応IoTデバイス ゲートウェイとLoRa無線伝送を行う エンドユーザ or ベンダー ゲートウェイ (GATEWAY) LoRa無線伝送をバックエンドに転送 エンドユーザ or プライベート ルーター (ROUTER) ゲートウェイプロトコル変更、ステータス&メタデータ付与 ダウンリンク設定、デバイスアドレス抽出 TTN or プライベート ブローカー (BROKER) 重複トラフィック排除、アプリケーション検索、 メタデータ集約・付替、フレームカウンタチェック TTN or プライベート ハンドラー (HANDLER) メッセージ複合化、ペイロード変換、アプリケーションI/F変換 メッセージ暗号化 TTN or プライベート アプリケーション (APPLICATION) 外部サーバ上で動作し、エンドユーザ用タスクを実行 エンドユーザ or ベンダー 出所:https://www.thethingsnetwork.org/article/the-things-network-architecture-1 ネットワークサーバー
  9. 9. 出所: https://www.thethingsnetwork.org/article/the-things-network-architecture-1 アプリケーション管理API データアクセスAPI ユーザ アプリケーション ネットワークアーキテクチャー
  10. 10. 見える化 Webサービス連携データストレージ 無 料 無 料 アプリケーション連携
  11. 11. TTNパブリック TTNパブリック プライベート TTNパブリック ハイブリッド① ③ プライベート② 出所:https://www.thethingsnetwork.org/wiki/Backend/Home Github https://github.com/TheThingsNetwork/ttn スケーラビリティ
  12. 12. セキュリティ NwkSKeyのMIC機能 AppSkeyによるジョイン、暗号化、復元化 デュアルバンドによる非対称暗号化処理
  13. 13. MACヘッダー フレーム ヘッダー/ カウンター ペイロード MIC AppSkey暗号化 NwkSKeyでMIC(Message Integrity Check)機能 ・全てのLoRaWANトラフィックは、2つのセッションキーAppSkeyと NwkSkeyを使用して保護されています ・各ペイロードは; -AES-CTRによる暗号化とパケット重複を回避するフレームカウンタ -AES-CMACによるパケット改ざんを回避するMIC機能 データ構造
  14. 14. NwkKey AppKey AES CMAC AES ECB AES ECB AES ECB DevEUI Join Nounce + Joine EUI + Dev Nounce JSEncKey JSintKey FNwrkSInt Key SNwrkSInt Key NwrkSEnc Key AppSKey AES ECB AES CMAC AES CMAC AES CMAC AES CCM AES CCM 0 Join Request MIC Confidentiallity of Join Accept triggered by Join Request MIC Confidentiallity of Join Accept triggered by Religion Request type 0,1 & 2 Religion Request type 1 MIC & Join Accept MIC Data up partial MIC Confidentiallity of Data up & Data down on Fport =0 and In the Fport field Data up partial MIC & Data down MIC & Religion Request type 0 & 2 MIC Confidentiallity of Data up & Data down on Fport >0 LoRaWAN 1.1
  15. 15. 国内外LoRaWANベンダー
  16. 16. TTN Kagoshima 農業IoTが広く中小零細農家まで普及するためには、ICT知識や経営資本が 充分でない中小零細農業でもデータを活用した高品質生産や緻密な農業を行 うために低コストかつ簡単・手軽に試せる環境が必要と考えます。 ・限りなく低コストで始められること ・情報交換ができる地域コミュニティ活動が可能なこと
  17. 17. IoTテストベンチ 18 無料で利用可能な Web&SNSサービス LTE/ FTTH デバイス ゲートウェイ WAN回線 LoRaWAN IoT アプリケーション Webサービス 産官学連携の農業IoT研究グループ The Things Networkコミュニティ(TTN_KAGOSIMA) LoRaゲートウェイGPSトラッカー IoT通信基盤 鹿児島内における農業IoTに関するコミュニティ活動を通じて、農業IoTに必要 となる各種技術の習得、水平展開を図ります。
  18. 18. センサーデータの見える化 - Cayenne
  19. 19. モバイル連携画面-1
  20. 20. モバイル連携画面-2
  21. 21. 1章 シェアリング・ネットワーク 1-1.「IoT」の普及とネットワークの課題 1-2.「IoT」と「サブGHz帯」の関係 1-3. ネットワークを「シェア」するという考え方 1-4. 広域な「ネットワーク・シェア」 第2章 The Things Networkの基本機能 2-1. LoRaとLoRaWANプロトコル 2-2. The Things Networkアーキテクチャー 2-3. セキュリティ 2-4. デバイス 2-5. ゲートウェイ 2-6. ネットワークサーバー 2-7. アプリケーションサーバー 第3章 The Things Networkを体験してみよう! 3-1. The Things Network の準備 3-2. The Things Networkアカウント作成 3-3. The Things Networkコンソール設定 3-4. ゲートウェイを登録 3-5. アプリケーションの登録 3-6. LoRaWANの識別子 3-7. LoRaWANゲートウェイの設定 3-8. センサノードの設定 第4章 The Things Networkとアプリケーション連携 4-1. The Things NetworkとCayenneの連携 4-2. DataStorageとの連携 4-3. IFTTT Makerとの連携 第5章 The Things Network Kagoshimaユースケース 5-1.農業IoTサービス提供、背景と経緯 5-2.The Things Networkが選ばれた理由 5-3.The Things Networkのプラットフォーム連携 5-4. The Things Network導入効果および今後の展望 The Things Network 「LoRaWAN」をみんなでシェアして使う The Things Network公式ガイドブック
  22. 22. どうもありがとうございました The Things Networkアンバサダー 吉田 秀利 hide@thethingsnetwork.org https://www.thethingsnetwork.org/country/japan/ 2018.1.18

×