Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N  日本語マニュアル

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N
日本語マニュアル
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 2 / 62
目次
1. イントロダクション................................................................
SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 3 / 62
6.1 ATコマンドの使い方? ...............................................................
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement

Check these out next

1 of 62 Ad
Advertisement

More Related Content

More from CRI Japan, Inc. (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N  日本語マニュアル

  1. 1. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N 日本語マニュアル
  2. 2. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 2 / 62 目次 1. イントロダクション............................................................................................................................................................................................................6 1.1 LHT65N温度湿度センサとは?..........................................................................................................................................................................6 1.2 特徴.................................................................................................................................................................................................................................6 1.3 仕様.................................................................................................................................................................................................................................6 2. LHT65NをIoTサーバーに接続.................................................................................................................................................................................7 2.1 LHT65Nはどのように動作するか? .............................................................................................................................................................7 2.2 LHT65Nのアクティベイト方法?............................................................................................................................................................................7 2.3 LoRaWANネットワークの参加方法....................................................................................................................................................................8 2.3.1 Step 1: TTNのデバイス作成 ........................................................................................................................................................................9 2.3.2 Step 2: 5秒間以上ACTボタンを押してLHT65N 駆動..................................................................................................................... 13 2.4 アップリンクペイロード ( Fport=2)....................................................................................................................................................................13 2.4.1 TTN v3デコーダー.........................................................................................................................................................................................14 2.4.2 BAT-バッテリー情報 ...................................................................................................................................................................................14 2.4.3 ビルトイン温度計 ............................................................................................................................................................................................15 2.4.4 ビルトイン湿度計............................................................................................................................................................................................15 2.4.5 Ext # ......................................................................................................................................................................................................................16 2.4.6 Ext 値....................................................................................................................................................................................................................16 2.5 Datacakeデータ可視化.........................................................................................................................................................................................22 2.6 データログ機能........................................................................................................................................................................................................24 2.6.1 LoRaWAN経由でデータログ取得方法...................................................................................................................................................25 2.6.2 Unixタイムスタンプ.........................................................................................................................................................................................25 2.6.3 デバイス時間設定..........................................................................................................................................................................................26 2.6.4 ポーリングセンサー値 .................................................................................................................................................................................27 2.6.5 データログのアップリンクペイロード.......................................................................................................................................................27 2.7 アラームモード&機能 "マルチサンプリング、アップリンク1回...........................................................................................................29 2.7.2 アラームモード ( Before v1.3.1 firmware).............................................................................................................................................31 2.8 LED表示......................................................................................................................................................................................................................32 2.9 インストール...............................................................................................................................................................................................................32 3. センサーとアクセサリー.............................................................................................................................................................................................33 3.1 E2 拡張ケービル ..................................................................................................................................................................................................33 3.2 E3 温度プローブ ...................................................................................................................................................................................................33 4. ATコマンド or LoRaWANダウンリンク経由でLHT65N設定.......................................................................................................................34 4.1 送信間隔設定.......................................................................................................................................................................................................... 34 4.2 外部センサモード設定......................................................................................................................................................................................... 35 4.3 温度プローブIDアップリンク可/不可............................................................................................................................................................. 35 4.4 パスワード設定....................................................................................................................................................................................................... 36 4.5 ATコマンド停止....................................................................................................................................................................................................... 36 4.6 スリープモード設定 ............................................................................................................................................................................................... 37 4.7 システム時間設定................................................................................................................................................................................................. 37 4.8 タイム同期モード設定.......................................................................................................................................................................................... 38 4.9 タイム同期インターバル設定............................................................................................................................................................................ 38 4.10 ページ上にデータエントリプリント................................................................................................................................................................ 38 4.11 最後の数個データエントリープリント.......................................................................................................................................................... 39 4.12 Flash記録クリア.................................................................................................................................................................................................... 40 4.13 None-ACKメッセージ自動送信 .................................................................................................................................................................. 40 4.14 外部センサーTMP117、DS18B20の温度アラーム用WMODコマンドを修正 ............................................................................. 41 5. バッテリーと交換方法 ................................................................................................................................................................................................ 42 5.1 バッテリータイプ .................................................................................................................................................................................................... 42 5.2 バッテリー交換........................................................................................................................................................................................................ 42 5.3 バッテリー寿命分析.............................................................................................................................................................................................. 43 6. FAQ.................................................................................................................................................................................................................................... 43
  3. 3. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 3 / 62 6.1 ATコマンドの使い方? ....................................................................................................................................................................................... 43 6.2 ATコマンドと Downlinkコマンド設定場所......................................................................................................................................................47 6.3 アップリンク間隔の変更方法? ......................................................................................................................................................................51 6.4 PC接続してTTL-USBでATコマンド入力方法? ......................................................................................................................................52 6.5 PC接続してTTL-USBでファームウェアアップグレード方法?........................................................................................................53 6.6 USB-Type CでPC接続してATコマンド使用................................................................................................................................................56 6.7 USB-Type CでPC接続しファーウェアアップグレード方法? .............................................................................................................57 6.8 なぜ、データログ情報が見えませんか? ...................................................................................................................................................57 7. 注文情報...........................................................................................................................................................................................................................62 8. 梱包情報...........................................................................................................................................................................................................................62 9. 参照情報...........................................................................................................................................................................................................................62 10. サポート..........................................................................................................................................................................................................................62
  4. 4. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 4 / 62 1. イントロダクション 1.1 LHT65N温度湿度センサとは? Dragino LHT65N 温度・湿度センサーは、LoRaWAN対応の長距離センサーです。温度・湿度センサーを内蔵しており、 外部センサープローブで外部温度センサーや照度センサや人感センサーに拡張接続することができます。 LHT65Nは、ユーザーがデータを送信し、非常に長い距離を到達することを可能にします。超長距離のスペクトラム無線 拡散通信と高い耐干渉性を提供し、消費電流を最小限に抑えます。灌漑システム、スマートメータ、スマートシティ、ビ ルオートメーションなど、プロフェッショナルな無線センサーネットワークのアプリケーションを対象としています。 LHT65N は、2400mAh の非充電式バッテリーを内蔵しており、最大 10 年間使用することができます*。 LHT65N は、 LoRaWAN v1.0.3 Class A プロトコルと完全な互換性があり、標準的な LoRaWAN ゲートウェイと連動する ことができます。 LHT65Nは、データログ機能をサポートしています。 データログ機能をサポートすることでネットワークがないときにデ ータを記録し、ユーザーは後でセンサーの値を取得することができ、すべてのセンサーの読み取りを確実に行うことが できます。 *実際の電池寿命は、データ送信の頻度に依存しますので、バッテリー寿命分析の章を参照してください。
  5. 5. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 5 / 62 1.2 特徴 • 壁掛けマウント • LoRaWAN v1.0.3 Class A protocol • 周波数帯域: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915 • ATコマンドによるパラメーター変更 • LoRaWANダウンリンクによる遠隔パラメータ変更 • プログラムポート経由でファームウェアアップグレード • 2400mAhバッテリー内蔵で最長10年使用可能 • 温度センサー&湿度センサー内蔵 • オプションで外部拡張モジュールセンサ-対応 • 作業状態を示す3色LED表示 • データログ機能(最大3328個) 1.3 仕様 内蔵温度センサー: • 解像度: 0.01 °C • 精度許容範囲: Typ ±0.3 °C • 長期ドリフト: < 0.02 °C/yr • 動作環境: -40 ~ 85 °C 内蔵湿度センサー: • 解像度: 0.04 %RH • 精度許容範囲: Typ ±3 %RH • 長期ドリフト: < 0.02 °C/yr • 動作環境: 0 ~ 96 %RH 外部温度プローブ: • 解像度: 0.0625 °C • ±0.5°C 精度範囲 -10°C to +85°C • ±2°C 精度範囲 -55°C to +125°C • 動作環境: -55 °C ~ 125 °C •
  6. 6. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 6 / 62 2. LHT65NをIoTサーバーに接続 2.1 LHT65Nはどのように動作するか? LHT65N は、デフォルトで LoRaWAN OTAA Class A モードに設定されています。それぞれのLHT65Nは、世界で唯一 のOTAAキーが同梱されています。 LHT65NをLoRaWANネットワークで使用するためには、まず、LoRaWANネットワークサーバにOTAAキーを設定し、 LHT65Nをアクティベートする必要があります。 LHT65Nが、このLoRaWANネットワークのカバー範囲内にあればLoRaWANネットワークに参加することができます。 LHT65Nは、自動的にLoRaWANネットワークに参加することができます。参加に成功すると、LHT65Nは環境の温度と 湿度の測定を開始し、LoRaWANサーバにセンサデータの送信を開始します。各アップリンクのデフォルト間隔は、20 分です。 2.2 LHT65Nをどうやって起動するか? LHT65Nは、2つの動作モードがあります: • ディープスリープモード: LHT65Nは、LoRaWANの起動はしていません。このモードは、バッテリーを節約する ために、保管や出荷の際に使用されます。 • ワーキングモード:: このモードでは、LHT65NはLoRaWANセンサーモードとして動作し、LoRaWANネットワークに 参加し、センサーデータをサーバに送信します。各サンプリング/送受信の間は、LHT65Nは停止モード(IDLEモー ド)になります。停止モードでは、LHT65Nはディープスリープモードと同じ電力を消費します。 LHT65Nは、デフォルトでディープスリープモードに設定されており、前面のACTボタンで各モードに切り替わります。
  7. 7. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 7 / 62 2.3 LoRaWANネットワークへの参加例 ここでは、TTN v3 LoRaWANネットワークサーバーに参加する例を示します。他の LoRaWAN IoT サーバーでの使用も 同様の手順となります。
  8. 8. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 8 / 62 LPS8N は、すでにTTN v3のネットワークに接続するように設定されており、LHT65N のネットワークカバレッジを提供し ていると仮定します。次にTTN v3 に LHT65N を追加します。 2.3.1 Step 1: TTN上でデバイス作成 LHT65NのOTAAキーでTTN V3のデバイスを作成します。 各LHT65Nには、以下のようにデバイスEUI、APP Key、APP EUIを記載したシールが同梱されています。 これらのキーは、LoRaWANネットワークサーバーのポータルで入力することができます。以下は、TTN v3の画面です。
  9. 9. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 9 / 62 アプリケーションメニューからAPP EUIを追加します。
  10. 10. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 10 / 62 注記:LHT65Nは、LHT65と同じペイロードを使用します。
  11. 11. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 11 / 62 APP EUI、APP KEY、DEV EUI を入力します。
  12. 12. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 12 / 62 2.3.2 Step 2: ACTボタンを5秒以上押して、LHT65Nを起動 ACT ボタンで LHT65N を起動すると、TTN v3 ネットワークに自動接続されます。接続が成功すると、TTN v3へのセ ンサデータのアップロードが開始され、パネル上のライブデータで確認することができます。 2.4 アップリンクペイロード ( Fport=2) アップリンクのペイロードは全部で11バイトです。アップリンクパケットはFPORT=2を使用し、デフォルトでは20分毎に1回 アップリンクが送信されます。 各アップリンクの後、青色LEDが1回点滅します。
  13. 13. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 13 / 62 サイズ (bytes) 2 2 2 1 4 値 BAT 内蔵温度センサー 内蔵湿度センサー Ext拡張番 号# Ext Value 拡張値 • 最初の6バイト:LHT65Nごと固定の意味です。 • 7 バイト目(EXT#):外部センサーの型式を表します。 • 8 バイト目~11 バイト目:外部センサーの値を表す。外部センサーの種類によって定義されます。(EXT=0の 場合、この4バイトは存在しません) 2.4.1 TTN v3デコーダー アップリンクのペイロードがTTN v3に到着すると、HEXフォーマットで表示されて読みにくいです。そこで、LHT65N デコーダをTTNv3に追加することで、読みやすくすることができます。 LHT65Nデコーダは、ここからダウンロードできます: https://github.com/ dragino/dragino-end-node-decoder 2.4.2 BAT-バッテリー情報 この2バイトのBATには、電池の状態と実際の電圧が含まれています。
  14. 14. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 14 / 62 LHT65Nの電池電圧を確認してください。 • BATステータス=(0Xcba4>>14)&0xFF=11(B),非常に良い • バッテリー電圧 =0xCBF6&0x3FFF=0x0BA4=2980m 2.4.3 内蔵温度センサー • 温度 0x0ABB/100=27.47℃となります。 • 温度:(0xF5C6-65536)/100=-26.18℃ 2.4.4 内蔵湿度センサー
  15. 15. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 15 / 62 • 湿度:0x025C/10=60.4% 2.4.5 Ext # 拡張番号 外付けプローブセンサーのバイト数です。 2.4.6 Ext value 拡張値 2.4.6.1 Ext=1, E3 温度センサー • DS18B20 temp=0x0ADD/100=27.81℃ 最後の2バイトのデータは意味がありません。 • 外付け温度 = (0xF54F-65536)/100=-27.37℃ 最後の2バイトのデータは意味がありません。
  16. 16. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 16 / 62 外部センサーが 0x01 で、かつ、外部温度が接続されていない場合。温度は7FFF(327.67℃)に設定されます。 2.4.6.2 Ext=9, E3 センサ、Unixタイムスタンプ付き タイムスタンプモードは、E3プローブを搭載したLHT65Nのために設計されており、アップリンクのペイロードにUnixタイ ムスタンプを付加して送信します。11 バイト(AU915/US915/AS923 バンドの最大距離)という制限のため、タイムスタ ンプモードでは BAT 電圧フィールドが無くなり、代わりにバッテリ状態が表示されます。 サイズ (bytes) 2 2 2 1 4 値 外付け温 度センサー 内蔵温度センサー BATステータス& 内蔵湿度セ ンサー ステータス & Ext Unixタイプスタン プ • バッテリーステータス&内蔵湿度センサー ビット(bit) [15:14] [11:0] 値 BAT Status 内蔵湿度センサー 00(b): Ultra Low ( BAT <= 2.50v) 01(b): Low (2.50v <=BAT <= 2.55v) 10(b): OK (2.55v <= BAT <=2.65v) 11(b): Good (BAT >= 2.65v) • ステータス& Extバイト ビット(bit) 7 None-ACK Flag 6 Poll Message FLAG 5 Sync time OK 4 Unix Time Request [3:0] Ext: 0b(1001) ステータス &Ext • Poll Message Flag: 1:このメッセージはポーリングメッセージの返信、0:通常のアップリンクを意味します。 • Sync time OK: 1:timeokをセット,0:N/A。時刻同期要求が送信された後、アプリケーションサーバからタイムス タンプを取得するまで、このビットは0に設定されます。 • Unix Time Request: 1:サーバーのダウンリンクUnix時間を要求、0 : N/A です。このモードでは、LHT65Nは10日 ごとにこのビットを1にセットし、時刻同期を要求します。 2.4.6.3 Ext=6, ADC センサー(専用E2ケーブル) このモードでは、ユーザーは外部ADCセンサーを接続して、ADC値をチェックすることができます。 3V3_OUTは外部ADCセンサーの電源として使用でき、ユーザーはこのセンサーの電源オン時間 を設定することができます。 AT+EXT=6,timeout このセンサーに電力を供給する時間、0〜65535msの間: 例: AT+EXT=6,1000は、ADC値をサンプリングする前に1000msの間、このセンサーに電力を供給します。 または、ダウンリンクコマンドA2で設定します。 . ノードの測定範囲は約0.1V~1.1Vで、電圧分解能は約0.24mvです。 Wセンサーの出力電圧の測定値が0.1Vと1.1Vの範囲にない場合、センサーの出力電圧端子を分圧する必要があ ります。
  17. 17. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 17 / 62 下図の例はセンサーの出力電圧を3倍にするものである。それ以上下げる必要がある場合は、図の式に従って計 算し、対応する抵抗を直列に接続します。
  18. 18. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 18 / 62 ADC_IN1端子をGNDに接続,またはサスペンドすると,ADC値は0となります。 ADC_IN1 で収集した電圧が最小レンジより小さい場合は最小レンジを、同様に収集した電圧が最大レンジより大きい 場合は最大レンジを出力として使用します。 1) 最小レンジは約0.1Vです。各チップは内部キャリブレーションを行っているため、この値は0.1Vに近い値です。 2) 最大で約1.1Vの範囲となります。各チップは内部キャリブレーションを行っているため、この値は1.1Vに近い値です。 3) 範囲内であること 2.4.6.4 Ext=2 TMP117 センサー(ファームウェアv1.3以降)
  19. 19. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 19 / 62 Ext=2,温度センサー (TMP117): インタラプトモードとカウントモード: 外部ケーブルNE2は、MOD4とMOD8に使用できます。 2.4.6.5 Ext=4 インターラプトモード (ファームウェアv1.3以降) 注記:このモードでは、3.3V出力は常にONになります。LHT65Nは、トリガがあるとアップリンクを送信します。 インタラプトモードでは、以下のような外部インタラプトセンサを接続することができます。: ユースケース: ドアセンサー このようなセンサーの3.3V出力は、単にOpen/Closeを検出するためのものです。 Open状態では、プローブがない場合と同じ消費電力です。 Close状態では 通常より3uA多く消費します。.
  20. 20. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 20 / 62 AT+EXT=4, 1 Sent uplink packet in both rising and falling interrupt AT+EXT=4, 2 Sent uplink packet only in falling interrupt AT+EXT=4, 3 Sent uplink packet only in rising interrupt Ext=4,インターラプトセンサー 立ち下がりエッジでトリガー: 立ち上がりエッジによるトリガー: 2.4.6.6 Ext=8 カウンティングモード(ファームウェアv1.3以降) 注記:このモードでは、3.3V出力は常にONとなります。LHT65Nは、定期的に割り込みとアップリンクのカウントを 行います。 ユースケース1: 流量フローセンサー 低消費電力のフローセンサです。パルス出力で消費電力はuAレベル、 LHT65Nで駆動可能です。
  21. 21. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 21 / 62 AT+EXT=8,0 Count at falling interrupt ユースケース2: 流量フローセンサー: ノーマルフローセンサ。このようなフローセンサは消費電力が高く、LHT65N からの電源供給には適しません。外部電源から供給され、<3.3vのパルスを出力します。 Ext=8,カウンティングセンサー ( 4 bytes):
  22. 22. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 22 / 62 A2 ダウンリンクコマンド: A2 02: AT+EXT=2 (AT+EXT= second byte)と同じ機能 A2 06 01 F4: AT+EXT=6,500 (AT+EXT= second byte, third and fourth bytes) A2 04 02:同じ AT+EXT=4,2 (AT+EXT= second byte, third byte)同じ機能 A2 08 01 00: AT+EXT=8,0 (AT+EXT= second byte, fourth byte)同じ機能 A2 08 02 00 00 00 3C: AT+ SETCNT=60 (AT+ SETCNT = 4th byte and 5th byte and 6th byte and 7th byte)同じ機能 2.5 Datacakeでデータ可視化 Datacake IoTプラットフォームは、センサーデータを表示するために人に優しいインターフェースを提供します。TTN v3 にセンサーデータがあれば、Datacakeを使ってTTN v3に接続し、Datacakeでデータを可視化することができます。以 下はその手順です。 ステップ1: デバイスがプログラムされ、LoRaWANネットワークに正しく接続されていることを確認してください。 ステップ2: アプリケーションからDatacakeにデータを転送するように設定するためには、インテグレーションを追加 する必要があります。TTN v3コンソール --> アプリケーション--> インテグレーション -->インテグレーション追加 を選択します。 Add Datacake: デフォルトのキーをアクセスキーとして選択します。 AT+EXT=8,1 Count at rising interrupt AT+SETCNT=60 Sent current count to 60
  23. 23. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 23 / 62 Datacakeコンソール(https://datacake.co/)で、LHT65デバイスを追加します。
  24. 24. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 24 / 62
  25. 25. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 25 / 62 2.6 データログ機能 データログ機能は、LoRaWANネットワークがダウンした場合でも、IoTサーバーがセンサーからすべてのサンプリ ングデータを取得できるようにするためのものです。各サンプリングについて、LHT65Nは将来の検索目的のため に読み取り値を保存します。IoTサーバーがLHT65Nからデータログを取得するには、2つの方法があります。. 2.6.1 LoRaWAN経由でデータログを取得する方法 下記の2つの方法があります。 方法1: IoTサーバーは、ダウンリンクLoRaWANコマンドを送信し、指定された時間範囲の値をポーリングします。 方法2: PNACKMD=1に設定すると、LHT65N はアップリンク毎に ACK を待ちます。LoRaWAN ネットワークがない場 合、LHT65N は非 ACK メッセージでこれらのレコードをマークしてセンサーデータを保存し、ネットワーク回復後に全メ ッセージを送信します(10秒間隔)。 *方法2の注意事項: • a) LHT65Nは、すべてのデータがサーバーに到着したことを確認するために、データレコードを送信するための ACKチェックを行います。 • b) PNACKMD=1 のとき、LHT65N は CONFIRMED モードでデータを送信しますが、ACK を受け取らなかった場 合、 LHT65N はパケットを再送信せず、単に NONE-ACK メッセージとしてマークします。もし、ACK を受け取った場 合、LHT65N はネットワークが接続されたとみなし、すべての NONE-ACK メッセージを再送信します。 下図は、自動更新データログ機能(PNACKMD=1に設定)の代表的なケースです。
  26. 26. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 26 / 62 2.6.2 Unixタイムスタンプ LHT65N では、Unix TimeStamp フォーマットを使用しています。 この時刻はリンク先から取得できます。 https://www.epochconverter.com/ 以下はコンバータの例です。 そこで、AT+TIMESTAMP=1611889405 または ダウンリンク3060137afd00を使用して、現在の時刻を設定することが できます2021 - Jan -- 29 Friday 03:03:25 2.6.3 デバイスタイム設定 デバイスタイムの設定は、2つの方法があります。 1. LoRaWAN MACコマンド経由 (規定値) MACコマンドによる時刻同期を行うには、SYNCMOD=1 に設定する必要があります。 LHT65N が LoRaWAN ネ ッ ト ワ ー ク に 参 加 す る と 、 MAC コ マ ン ド ( DeviceTimeReq ) を 送 信 し 、 サ ー バ は (DeviceTimeAns)を返信して、LHT65Nに現在の時刻を送信します。LHT65Nがサーバから時刻を取得できなかった 場合、LHT65Nは内部の時刻を使用し、次の時刻要求を待ちます(AT+SYNCTDCで時刻要求期間を設定、デフォル トは10日) 注記:LoRaWAN サーバは LoRaWAN v1.0.3(MAC v1.0.3) 以上でないとこの MAC コマンドに対応していません。また、 Chirpstack, TTN v3, Loriot には対応していますが、TTN v2 には対応していません。サーバーがこのコマンドをサポー トしていない場合、このコマンドでアップリンクパケットをスルーしてしまうため、SYNCMOD=1の場合、ユーザーはTTN v2のタイムリクエストでパケットを失ってしまいます。 2. 手動タイム設定 手動時刻を設定する場合は、SYNCMOD=0に設定する必要があります。そうしないと、ユーザー設定時刻がサーバー 設定時刻に上書きされてしまいます。
  27. 27. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 27 / 62 2.6.4 ポーリングセンサー値 サーバーからのタイムスタンプをもとに、ユーザーがセンサー値をポーリングすることができます。 Timestamp start と Timestamp end は、上記の Unix TimeStamp フォーマットを使用します。デバイスは、アップリンク 間隔を使用して、この期間中のすべてのデータログを返信します。 例)ダウンリンクコマンド 31 5FC5F350 5FC6 0160 05 2020/12/1 07:40:00 から 2020/12/1 08:40:00 のデータを確認します。 アップリンク内部=5秒,LHT65Nが5秒に1回パケットを送信することを意味します。 2.6.5 データログアップリンクペイロード Datalog poll reply uplink は以下のペイロードフォーマットを使用します。 検索データペイロード: サイズ(bytes) 2 2 2 1 4 値 外部センサ―データ 内蔵温度センサー 内蔵湿度センサ ー ポーリングメッセージ& Ext Unixタイムスタン プ ポーリングメッセージフラグ & Ext: No ACK Message: 1: このメッセージは、このペイロードがサーバーからACKを取得する前のアップリンクメッセージで あることを意味します(PNACKMD=1機能の場合) Poll Message Flag: 1:このメッセージは、ポーリングメッセージの返信です: • Poll Message Flagは、1に設定します。. • 各データ入力は11バイトですが、通信時間とバッテリーを節約するために、デバイスは現在のDRと周波数バンド に従って最大バイトを送信します。 例えば、US915帯の場合、different DRの最大ペイロードは、以下の通りです: a) DR0: 最大11バイトなので、1エントリ分のデータです。 b) DR1: 最大53バイトなので、4エントリ分のデータ(合計44バイト)をアップロードすることになります。 c) DR2: 総ペイロードには11エントリのデータが含まれます。 d) DR3: 総ペイロードには22エントリーのデータを含みます。 ポーリング時間内にデータがない場合。デバイスは11バイトの0をアップリンクします。
  28. 28. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 28 / 62 例: LHT65NのFlashに下記のデータがある場合:: ユーザが下記のダウンリンクコマンドを送信した場合: 3160065F9760066DA705 開始時間: 60065F97 = 時間 21/1/19 04:27:03 停止時間: 60066DA7= 時間 21/1/19 05:27:03 となります。 LHT65Nは、このペイロードをアップリンクします。.
  29. 29. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 29 / 62 7FFF089801464160065F97 7FFF 088E 014B 41 60066009 7FFF0885014E41600660667FFF0875015141600662BE7FFF086B015541600665167FFF08660155416006676E7FFF085F015A41 ここで、最初の11バイトは最初のエントリ用です: 7FFF089801464160065F97 外部センサーデータ=0x7FFF/100=327.67 Temp=0x088E/100=22.00 Hum=0x014B/10=32.6 ポーリングメッセージ フラグ&Ext=0x41,応答データExt=1を意味する Unix時間は0x60066009=1611030423s=21/1/19 04:27:03です。 2.7 アラームモード&機能 "マルチサンプリング、1アップリンク" アラームモードになると、内蔵センサーの温度を短時間チェックし、温度が事前に設定した範囲を超えた場合、直 ちにアップリンクを送信します。 注記:アラームモードは若干の消費電力を追加するため、この機能を有効にした場合は通常の読み取り時間を延長す ることをお勧めします! 2.7.1 アラームモード(ファームウェアv1.3.1以降) GXHT30温度アラーム内蔵(取得時間:1分に固定しています)
  30. 30. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 30 / 62 AT+WMOD=3:アラームモードの有効/無効を設定します。(0: 無効、1: 有効 オンボード温度センサーの温度アラ ーム) AT+CITEMP=1: アラーム温度を確認する間隔です。(単位:分) AT+ARTEMP: 内部温度センサーのアラーム範囲を取得または設定します。 AT+ARTEMP=45,105: 内部温度センサーのアラーム範囲を45~105の間で設定します。 AT+LEDALARM=1 : LEDビジュアルアラームを有効にします。 例: AT+WMOD=1: A501 , AT+WMOD=0 : A600 AT+CITEMP=1 : A60001 AT+ARTEMP=1,60 : A70001003C AT+ARTEMP=-16,60 : A7FFF0003C AT+LEDALARM=1 : 3601 ダウンリンクコマンド: AAXXXXXXXXXXXXXX 総バイト数: 8 bytes 例: AA0100010001003C WMOD=01 CITEMP=0001 TEMPlow=0001 TEMPhigh=003C DS18B20 とTMP117 閾値アラーム AT+WMOD=1,60,-10,20 ダウンリンクコマンド: 例:A5013CFC180014 MOD=01 CITEMP=3C(S) TEMPlow=FC18 TEMPhigh=0014 DS18B20、TMP117の変動幅警報(取得時間:最小1秒) AT+WMOD=2,60,5 ダウンリンクコマンド: 例: A5023C05 MOD=02 CITEMP=3C(S) 温度振幅=05
  31. 31. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 31 / 62 複数回サンプリングしてまとめてアップリンク AT+WMOD=3,1,60,20,-16,32,1 内容: • Working ModeをMode 3に設定 • サンプリング間隔を60秒に設定 • 20個のサンプリングデータがある場合、デバイスはこれらのデータを1つのアップリンクで送信します。(最大値は 60で、1回のアップリンクで最大60回サンプリングすることを意味します。) • 温度アラーム範囲は、-16 to 32°Cに設定 • 1で温度アラーム有効、0 で温度アラーム無効。アラームが有効な場合、温度がアラーム範囲を超えると直ち にデータが送信されます。 ダウンリンクコマンド: 例: A50301003C14FFF0002001 MOD=03 EXT=01 CITEMP=003C(S) Total number of acquisitions=14 TEMPlow=FFF0 TEMPhigh=0020 ARTEMP=01 アップリンクペイロード ( Fport=3) 例: CBEA0109920A4109C4 BatV=CBEA EXT=01 Temp1=0992 // 24.50℃ Temp2=0A41 // 26.25℃ Temp3=09C4 // 25.00℃ 注記:このアップリンクは、データ長に応じて適切なDRを自動的に選択します。 このモードでは、ds18b20の温度分解能は消費電力を節約するために0.25℃です。 2.7.2 アラームモード( ファームウェアv1.3.1以降) AT+WMOD=1: アラームモードの有効/無効を設定します。(0: 無効、1: 有効 オンボード温度センサーの温度アラ ーム) AT+CITEMP=1: アラーム温度を確認する間隔です。(単位:分) AT+ARTEMP: 内部温度センサーのアラーム範囲を取得または設定します。 AT+ARTEMP=? AT+ARTEMP=45,105: 内部温度センサーのアラーム範囲を45~105に設定します。 ダウンリンクコマンド:: AAXXXXXXXXXXXXXX 総バイト数: 8 bytes
  32. 32. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 32 / 62 例:AA0100010001003C WMOD=01 CITEMP=0001 TEMPlow=0001 TEMPhigh=003C 2.8 LED表示 LHT65Nは、3色のLEDを搭載しており各ステージを簡単に表示することができます。 ユーザーがACTボタンを押すと、LEDはACTボタンと同じ状態になります。 ノーマルワーキング状態: • アップリンクのたびに、青色LEDまたは赤色LEDが1回点滅し ます。外部センサーが接続されている場合は、青色LEDが点 灯します。 • 外部センサー未接続時、赤色LEDが点灯します。 • ダウンリンクに成功するたびに、紫色LEDが1回点滅します。 2.9 インストール
  33. 33. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 33 / 62 3. センサーとアクセサリー 3.1 E2 拡張ケーブル LHT65N用ブレイクアウトケーブル(1m)の特徴: • ATコマンドを使用する場合、LHT52/LHT65Nの両方で使用可能です。 • LHT65Nのファームウェアのアップデート、LHT52/LHT65Nの両方で動作します。 • 外部ADCをモニターするADCモードをサポート • インタラプトモードをサポート • LHT65N Type-Cコネクターから全ピンを露出 3.2 E3 温度センサープローブ
  34. 34. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 34 / 62 温度センサープローブ、(ケーブル長2M) • 解像度: 0.0625 °C • ±0.5°C 精度-10°C to +85°C • ±2°C 精度-55°C to +125°C • 動作範囲: -40 ~ 125 °C • 動作電圧: 2.35v ~ 5v 4. ATコマンド or LoRaWANダウンリンクでLHT65Nを設定 LHT65Nの設定は、ATコマンドまたはLoRaWAN Downlinkで行います。. • ATコマンドに関する内容は右をご参照ください:: FAQ. • LoRaWAN Downlink命令(各プラットフォーム向け): IoT LoRaWAN Server LHT65Nを設定するコマンドは2種類あります: ・一般コマンド:これらのコマンドは、コンフィギュレーションを行うためのものです。 1. アップリンク間隔などの一般的なシステム設定 2. LoRaWANプロトコル&無線関連コマンド DLWS-005 LoRaWAN Stack(注**)をサポートするすべてのDraginoデバイスで共通に使用することができます。これら のコマンドはWikiに掲載されています。End Device Downlink Command ・LHT65Nのための特別仕様のコマンド これらのコマンドは、下記のようにLHT65Nのみ有効です。 4.1 送信間隔時間の設定 特徴: LoRaWANエンドデバイスの送信間隔を変更します。 AT Command: AT+TDC
  35. 35. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 35 / 62 ダウンリンクコマンド: 0x01 フォーマット形式:コマンドコード(0x01)に続き、3 バイトの時刻を設定します。. ダウンリンクペイロードが 0100003C の場合は、END ノードの送信間隔を 0x00003C=60(S) に設定し、タイプコード を 01 とすることを意味します。 • 例1: Downlink Payload: 0100001E // 送信間隔(TDC)=30秒に設定 • 例2: Downlink Payload: 0100003C // 送信間隔(TDC)=60秒に設定 4.2 外部センサーモードの設定 特徴: 外部センサーモードの変更します。 AT Command: AT+EXT ダウンリンクコマンド: 0xA2 T 総バイト数: 2 ~ 5 bytes xam 例: ・ 0xA201: 外部センサーの種類をE1に設定 • 0xA209: AT+EXT=9と同じ機能 • 0xA20702003c: AT+SETCNT=60と同じ機能 4.3 アップリンクの有効/無効 温度プローブ 特徴: PIDが有効な場合、デバイスは温度プローブIDを送信します。 ・ OTAAジョイン後、初めてのパケット送信 ・ 最初のパケットから24時間おきに送信.
  36. 36. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 36 / 62 PIDはデフォルトで無効(0)に設定されています。 ATコマンド: ダウンリンクコマンド: • 0xA800 --> AT+PID=0 • 0xA801 --> AT+PID=1 4.4 パスワード設定 特徴 :デバイスパスワード設定、最大9桁。 AT Command: AT+PWORD ダウンリンクコマンド: No downlink command for this feature. 4.5 ATコマンド停止 特徴: ATコマンドモードを終了し、ATコマンドを使用する前にパスワードの再入力が必要です。. ATコマンド: AT+DISAT
  37. 37. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 37 / 62 ダウンリンコマンド: この機能のためのダウンリンクコマンドはありません。 4.6 スリープモード設定 特徴: デバイスをスリープモードに設定 • AT+Sleep=0 : 通常の作業モード、デバイスはLoRaメッセージがない場合、スリープし、低消費電力で使用します。 • AT+Sleep=1 : デバイスがディープスリープ状態であり、LoRaアクティベーションが発生せず、保管や出荷に使用されています。 ATコマンド: AT+SLEEP ダウンリンクコマンド: ・スリープモードに設定するためのダウンリンクコマンドは存在しません。 4.7 システム時刻を設定 特徴: システム時刻の設定、右リンクのUnixフォーマットをご参照ください。. See here for format detail. ATコマンド: ダウンリンクコマンド: 0x306007806000 // タイムスタンプを0x(6007806000)に設定、AT+TIMESTAMP=1611104352と同義
  38. 38. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 38 / 62 4.8 時刻同期モードの設定 特徴: LoRaWAN MACコマンド(DeviceTimeReq)によるシステム時刻の同期を有効/無効にします。このコマンドに応 答するには、LoRaWANサーバーがv1.0.3プロトコルをサポートしていなければなりません。 SYNCMODはデフォルトで1に設定されています。LoRaWANサーバーと異なる時刻を設定したい場合は、0に設定す る必要があります。 ATコマンド: ダウンリンクコマンド: 0x28 01 // AT+SYNCMOD=1と同じ機能 0x28 00 // AT+SYNCMOD=0と同じ機能 4.9 時刻同期の間隔を設定 特徴: システム時刻の同期間隔を設定します。SYNCTDCの初期値は10日です。 ATコマンド: ダウンリンクコマンド: 0x29 0A // AT+SYNCTDC=0x0Aと同じ機能 4.10 ページ上のデータエントリーのベースをプリント 特徴: スタートページからストップページまでのセクターデータを印刷します(最大416ページ) ATコマンド: AT+PDTA
  39. 39. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 39 / 62 ダウンリンクコマンド: この機能に該当するダウンリンクコマンドはありません。 4.11 最後の数件のデータをプリント 特徴: 直近の数件のデータエントリーをプリント ATコマンド: AT+PLDTA
  40. 40. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 40 / 62 ダウンリンクコマンド: この機能に該当するダウンリンクコマンドはありません。 4.12 Flashレコードをクリア 特徴:データログ機能のフラッシュストレージをクリアします。 ATコマンド: AT+CLRDTA ダウンリンクコマンド:: 0xA3 • 例: 0xA301 // AT+CLRDTAと同じ機能 4.13 自動送信 None-ACK メッセージ 特徴: LHT65Nは、各アップリンクのACKを待ちます。LHT65NがIoTサーバからACKを取得しない場合、それはメッセージ がサーバに到着していないとみなし、それを格納します。LHT65Nは、定期的にメッセージを送信し続けます。LHT65Nは、 あるサーバからACKを受け取ると、ネットワークが正常であると判断し、未到着メッセージの送信を開始します。 ATコマンド: AT+PNACKMD 工場規定値は、0となります。 コマンド例 機能 レスポンス AT+PNACKMD=1 Poll None-ACK message OK
  41. 41. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 41 / 62 ダウンリンクコマンド: 0x34 • 例: 0x3401 // AT+PNACKMD=1と同じ機能 4.14 外部センサーTMP117またはDS18B20の温度アラームのWMOD コマンドを修正(ファームウェアv1.3.0以降) 特徴: 内部および外部温度センサーアラームを設定 コマンド例 機能 レスポンス AT+WMOD=parameter1,parameter2,parameter3,parameter4 内部および外部温度センサーアラームを設定 OK AT+WMOD=parameter1,parameter2,parameter3,parameter4 Parameter 1: アラームモード: 0): キャンセルl 1): 閾値アラーム 2): ゆらぎアラーム パラメーター2: サンプリング時間。単位:秒、最大255秒 注記:収集時間が60秒未満で、常に設定したアラーム閾値を超える場合、送信間隔は収集時間ではなく、60秒毎に 送信されます。 パラメーター3とパレメーター4: 1) アラームモードが1に設定されている場合:パラメータ3とパラメータ4は、以前と同様に有効で、これらは低温と高温 を表します。 例: AT+WMOD=1,60,45,105 のそれは高温・低温の警報を意味します 2) Alarm Mode が 2 に設定されている場合:パラメータ 3 が有効で、現在収集されている温度と最後にアップロードさ れた温度との差分を表します。 例: AT+WMOD=2,10,2、それはゆらぎアラームであることを意味します。 現在の収集温度と前回のアップリンとの差分が±2度の場合、アラームを発します。 ダウンリンコマンド: 0xA5 0xA5 00 -- AT+WMOD=0. ・0xA5 01 0A 11 94 29 04 -- AT+WMOD=1,10,45,105 (AT+WMOD=2バイト目、3バイト目、4バイト目と5バイト目を100 で割った値、6バイト目と7バイト目を100で割った値) ・0XA5 01 0A F9 C0 29 04 --AT+WMOD=1,10,-16,105(-16 を -1600 に変換して計算する必要があります) 1600(DEC)=FFFFFFFFFFFF9C0(HEX) FFFFFFFFFF9C0(HEX) +10000(HEX)=F9C0(HEX) ) ・0xA5 02 0A 02 -- AT+WMOD=2,10,2 (AT+WMOD = 2 バイト目, 3 バイト目, 4 バイト目) ・0xA5 FF -- デバイスが受信後、現在のアラームコンフィギュレーション(FPORT=8)をアップロードします。 例えば、01 0A 11 94 29 04 または 02 0A 02。
  42. 42. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 42 / 62 5. バッテリー&交換方法 5.1 バッテリータイプ LHT65Nは、2400mAHのLi-MnO2(CR17505)バッテリーを搭載しています。この電池は、最大8~10年の使用を目標とした 低放電率の非充電式電池です。このタイプの電池は、水道メーターのような長期間稼働するIoTデバイスによく使用され ます。 放電曲線は直線ではないので、電池残量を単純にパーセントで表示することはできません。以下は電池の性能で す。 LHT65Nの最低使用電圧は2.5Vです。バッテリーが2.6Vより低い場合、それはバッテリーを交換する時です。 5.2 バッテリー交換 LHT65Nは、背面に2本のネジがあり、それを外せば中の電池交換はOKです。電池は一般的なCR17450電池です。 どのメーカーのものでも大丈夫です。.
  43. 43. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 43 / 62 5.3 バッテリー寿命分析 Draginoバッテリー駆動の製品は、すべてローパワーモードで動作します。電池寿命の目安は、こちらのリンクから確 認できます: https://www.dragino.com/downloads/downloads/LoRa_End_Node/Battery_Analyze/ DRAGINO_Battery_Life_Guide.pdf LHT65Nの各周波数での詳細なテストレポートは、.下記リンクに掲載されています: https://www.dropbox.com/sh/ r2i3zlhsyrpavla/AAB1sZw3mdT0K7XjpHCITt13a?dl=0 6. FAQ 6.1 ATコマンドの使い方? LHT65Nは、ATコマンドに対応しています。USB-TTLアダプタとプログラムケーブルを使用して、LHT65と接続し、ATコ マンドを使用することができます(下図)
  44. 44. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 44 / 62 接続方法: • USB to TTL GND <-->GND • USB to TTL RXD <--> D+ • USB to TTL TXD <--> A11 パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコン ソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デフ ォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワー ドを入力する必要があります。タイムアウト前に、AT+DISATコマンドで、ATコマンドを無効にすることができます。 パスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください。
  45. 45. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 45 / 62 ATコマンドの機能は、下記の通りです。 AT+<CMD>? <CMD>に関するヘルプ AT+<CMD> <CMD>実行 AT+<CMD>=<value> 値を設定 AT+<CMD>=? 値を取得 AT+DEBUG ATZの詳細出力を設定 MCUのリセットをトリガー AT+FDR パラメータを工場出荷時の状態に戻す、キーリザーブ AT+DEUI デバイスEUIの取得・設定 AT+DADDR: デバイスアドレスの取得・設定 AT+APPKEY アプリケーションキーの取得・設定 AT+NWKSKEY ネットワークセッションキーの取得・設定 AT+APPSKEY: アプリケーションセッションキー取得・設定 Key AT+APPEUI: アプリケーションEUIの取得・設定 AT+ADR: アダプティブデータレートの取得・設定(0: off, 1: on) AT+TXP: 送信電力の取得・設定(0~5、MAX:0、MIN:5、LoRaWAN仕様に準拠) AT+DR: データレートを取得・設定 (DR_Xに対応する0-7) AT+DCS: ETSI Duty Cycleの設定を取得・設定( 0=disable、1=enable - テスト用のみ) AT+PNM: パブリックネットワークモードを取得・設定(0: off, 1: on) AT+RX2FQ: Rx2ウィンドウの周波数の取得または設定 AT+RX2DR: Rx2ウィンドウのデータレートの取得または設定 (DR_Xに対応する0-7)
  46. 46. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 46 / 62 AT+RX1DL Tx ウィンドウと Rx ウィンドウ 1 の間の遅延を ms 単位で取得または設定 AT+RX2D: Tx ウィンドウの終了から Rx ウィンドウ 2 の遅延を ms 単位で取得または設定 AT+JN1DL Tx の終了から Join Rx Window 1 までの Join Accept Delay を ms 単位で取得または設定 AT+JN2DL Tx の終了から Join Rx Window 2 までの Join Accept Delay を ms 単位で取得または設定 AT+NJM ネットワーク参加モードを取得または設定 (0:ABP, 1:OTAA) AT+NWKID ネットワークIDの取得・設定 AT+FCU フレームカウンターの取得・設定アップリンク AT+FCD フレームカウンターの取得・設定ダウンリンク AT+CLASS デバイスクラスの取得・設定 AT+JOIN ネットワークに参加 AT+NJS 参加状況取得 AT+SENDB アプリケーションポートと共に16進数データを送信 AT+SEND アプリケーションポートと共にテキストデータを送信 AT+RECVB 最後に受信したデータをバイナリ形式(16進数)で表示 AT+RECV 最後に受信したデータをRaw形式で表示 AT+VER 現在のイメージのバージョンと周波数帯域を取得 AT+CFM コンフィグレーションモードの取得・設定 (0-1 AT+CFS 最後のAT+SENDテータスを取得 (0-1) AT+SNR 最後に受信したパケットのSNRを取得 AT+RSSI 最後に受信したパケットのRSSIの取得 AT+TDC: アプリケーションデータ送信間隔の取得または設定(単位:ms) AT+PORT アプリケーションポートの取得・設定 AT+DISAT ATコマンドの無効化 AT+PWORD パスワード設定、最大9桁 AT+CHS シングルチャンネルモードの周波数(単位:Hz)の取得・設定 AT+CHE US915,AU915,CN470のみ8チャネルモード取得/設定可能 AT+PDTA 開始ページから停止ページまでのセクターデータを表示 AT+PLDTA 最近の数セットのデータを表示 AT+CLRDTA ストレージをクリアし、記録位置を1stに戻す AT+SLEEP スリープモード設定 AT+EXT 外部センサーモデルの取得・設定 AT+BAT 現在の電池電圧をmVで取得 AT+CFG すべてのコンフィギュレーションを表示 AT+WMOD ワークキングモードの取得・設定
  47. 47. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 47 / 62 AT+ARTEMP 内部温度センサーのアラーム範囲を取得・設定 AT+CITEMP 内部温度センサーの収集間隔(分)の取得または設定 AT+SETCNT 現時点でのカウントを設定 AT+RJTDC ReJoin データ送信間隔を min で取得または設定 AT+RPL レスポンスレベルの取得・設定 AT+TIMESTAMP UNIXタイムスタンプ取得設定(単位:秒) AT+LEAPSEC うるう秒の取得・設定 AT+SYNCMOD 時刻同期方法の取得・設定 AT+SYNCTDC 時刻同期間隔を日単位で取得または設定 AT+PID: PIDの取得・設定
  48. 48. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 48 / 62 6.2 ATコマンドとDownlinkコマンドの使用場所 ATコマンド:
  49. 49. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 49 / 62 ダウンリンクコマンド: TTN(The Things Network):
  50. 50. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 50 / 62 6.3 アップリンクの間隔を変更する方法? 下記URLリンクをご参照ください http://wiki.dragino.com/xwiki/bin/view/Main/How%20to%20set%20the%20transmit%20time%20interval/ 6.4 TTL-USBでPCを接続し、ATコマンドを入力する方法 パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコ ンソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デ フォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワ ードを入力する必要があります。AT+DISATコマンドを使用すると、タイムアウト前にATコマンドを無効化することができ ます。
  51. 51. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 51 / 62 パスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください
  52. 52. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 52 / 62 6.5 TTL-USBを使用してPCと接続し、ファームウェアをアップグレードするには? ステップ1: TremoProgrammerをインストールします。. ステップ2:配線方法 まず、4本の線を下図の通り結びます。 その後、デュポンケーブルでポート3とポート1を短絡し、解除すると、ブートロードモードになります。
  53. 53. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 53 / 62 ステップ3:接続するデバイスポート、ボーレート、ダウンロードするファームウェアbinファイルを選択します。
  54. 54. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 54 / 62 スタートボタンをクリックすると、ファームウェアのアップグレードが開始されます。 下記の画面が緑色バー表示がされたら、ダウンロードが完了したことになります。
  55. 55. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 55 / 62 最後にポート4のデュポンケーブルを抜き、デュポンケーブルでポート3とポート1を短絡させ、デバイスをリセットします。
  56. 56. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 56 / 62 6.6 USB-Type Cを使い、ATコマンドでパソコンに接続する方法
  57. 57. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 57 / 62 パソコンでは、シリアルツール(puttyやSecureCRTなど)のボーレートを9600に設定することで、LHT65Nのシリアルコン ソールにアクセスすることができます。ATコマンドはデフォルトでは無効になっており、有効にするにはパスワード(デフ ォルト:123456)を入力する必要があります。ATコマンドを入力するためのタイムアウトは5分で、5分後に再度パスワー ドを入力する必要があります。タイムアウト前に、AT+DISATコマンドで、ATコマンドを無効にすることができます。 下図のようにパスワードとATZを入力し、LHT65Nを起動してください。 6.7 USB-Type CでPCと接続し、ファームウェアをアップグレードする方法?
  58. 58. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 58 / 62 ステップ1: TremoProgrammerをインストールします。 ステップ2:結線情報 まず、4本の線を結びます。
  59. 59. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 59 / 62 A8とGNDをデュポンワイヤでしばらく接続した後、分離し、リセットモードに移行します。 ステップ3:接続するデバイスポート、ボーレート、ダウンロードするファームウェアbinファイルを選択します。
  60. 60. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 60 / 62 スタートボタンをクリックすると、ファームウェアのアップグレードが開始されます。 下記画面の緑色バーが表示されたら、ダウンロードが完了したことになります。
  61. 61. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 61 / 62 最後に3.3Vを切り離し,A8とGNDをデュポン線でしばらく接続した後,分離してリセットモードを終了してください。 6.8 データログの情報が表示されないのですが? 1. 時刻がずれている、正しいクエリコマンドが使われていない可能性があります。. 2. デコーダエラー、データログデータを解析できずにデータがフィルタリングされた可能性があります。.
  62. 62. SX1262 LoRaWAN温度・湿度・拡張プローブ LHT65N Page 62 / 62 7. 注文情報 製造番号: LHT65N-XX-YY XX : 規定周波数帯域は下記です。 • AS923: LoRaWAN AS923 band(日本仕様はこちらとなります) • AU915: LoRaWAN AU915 band • EU433: LoRaWAN EU433 band • EU868: LoRaWAN EU868 band • KR920: LoRaWAN KR920 band • US915: LoRaWAN US915 band • IN865: LoRaWAN IN865 band • CN470: LoRaWAN CN470 band YY: センサーアクセサリです。 • E3: 外付け温度計プローブ • E5: 外付け照度計プローブ 8. 梱包情報 梱包内容は以下が含まれます:: • LHT65N 温度&湿度センサー本体 x 1個 • オプション外付けプローブ 寸法と重量: • デバイスサイズ: 10 x 10 x 3.5 mm • デバイス重量: 120.5g 9. 参照情報 下記リンクから関連情報をご参照ください。 • Datasheet, photos, decoder, firmware 10. サポート ①ご質問が既にWiKiで回答されているかどうかを確認してください。 ②サポートは、月曜日から金曜日の09:00から18:00 GMT + 8まで提供されます。 タイムゾーンが異なる ため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジュールでできるだけ 早く回答します。. ③お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明し、問題を 再現する手順など)、Eメールで送信して下さい。 support@dragino.com

×