【Tokyowebmining】open compute project

4,790 views

Published on

Tokyowebmining 31th

0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,790
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,138
Actions
Shares
0
Downloads
20
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【Tokyowebmining】open compute project

  1. 1. Open Compute Project から今後のインフラをみる TokyoWebmining @ 31th 23.Nov.2013 (Sat) @5roumiles 0
  2. 2. ■自己紹介 ・2004年 汎用機 --- ホストコンピュータ運用 ・2007年 インターネットECサイト --- 運用/監 視/インフラ構築 ・2013年 セキュリティ会社 --- 始めたばかり ・自分の好きな言葉 Don’t guess, measure! You can’t control what you don’t measure. Japan Innovation Leaders Summitに参加 MIT 石井裕さんに感化され、調べるうちに TokyoWebminingに参加するようになる。 twitterID:@5roumiles 1
  3. 3. ◇目次 ・世界で一番大きなシステムってどこでしょう? ・日本のインターネットの利用状況ってどうなっているでしょ う? ・電力比較 ・クラウド環境の利用状況は? ・クラウドって何? ・利用する側 ・提供する側 ・Open Compute Project とは ・Open Compute Project 歴史 ・Open Compute Project 目的 ・Open Compute Project 参加 ・Open Compute Project 特徴 データセンタの仕様、ラック、 サーバ ・まとめ 2
  4. 4. 世界で一番大きいシステムはどこ? ・ Facebook ・ Google ・ Amazon ・ Apple ・ Yahoo ・ Oracle ・ Salesforce データセンタ数 ・ 不明 ・ 13ヵ所 ・ 30ヵ所 ・ 不明 ・ 不明 ・ 17ヵ所 ・ 4ヵ所 ◆ Google trendより 3
  5. 5. ・ 国内におけるクラウド利用状況 4
  6. 6. 5
  7. 7. ・ 我が国のインターネットトラフィック 6
  8. 8. ・ 世界の電力比較 2倍 2倍 ・ 4ヵ国の産業用/家庭用の電力比較をすると 日本は、産業用/家庭用ともに価格が高い。 (注)アメリカは本体価格と税額の内訳不明。 (出所)OECD/IEA, ENERGY PRICES & TAXES, 1stQuarter 2012。平均為替はOECD Statextractよ り。 他の3ヵ国に比べて、電力供給の安定が違うという点があるかもしれません が、 アメリカと比較をすると両方ともほぼ2倍のコストがかかっている。 7
  9. 9. Question:クラウドサービスどう考えて利用していま すか? ◆個人的な見解・・・ ・サービス提供できるスピードを速めてくれるもの ・規模の経済(仮想・仮想空間・無形資産) ・ITビジネスへ参入障壁の低減 (コスト down/資産所有しな い) ・イニシャルコストを抑えられるもの ・スケールを意識しすぎずにサービス提供しやすいもの ・爆発的に成長する可能性のリスクを低減してくれるもの ・無限ではないが、限界を感じにくいもの ・使ったら使った分だけコストが発生するもの 8
  10. 10. Question:クラウドサービスを提供する側は何をしているの か? ◆インフラ屋さんとしては非常に気になった ・システム部門がやっている・やっていたように機器の手配からす る必要がある。 ・規模の経済(現物・現場・現実) ・膨大な機器の用意が必要 (コスト up/ 資産保有) ・イニシャルコストが莫大にかかる ・スケールを緻密に考えた設計が必要 ・爆発的に成長する可能性に応えてくれるもの ・サービス提供では、無限のように提供すべきもの ・初めからコストの発生するもの 9
  11. 11. オンプレミスで見ている数字 例 ・ インターネット回線利用状況 ・ ラック利用本数 ・ 電力利用料 100V or 200Vなど ・ サーバ収容台数 ・ ネットワーク収容台数 ・ 重量/1ラック (収容台数に影響) ・ LANなどのケーブル配線本数 ・ ポート設計 ・ 電源ケーブル ・ 各々の項目の費用が見える ・ 温度 ・ 湿度 ・ etc…etc これは、エンドユーザに必要か? キャパシティ管理をすることは非常 に重要だが、利用される。 そこを意識しないでいい世界があれ ば、 エンジニアは、本来の創るという作 業に専念する事ができる。 大きな資金を持っている所だけが、 享受できるシステムはどんどん少な くなっていく。 スタートアップの企業にもスケール に対応できるインフラとアプリの組 み合わせにより、 スピードを持ったまま対応できる。 サービスを提供する側は、それぞれ をしっかりと定量的に見えるように 10 する事で、
  12. 12. サーバを資産として世の中にサービスとして提供している企業は、 コスト、電源効率、サーバの収容率、電源供給、データセンタの 運用。 企業がシステムの最適化を行うには、 インフラからの改善も一つの施策として考えられる。 そういった規模の大きな所こそが、最適化をする方法を考え出し た。 そういったところで、Open Compute Projectが生まれた。 11
  13. 13. ◆ OpenComputeProject Objective:目的 • 地球環境にやさしく ・ 消費電力削減 ・ 二酸化炭素排出量の削減 ・消費電力効率のよい機器/構造 • コストの最適化/効率化 ・機器 ・運用 ・サービス 12
  14. 14. Open Compute Project (OCP)歴史 April 2011 エネルギー効率 38%の改善をもたらす PUE 1.08のDC設 立 June 2011 オープンソース・ハードウェアを支持する非営利団体を 設立を発表 Oct 2011 OCP foundationが制定、委員の選出 Nov 2011 OCP Summit がNYで開催 May 2012 OCP SummitがSan Antonioで開催 Jan 2013 OCP SummitがSanta Clara で開催 OCP Japan 発足 Nov 2013 ソウルでワークショップ実施 Jan 2014 28-29 San JoseでOCP Summitが開催予定 13
  15. 15. Open Compute Project の項目 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ Sever Storage Data Center Design Networking Hardware management Certification OPEN RACK 14
  16. 16. 参加企業(OCP Japan) ・ IDCフロンティア ・ Agile_Cat ・ i design Data Center ・ アイビーコア研究所 ・ NTTコミュニケーションズ ・ NTTコムウェア ・ NTTデータ先端技術 ・ NTT PCコミュニケーションズ ・ クラウド・ビジネス・アライアンス ・ クラウド利用促進機構 ・ クリエーションライン ・ さくらインターネット ・ 竹中工務店 ・ データホテル ・ ネットワンシステムズ ・ ビットアイル ・ ネットワールド ・ ソフトバンク通信3社情報システム ITプラッ トフォーム部 ・ ブロードバンドタワー ・ 会津ラボ ・ ドヴァ ・ ビーコンインフォメーションテクノロジー ・ 日本電気 ・ Fusion-io ・ 秘密結社オープンフォース ・ 楽天 ・ バンドウィットコーポレーション ・ 伊藤忠テクノロジーソリューションズ ・ 日立システムズ ・ アルティマ ・ 大成建設 ・ Future Facilities ・ 富士通 ・ 東亜電気工業 ・ NTTファシリティーズ ・ メラノックステクノロジーズジャパン ・ イマジテックス ・ イブリオ ・ エクシード ・ バイオス ・ カゴヤ・ジャパン ・ GMOインターネット ・ 白山製作所 15
  17. 17. 特徴1 データセンタ 外気を取り込むことで、空調の電源利用を控えることで、効率化を図っている。 PUE 1.08というのを出している。 16
  18. 18. 特徴2 OpenRack 今までのオンプレミスのようなラッキング配置ではなく、ユニットがある分だけ 搭載する事ができる。 42U or 46Uのラックでは、 下から2,3Uは開けて、 5台毎に1U空けてというよう な搭載だった。 今までで、言えば、32,3台 (1U)のサーバを設置できればいい方だった。 17
  19. 19. 特徴3 Server 1.5Uに搭載できる数がDiskの本数が今までとは、まったく違う。 2Uのサーバでも6本ぐらいがいいところだと思うが、ここでは、15個 (3列× 5行) 18
  20. 20. 特徴4 マザーボード Intel,AMD双方のマザーボードの利用が可能になっている。 19
  21. 21. Open Compute Project JapanのWorking Group ・White Data Center Project WG 美唄市にて実施するWhiteDC実証実験において、その検証用として調達するOCP準拠のサーバ、 PowerSupply、ラックアッセンブリの組み立て、 運用を通じてOCPコンポーネントに対する理解を深めることを目的とする。 ・Compliance & Interoperability WG OCPJ C&I WGはOCPが定義したガイドラインにとどまらず、日本の市場が要求する日本独自のス ペックやS/Wレイヤー、OSSコンパチビリティまで含めたOCPJ推奨仕様を検討する。 ・Future Lab WG High Performance Computing Cloud やApplication Frameworkなど将来のためのリサーチを行 い、 新たなC&Iチェックリストを提案し、OCPとオープンソースコミュ二ティに貢献する。 ・HVDC WG 消費電力量の削減を図り、給電信頼度を高め、 省スペースを実現するHVDCシステムをデータセンタ向けの日本発の技術としてOCPに提言する。 ・Earthquake measures WG 日本での地震対策概要をドキュメント、ホワイトペーパーとして整理し、OCPに提言する。 ・Public Relations WG OCP, OCPJの活動をタイミリーにわかりやすく公開し、OCPの普及促進に貢献する。 ・Translation WG OCPのドキュメントや情報を日本語に翻訳し、OCPの理解と普及促進に貢献する。 また日本発の情報を英語で発信しOCPとOCPJメンバーに貢献する。 20
  22. 22. ●その他気になったトピック ・Google 検索を100回利用すると60wattの電球を28分つけているのと同じ電力らしいです。 => これがどうやって、算出した数字なのかわからないですけど。 ・PUEという算出算出基準について、これが正しいのかという議論もある。 => CPUの利用状況での基準でやるべきなのではないかという事を声もあがっているようで す。 たとえば、最近のエアコンというのは、利用料金が見えるようになっている。 => 最近は、家庭の電気料金も一つ一つ可視化が可能になってきていて、 それに対する機能があるといいのかなと思っています。 ・Code for the Earch Facebook User / データセンタの電力 の値をひとつの指標としてみるようにする。 など見るべき指標をさらに模索していく ・サーバ故障時に片手で外せて、該当部品の交換ができる。 という事らしい。 正直これは、かなりうらやましいと思いました。 個人的には、自分が対応していたところが、こんな復旧方法ができれば、 データセンタでの対応という時に、非常に効率的になるかと思います。 ・ドラッカー時間管理術のように、サーバファシリティの数字が見えてくると 次にとるべきアクションがなんなのかを明確にできるのではないかと考えております。 ・台湾メーカのサーバ構築が非常に気になるところ。 21
  23. 23. まとめ ・ facebook単独だけでは、DC施設は、作れない。 Open Compute Projectにより、自分たちの知恵だけでなく、 各分野の最良の部分の組み合わせを測る事ができるようになっ た。 ・ OCPを設立したことによって、 効率性、敏捷性、柔軟性を高める事ができるようになった。 ・ すでにバージョン3が出てきている。 バージョン3の詳細まではみれていないが、試行錯誤しながら、 まだまだ改善を図っていくとの事。 22
  24. 24. 今後の動向 ワーキンググループは、かなり行われて行っていて、 日本の企業は、どこが本格的にやり始めにやるのか? 気になるところ! オープンに公開をしていくという思想で実施されているものですので、 今後、さらにどんどん共有がされていくと思います。 自分が思うのは、 DC事業者を行っている企業がこの仕様に合わせた場所の用意ができれ ば、 より精度の高いPDCAを回していけるようになると思います。 適度な時間で実現する。 これをどんどんやっていけるところが今後生き残っていける。 そのためには、いかに早くやらなければいけないのか? 23
  25. 25. 参考文献 ・OpenComputeProject http://www.opencompute.org/ ・OpenComputeProject Japan http://opencomputejapan.org/ ・Japan Innovation leaders summit 15.Jan.2011 http://mtl.recruit.co.jp/blog/2011/01/115japan_innovation_leaders_su.html 平成25年版情報通信白書 by 総務省 is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License. http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/ 略字:PUE:Power Usage Effectiveness データセンターなどのIT関連施設のエネルギー効率を表す指標の一つで、施設の全消費電力をIT機器の消費電力。 AMD Cloud Technical Evangelist http://server.amd.com/AMDOpenCompute 2013.11.01 CBA/OCPJ Meeting@Tokyo Briefing paper(発表資料) http://opencomputejapan.org/documents/ocpj-%E8%B3%87%E6%96%99 Open Compute Project Japan Working Groupのご紹介 http://opencomputejapan.org/wp-content/uploads/2013/09/20130830_OCPJ_WG_Summary.pdf ・Code for the Earch http://www.slideshare.net/fullscreen/tetsusaburi/code-for-the-earth-ocp-apactokyo201305/18 24

×