Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Jpg uosawa0525

335 views

Published on

JpGU2015 【H-TT33 未来の地球環境と社会のための新しい情報基盤を構想する】のスライドです。

Published in: Environment
  • Be the first to comment

Jpg uosawa0525

  1. 1. 2015/5/27 JpGU H-TT33 「未来の地球環境と社会のための新しい情報基盤を構想する」 生物多様性に関する基盤情報整備と 利活用に向けた取り組み -GBIF日本ノードJBIF- 国立研究開発法人 農業環境技術研究所 大澤 剛士 <arosawa@affrc.go.jp> (GBIF日本ノードJBIF運営委員) Activities on establishing the basis of biodiversity science -Japan node of Global Biodiversity Information Facility (JBIF)-
  2. 2. About me 大澤 剛士(Osawa Takeshi) 農業環境技術研究所 農業環境インベントリーセンター ・ 標本等の自然史資料を収集し、 生物分布、形態、多様性等のデータベースを構築する ・ それらを活用した研究を行う 生物多様性情報学 Biodiversity Informatics (データベース部門)
  3. 3. Key word 生物”多様性”情報学 Bio ”diversity” Informatics
  4. 4. 生物多様性情報学という 分野を知ってもらうこと Aim 興味を持ってくれた方々と コラボのチャンスを得ること Explain “biodiversity informatics” Make a chance for collaboration with audiences
  5. 5. Current status 2015年5月現在で9件 大澤が3件、同志の神保氏が3件 ほか1件ずつ New research field in Japan
  6. 6. Outline 生物多様性という国際的な環境課題 生物多様性情報って何? GBIF、JBIFって何? Biodiversity as an international issue What is “biodiversity Information”? What is GBIF?
  7. 7. 生物多様性という国際的な環境課題 生物多様性情報って何? GBIF、JBIFって何? Biodiversity as an international issue
  8. 8. 生物多様性 Biodiversity
  9. 9. 生き物好きな人々が騒ぐだけの 問題って思っていませんか? Citizen activity by natural lover?
  10. 10. いえいえ 国際条約に基づく 重要な環境課題です。 This is an environmental issue based on international agreement
  11. 11. CBD Convention on Biological Diversity 生物多様性条約 (1)生物多様性の保全 (2)生物多様性の構成要素の持続可能な利用 (3)遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分 日本は最大の拠出国(拠出額の15.7%) http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/bio.html https://www.cbd.int/ International agreement
  12. 12. IPBES 生物多様性及び生態系サービスに関する 政府間科学政策プラットフォーム (生物多様性版IPCC) Intergovernmental science-policy platform on biodiversity and ecosystem services 科学的評価と、それに基づく政策提言 ⇒我々の生活にも影響しうる! International platform (similar to IPCC)
  13. 13. 生物多様性という国際的な環境課題 生物多様性情報って何? GBIF、JBIFって何? What is Biodiversity Information? What is GBIF,JBIF?
  14. 14. 生物多様性情報 Biodiversity Information 生物情報 Bio-Information コンピューターで扱う=Informatics
  15. 15. 生物情報 Bio-Information DDBJ http://www.ddbj.nig.ac.jp/index-j.html GenBank http://www.ncbi.nlm.nih.gov/genbank/ 生物(ゲノム)情報に関するリポジトリ
  16. 16. 生物多様性情報 Biodiversity Information では、生物多様性情報は? GBIFGlobal Biodiversity Information Facility
  17. 17. Key word GBIF Global Biodiversity Information Facility
  18. 18. 生物多様性情報の国際的共有を 目的とした国際的科学協力プロジェクト Global Biodiversity Information Facility GBIF 地球規模生物多様性情報機構 http://www.gbif.org/
  19. 19. 2001-2006 Proving the concept 2007-2011 Towards full operation 2012-2016 Seizing the future to benefit science and technology 1. 連携を拡大します。 2. 内容を拡充します。 3. インフォマティックスを拡充します。 GBIF 5-year Strategy
  20. 20. GBIF DB ・分散ネットワークによる生物多様性情報DBを構築 ・データやシステムは原則全てオープン →完全なオープンデータ化を目指している ・日本では科博と遺伝研がサーバを保持 国立科学博物館 国立遺伝研 GBIF has distributed databases
  21. 21. 5億超のデータが利用可能 http://www.gbif.org/ Available records
  22. 22. Distribution of whole records 色が明るいほど“データ”が多い ※ 実際の多様性を必ずしも反映していない
  23. 23. Distribution of Miscanthus sinensis 日本在来種のススキが北米、ヨーロッパに 侵入していることがわかる
  24. 24. GBIF Japan: JBIF GBIF活動の日本拠点 NBRPの補助を受けて活動中 GBIF日本ノードJBIF http://www.gbif.jp/v2/ Japan Node of GBIF: JBIF
  25. 25. 1. 多様性情報の重要性に対する認知度を向上させる。 2. 生物多様性情報に関する施設の機能を向上させる。 3. 一般から行政まで幅広く生物多様性情報の重要性訴える。 4. 日本ノードのプレゼンスを向上する。 5. 関連プロジェクトとの連携を模索する。 6. アジア地域の活動において リーダーシップを発揮する。 戦略目標:日本国内の生物多様性情報の 収集と利用を促進し、さらに国際貢献を図る (概要) http://www.gbif.jp/v2/about/jbif.html JBIF Strategy
  26. 26. 生物多様性情報学やGBIF活動を知るための 日本語パンフレット作成・配布 pdfがダウンロードできます。 http://www.gbif.jp/v2/pdf/GBIFpanf.pdf
  27. 27. GBIFを知る上で重要な文書の翻訳版を提供 逐次日本語訳を行って公開しています こちらもダウンロードできます。 多様性情報概況ニュースレター 各国の取り組みは どうなのか 生物多様性情報 の世界的現状
  28. 28. GBIF活動や生物多様性情報に関する シンポジウムやセミナーを開催 毎年12月に上野でWS開催 自然史標本情報の発信に関する研究会(6月、2月) 地方博物館におけるセミナー実施(2014年度は福岡で開催) お声掛けいただければ出張もします
  29. 29. 標本等、生物多様性情報を活用した 研究の推進 最近の発表物 Osawa et al. (2013) PLoS ONE 8(11): e79978. Osawa et al.(2014)Entomological Science17:425-431. Ishikawa et al. (2015) Biodiversity Data Journal 3:e4981. データベースを利用した 広域の多様性解析 過去の標本を利用した 環境影響評価 都市域における 生物データベース構築
  30. 30. GBIF活動や生物多様性情報に関する 実用例や解説記事を発表 最近の発表物 大澤・神保(2013)統計数理61:217-231. 大澤ら(2013)日本生態学会誌63(2): 269-273. 大澤ら(2014)日本生態学会誌64(2): 153-162. データベース技術の総説 国際動向レポート オープンデータ 概説
  31. 31. ・ 定期的なノードマネージャー会合開催 ・ メンタリングプログラム(活動支援)の実施 ・ ワークショップ開催 ・ 国際会議での発表 etc.. GBIF参加地域内でも高いアクティビティ 各国メンバー間で良好な関係を築いている 国際連携: GBIF-Asiaにおけるリーダーシップ
  32. 32. Strategy 1: Build network of data holders and providers in the region by sharing information on GBIF and regional nodes informatics infrastructure as well as information on existing thematic databases such as FishBase, IBIN, ILTER, species group networks. Strategy 2: Popularize the data paper incentive through development of metadata catalogues and corresponding datasets. Strategy 3: Explore (funding) options for mobilising legacy data housed in museums and herbaria and (mechanism) for repatriation of biodiversity data from Asia housed in other countries. Strategy 4: Strengthen help desk facility at regional nodes to ensure the use of DwC-A standard for generating new biodiversity data (metadata, occurrences, checklist) and to better mobilise the publishing of data through GBIF IPT platform. 国際連携: GBIF-Asia戦略 GBIF-Asia Strategy
  33. 33. GBIF can play a key role in the establishment of the GEO Biodiversity Observation Network (GEO-BON), the main activity The data accessible through this portal also provide essential support for the work of the IPBES, and for the GEO-BON. 生物多様性情報の集積・利用基盤として 関連課題への貢献が期待されている http://www.gbif.org/usingdata/policyrelevance 国際連携: GBIFと関連機関
  34. 34. 国内外における関係コミュニティと 携極的に連携したいと考えています! 国内連携: 国内の関連プロジェクト(J連携等)との協力
  35. 35. Take Home Messages ・生物多様性は、国際的な環境課題 ・生物に関する個体以上の情報(分布)を、 情報学の技術で扱う“生物多様性情報学” ・生物多様性情報の国際拠点 GBIF、日本拠点 JBIF 興味を持った方、もっと詳しく知りたい方 ぜひ連絡を!<arosawa@affrc.go.jp> Biodiversity is an international issue Biodiversity Informatics is a collaboration field between macro-biology and Information Science GBIF is center of the field

×