Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20160224osawa

389 views

Published on

2016/2/24 第6回インベントリー研究会の大澤の発表資料です。

Published in: Environment
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

20160224osawa

  1. 1. ビッグデータ時代の インベントリー利活用プラットフォーム 国立研究開発法人農業環境技術研究所 農業環境インベントリーセンター 大澤 剛士<arosawa@affrc.go.jp> 2016年2月24日 第6回農業環境インベントリー研究会 エポカルつくば
  2. 2. コンテンツ • NIAES VIC • • •
  3. 3. コンテンツ • NIAES VIC • • •
  4. 4. 農環研の情報資産 http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/db_image.html?ref=top0 多種多様なデータベース 情報資産=インベントリー
  5. 5. ~全国的な土壌、気象、生物、土地利用、 衛星画像、農業統計などの農業環境情報を 一元的に提供できる農業環境情報 統合データベースを構築する。 農環研 第三期中(長)期計画 (FY2011-2015) 農業環境情報統合 データベースの開発
  6. 6. 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp 第三期中長期計画の成果物(年度末公開) CKAN カタログサイト
  7. 7. 農業環境資源を検索 アクセス、取得の補助 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp Webシステムの検索 データセットの検索 ダウンロードサービス
  8. 8. 仮想的な統合の実現 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp API(インターネット経由でデータに 直接アクセスする仕組み)の実装
  9. 9. 自由な利用の保証(原則CC-BY) オープンデータの推進 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp
  10. 10. ・仮想的な統合 ・オープンデータ
  11. 11. • NIAES VIC • • •
  12. 12. 情報のビッグバン 1年間に約3ゼッタバイトのデータが生成 キロ < メガ < ギガ < テラ < ペタ< エクサ < ゼッタ これは全世界で1人あたり約400GBに相当
  13. 13. 巨大データの時代 容量の心配は(ほぼ)不要 目的に応じてデータベースを構築
  14. 14. 『●●統合データベース』 いわゆる「データ統合」
  15. 15. 『●●統合データベース』 いわゆる「データ統合」 一つの“箱”の中にありとあらゆるデータを入れる
  16. 16. どこかにあるんだけど どこにあるんだよ・・・ 本来、仕事を便利にしてくれるはずのDBが 足かせになってしまう! ありがちな問題
  17. 17. 方向を間違えたり、やり過ぎたりしない ようにするには、 まず「本当は重要でも何でもない」1000の ことにノーと言う必要がある スティーブ ジョブス(1955-2011)
  18. 18. 統合データベース 全てのデータを規格化 同じデータベースに格納 NO!
  19. 19. クラウドコンピューティング =インターネット技術
  20. 20. データベースを雲の中に放り込み、 処理は機械に任せてしまう。 ユーザはインタフェースを介して 欲しいデータを呼び出すのみ! 由来が異なるデータを無理に 規格化し、”結合”する必要はない!
  21. 21. ・ 既存のデータベースは、 既存の状態=独立で保持(管理)、拡充
  22. 22. ・ ただし、緩やかに連携させる ・ 全てのデータベースを雲に放り込む。 データの性質は簡単に把握できるようにする metadata metadata metadata metadata metadata
  23. 23. webAPI webAPI webAPI webAPI webAPI ・ データにアクセスする窓口(API)を取り付け、 自由にアクセス可能にする metadata metadata metadata metadata metadata
  24. 24. ・ そのときにニーズに応じてインタフェースを開発し、 横断利用コンテンツをつくる。 気象+土壌 温室効果ガスの発生量を予測 ・ コンテンツは役割を果たした後に廃止 でもデータは維持され、再利用可能
  25. 25. ・ 新たなデータベースは追加していく =雲の中に放り込んでいく 再利用・拡張の自由
  26. 26. 農業環境資源を検索 アクセス、取得の補助 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp Webシステムの検索 データセットの検索 ダウンロードサービス
  27. 27. 仮想的な統合の実現 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp API(インターネット経由でデータに 直接アクセスする仕組み)の実装
  28. 28. コンテンツ • NIAES VIC • • •
  29. 29. Q.ネット上に氾濫する情報 その著作権を考えたことはありますか? 著作権法の原則:著作者の許諾なしに 創作物を利用してはいけない! 著作権への意識
  30. 30. ライセンスによって許諾条件を明確化する (商用不可、再配布不可、著作者明記etc..) ライセンス 著作権法の原則:著作者の許諾なしに 創作物を利用してはいけない!
  31. 31. 知財を保護しつつ、社会に還元できる 適切なライセンスを付与すべき ライセンス設定 我々の研究成果 =税金が主な原資 研究成果、情報資源
  32. 32. 法律知識を持たない非専門家による 設定には限界がある ライセンス設定 商用の範囲? 教育用は? NPOが使う場合? 内部利用は? 印刷物では? 国外利用は?
  33. 33. Open Data オープンデータ 誰でも自由に利用、加工、配布が可能
  34. 34. コンテンツ • NIAES VIC • • •
  35. 35. Open Data オープンデータ 誰でも自由に利用、加工、配布が可能
  36. 36. ・政府情報は原則としてオープンデータ ・質と量を担保するべし ・すべての者が利用できるように ・自由に使って新しいものを生もう G8で合意 ガバナンス改善、イノベーションのため 政府データの公表を促進すべし! 公的研究機関として従うべき考え オープンデータ憲章
  37. 37. クリエイティブ・コモンズ 標準ライセンス 国際NGOによって提案されたライセンス オープンデータライセンスとして利用可能
  38. 38. 標準ライセンス 必要条項が組み込まれたものが利用可能 自身でライセンスを設定しないで済む
  39. 39. 自由な利用の保証(原則CC-BY) オープンデータの推進 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp
  40. 40. http://www.data.go.jp/ 日本政府のオープンデータ 政府発表や統計情報を中心に 様々なデータをオープン化 CKAN カタログサイト
  41. 41. 農業環境情報統合データベース NIAES VIC (Virtual Inventory Complex) http://dc.niaesvic.affrc.go.jp 第三期中長期計画の成果物 CKAN カタログサイト
  42. 42. NIAES VICは同じシステム 政府オープンデータとの横断利用が容易 分野横断的な利活用が期待される CKAN カタログサイト
  43. 43. まとめ • NIAES VIC • •
  44. 44. カタログサイトは「箱」に過ぎません。 最も重要なのは、格納されたデータです
  45. 45. 「100年前から受け継いだインベントリーを 150年後も使えるようにすること」 組織再編後も、 この役割は決してなくなりません Take Home Message

×