Successfully reported this slideshow.

超簡単!OpenJDKをWindwos Serverにインストール

0

Share

Loading in …3
×
1 of 17
1 of 17

超簡単!OpenJDKをWindwos Serverにインストール

0

Share

Download to read offline

Description

OracleJDKの有償化に伴って注目のOpenJDK。その中でも人気の AdoptOpenJDK11をWindows Server 2019にインストールしてみます。動画版がYoutubeにあります(OSSちゃんねる)。

Transcript

  1. 1. 超簡単! OpenJDK を Windows Serverにインストール 2 0 2 0 . 5 . 1 7 た に や ん OSSPlaza.com
  2. 2. 0. 本スライドでは Windows Server (2019)に、OpenJDKをインストールする 手順を説明します。 OpenJDKのインストールができるようになります。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 2OSSPlaza.com
  3. 3. 1. OpenJDK • OpenJDKはコミュニティで開発されているオープンソースのJavaの実装。 • JDKのビルド(実行モジュール)はサン・マイクロシステムの系譜を継いだオラクル社のJDK が最も普及していたが、JDK11から商用では無料利用ができなくなった。 • それで無償利用可能なOpenJDKに注目が集まっている。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 3 OpenJDKのサイト https://openjdk.java.net/ *実行モジュールはここにはない。 OSSPlaza.com
  4. 4. 2. Adopt OpenJDK • OpenJDKのビルダーにはいくつかあるが、最も有名なAdoptOpenJDK. • AdoptはIBMやマイクロソフト、Redhat, Amazon等がスポンサーについている。 • ApoptOpenJDKには、HotSpotとOpenJ9の2系統がある。 • HotSpotがOracleJDK、OpenJ9がIBMJDKの元になっている、とされる。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 4 AdoptOpenJDKのサイト https://adoptopenjdk.net/ OSSPlaza.com *商用でも無償で使える一方、メン テナンス期間が短い
  5. 5. 3. モジュールをダウンロードする C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 5 https://adoptopenjdk.net/ (AdoptOpenJDKサイト)からHotSpot版をダウンロードする。 プラットフォームを確認 し、OpenJDK11、 HotSpotを選択 Latest Releaseを選 択(最新版) ダイアログが出たら「ファ イルを保存」 OSSPlaza.com *LTS(ロングター ム・サポート)である 11を採用
  6. 6. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 6 ダウンロードしたモジュールをダブルクリック 「次へ」でインストール開始 OSSPlaza.com ライセンスに合意して、次へ
  7. 7. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 7 “Add to PATH”はデフォルト。これ で、JavaがPATHに追加される。 OSSPlaza.com Set JAVA_HOME valiableは、変 更する必要がある。プログラムなどで Javaを呼び出す際に参照する。
  8. 8. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 8 Set JAVA_HOME valiable をクリックし、 ローカルハードドライブにインストール、を選択 OSSPlaza.com がなくなっていることを確認して、次へ。
  9. 9. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 9 OKなら「インストール」 OSSPlaza.com 「完了」のメッセージが出たら「完了」
  10. 10. 5. 動作確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 10 コマンドプロンプトにて >java –version で、バージョン情報が出力されればOK。 OSSPlaza.com C:UsersAdministrator> java –version Openjdk version “11.0.7” 2020-04-14 OpenJDK Runtime Environment AdoptOpenJDK (build 11.0.7+10) OpenJDK 64-Bit Server VM AdoptOpenJDK (build 11.0.7+10, miexed mode) C:UsersAdministrator> 拡大
  11. 11. 6. 環境変数の確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 11 環境変数の設定画面を出す OSSPlaza.com 拡大
  12. 12. 6. 環境変数の確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 12 まず、JAVA_HOMEを見つけて、クリック。 OSSPlaza.com 拡大 JAVA_HOME環境変数が 設定されている。 * インストール時に指 定を忘れた場合、ここ で書いて設定する。
  13. 13. 6. 環境変数の確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 13 Pathをクリック OSSPlaza.com 拡大 インストールしたJDKのパスがあるのを確認
  14. 14. 7. まとめ C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 14OSSPlaza.com • OracleJDK(実行モジュール)は、商用利用は有償化 • OpenJDKに注目 • 普通はLTS(長期メンテナンスされる)を使う(現在は11) • AdoptOpenJDK、が有名 • HotSoptとOpenJ9の2系統がある
  15. 15. OSSPlazaでは、お役に立ちそうな情報発信しています。 Webサイト https://www.ossplaza.com/ Twitter https://www.twitter.com/ossplaza Youtube https://www.youtube.com/ にて、”OSSちゃんねる”または”OSSplaza”を検索 Slideshare https://www.slideshare.net/ (twitter/youtubeにリンクを貼ります) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 15 OSSPlaza.com OSSPlaza.com
  16. 16. C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 16OSSPlaza.com OSSPlaza.com
  17. 17. 弊社で「サーバ構築」する際、OSの準備まではお客様に用意していただくのですが、その際本 書の手順+ネットワーク設定、までをお願いしています(仮想環境はVirtualBoxではないこと が多いのでお客様にお願いしています)。 本書中に登場する会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。本文中では ®©TMなどの記載は省略しています。 本書は、エイチスリーパートナーズ有限会社にて行なったインストールなどの結果を掲載してい るのみであり、内容については一切保証していません。読者の責任においてご利用ください。 著作者人格権はエイチスリーパートナーズに帰属しますが、個人や社内で自由に複写して構 いません。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 17 注意:

Description

OracleJDKの有償化に伴って注目のOpenJDK。その中でも人気の AdoptOpenJDK11をWindows Server 2019にインストールしてみます。動画版がYoutubeにあります(OSSちゃんねる)。

Transcript

  1. 1. 超簡単! OpenJDK を Windows Serverにインストール 2 0 2 0 . 5 . 1 7 た に や ん OSSPlaza.com
  2. 2. 0. 本スライドでは Windows Server (2019)に、OpenJDKをインストールする 手順を説明します。 OpenJDKのインストールができるようになります。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 2OSSPlaza.com
  3. 3. 1. OpenJDK • OpenJDKはコミュニティで開発されているオープンソースのJavaの実装。 • JDKのビルド(実行モジュール)はサン・マイクロシステムの系譜を継いだオラクル社のJDK が最も普及していたが、JDK11から商用では無料利用ができなくなった。 • それで無償利用可能なOpenJDKに注目が集まっている。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 3 OpenJDKのサイト https://openjdk.java.net/ *実行モジュールはここにはない。 OSSPlaza.com
  4. 4. 2. Adopt OpenJDK • OpenJDKのビルダーにはいくつかあるが、最も有名なAdoptOpenJDK. • AdoptはIBMやマイクロソフト、Redhat, Amazon等がスポンサーについている。 • ApoptOpenJDKには、HotSpotとOpenJ9の2系統がある。 • HotSpotがOracleJDK、OpenJ9がIBMJDKの元になっている、とされる。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 4 AdoptOpenJDKのサイト https://adoptopenjdk.net/ OSSPlaza.com *商用でも無償で使える一方、メン テナンス期間が短い
  5. 5. 3. モジュールをダウンロードする C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 5 https://adoptopenjdk.net/ (AdoptOpenJDKサイト)からHotSpot版をダウンロードする。 プラットフォームを確認 し、OpenJDK11、 HotSpotを選択 Latest Releaseを選 択(最新版) ダイアログが出たら「ファ イルを保存」 OSSPlaza.com *LTS(ロングター ム・サポート)である 11を採用
  6. 6. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 6 ダウンロードしたモジュールをダブルクリック 「次へ」でインストール開始 OSSPlaza.com ライセンスに合意して、次へ
  7. 7. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 7 “Add to PATH”はデフォルト。これ で、JavaがPATHに追加される。 OSSPlaza.com Set JAVA_HOME valiableは、変 更する必要がある。プログラムなどで Javaを呼び出す際に参照する。
  8. 8. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 8 Set JAVA_HOME valiable をクリックし、 ローカルハードドライブにインストール、を選択 OSSPlaza.com がなくなっていることを確認して、次へ。
  9. 9. 4. インストール C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 9 OKなら「インストール」 OSSPlaza.com 「完了」のメッセージが出たら「完了」
  10. 10. 5. 動作確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 10 コマンドプロンプトにて >java –version で、バージョン情報が出力されればOK。 OSSPlaza.com C:UsersAdministrator> java –version Openjdk version “11.0.7” 2020-04-14 OpenJDK Runtime Environment AdoptOpenJDK (build 11.0.7+10) OpenJDK 64-Bit Server VM AdoptOpenJDK (build 11.0.7+10, miexed mode) C:UsersAdministrator> 拡大
  11. 11. 6. 環境変数の確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 11 環境変数の設定画面を出す OSSPlaza.com 拡大
  12. 12. 6. 環境変数の確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 12 まず、JAVA_HOMEを見つけて、クリック。 OSSPlaza.com 拡大 JAVA_HOME環境変数が 設定されている。 * インストール時に指 定を忘れた場合、ここ で書いて設定する。
  13. 13. 6. 環境変数の確認 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 13 Pathをクリック OSSPlaza.com 拡大 インストールしたJDKのパスがあるのを確認
  14. 14. 7. まとめ C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 1 9 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D . 14OSSPlaza.com • OracleJDK(実行モジュール)は、商用利用は有償化 • OpenJDKに注目 • 普通はLTS(長期メンテナンスされる)を使う(現在は11) • AdoptOpenJDK、が有名 • HotSoptとOpenJ9の2系統がある
  15. 15. OSSPlazaでは、お役に立ちそうな情報発信しています。 Webサイト https://www.ossplaza.com/ Twitter https://www.twitter.com/ossplaza Youtube https://www.youtube.com/ にて、”OSSちゃんねる”または”OSSplaza”を検索 Slideshare https://www.slideshare.net/ (twitter/youtubeにリンクを貼ります) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 15 OSSPlaza.com OSSPlaza.com
  16. 16. C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 16OSSPlaza.com OSSPlaza.com
  17. 17. 弊社で「サーバ構築」する際、OSの準備まではお客様に用意していただくのですが、その際本 書の手順+ネットワーク設定、までをお願いしています(仮想環境はVirtualBoxではないこと が多いのでお客様にお願いしています)。 本書中に登場する会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。本文中では ®©TMなどの記載は省略しています。 本書は、エイチスリーパートナーズ有限会社にて行なったインストールなどの結果を掲載してい るのみであり、内容については一切保証していません。読者の責任においてご利用ください。 著作者人格権はエイチスリーパートナーズに帰属しますが、個人や社内で自由に複写して構 いません。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 17 注意:

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

×