Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

超簡単!Subversion入門 準備編

Apache Subversionをインストール後、テスト的に使用する環境を設定します。

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

超簡単!Subversion入門 準備編

  1. 1. 超簡単! 2 0 2 0 . 5 . 1 た に や ん C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D OSSPlaza.com 0 Subversion入門 準備編
  2. 2. このスライド扱うこと このスライドは、Subversionをいろいろ試す際に、ユーザが自 分で環境を作れるように、機能確認のための最低限の設定を 解説します。実運用は想定していません。 このスライドの前に、別スライド “超簡単!Apache SubversionをWindows Serverにインス トール”で紹介したSubversionと、 “超簡単!TortoiseSVNをWindowsにインストール” で紹介したTortoiseSVNのインストールが終わっていることとしま す。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E DOSSPlaza.com 1
  3. 3. 1. メニュー C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E DOSSPlaza.com 2 (1)Apache ベーシック認証の設定 Subversionはhttpモードで通信する方法が主流です。SubversionはApache HTTPDサーバをフロントに置いて動作し、認証はApacheで行います。 Active DirectoryやLDAPサーバに認証させることもできますが、ここでは(あくまで学習 用なので)Apacheのベーシック認証を設定します。 (2)アクセス権の設定 Subversionはパスベースのアクセス権設定(Access Control)を行うことができ、ユーザ がそのリポジトリや特定のフォルダを参照・更新することを許可したり禁止したりできま すが、それを設定します (3)初期状態のインポート リポジトリ(リポジトリについては別コンテンツで説明)に初期状態のファイル構造をイン ポートします。
  4. 4. 2. 構成(1) では、次のような想定で準備をします。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 3 【リポジトリ】 URL repo01 http://localhost/svn/repo01 *作成済み repo02 http://localhost/svn/repo02 repo03 http://localhost/svn/repo03 【ユーザー】 アクセス権 repo01 repo02 repo03 user01 R/W R/W R/W user02 R/W R/W R/W user03 R/W R - user04 R - - RはRead(読む権限)、WはWrite(書き込み)権限
  5. 5. 2. 構成(3) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 4 【リポジトリ構成】 repo01 trunk tags branches dir01 dir02 file0101.txt file0102.txt file0201.txt file0202.txt ファイル
  6. 6. 3. ユーザを作る(1) WANdisco版Subversionのパスワードファイルの位置を確認 設定ファイル c: Program Files(x86)WANdiscoSubversionApache2confsubversion.conf このファイル”AuthUserFile”ディレクティブ を見るとデフォルトの位置が記載されている。それは、 c: Program Files(x86)WANdiscoSubversionpasswd である。ここでユーザを作成する。 コマンドプロンプトにて htpasswdコマンドを使用してユーザを作成。 (次ページ) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 5
  7. 7. 3. ユーザを作る(2) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 6 htpasswdコマンドを実行。一人目を作るときには”-c”でパスワードファイル自身を作成する。 ”-b”はユーザ作成時にパスワードも一緒に作る、という指定。
  8. 8. 4. ベーシック認証を有効にする(1) c: Program Files(x86)WANdiscoSubversionApache2confsubversion.conf <VirtualHost *:80> KeepAlive On <Location /svn> DAV svn SVNParentPath “c:repositories” #AuthType Basic #AuthName “Subversion Repo” #AuthUserFile “C:Program Files (x86)WANdiscoSubversionpasswd” #AuthzSVNAccessFile /home/scm/svn.authz #Require vaild-user SVNAutoversioning on </Location> #Enable Subversion logging CustomLog logs/subversion.log combined </VirtualHost> C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 7 赤枠の項目が認証関連
  9. 9. 4. ベーシック認証を有効にする(2) c: Program Files(x86)WANdiscoSubversionApache2confsubversion.conf <VirtualHost *:80> KeepAlive On <Location /svn> DAV svn SVNParentPath “c:repositories” AuthType Basic AuthName “ Input your Subversion ID and Password” AuthUserFile “C:Program Files (x86)WANdiscoSubversionpasswd” #AuthzSVNAccessFile /home/scm/svn.authz Require vaild-user SVNAutoversioning on </Location> #Enable Subversion logging CustomLog logs/subversion.log combined </VirtualHost> C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 8 先頭の”#”を削除。 IDパスワード入力のプロンプト を書き換える(日本語NG)
  10. 10. 4. ベーシック認証を有効にする(3) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 9 タスクマネージャー で”WANdiscoSubversionServer” サービスを探して、再起動する。
  11. 11. 4. ベーシック認証を有効にする(4) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 10 http://localhost/svn/repo01にア クセスしようとすると、ログインプロンプ トが出力される。(認証が効いてい る) ここでは入力せずに終わって良い。
  12. 12. 5. アクセス権の設定(1) まずは、対象のリポジトリを作る。 repo01は、既にある(インストールの時に作った)ので、repo02, repo03を ”svnadmin create”にて作成。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 11
  13. 13. 5. アクセス権の設定(2) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 12 c: Program Files(x86)WANdiscoSubversionApache2confsubversion.conf <VirtualHost *:80> KeepAlive On <Location /svn> DAV svn SVNParentPath “c:repositories” AuthType Basic AuthName “Input your Subversion ID and password” AuthUserFile “C:Program Files (x86)WANdiscoSubversionpasswd” #AuthzSVNAccessFile /home/scm/svn.authz Require vaild-user SVNAutoversioning on </Location> #Enable Subversion logging CustomLog logs/subversion.log combined </VirtualHost> ベーシック認証と同じファイルの中の AuthzSVNAccessFileディレクティブ を加 工する
  14. 14. 5. アクセス権の設定(3) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 13 c: Program Files(x86)WANdiscoSubversionApache2confsubversion.conf <VirtualHost *:80> KeepAlive On <Location /svn> DAV svn SVNParentPath “c:repositories” AuthType Basic AuthName “Input your Subversion ID and password” AuthUserFile “C:Program Files (x86)WANdiscoSubversionpasswd” AuthzSVNAccessFile “C:Program Files (x86)WANdiscoSubversionsvn.authz” Require vaild-user SVNAutoversioning on </Location> #Enable Subversion logging CustomLog logs/subversion.log combined </VirtualHost> 先頭の#を外して パスワードファイルと同じ位置 に”svn.authz”ファイルを指定。 (ファイル名は任意)
  15. 15. 5. アクセス権の設定(4) “C:Program Files (x86)WANdiscoSubversionsvn.authz”を作成してメモ帳で加工する。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 14 メモ帳で svn.authzを開く
  16. 16. 5. アクセス権の設定(5) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 15 “erai”という名前のグループを作り、user01, user02を所属させる リポジトリ”repo01”はuser01, user02, user03が読書、user04は読のみ許可 リポジトリ”repo02”はuser01, user02が読 書、user03は読のみ許可 リポジトリ”repo03”はuser01, user02が読 書、のみ
  17. 17. 5. アクセス権の設定(6) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 16 タスクマネージャー で”WANdiscoSubversionServer” サービスを探して、再起動する。
  18. 18. 6. リポジトリに初期ファイルを登録(1) デスクトップ上に”projectabc”フォルダを作り、その下にフォルダ構造を作る。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 17 repo01 trunk tags branches dir01 dir02 file0101.txt file0102.txt file0201.txt file0202.txt <作成予定のレイアウト> <まずprojectabcの下のフォルダ・ファイル作成> 場所はデスクトップ上でも良い 名前も任意(英数字)
  19. 19. 6. リポジトリに初期ファイルを登録(2) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 18 projectabcフォルダをカレントにして、 右クリック、「インポート」を選択 * カレントのフォルダが間違っ ている(例えばprojectabcが 選択されていない)と、誤った 構造がインポートされるので 注意。
  20. 20. 6. リポジトリに初期ファイルを登録(3) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 19 インポート先、リポジトリ/trunkフォルダにイン ポートする http://localhost/svn/repo01/trunk コミットメッセージ。テスト環境では日 本語でもOKだった。 認証が出てきたら、権限のあるユーザ (user01/user02)、パスワード入力
  21. 21. 6. リポジトリに初期ファイルを登録(4) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 20 正常に処理できると、「リビジョン1になりまし た」と表示される
  22. 22. 6. リポジトリに初期ファイルを登録(5) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 21 ここまでの作業を確認する。右クリックで「リポジトリブラウザ」 を選択する リポジトリのURLを指定
  23. 23. 6. リポジトリに初期ファイルを登録(6) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 22 trunkフォルダが作成されている。これ をクリックすると、 dir01, dir02が作成されていることが 確認できる。
  24. 24. 7. TAGSフォルダを作る(1) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 23 リポジトリトップの直下(http://localhost/svn/repo01)をカレ ントにして、「フォルダを作成」を選択 tagsを指定
  25. 25. 7. TAGSフォルダを作る(2) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 24 コミットメッセージを入力しOKする。 tagsフォルダができる
  26. 26. 8. BRANCHESフォルダを作る(1) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 25 リポジトリトップの直下(http://localhost/svn/repo01)をカレ ントにして、「フォルダを作成」を選択 branchesを指定 *要領はtagsの作成と同じです。
  27. 27. 8. BRANCHESフォルダを作る(2) C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 26 コミットメッセージを入力しOKする。 branchesフォルダができる
  28. 28. ここまでうまくできたでしょうか? 準備はここまでです。 これで実際に試すことができると思いますので、具体 的な学習に進んでいただけれたらと思います。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 27
  29. 29. MORE 今回は、学習用、デモ用の最低限の設定でした。 本格的な設定は使用目的によって変わってくるとは思いますが・・こ こでは扱いませんが、本格運用では次のようなことを考慮しないとい けないですね。 1. ファイアーウォール他、OSのネットワーク設定 2. バックアップ 3. SSL 4. (ベーシック認証はあまり使わないと思うので)LDAP/AD認証 5. その他・・・ C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 28
  30. 30. OSSPlazaでは、お役に立ちそうな情報発信しています。 Webサイト https://www.ossplaza.com/ Twitter https://www.twitter.com/ossplaza Slideshare https://www.slideshare.net/ (twitter/youtubeにリンクを貼ります) Youtube https://www.youtube.com/ にて、”OSSちゃんねる”または”OSSplaza”を検索 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 29OSSPlaza.com OSSPlaza.com
  31. 31. C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 30OSSPlaza.com OSSPlaza.com
  32. 32. 弊社で「サーバ構築」する際、OSの準備まではお客様に用意していただくのですが、その際本 書の手順+ネットワーク設定、までをお願いしています(仮想環境はVirtualBoxではないことが 多いのでお客様にお願いしています)。 本書中に登場する会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。本文中では ®©TMなどの記載は省略しています。 本書は、エイチスリーパートナーズ有限会社にて行なったインストールなどの結果を掲載してい るのみであり、内容については一切保証していません。読者の責任においてご利用ください。 著作者人格権はエイチスリーパートナーズに帰属しますが、個人や社内で自由に複写して構 いません。 C O P Y R I G H T ( C ) 2 0 2 0 O S S P L A Z A . C O M A L L R I G H T R E S E R V E D 31 注意:

×