Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

初めての LibreOffice Localization UI / ヘルプ翻訳

1,399 views

Published on

LibreOffice は使ってもよし、翻訳に挑戦してもよし、開発に参加するもよし、配布してもよしの自由でオープンなソフトです。ツールやシステムが整ってきたので、翻訳の敷居も低くなってきています。自分に合ったやり方で翻訳してみませんか?

Published in: Software
  • Be the first to comment

初めての LibreOffice Localization UI / ヘルプ翻訳

  1. 1. 大橋 和美 初めての LibreOffice Localization UI / ヘルプ翻訳 2015/2/27 オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/Springセミナーでのスライドに加筆修正したものです
  2. 2. 2 [参考]LibreOffice翻訳についてのスライド(2015.2現在) ● LibreOffice UI/ ヘルプ翻訳の基礎知識(小笠原徳彦氏)   LibreOffice日本語チーム小笠原氏のスライド   "ベータ版リリース/インストール” などがわかる人向け ● LibreOffice ヘルプを翻訳してみよう(大橋)   "上記がわからない人向け Windows用 ● このスライド(大橋)   "LibreOffice ヘルプを翻訳してみよう” に    ・LibreOfficeの概要    ・オフライン用.poファイルについての記載を追加
  3. 3. 3 LibreOfficeとは ● The Document Foundation(TDF)1 という非営利組織を 中心に ● サポーター2 、ボランティアが活発な開発3 を続けている ● オープンソースのオフィススイート4 大きなソフトで活発な開発→翻訳量が多い! 1 私たちについて / 運営 https://ja.libreoffice.org/about-us/governance/ 2 The Document Foundation Our Supporters http://www.documentfoundation.org/supporters/ 3 2014年における LibreOffice の開発をログから振り返る 日本語チームTakeshi Abe さん     http://fixedpoint.jp/2014/12/25/libreoffice-2014-retrospect.html  4 オフィス用途の文書、表計算、プレゼン、画像、データベース、数式エディタのセット
  4. 4. 4 スクリーンショット:TDF の wiki 日本語ページ  https://wiki.documentfoundation.org/Main_Page/ja 翻訳は100言語以上 wiki は55言語 EN=英語  JA=日本語
  5. 5. 5 翻訳はこんなかんじ msgid "_Default settings"    msgstr "デフォルト設定(_D)" msgid "There exists no folder named "$folder$"."  msgstr ""$folder$"という名前のフォルダーはありません。" 単語 /文章、アクセスキー、変数、タグ等で構成
  6. 6. 6 100言語、地球レベルでの翻訳の流れ 1. 翻訳する文字列のファイルが作られる 2. 1 のファイルを元に Pootle(後述) で翻訳する 3. 2で翻訳された文字列を取り込んでリリース このスライドでの話は 2 が中心
  7. 7. 7 個人レベルでの翻訳の手順 1. 翻訳する文字列の特定して翻訳 2. Pootle というシステム上で訳を入力 3. LO discuss メーリングリストで相談・報告 4. 査読され、訳が取り込まれる     1 はやりかたがいろいろ     2 はアカウントを作成してから      4 は既存翻訳の修正時必須    5 は査読権限が貢献度を見て付与される
  8. 8. 8 寿命の長い版を翻訳する • Pootle では2つの版のLibreOffice の各UI/ヘ ルプが用意されている5 • 寿命の長い(番号の大きい)ほうを翻訳6 • 翻訳用に、異なるバージョンのLO並行インス トールも可7 5 詳しくはリリースプラン計画参照    https://wiki.documentfoundation.org/ReleasePlan/ja 6 重要な修正については、番号の小さい安定版でも修正することがある 7 複数のバージョンの LibreOffice を共存させてインストールする方法  https://wiki.documentfoundation.org/Installing_in_parallel/ja
  9. 9. 9 個人レベルでの翻訳の手順 1. 翻訳する文字列の特定して翻訳 2. Pootle というシステム上で訳を入力 3. LO discuss メーリングリストで相談・報告 4.査読され、訳が取り込まれる     1 はやりかたがいろいろ     2 はアカウントを作成してから      4 は既存翻訳の修正時必須    5 ここを説明していきます付与される
  10. 10. 11 ここでは3通りのアプローチを紹介 1. Pootleを使ってオンライン 2. ファイルをダウンロードしてオフライン 3. LibreOffice 本体を見ていく     種類 主なアクション 難易 度 オンライン 未訳を選択して翻訳していく 高め オフライン 誤訳 や typo を見つける 中く らい LibreOffice 本体から 既訳の中から、おかしなもの・直 したほうがいいもの等を見つける 低め
  11. 11. 12 オンラインで翻訳 1. Pootle でひたすらあたっていく   [事前にアカウントを作成]  I. 言語とプロジェクトを選択   バージョンは、最新版を優先  II. 「要翻訳」を選択するか、翻訳タブ   から「不完全」を指定(結果は同じ)  III. 翻訳文を上書きして「提案」
  12. 12. 13 スクリーンショット:Potle の日本語ページ
  13. 13. 14 スクリーンショット:Potle のプロジェクトの翻訳タブから 入った画面例(ログイン前) 検索窓 種類 ▼ボタンから選択 文字列の移動
  14. 14. 15 スクリーンショット:Potle のプロジェクトの翻訳タブから 入った画面例(ログイン後) Sting のID(重要!) 文脈 送信 / 提案 ボタン
  15. 15. 16 オンラインで翻訳 Pootle を使っての個人の感想 ● 画面構成 は難しくない ● オンラインなので時々重くなる ● 検索の精度があまり高くない(?) ● 特にUIは文脈をつかみにくい
  16. 16. 17 オフラインで翻訳 2. .po ファイルをオフラインでチェック  I. 翻訳前・後の文字列が入っている 「○○.po」というファイルをダウンロード  II. テキストエディタ開き、適宜整形  III. 文字列を特定したら Pootle で検索  Ⅳ. Pootle で「提案」
  17. 17. 18 スクリーンショット:Potle 日本語ページからプロジェクトを 選択したときの画面例(ログイン後) 言語とプロジェクト ダウンロード ボタン
  18. 18. 19 スクリーンショット:.po を秀丸で開いたもの
  19. 19. 20 スクリーンショット:.grep と正規表現で整形したもの grep で "msgid” と "msgstr” を抽出し、他の要素を削除している
  20. 20. 21 誤訳らしきものが見つかる → 可能ならUIで確認後、Pootle で検索して 提案する ←これが変!
  21. 21. 22 スクリーンショット:LO discuss MLのログ  http://ja.libreoffice.org/get-help/nabble/ 前のページの文字列をPootleで提案を出し、MLで報告したときのもの Pootle 画面の右上のString ~~~をクリッ クすると、その数字を含んだURLに移動する のでそれを保存して報告に使う
  22. 22. 23 LibreOffice 本体を見ていく 3. UI よりヘルプがとっつきやすい  I. ヘルプのトピックを読んでいく  II. おかしなところが見つかったら、オン    ラインヘルプで確認  III. 文字列を特定したら Pootle で検索  Ⅳ. Pootle で「提案」
  23. 23. 24 スクリーンショット:組み込みヘルプ「太字」画面 「太字」が「斜体」になる?
  24. 24. 25 スクリーンショット:オンラインヘルプ「太字」画面 オンラインヘルプでは英語と日本語で確認できる
  25. 25. 26 スクリーンショット:オンラインヘルプ「太字」英語画面
  26. 26. 27 スクリーンショット:オンラインヘルプ「斜体」画面
  27. 27. 28 スクリーンショット:オンラインヘルプ「斜体」英語画面
  28. 28. 29 この文字列から推測すると・・・ ● ”If the cursor is not inside a word, and no text is selected, then the font style is applied to the text that you type.” というヘルプの文字列 を、 ”カーソルが単語内になく、選択されたテキストもない場合は、入力す るテキストに斜体が適用されます。” と正しく訳した。 ● そのあと、同じ英文を「太字が適用されます」と訳さなければならないとこ ろを、前と同じ「斜体が適用されます。」と訳して、そのまま。 どうすればいいか? ● オンライン、もしくはオフラインで文字列を特定し、アカウントを作成して 正しい翻訳を「提案」する。 ● 「提案」したことを、LibreOffice のメーリングリストで報告する ● 今後のリリースで翻訳が修正される しばらくこのままにしておくので、 希望者は翻訳してみてください。
  29. 29. 30 翻訳以外に注意すること ●  他の箇所との整合は? ●  これまでに議論された翻訳では? ●  UI の場合、文字列の長さは適当か? ●  訳してはいけない文字列では? ●  既存翻訳を修正する理由は?
  30. 30. 31 翻訳を始めよう 「LibreOfficeの日本語UI/ヘルプの翻訳方法」  に示されている手順で。   https://wiki.documentfoundation.org/JA/Translation    Pootle を使わず「この文字列がおかしい」という報告からでもいいそうです。 そのほか、wiki ページの翻訳もあります。
  31. 31.  わからなくてもやってみる  やるとわかるようになる ∴やってみよう ※ 個人の感想です。
  32. 32. 34 LibreOffice は ● 開発者+ユーザーが支えている ● 翻訳やバグ報告などに協力しよう ● わからないことは質問サイトへ      http://ask.libreoffice.org/ja/questions/ 

×