オープンソースの統合オフィスソフト          LibreOfficeの最新動向               in オープンソースカンファレンス2012 Fukuoka                         2012/12/8 ...
自己紹介●    LibreOfficeのコンサル、サポート、トレーニング、品質保証         2008年4月から2011年8月まで:株式会社グッデイ         –       – 2011年9月から:フリー●    コミュニティ ...
アジェンダ●    LibreOfficeについて●    LibreOfficeの動向●    更なる情報                              3
統合オフィスソフトの現在●    Microsoft Officeが広く普及しており、その中でも比率の高    いOffice2003が2014年にサポート切れ●    オープンソースでは、LibreOfficeなどが利用されている●    世...
LibreOfficeとは●   統合オフィスソフト       –   ワープロ、表計算、プレゼンテーション、図形描画、データベース●   オープンソース       –   誰でも自由に利用/開発できる       OpenOffice.o...
LibreOfficeで何ができるの?            LibreOfficeのアプリ   相当する               利用例            ケーション             Microsoft Office     ...
Microsoft Officeとの互換性について●    Microsoft Office 97-2003形式:読み書き可能●    Microsoft Office 2007-2010形式:読み書き可能●    通常のファイルのやり取りでは...
LibreOfficeの歴史●    1980年-90年代:商用ソフトウェアのStarOfficeとして開発●   1999年:サン・マイクロシステムズが開発元を買収●   2000年:オープンソースとして公開。OpenOffice.orgプロ...
コミュニティによる開発●    ドキュメント財団(TDF)が運営の中心を担う      –   運営の透明性が高い      –   特定の企業にコントロールされない●   企業や団体、個人がボランティアとして参加      –   誰でも参加...
LibreOfficeのメリット●    さまざまな環境(OS)で利用できる●    様々な言語で利用できる●    国際標準のファイル形式ODFが標準形式で利用できる●   ライセンス管理コストの低減●    ライセンスコストの低減●    ...
LibreOfficeの最近の動向                    11
LibreOffice導入状況●    OpenOffice.orgからLibreOfficeへ移行中        –   会津若松市(福島県)(約840台)        –   住友電工        –   交野市(大阪府)●   Li...
海外での導入状況●    ヨーロッパなどを中心に世界中で利用が進んでいる●    ミュンヘン市(ドイツ)●    フランス政府●   ウンブリア州(イタリア)●    ラス・パルマス県(スペイン)●    コペンハーゲンの病院グループ(デンマー...
リリース計画●    6ヶ月ごとに機能追加版をリリース(3.5, 3.6など)●    毎月不具合修正版リリース(3.6.1など)●    2013年2月には4.0.0を予定                                   14
プロダクトの進化●    頻繁なバージョンアップによる、すばやい対応●    内部のコードの改善●    起動速度などのパフェーマンスの向上●   Andoroid版/iOS版も開発中                            15
LibreOfficeの入手方法●    http://ja.libreoffice.org/ から最新版がダウンロード可能●    本体(Main installer)とヘルプをインストール                          ...
LibreOffice Conference 2012                              17
ドイツ・ベルリンで開催10月17日(水)-19(金)の3日間前日にはコミュニティミーティング                      18
メインホールでのウェルカムセッションの様子                        19
日本語コミュニティについてのセッションも行いました                            20
UnitTestについて、コードの実例を交えたセッションの様子                               21
TDFの意思決定を行うボードメンバーがあつまりクロージングセッション                          22
更なる情報        23
参考書籍●    実務で使えるLibreOffice●   導入事例に学ぶ!LibreOffice移行ガイド●   すぐわかる OpenOffice.org 3●   しっかり学べる!    OpenOffice.org&LibreOffice...
今後のイベント予定●    LibreOffice関連       –   12月9日(日):第1回九州LibreOffice勉強会       –   12月22日(土):第2回関西LibreOffice勉強会       –   2月9日(...
26
LibreOfficeに関わってみませんか●    LibreOfficeを使ってみませんか●    周りの人に勧めてみませんか?●    使い方がわからなくて困っている人にアドバイスしてみま    せんか?●    ブログに書いてみたり、マニ...
まとめ●   LibreOfficeはコミュニティによって開発されているオープンソー    スの統合オフィスソフトです●   世界的に導入が進みつつあり、日本でも自治体や企業などで    少しずつ導入が進んでいます●    表面的な機能だけでな...
ご清聴ありがとうございました                 29
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

オープンソースの統合オフィスソフトLibreOfficeの最新動向 OSC2012 Fukuoka

3,270 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,270
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
209
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

オープンソースの統合オフィスソフトLibreOfficeの最新動向 OSC2012 Fukuoka

  1. 1. オープンソースの統合オフィスソフト LibreOfficeの最新動向 in オープンソースカンファレンス2012 Fukuoka 2012/12/8 LibreOffice日本語チーム 榎真治このドキュメントはクリエイティブ・コモンズ表示-継承 2.1 日本でライセンスされています
  2. 2. 自己紹介● LibreOfficeのコンサル、サポート、トレーニング、品質保証 2008年4月から2011年8月まで:株式会社グッデイ – – 2011年9月から:フリー● コミュニティ LibreOffice 日本語チーム – – 九州LibreOffice勉強会、関西LibreOffice勉強会 – 日本UNIXユーザ会など● メールアドレス:shinji.enoki@gmail.com● Twitter: eno_eno 2
  3. 3. アジェンダ● LibreOfficeについて● LibreOfficeの動向● 更なる情報 3
  4. 4. 統合オフィスソフトの現在● Microsoft Officeが広く普及しており、その中でも比率の高 いOffice2003が2014年にサポート切れ● オープンソースでは、LibreOfficeなどが利用されている● 世界的に展開しているオフィスソフトであれば、機能的に は違いはそれほどない● Google DocsなどWebサービスも出てきている。コラボレー ションに便利 4
  5. 5. LibreOfficeとは● 統合オフィスソフト – ワープロ、表計算、プレゼンテーション、図形描画、データベース● オープンソース – 誰でも自由に利用/開発できる OpenOffice.orgの事実上の後継 –● マルチプラットフォームに対応 – Windows、Mac OS X、Linux● 多言語対応に対応 – 109のUIを選択可能(3.6.0 Win版)● 国際標準ファイル形式のODF – 多くの統合オフィスソフトで対応 5
  6. 6. LibreOfficeで何ができるの? LibreOfficeのアプリ 相当する 利用例 ケーション Microsoft Office のアプリケーショ ンワープロ Writer(ライター) Word 印刷文書、マニュア ル表計算 Calc(カルク) Excel 表、グラフ、データ 分析プレゼンテーション Impress(インプレス) PowerPoint プレゼン資料図形描画 Draw(ドロー) Publisher チラシ、イラスト、レ イアウト図データベース Base(ベース) Access データベース数式 Math(マス) (数式エディタ) 文書中の数式作成 6
  7. 7. Microsoft Officeとの互換性について● Microsoft Office 97-2003形式:読み書き可能● Microsoft Office 2007-2010形式:読み書き可能● 通常のファイルのやり取りでは大きな問題はない● LibreOfficeはオリジナルのソフト(Microsoft Officeの完全 な代替品ではない)● Microsoft Officeの方がよいところ、 LibreOfficeの方がよいところそれぞれある 7
  8. 8. LibreOfficeの歴史● 1980年-90年代:商用ソフトウェアのStarOfficeとして開発● 1999年:サン・マイクロシステムズが開発元を買収● 2000年:オープンソースとして公開。OpenOffice.orgプロジェクト開始● 2002年:OpenOffice.org 1.0 リリース● 2005年:OpenOffice.org 2.0 リリース● 2008年:OpenOffice.org 3.0 リリース● 2010年:オラクルによるサン・マイクロシステムズの買収● 2010年9月:TDF発足。LibreOfficeの開発が開始● 2011年1月:LibreOffice 3.3.0 リリース● 2012年8月:LibreOffice 3.6.0 リリース● 2013年2月:LibreOffice 4.0.0 リリース予定 8
  9. 9. コミュニティによる開発● ドキュメント財団(TDF)が運営の中心を担う – 運営の透明性が高い – 特定の企業にコントロールされない● 企業や団体、個人がボランティアとして参加 – 誰でも参加できる – 実力主義 – 参加メンバの所属企業の例 (SUSE, Redhat, Canonical, Lanedoなど)● 日本語圏で活動するメンバーが中心になって日本語チームを結成し て活動 9
  10. 10. LibreOfficeのメリット● さまざまな環境(OS)で利用できる● 様々な言語で利用できる● 国際標準のファイル形式ODFが標準形式で利用できる● ライセンス管理コストの低減● ライセンスコストの低減● 誰でも利用できる● 誰でも開発コミュニティに参加できる/風通しのよさ 10
  11. 11. LibreOfficeの最近の動向 11
  12. 12. LibreOffice導入状況● OpenOffice.orgからLibreOfficeへ移行中 – 会津若松市(福島県)(約840台) – 住友電工 – 交野市(大阪府)● LibreOfficeから導入 – JA福岡市 – JFEスチール(導入決定) – 久喜市(埼玉県)、甲賀市(滋賀県)、etc● OpenOffice.org導入済み、LibreOffice移行は? – 山形県(約5600台) – 徳島県(約4000台) – 龍ヶ崎市(茨城県)、四国中央市(愛媛県)、豊川市(愛知県)、箕面市 (大阪府)、深川市(北海道)、夕張市(北海道)など – トーホーなど 12
  13. 13. 海外での導入状況● ヨーロッパなどを中心に世界中で利用が進んでいる● ミュンヘン市(ドイツ)● フランス政府● ウンブリア州(イタリア)● ラス・パルマス県(スペイン)● コペンハーゲンの病院グループ(デンマーク) 13
  14. 14. リリース計画● 6ヶ月ごとに機能追加版をリリース(3.5, 3.6など)● 毎月不具合修正版リリース(3.6.1など)● 2013年2月には4.0.0を予定 14
  15. 15. プロダクトの進化● 頻繁なバージョンアップによる、すばやい対応● 内部のコードの改善● 起動速度などのパフェーマンスの向上● Andoroid版/iOS版も開発中 15
  16. 16. LibreOfficeの入手方法● http://ja.libreoffice.org/ から最新版がダウンロード可能● 本体(Main installer)とヘルプをインストール 16
  17. 17. LibreOffice Conference 2012 17
  18. 18. ドイツ・ベルリンで開催10月17日(水)-19(金)の3日間前日にはコミュニティミーティング 18
  19. 19. メインホールでのウェルカムセッションの様子 19
  20. 20. 日本語コミュニティについてのセッションも行いました 20
  21. 21. UnitTestについて、コードの実例を交えたセッションの様子 21
  22. 22. TDFの意思決定を行うボードメンバーがあつまりクロージングセッション 22
  23. 23. 更なる情報 23
  24. 24. 参考書籍● 実務で使えるLibreOffice● 導入事例に学ぶ!LibreOffice移行ガイド● すぐわかる OpenOffice.org 3● しっかり学べる! OpenOffice.org&LibreOffice● オープンガイドブック OpenOffice.org 3 第2版 24
  25. 25. 今後のイベント予定● LibreOffice関連 – 12月9日(日):第1回九州LibreOffice勉強会 – 12月22日(土):第2回関西LibreOffice勉強会 – 2月9日(土):オープンソースカンファレンス Hamamatsu – 2月23日(土) オープンソースカンファレンスTokyoにて LibreOffice Japan mini Conference 25
  26. 26. 26
  27. 27. LibreOfficeに関わってみませんか● LibreOfficeを使ってみませんか● 周りの人に勧めてみませんか?● 使い方がわからなくて困っている人にアドバイスしてみま せんか?● ブログに書いてみたり、マニュアルを作ったりしませんか?● コミュニティへも参加して活動すると楽しいです。また結果 的に経験や情報収集にもなります 27
  28. 28. まとめ● LibreOfficeはコミュニティによって開発されているオープンソー スの統合オフィスソフトです● 世界的に導入が進みつつあり、日本でも自治体や企業などで 少しずつ導入が進んでいます● 表面的な機能だけでなく、内部的にも改善が進んでいます● ぜひ、使ってみてください 28
  29. 29. ご清聴ありがとうございました 29

×