Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LibreOffice Conference 2015 参加報告 in OSC福岡

483 views

Published on

オープンソースカンファレンス2015 Fukuokaで行った「LibreOffice Conference 2015 参加報告」のスライドに加筆修正したものです

Published in: Software
  • Be the first to comment

LibreOffice Conference 2015 参加報告 in OSC福岡

  1. 1. 1 LibreOffice Aarhus 2015 Conference Presentation LibreOffice Conference 2015, Aarhus 参加報告 Shinji Enoki (shinji.enoki@gmail.com) 2015-10-03 オープンソースカンファレンス 2015 Fukuoka
  2. 2. 自己紹介 榎真治(えのきしんじ) LibreOffice 日本語チーム (2011-) The Document Foundation メンバー (2014/4-) 主にイベントしてます 明日は第 6 回九州 LibreOffice 勉強会を行います
  3. 3. 最近の LibreOffice 動向 8 月に 5.0 リリース 半年ごとに順調にリリース 9 月に LibreOffice プロジェクト 5 周年! LibreOffice Online の開発が本格化 UI が HTML5 ベースのサーバー Android 版ビューアのリリース
  4. 4. 今年のカンファレンスの概要 開催地:デンマーク・オーフス 日時: 2015 年 9 月 23 日(水) -25 日(金) 約 80 のセッション(かなりツメツメ) 参加者: 150 名くらい?(例年より多め) 日本からは 3 名
  5. 5. Aarhus( オーフス ) の紹介 Wikipedia によるとデンマーク第 2 の都市 ユトランド半島にありドイツの北側 ヴァイキングの要塞が始まりとかで、歴史も古いらしい
  6. 6. オーフスにたどり着くまで 安い航空券を狙ったらバンコク経由に しかも 10 時間以上のトランジット コペンハーゲンから列車で 4 時間弱 橋をいくつか渡るはずが、行きでは電車止まりました 結構疲れました 与太話は明日の勉強会で
  7. 7. 会場の DOKK1 (図書館) 広々としていて、電源席もあって快適 最近出来たらしく綺麗 トイレが混雑気味
  8. 8. 子供向けゾーンが充実
  9. 9. ボードゲームも
  10. 10. コミュニティミーティング カンファレンス前日、 9 月 22 日(火)午後に開催 開発ミーティング、 NLP(Native Language Project) ワーク ショップの2つ NLP の参加者は 30 名以上(私もこちらに参加)
  11. 11. Sophie 司会:翻訳プロセスの ラウンドテーブル
  12. 12. 翻訳プロセスワークショップ 内容の一部紹介 Web ベースの翻訳システム Pootle での翻訳プロセス マスターで翻訳するようになった ブランチオフは製品のブランチオフと同時 Pootle について リジェクトする時など理由を書けないという指摘も 一括でダウンロード、アップロードできるが ... KeyID ビルド: UI でメニュー 1 つずつに ID を振っている qtz 言語パック Help GSoC などで開発されたものなどはアップデートが追いつ かず、 UI とずれが出ているところも
  13. 13. Italo 司会マーケティングの ラウンドテーブル
  14. 14. マーケティング ラウンドテーブル プレスリリース Italo は全ての言語を使えるわけではない 翻訳しよう(日本などは翻訳して出している) ブラジルの LibreOffice マガジン 大学などのマイグレーション事例紹介やブログの翻訳など マイグレーション事例はマーケティング PJ で共有しよう
  15. 15. マーケティング ラウンドテーブル (2) プレスとのコンタクトを保とう ( 対面で ) コンタクトパーソンを各 NLP で置くのがよいのでは SNS は TDF では Google+,FB,Twitter,Linkedin を利用 Web サイト( CMS )をどう使うか メニューが深すぎてたどり着けないという指摘も
  16. 16. 開発 (開発トラックはあまり聞けてないですが) 開発者のテスト ユニットテストの書き方、増加傾向など Python を使った API を叩く自動テスト Base は利用している OSS のバグ FIX など LibreOffice Kit も進めている LibreOffice Online(LOOL) や Android 版などから使うコア LOOL のアーキテクチャの説明も
  17. 17. マイグレーション(移行) ヨーロッパでは行政での導入が目立つ カンファレンス直前に発表された、 イタリア国防省 15 万台の話も ブラジルでの大学への導入例 オーフス市の OSS への取り組み ハンガリー政府の Linux へのマイグレーション事例 ミュンヘン市の Linux+LibreOffice 事例
  18. 18. コミュニティ LibreItalia (非営利団体) 主に教育向けを中心に活発に活動 教師向け、保護者向け、子供向け ベトナムコミュニティ 距離が離れている。ルール作りをした MSO は英語 UI しかないが、何をどこまで翻訳するか? LibreOffice だけをやっている人はほぼいない 複数のコミュニティをかけもち
  19. 19. 小笠原さんによる縦書きの発表
  20. 20. JA 福岡市の事例発表しました
  21. 21. パーティというか食事会 9/21
  22. 22. 9/22 コミュニティミーティング後
  23. 23. Hackfest 9/24 夜
  24. 24. Hackfest の様子
  25. 25. 5 周年の誕生日ケーキ!
  26. 26. 個人的な印象 (1) サポートベンダ Collabora: 開発者やマーケティングの人を採用 あいかわらず最大勢力 メンバーは増えてきている 代理店も増えている CIB の人たちがたくさん来ていた TDF 立ちあげの中心の 1 人だったトーステンが SUSE から 移籍 ボランティアからフルタイムに復帰 奥さんのカタリナも CIB メンバに それ以外にも LibreOffice 開発のために人を採っている ハンブルグ在住で、久しぶりに復帰するという人も
  27. 27. 個人的な印象 (2) アジアからの参加者も多かった 日本 3 人、インド 3 人?、台湾、ベトナム、スリランカ (他にもいたはず) カンファレンス参加者もいつもより大分多かった 初めて会う人が結構いた マイグレーション、コミュニティ系セッション多かった NLP 系の参加者が増えた影響かも
  28. 28. 個人的な印象 (3) 日本のコミュニティはメンバが少ないといっても、 世界的にみると大きい方だということを実感 1 人で翻訳してます、みたいな言語も
  29. 29. まとめ LOOL など新しい方向も着実に進んできつつある 例年以上に盛り上がった ヨーロッパでは LibreOffice が盛り上がりつつあるかも?
  30. 30. All text and image content in this document is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License (unless otherwise specified). "LibreOffice" and "The Document Foundation" are registered trademarks. Their respective logos and icons are subject to international copyright laws. The use of these therefore is subject to the trademark policy. Thank you! Shinji Enoki (shinji.enoki@gmail.com)

×