タブレットセミナ[八子] R 20110217

1,115 views

Published on

2011年2月25日、リックテレコム主催「iPadとAndroidの企業導入に備える」セミナーの第4講演「タブレットに適したアプリケーション導入のポイント」資料です。

有料イラストが含まれるので、当該部分のみを加工・切り出ししての利用を禁止します。
引用時には会社名と資料名を明記下さい。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,115
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

タブレットセミナ[八子] R 20110217

  1. 1. 「iPad、Androidの企業導入に向けて」【第4講演】タブレットに適したアプリケーション導入のポイント2011年 2月25日デロイト トーマツ コンサルティング株式会社パートナー 八子 知礼
  2. 2. 自己紹介 • 松下電工株式会社、外資系コンサルティング会社等を経て現在に至る。 • 通信キャリア、プロバイダ、ハイテク/電子機器メーカ等に対して、 新規事業戦略立案、CRM/顧客戦略、商品/サービスマーケティング戦略、 チャネル戦略の策定 、購買・調達BPR、物流・商流・バリューチェーン 再編を中心としたプロジェクトを手掛けている。 • 著書「図解クラウド早わかり」、共著書「図解 ロジスティクスマネジメント」 • 日経コンピュータ、日経コミュニケーションに寄稿多数 八子 知礼 TMTインダストリグループ パートナーITPro連載中 2010/2/1 中経出版より「八子・モバイルクラウド研究所」 「図解 クラウド早わかり」出版 現在 好評 中国語版 第13回 6刷 発刊2 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  3. 3. 企業サイトの監修をはじめ、雑誌寄稿多し。テレビにも登場 NTTコミュニケーションズ エコノミスト臨時増刊号 8/9号 BizCity「クラウドナビ」を監修 「巨大データ経済」特集に寄稿 日経コミュニケーション(隔週刊) CS放送朝日ニュースター 2009~2010年で年間50%に寄稿 「ニュースの深層」8/13分に生出演3 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  4. 4. クラウド、モバイルに関係する下記のような団体のアドバイザリー等としても活動。 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム • 「シニアモバイルシステムコンサルタント資格研修」の監修と講師を務める 新世代M2Mコンソーシアム • M2M(Machine to Machine)のビジネスを推進する団体。理事を務める。 Cloud Business Alliance • ネットワンシステムズを中心としたビジネス協業体。アドバイザを務める。 クラウド利用促進機構 • クラウドのフェアな利用を促進する機構。アドバイザを務める。 SaaSパートナーズ協会 • 様々なクラウドサービスを色々な立場で研究する団体。情報連携中。 日本テレワーク協会 • 講演を通じて会員企業100社へのテレワーク移行の啓蒙活動を務める。 Made In Japan Software Consortium • 日本製ソフトウェアの普及推進団体。クラウド化等を協業討議中。 日本Androidの会 • Activistに認定されており、幹事会に対する不定期情報提供中。 グローバル基盤技術連携フォーラム • 国際的クラウド間の連携を検討する団体。会員として情報連携活動中。 Net Computing Alliance • PMC研究会活動開始予定。専務理事と共著準備中。4 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  5. 5. 1.モバイルクラウド における タブレットの位置づけ5
  6. 6. クラウドコンピューティングが起こした変化:物理資産の所有モデルから無形資産の利用モデルへの変化 仮想化によるソフトウェアサー 物理サーバ バ •クラウド化 動的なリソース配分と圧倒的 固定リソース な拡張性 サーバーに対する投資 利用した分だけの経費 所有から利用へ 手元の物理コンポーネントの消滅 ハードウェアにソフトウェアイ インストールせずにSaaSで利 ンストール済 用 •シン 一人複数台、使い方によりリソ 一人一台、固定リソース クライアント化 ース増大 物理キーボードとHDD搭載 キーボードレス/ディスクレス6 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  7. 7. 世界市場で50億台を超過してモバイルデバイスが普及する中、クラウドとモバイルを組み合わせ たモバイルクラウドこそが求められる実現像 情報/データ 殆どのクラウドベンダは 日本におけるクラウド・サービス 情報を引き出すデバイス側を の市場規模推移(2009年~2014年) 考慮していない [億円] クラウドコンピューティング (データセンター) Fixed Cloud Mobile Cloud ニーズに乖離があり、 ネットワーク 双方のベンダーが 売れないと嘆く構造 情報を引き出すデバイス ワーク/ライフスタイルは モバイルが当たり前の時代 クラウドと連携していない ※2009年はROA推定値、2010年~2014年は予測値 Source: ROA モバイルクラウドが必要とされる時代 (http://japan.researchonasia.com/report/report_name.html?num=278 )7 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  8. 8. モバイルデバイス発展の経緯を振り返るとタブレットは終着駅?? 使い勝手の向上を目指して画面大型化とモビリティの向上を追求した結果、 発生したのがタブレットデバイスの市場 タブレット ガラケー スマートフォン ネットブック ノートPC 7~10インチ 3インチ 5インチ 様々なタイプが登場 10インチ 15インチ 画面大型化 モビリティの向上 QWERTY物理キーボードなし ソフトウェアキーボード QWERTY物理キーボードあり 外付け物理キーボード 片手持ち・保持手操作 片手保持・対手操作 デスク設置・両手操作 操作中でも移動することが前提 目的や場所に応じて 操作中は移動しないことが前提 移動してもとまっても良い モバイルクラウドの時代にこそ最適なデバイス、 それがスマートフォンでありタブレットである8 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  9. 9. 2. タブレット時代の ワークスタイルと 求められる要件9
  10. 10. モバイルデバイスで片手操作、立ったまま仕事をするワークスタイルが標準もちろん、それが最適な業種・職種の話。 データは 音声や データの デバイス起動 立ったまま クラウドから タッチにより 保管場所を 5~10秒 閲覧・入力 参照 操作 気にしない データとアプリケーションは キーボードレス 片手保持複指操作: クラウド = デスク不要 マルチタッチ、音声 業種・職種によっては 立ったまま仕事する/デバイス操作するのが当たり前の時代に!10 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  11. 11. エンドユーザで蔓延する多様なSaaS、多様なデバイス接続はIT資産の“民主化”トレンドこの流れは止められない。 マルチSaaS マルチデバイス ~便利なSaaSを経費で使える時代~ ~会社貸与デバイスは生産性が低下~ アプリケーションとデバイスの選択権が情シスから「民主化」され自由度が上がっている11 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  12. 12. 業種・職種別にアプリケーションとデバイスを組み合わせて最適化することが理想のワークスタイルに近づける必須の要件となる デバイス(一例) SaaS/アプリケーション 勤怠管理/日報/CRM・SFA 営業 商品DB/カタログ ルートセールス 勤怠管理/日報/CRM・SFA MD 在庫管理/受発注 商品DB/カタログ/CRM・SFA 医療業界MR 技術・臨床情報DB 【ポイント】 フィールドエン 業界別に 勤怠管理/商品DB/CRM・SFA ジニア 画面サイズは /技術DB 変わる 入出庫チェッカー/検品/在庫管 物流倉庫作業員 理 勤怠管理/出納/CRM・SFA/受 宅配便作業者 発注12 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  13. 13. 3. 現在導入されている 企業タブレット環境 における課題13
  14. 14. 最も多いのが、「デバイスとしてのタブレット」を導入してみました、という企業 タブレット導入 •単純なデバイスの置き換えのみ •OSはウィンドウズ •デスクトップ仮想化 •またはリモートデスクトップ • 画面小さいからめっちゃ使いにくい • タブレットかっこよさそうじゃん • 指でカーソル動かすなんて無理 • ノートPC持ち歩くなと言われてるし • キーボードが要るね、結局 • 軽くて素早い起動がいいね • 複数画面開けないから生産性悪っ • クラウドと連動させればファイルの • 普通のノートがいいからネットカフェ やりとりも楽そうだし でリモートアクセスして使ってる ちゃんとアプリも最適化してあげて下さい! ハードウェアだけ入れ替えてデスクトップ飛ばしても解決になってない14 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  15. 15. がんじがらめのセキュリティで使い勝手を縛り付ける適用する一方で、新たなデバイスに対する統一的なポリシーがない企業が多い スマートフォンは? PC持ち出し禁止 タブレットは? iPhoneは? •メールデータ残るけど消せる?• 融通が利かないね • どんなスマフォでもOK? •タブレットはPCですか?• 生産性が下がりまくりだよ • iPhoneでも大丈夫? • その場合持ち帰り禁止?• 実際年間何台無くなるの? 良くある例:ケータイはNGだけど • どんなタブレットでもOK? 、iPhoneは大丈夫と言って持 • シンクライアントとタブレット ち込んでいる は違うの? 過剰なセキュリティポリシーの適用により、生産性が低下するばかりか、 結局はユーザーがその他の抜け道を探すこととなる15 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  16. 16. タブレット上のアプリケーション環境ではマウス操作によるウィンドウシステムの限界 画面の隅っこまで指で 折角キーボードもマウスも 操作するの、じれったくて なくなったタブレットなのに、 結局生産性下がるんですけど マウスがないと、こんなに 使いづらいなんて! 画面隅やアプリ閉じる ×ボタンは押せない マウス操作によるウィンドウシステムはタブレットに合わない! タッチ操作の時代にあったユーザインタフェースが必要16 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  17. 17. 4. 基幹システム/ SaaS対応時のポイント17
  18. 18. 基本的にはモバイルクラウド実現にむけた仕分けフレームワークとほぼ同じ モバイルクラウドの仕分けフレームワーク アプリケーション データ特性 × モビリティ特性 × 特性 × 組織階層特性 ローカルに大量 1画面集中 上位職か、 データを落とさない事 単純作業にむく 末端に向く 加えて、タブレットの適用フレームワーク モニタリングの 顧客プレゼンの 起動時間の 既存大量データの 必要性 × 必要性 × 短さ × 存在 適用業務が 紙やカタログなどで 顧客と画面を共有 迅速な応対や動きながら 定常的にモニタリングを 膨大な量のDBが する必要がある業務 操作が必要となる業務 必要とするもの 存在する業務 タブレットの場合、モバイルクラウドと異なるのが、顧客接点業務でなくても 適用できる範囲があるということ18 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  19. 19. タブレットが適用できる業務/アプリケーション(例) あくまでも前ページの①モニタリング、②顧客プレゼン、③起動時間を基準にPDCAを想定しながら判定した一例 マーケティ 製品開 カスタマサ 営業 受注 購買 製造 物流 ング 発 ービス 製品別原価 受注残高管 請負業者管 アフターサーバリューチェーンコア業務 Web 販売計画 購買管理 需要予測 企画 理 理 ビス管理 ケータイサイ 製品ライフサ サプライヤ等 生産ライン 問い合わせ 代理店管理 仕様確定 製品出荷 ト イクルの管理 の選定/管理 の整備/管理 対応 契約、見積依 業者等の選 物流製品 品質不良対 メルマガ配信 特許情報 営業管理 出荷管理 頼書の管理 定/管理 在庫管理 応 アンケート集 債権管理 製品輸送 顧客情報管 CAD 営業支援 調達 生産管理 計 (請求、回収) の管理 理 製造工程 リベート管理 入庫検収 品質管理 の設計/開発 製品化/検証/ 受入書の作 仕掛品/製品 認定 成、支払管理 在庫管理 仕様変更管 原材料/部品 生産/製品関 理 在庫管理 連管理 分析系デー 経営コックピ 社内ポータノンコア業務 電子メール ワークフロー 人事情報 月次決算 財務 タマート ット ル 部門指標管 ファイルサー 承認・権限規 グループウェ 競合情報 給与計算 経費精算 税務 理 バー 定 ア 福利厚生 年次決算 資金管理19 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  20. 20. ローカルにデータを持たないか、キャッシュさせるかは悩ましい局面。 マーケティ 製品開 カスタマ 営業 受注 購買 製造 物流 ング 発 サービス 製品別原価 受注残高管 請負業者管 アフターサー APサーバ バリューチェーンコア業務 Web 販売計画 購買管理 需要予測 企画 理 理 ビス管理 ケータイサイ 製品ライフサ サプライヤ等 生産ライン 問い合わせ 代理店管理 仕様確定 製品出荷 ト イクルの管理 の選定/管理 の整備/管理 対応 契約、見積依 業者等の選 物流製品 品質不良対 メルマガ配信 特許情報 営業管理 出荷管理 頼書の管理 定/管理 在庫管理 応 アンケート集 債権管理 製品輸送 顧客情報管 CAD 営業支援 調達 生産管理 計 (請求、回収) の管理 理 製造工程 リベート管理 入庫検収 品質管理 の設計/開発 製品化/検証/ 受入書の作 仕掛品/製品 適用除外されたアプリでも 認定 仕様変更管 成、支払管理 在庫管理 原材料/部品 生産/製品関 分析系デー Webアプリにするなどの工夫で 理 経営コック 在庫管理 社内ポータ 連管理 ノンコア業務 タマート 電子メール リモート操作する環境にできる ピット 部門指標管 ファイルサー ワークフロー ル 承認・権限規 グループウェ 人事情報 月次決算 財務 繋がれば即同期 競合情報 給与計算 経費精算 税務 理 バー 定 ア 福利厚生 年次決算 資金管理 ネットワークが切断された時のために 全てをWebアプリとするのでなく、 緊急度の高いものはローカルで キャッシュできるアプリケーションが 必要となる Webアプリケーション化すれば ブラウザがあれば活用可能 Webアプリ化するか、ローカルアプリ化するかは 既存のアプリケーションのタイプに依存する。当面はキャッシュも必要。20 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  21. 21. 5. アプリケーション利用 環境のポイント21
  22. 22. 鍵を握る次のトレンドは使い勝手の良い「ユーザーインタフェース」  狭い画面内での操作感が考慮されていない  タッチをベースとしたインタフェースになっていない  ネットワークに繋がっていないと利用できない  複数デバイスをまたぐ連携ができない 【入力系】 【出力系】 タッチネイティブ対応 シングルビュー表示 音声入力、ジェスチャ識別 AR(レイヤー)表示 視線入力・・・etc 高精細表示、音声合成・・・etc 【入力支援機能】 【出力支援機能】 GPS情報、加速度センサ、 自動翻訳、ローカルキャッシュ、 バーコード識別・・・etc サービス/コンテンツ変換・・・etc ユーザーインタフェースの作り込み/マルチデバイスへの対応22 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  23. 23. 複数SaaSに対するアグリゲーション/シングルビュー化の必要性• どうやって使って良いのか判らない • アプリケーション間の連携がバラバラ• アプリケーションが多すぎて選ぶことができない • 複数アプリを切り替えて使わなければならない• 自分の職種、ワークスタイルに合ったものが不明 • モバイルの小さな画面内に情報が収まっていない SaaS A SaaS B ・ ・ ・・・ ・ SaaS X エンタープライズアプリケーション/ 画面切り替えの必要がな 業種別、職種別に最適な グループウェア 複数SaaSをあらかじめプリ く、一つの画面内に統合 例:ツイッター したシングルビュー環境 セットもしくはマッシュア メール インターネット を構築 ップした環境を構築 SaaSアプリケーションのアグリゲーション、およびシングルビュー化が必要に 頁へ23 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  24. 24. クロスプラットフォームと複数バージョンへの対応の必要性 プラットフォームを跨ぐ 審査/マルチバージョン対応が悩ましい所 クロスプラットフォーム対応が必要 Appleがアプリケーションを審査 OSも複数バージョン、iPhone、iPad双方用が存在 iOS 3.1 3.2 4.0 4.1 4.2 ・・・ バージョンアップが多頻度で複数Verが存在 Android 1.6 2.0 2.1 2.2 2.3 3.0 Xperia等 Droid等 NexusOne Galaxy NexusS 近日 Desire XperiaArc 複数のプラットフォームの、どれがデファクトになるか判らない Windowsとは異なり、OSのバージョンアップが早い事への対応が必要24 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  25. 25. 6. 今後のタブレット市場 の展望25
  26. 26. 【アプリ】プラットフォーム別有効なアプリケーション数 (2011年1月) Androidはデバイスの多様性、メーカー数、発表端末数だけでなく、アプリケーション数で もアップルを追い上げている 圧倒的な 成長率 有料アプリ数は ほぼ同数 =エコシステムが 拡大する可能性大 150000 30000026 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  27. 27. 【OS】スマートフォンのOSでもAndroidが躍進。2012年には2位に。 2010年の最新情報では、スマートフォンOSの市場シェアにおいて、iPhone OSが前年同 期比117%増で3位、Android OSが806%増で4位につけ、いずれもWIndowsMobileを 抜いて躍進している。 2008 Othe r, 20 08 2010 20 1 0 2012 20 12Pa l m OS, 1.1 1 .8 Othe r, A n droi d, Li nu x 0 .7 Li n ux 9.6 A nd roi d , 8.1 Pa l m OS, i Ph one 3 .7 1 4.5 2.1 OS 8.2 Li nu x i Ph on e 8.1 Sy m bi a n W i n dow s Sy m bi a n Sy m bi a n OS 15 .4 3 9.0 Mobi l e, 44 .3 52 .4 i Phone 1 1.8 Wi nd ow s OS 1 3.7 B l a ck b e M ob i l e , rry 6.8 B l a ck be r W i n dow s B l a ck be 16 .6 ry Mobi l e, rry 1 9.4 1 2.8 1 2.5 SOURCE:GARTNER(2010年5月20日) つい最近Symbian陣営はMicrosoftを抱え込んだ。 iOSはシェア漸減し、Androidのシェアが2年後に逆転する27 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  28. 28. 【デバイス】米国市場でのコンシューマ向けPC販売の動向 最も成長するのはタブレットで、タブレットは2012年にネットブックを逆転する 2015年に,タブレットは全PCの23%まで成長する ネットブックを 逆転 デスクトップを 逆転 出所:Forrester Research eReader Forecast, 2010 to 2015 (US) %の数字は末目によって100%ちょうどにはならない場合がある28 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  29. 29. 【デバイス】画面サイズも収斂(Convergence)へ デバイスの画面サイズは7インチと10インチに収斂されてきた。このトレンドは価格面から 今後も続くと同時に、より多様な画面サイズやアスペクト比のデバイスが多く登場する事 が予想される。 12 11.6 11.6 11~ 10.1 10.110.1 10.110.1 10インチは 10 10 10 10 10 PCとの代替 9~10 9.7 6~8 7インチは新たな 7 7 7 7 7 7 7 カテゴリの確立 5 Windows 4.3 デバイスが ~5 3.2 ようやく登場 2.8 ~Android1.6 Android2.x Windows X iOS29 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  30. 30. 【UI】ユーザーインタフェースは今後どのように発展すべきか デ バ イマココ イ ス ・紙 表 面 か ら パンチ キー の 距 離 パンチ穴 キータッチ タッチ ジェスチャ ボイス iPhone/iPad Kinect Google デバイス又は 物理キーが存 デバイス又表 デバイス表面 完全にリモー 紙のパンチ穴 在し、キートッ 面をなぞって からは離れた ト操作可能 の向こう側迄 プをデバイス 操作可能。 場所から操作 面に対して押 (感圧式の場 可能 し込んで操作 合はデバイス 可能 表面のシート を押し込む) デバイス表面からの距離に着目すると、より遠隔操作へと向かっていく 企業ユースでの操作方法はどこまで実現すべきかが課題30 © 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.
  31. 31. デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は世界的なプロフェッショナルネットワークであるデロイト トウシュ トーマツ(Deloitte)のメンバーで、監査法人トーマツのグループ会社です。DTCはDeloitteの一員として日本におけるコンサルティングサービスを担当、 Deloitteがグループで有する監査・税務・コンサルティング・ファイナンシャル アドバイザリーの総合力と国際力を活かし、日本国内のみならず海外においても、企業経営におけるあらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆる業界に対応したサービスで、戦略立案からその導入・実現に至るまでを一貫して支援する、マネジメントコンサルティングファームです。海外ではDeloitteの各国事務所と、国内ではトーマツ コンサルティング ホールディングス株式会社の下で国内主要地区に置かれたトーマツ コンサルティング各社と連携してサービスを提供できる体制を有しています。Deloitte(デロイト)は監査、税務、コンサルティングおよびファイナンシャル アドバイザリーサービスをさまざまな業種の上場・非上場クライアントに提供しています。全世界140ヵ国にわたるメンバーファームのネットワークで、ワールドクラスの品質と地域に対する深い専門知識により、いかなる場所でもクライアントの発展を支援しています。デロイトの 165,000人におよぶ人材は“standard of excellence”となることを目指し、“誠実性”、“卓越した価値の提供”、“相互信頼”、“文化的多様性”といった価値観を共通するカルチャーで結ばれています。継続的な知識習得、チャレンジングな経験、豊富なキャリア形成の機会といった環境を生かしながら、 Deloitteのプロフェッショナルは企業責任 (CSR)を強化し、社会からの信頼を築き、各々の地域社会に貢献していきます。Deloitte(デロイト)とは、スイスの法令に基づく連合組織体のデロイト トウシュ トーマツおよび相互に独立した個別の法的存在であるネットワーク組織のうちのメンバーファームのひとつあるいは複数を指します。デロイト トウシュ トーマツとメンバーファームの法的な構成についての詳細はwww.tohmatsu.com/deloitte/をご覧ください。© 2011 Deloitte Tohmatsu Consulting Co., Ltd. All rights reserved.

×