カスタムアプリケーションプラットフォーム Salesforce Heroku ~ ソーシャルアプリケーションを支える技術 ~

2,339 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,339
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
53
Actions
Shares
0
Downloads
72
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

カスタムアプリケーションプラットフォーム Salesforce Heroku ~ ソーシャルアプリケーションを支える技術 ~

  1. 1. ソーシャル時代の情報システム林田宏介アクセンチュア株式会社テクノロジー コンサルティング本部 ITソリューションテクニカル・エキスパート/マネジャー カスタムアプリケーションプラットフォーム Salesforce Heroku ~ ソーシャルアプリケーションを支える技術 ~ 相澤 歩A-3 株式会社セールスフォース・ドットコム Herokuエバンジェリスト Developers Summit 2012
  2. 2. ソーシャル時代の情報システム
  3. 3. 自己紹介• 林田 宏介(はやしだ こうすけ)• 肩書 – アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部所属 テクニカルエキスパート – Herokuで始めるPaaS開発(全4回)を連載 • http://builder.japan.zdnet.com/virtualization/sp_heroku2012/ – ITLeadersにメガクラウドサービスについて掲載 • http://it.impressbm.co.jp/e/2012/06/05/4398?page=0%2C1Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 3
  4. 4. 目次• ソーシャル時代の情報システム – 企業のソーシャル活用の可能性 – 企業のソーシャル化を阻む問題 – ソーシャル化時代のシステム開発Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 4
  5. 5. 企業のソーシャル活用の可能性 情報の流れの進化(一方向から双方向)• 一方向から双方向への進化 :情報の流れ 一方向 各種メディア Webサイト(静的) 一方向では、サービス提供者から発信された情報が小さいユーザーコミュニティの中で回る 双方向 テレビ (地デジ対応) コミュニケーションサイト 双方向化により、ユーザー同士の情報交換が可能となり流れは活発になり量も格段に増えた しかし、サービス提供者側が中心の体制は変わらず情報増加に伴い色々な問題も・・・Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 5
  6. 6. 企業のソーシャル活用の可能性 情報の流れの進化(そして多方向・多様化時代へ)• 多方向/多様化 :情報の流れ インターネットテレビ 動画サイト ソーシャルサイト 多方向化やスマートフォンやタブレットなどデバイスの多様化により、 ユーザ自身が手軽に情報の発信者となることで大きな情報の輪が出来る 情報は提供するから生み出す時代へ・・・Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 6
  7. 7. 企業のソーシャル活用の可能性 多方向時代の情報活用(従来型の問題点) コールセンターに 中々つながらない 製品メーカー 忙しい・・・ ユーザ コールセンター 文句言いたいけど、 アンケート記入は アンケート 面倒だからいいか カスタマーセンター クレームは来て いないから大丈 従来型では、中々声が届きにくい・・・ 夫かCopyright © 2012 Accenture All rights reserved. 7
  8. 8. 企業のソーシャル活用の可能性 多方向時代の情報活用(ソーシャル型) コールセンターに 電気メーカー 中々つながらないおっ同じ事を 忙しい・・・思っている人がいたんだ センター の予算を 増やす か・・・ 愚痴を書いてみる か コールセンター ユーザ センターの人 員不足問題が でもここの商 顕在化してい 品作りが良い る・・・ マネジメント 物多いんだよ ね ソーシャルサイト でも商品の カスタマー でも製品の品 そうそう、こ 品質の評価 センター 質は落とせな この商品お気 は高い い に入り ソーシャル型では単純に見えない声を見つけるだけでなく、それ以外の隠れた情報をも見 つけ出し効率的に改善のための投資が出来るCopyright © 2012 Accenture All rights reserved. 8
  9. 9. 目次• ソーシャル時代の情報システム – 企業のソーシャル活用の可能性 – 企業のソーシャル化を阻む問題 – ソーシャル化時代のシステム開発Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 9
  10. 10. 企業のソーシャル化を阻む問題 情報リスクに対する過度な恐怖• 企業が情報を出すことに対する恐怖 – 数々の情報流出事件の発生によって危機意識が高まる – 個人情報の取扱について国内でのリスクに対する声の高まり サービスを迅速 FacebookやTwitterを クラウド便利 に提供したい 活用してユーザの本当 だしコスト削 の声をもっと集めたい 減も出来そう 個人情報の流 セキュリティが 出事件があっ 何となく不安 たし怖いなぁ 自社データセ ンターがやっ ぱり安全かな 利用することに魅力は感じるものの、事件のイメージや周囲の話から恐怖心が植え付けられてしまう →結果的に活用を見送ってしまう、または導入が遅れてしまうケースが・・・Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 10
  11. 11. 企業のソーシャル化を阻む問題 情報活用の為の上手な出し方と守り方• 情報をコントロールする術を身につける – 出す情報と出さない情報の見極め – 流出時に検知し、遮断するための仕組みと運用の構築 – データを分散配置することにより、流出時の影響の局所化 ・インターネット向けシステムは出来る VPN/SSLに だけクラウドに出してしまう 自社システム よる暗号化 ・マスタ情報は極力持たない 通信 (出来るだけコードで持つ) ・情報はRDBとKVSまたはキャッシュ 等に分散して格納 (ACIDの範囲を局所化する) データセンター クラウド ・顧客情報やマスタ情報を中心とした ユーザや製 データやシステムは社内のDCへ 品の情報を やり取り ソーシャルサイト 情報を上手くコントロールしながら、クラウドも活用して迅速かつ柔軟な情報活用を実現 →システムの作りやすさを中心に添えるのではなく、扱いやすさに着目した構築Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 11
  12. 12. 企業のソーシャル化を阻む問題 開発コミュニティの分断化• もう一つの問題 – 企業システムの構築とソーシャル開発の分断 (開発を依頼する会社が分かれてしまうケースが・・・) 依頼が来たけ 提案依頼 Facebookア ど、CRMはあ プリケー まり開発実績 ションは が・・・ やったこと がない・・ A社 B社 ◯要件 ・FaceBookアプリケーションを作成 機能を分けて ・社内のCRMシステムと連係 発注する ・社内外の情報を分析して業務に活用 企業 か・・・ 企業向けシステムを得意とする会社と、ソーシャル系が得意な会社がわかれてしまい別々に発注 →システム間を繋ぐインターフェース部分で上手く調整できず遅延のリスク →結果的にリリースが遅れてしまい業務計画の見直しを迫られるCopyright © 2012 Accenture All rights reserved. 12
  13. 13. 企業のソーシャル化を阻む問題 エンジニア自身にも領域の鎖が・・・• 開発者に存在する領域の壁 – 企業向けシステムを専門とするエンジニア (業種やプラットフォームごとに組織上分かれる) – インターネット向け専門のエンジニア もっと新しいこと 勉強して新しい技術 をやってスキルを を覚えたから使って 磨きたい みたい 部署異動を申請し 新しい技術の利用は認 エンジニア められなかった・・ たけど否認されて しまった・・・ 会社ごと、部門ごとに扱う領域や技術が異なるためその中に壁が存在 →新しいことをやるには部署異動をしないといけないが、中々申請が通らない・・・Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 13
  14. 14. 目次• ソーシャル時代の情報システム – 企業のソーシャル活用の可能性 – 企業のソーシャル化を阻む問題 – ソーシャル化時代のシステム開発Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 14
  15. 15. ソーシャル化時代のシステム開発 求められる要件に合わせた柔軟な開発の必要性 • システムへの要件の多様化 – 情報収集の幅の広がり • 企業の活動からだけでなく、一般ユーザーからの情報も収集 • 一般ユーザー向けWebサービスの迅速な提供 • ユーザーをWebサービス内で活動させてさまざまな方向からの情報を収集 – 膨大な情報を活用 • 収集した膨大な情報を分析して情報の見える化を行う • 見える化した情報を元に業務計画に役立てる ・サービスインまでの早さが求められる(トレンドに乗り遅れない) ・目的達成の為にさまざまな角度から検討する(常識にとらわれない) エンジニア自身も領域への多方向化を求められる時代へCopyright © 2012 Accenture All rights reserved. 15
  16. 16. ソーシャル化時代のシステム開発 ジェネラリストでスペシャリストなエンジニアを目指せ• ソーシャル化によりエンジニア自身に求められるスキルが増える – 業務からアプリケーションとインフラ、クライアント技術まで幅広いスキル – その上で専門性をより高めた価値の高いエンジニアの必要性 クラウドサービス アプリケーション クライアント 業務 (PC/モバイル) ネットワーク 領域を跨りさまざまな知識や技術を駆使して要件を満たすシステムが 提案できて、その上で強みとなる専門領域を磨きスペシャリストを目指す 全体を俯瞰した上で自分の専門領域の位置づけを改めて再認識するCopyright © 2012 Accenture All rights reserved. 16
  17. 17. ソーシャル化時代のシステム開発 社内標準に縛られ過ぎない• 社内の標準を守るあまりに手段が目的になってしまうリスク今度作るWebサ ん?HerokuがJavaイトなるべく早 対応している。自社く入れたいって フレームワークを載言われてるけど.. せて開発出来そうだスケーラビ Herokuならスケーリティ要件 ルアウト楽だし検も厳しい.. 証してみるか 修正は時間かかるしやっぱりファイルアクセス PrivateCloud環境使うか。部分にセッション 環境構築は申請が2ヶ月前だ管理、色々と修正 から使えるのは3ヶ月後かなしないと動かない スケーラビリティ要件は 一部満たせないけど、シ ステム上の制約だし納得 してもらおう 標準にとらわれ過ぎると要件が満たせなくなってしまうケースも・・Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 17
  18. 18. ソーシャル化時代のシステム開発 目的を達成するための最適なソリューション選定• システムの目的を明確にする – 作るアプリケーションの質を考える • スケーラビリティを求めるのか、データの一貫性を求めるのか – システム化の目的を考える • トレンドを重視するのか、安定性を重視するのか• 目的にあったソリューション選定(ゼロベース選定) – フレームワーク選定 • 選定したフレームワークの目的と、構築するシステムの目的が一致しているか – 実行環境の選定 • 選定した実行環境がシステム要件をきちんと満たせるのか 業務システム向けに標準化されたフレームワークや環境は、Webサイト構築には向いてない ケースが多く、工数増加や要件の未達成を引き起こす可能性も・・・ Webサイト構築に向いたHerokuを活用し、Ruby on RailsやPlay! Frameworkといった shared nothing architectureフレームワークの採用で迅速に要件を満たす開発が可能 Copyright © 2012 Accenture All rights reserved. 18
  19. 19. カスタムアプリケーションプラットフォームソーシャルアプリケーションを支える技術 /herokujp Ayumu AIZAWA Developer Marketing, Heroku @herokujp Salesforce.com
  20. 20. Safe HarborSafe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation maycontain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertaintiesmaterialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differmaterially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statementsother than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections ofsubscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies orplans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, orupgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services.The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developingand delivering new functionality for our service, our new business model, our past operating losses, possiblefluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach ofour security measures, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in whichwe operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employeesand manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited historyreselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Furtherinformation on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in ourannual report on Form 10-K for the most recent fiscal year ended January 31, 2012. This document andothers are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site.Any unreleased services or features referenced in this or other press releases or public statements are notcurrently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services shouldmake the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumesno obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  21. 21. 自己紹介相澤 歩(あいざわ あゆむ) Heroku, Inc. Developer Marketing Advocate Salesforce.com Co,. Ltd. Developer Marketing, Herokuプログラム言語Rubyコア・コミッター
  22. 22. Heroku: カスタム“ソーシャルアプリケーション” プラットフォームのリーダー 約 2,000,000のアプリケーション スタートアップ企業だけでなく、大企業でも採用
  23. 23. HP – ソーシャルエンタープライズに向けて変革中世界最高峰の IT 企業売上 1,270 億ドル社員数 325,000 名Fortune 100 の 11 位にランクインソーシャルエンタープライズ実現による成果: 社員と製品のソーシャル化
  24. 24. HP – Salesforce Marketing Cloud で顧客にアプローチあらゆるソーシャルチャネルでマーケティングを展開Site.com: ソーシャルな Web サイトの構築Radian6: ソーシャルモニタリングHeroku: カスタムソーシャルアプリケーションの開発製品のソーシャルネットワークの構築
  25. 25. Heroku:生産性に対するアプローチ Herokuを利用するために新しく身に着けなければ ならないスキルは(ほとんど)ない – 既に優れた開発者のあいだで実践されている開発の 流れを支援する 足し算ではなく、掛け算
  26. 26. Heroku:特徴 開発者の生産性をアプリケーションにフォーカス 提供するサービス (=ビジネス)の  Forget Servers 本質ではない作業  Run Anything を極小化  See Everything  Trust & Managed
  27. 27. Forget Server サーバーの存在を意識しない – アプリケーション実行環境をオンデマンドに作成可能 バージョン管理としてのデプロイ – Gitによるワークフローとスムースに連携 サービス開始までの時間を劇的に短縮
  28. 28. Run Anything あらゆる開発言語・フレーム ワークを実行可能 – Ruby、Java、Python、Scala、Node.js を公式にサポート – Buildpackを用いて、その他の処理 系も実行可能 スケールイン/アウトを 自由におこなえる エンジニアの生産性を最大化できる手段を選択
  29. 29. 事例:政府機関案件  ソーシャル+リアルイベントへの情報発信サイト  ビジネス起案~サイト公開までを約1週間で実現内閣府 委員会 政府機関 隔週 (コンテンツ) 開発 一週間 チームPR会社 随時 リアル(広報戦略) イベント
  30. 30. Webinar Social Enterprise Java Apps on Heroku http://jp.force.com
  31. 31. References 導入事例 success.heroku.com 価格 price.heroku.com サポート help.heroku.com 技術資料 devcenter.heroku.com 日本での情報 facebook.com/herokujp twitter.com/herokujp お問い合わせ ayumin@heroku.com

×