Opensource and Value  creation by community
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Opensource and Value creation by community

on

  • 1,537 views

Power of Opensource and Value Creation by community,

Power of Opensource and Value Creation by community,

Study sessions

Lecture at Keio University, July 10, 2011

Statistics

Views

Total Views
1,537
Slideshare-icon Views on SlideShare
1,536
Embed Views
1

Actions

Likes
1
Downloads
10
Comments
0

1 Embed 1

http://paper.li 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Opensource and Value  creation by community Opensource and Value creation by community Presentation Transcript

    • 慶應義塾大学特別講義オープンソースとコミュニ ティによる価値の創造 6/10/11 よしおかひろたか (楽天株式会社 ) hyoshiok@gmail.com http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/ http://twitter.com/hyoshiok 1
    • 本日のアジェンダオープンソースとコミュニティによる●価値の創造 ● オープンイノベーション ● 勉強会、コミュニティ、エンジニアのキャ リア 2
    • 自己紹介● よしおかひろたか ● 楽天株式会社、技術理事 ● カーネル読書会主宰、 ● 勉強会勉強会スタッフ● hyoshiok@gmail.com● 未来のいつか/hyosihokの日記 ● http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok ● ユメのチカラ(前職時代のブログ) ● http://blog.miraclelinux.com/yume/● Twitter:hyoshiok 3
    • Debug Hacks Debug Hacks -- デバッグを極めるテク ニック&ツール 吉岡 弘隆,大和 一洋, 大岩 尚宏,安部 東洋, 吉田 俊輔 ISBN:978-4-87311-404-0 オライリー・ジャパン5刷が決まりました 2009年4月22日 4
    • 目的オープンソースとコミュニティによる●価値の創造について ● オープンイノベーション ● エンジニアのキャリアを考える 5
    • IT産業の流れ● 垂直統合 ~80年代ころまで● 水平分散 ~80年代ころから● オープンシステム● オープンソースの時代 ~98年頃から 6
    • インターネットの時代● ネットワークの向こう側の誰かとコラ ボレーション ● 2ch ● ニコ動 ● Wikiペディア ● OSS ● 勉強会 ● Facebook, twitter, ... 7
    • ● ブログ● SNS● 同じ嗜好性を持った人たちを見つける コストが劇的に下がった 8
    • フリーソフトウェア● GNUプロジェクト、1985年● Linux、1991年● Open Source Software、1998年 9
    • GNUプロジェクト● テープで配布 ● 送付手数料をFSFに送金 ● テープで配布(CDROMですらなかった)● ソフトウェア開発はバザールモデルで なかった 10
    • インターネットの勃興● XMosaic -- 1993● Windows 95 -- 1995● Netscapeのソースコード公開 -- 1998 11
    • OSS – Open Source Software● OSSとフリーソフトウェア● 98年、Netscape社のソースコード公開● オープンソースソフトウェア ● フリーソフトウェア(Free Software)の反 商業的響きを嫌った。 ● Free Software:ソフトウェアの自由とい う価値を強調 ● OSS:ソフトウェアの自由以外にも価値 がある 12
    • OSS● OSS:ソースコードを公開して、利用、変更 、再配布できるライセンス● その価値は何か? ● ソフトウェアの自由 ● ソフトウェア開発モデルとしての広域分散協調 型ソフトウェア開発(バザールモデル)● ソフトウェアを公開すると自律的に進化する ということを発見した ● Cathedral and Bazaar(伽藍とバザール) ● Eric Raymond 13
    • OSS● OSSという言葉 ● Free Software陣営の「自由」を過度に強 調する姿勢が反商業的と感じた人々 ● Free Softwareの「自由」以外にも価値が ある ● Free Softwareには無料というイメージ ● 新しい概念には新しい言葉が必要 ● 1998年2月にOSSという言葉が定義された 14
    • バザール● ソフトウェア開発モデル● 参加&経験 ● 利用者の増大が開発者の増大へ ● いい経験 ● ネットワークの向こう側の人々を 信頼する● コミュニティによる開発 ● 開発主体が組織でない ● 個人によって開発される ● 自発的な意志、志願した個人(ボランティア) 15
    • コミュニティの形成● コミュニティって何? ● 日本では、地域とか会社(組織)が担う場 合が多い ● 同じ志を持った人々の集まり● インターネット ● コミュニティ形成コストを劇的に下げた● 魅力的なコミュニティ ● 利用者コミュニティ ● 開発者コミュニティ 16
    • バザールモデル● ソフトウェア工学へのアンチテーゼ ● 明確な管理主体、プロジェクトマネー ジャー、スケジュール、予算管理、リ ソース管理、…、が存在しない?● コミュニティの存在が前提● 情報を公開すると進化するというパラ ダイム● 優しい独裁者 17
    • あちら側を信頼するか● オープンソース型開発(バザールモデ ル) ● 見たこともあったこともない人たちとコ ラボレーションする ● 年齢も職業も性別も国籍も宗教も思想信 条も関係ない ● インターネットが生んだ奇跡 18
    • コミュニティマネジメント論● コミュニティをどう運営するか● コミュニティは管理可能か● どのように影響力を持つのか● 従来の組織論とどう違うのか● 企業がコミュニティに参加するには、コミュニティの動作原理を理解しないといけない 19
    • バザール開発モデル● コミュニティによるソフトウェア開発 のベストプラクティス ● release early, release often ● メーリングリストによる議論 ● コード管理システム ● コミュニティへの影響力は貢献に比例 ● 技術力だけではなくコミュニケーション 能力、リーダシップが必要 ● 優しい独裁者 20
    • 技術者のロールモデル● かつては社内にいた● オープンイノベーション時代は外にい る● どう発見するのか 21
    • 好きなものを見つける方法論勉強会というコミュニティ● 22
    • 勉強会の隆盛 300件/月以上開催 IT勉強会カレンダーid:hanazukinと愉快な仲間達による人力作業によって編集公開されている。 23
    • 勉強会とオープンソース勉強会が生み出す価値● ● 知識の獲得 ● 人的ネットワーク ● 価値創造エンジンオープンソースと勉強会の相性のよさ● ● 勉強会というリアルな場で議論 ● オープンイノベーションの駆動エンジン ● イノベーションの外部化(Inovation Happens Elsewhere) vs N.I.H (Not Invented Here) 24
    • 勉強会のイメージ• 主催者が個人的興味の延長で開催• ボランティアによって運営• 無償ないしは廉価 – 商用セミナー、教育コースとの違い• 技術者の人的ネットワーク、知識獲 得のプラットフォーム、キャリア形 成のツール 25
    • 事例:カーネル読書会• Linuxおよびオープンソース技術に 関する勉強会 – 1999年4月から。10年続いている。 • 第100回開催した。Linusも参加してくれた。 – 中学生から50代まで、素人からカーネ ルハッカーまで、毎回数十人参加 – よしおかが主宰。横浜Linux Users Group (YLUG)有志と運営 http://ylug.jp 26
    • カーネル読書会って何?YLUG(横浜Linux Users Group)の有志が不定●期に開催しているLinuxやOSSにまつわる勉強会みたいなもの。 ● Linux Kernelなどの濃い話題から、オタワに 行ったときの旅行記まで幅広い話題を扱う ● http://ylug.jp/ を参照のこと ● 1時間ほどのセミナー(途中での質疑応答が活 発) ● ビアバッシュ(ピザとビールの懇親会)あるい は近所の居酒屋での懇親会がデフォルト。重要 な話は飲み会で決まる 27
    • いつから開催● 第1回、1999年4月28日(溝の口)● 第100回にはLinusさんを呼んだ、2009年10月22日(秋葉原)● 第107回、5月31日、@楽天 28
    • 誰が話すの?● お題提供者は様々● 1時間ほどお話をしてもらって、質疑応答が非常に活発なのが特徴● 海外からの発表者もいる。AndrewMorton, Jonathan Corbet, Andi Kleen,Dan Aloni, Wim Coekaerts, 順不同 29
    • 誰が参加するのか● 誰でも参加自由● 中学生から50代のおじさんまで 30
    • どこで開催するのか● いろいろなところ● 最近では楽天が多い● 過去には、日本SGIホール、NTTデータ、ミラクル・リナックス、楽天、大きなセミナールームがある会社の協力が必要 31
    • 告知、参加登録告知● ● YLUGメーリングリスト他適宜 ● Twitter @hyoshiok ● よしおかの日記他参加登録● ● かつてはメーリングリストに投稿(ダチョ ウアルゴリズム) ● 宴会君 http://utage.org/enkai/ ● ATND http://atnd.org/ ● など 32
    • ニコ動、Google Video、中継●第67回glibc malloc(小崎さん)からGoogle Videoに残っている(2006年9月22日)●第72回TOMOYO Linux Night(2007年2月8日)●第74回SE-PostgreSQL(海外さん)でニコ動(2007年5月7日)●第83回高速なRuby用仮想マシン(笹田さん)でustream中継(2007年12月27日)●資料は公開が大原則●情報発信はチカラだ 33
    • 社外勉強会を社内で開催• 楽天でカーネル読書会を開催した – 大変だったこと • 申請書類がいっぱい。(空調、ゲストカード、イベ ント申請、エレベータ、会場、開錠…) • 社内ワークフロー、誰に何を頼めばいいかわからな い – うれしかったこと • ボランティアがいっぱい立候補してくれた(多分10 人以上) 楽天カーネル隊を結成♪ • 社内ワークフローとか、教えてくれる人がいた • エライ人が理解を示してくれた(社内スポンサー) • ビアバッシュ(ピザとビールのパーティ)ができた 34
    • カーネル読書会@楽天• 社外勉強会を社内でやると…• メリット(社員にとって、会社にとって) – 自社での開催なので、参加の敷居が低い。最新技術動 向の入手。議論の場の提供。外部からの刺激による開 発者の活性化。モチベーションアップ。外部人 材との 交流。企業イメージ向上。• リスク、コスト – 情報流出⇒会場以外には入れない – 会場提供⇒直接的な費用はほとんど発生しない – 勤務時間外⇒コストはほとんどかからない• メリット>コスト 35
    • カーネル読書会の奇跡カーネル読書会の奇跡● ● 勉強会が当たり前の社会になった ● フラットに議論するプラットフォームに なった ● カーネル読書会ファミリー(笑)がLinux Kernelにいっぱい貢献している ● カーネル読書会発表者のコミット数の総和は1000を越 える?(TOMOYO/NILFS/Fault Injection/...) ● Kernel Summitへの参加者も 36
    • わたしの野望● 技術を日本語で議論したかった(Done)● Linux kernelへの貢献(Done)● Linusを呼ぶ(Done)● カーネル読書会+他の勉強会とのコラボ(Done)● 技術者が楽しく生き生きとして豊かな社会←イマココ 37
    • OSSとビジネス● フリーソフトウェアの商業的価値を再発見したのがOSS● バザールに企業が参加 ● 例:Linux開発に企業が参加 38
    • 企業とコミュニティメリットは● ● 利益? ● 金銭的なメリット以外のもの ● 社外のイノベーションを取りこめる ● インターネットのサービスはほとんどOSS で構築されている 39
    • 企業間のコラボレーションOSSはかくすものがない● ● ソースコードが公開されている ● 開発プロセスが公開されている ● 抜け駆けができない信頼感がコストを下げる● ● 囚人のジレンマ(騙すことにインセンティ ブがある構造なのか)協力することがメリットを生む● ● 開発コストを削減 40
    • あちら側を信頼するかオープンソース型開発(バザールモデ●ル) ● 見たこともあったこともない人たちとコラ ボレーションする ● 年齢も職業も性別も国籍も宗教も思想信条 も関係ない ● インターネットが生んだ奇跡 41
    • 自社技術優先主義の終焉● 自社技術優先主義(Not Invented Here症候群) ● うちの技術にこだわる(垂直統合時代の技術革新) ● プロプライエタリな技術 ● 技術を囲い込み独占する事によって利益を上げる ● 人モノ金を自前で用意する ● 中央研究所モデル● 特徴 ● コストがかかる ● 時間がかかる ● 変化に追従できない(陳腐化する) 42
    • オープンイノベーションOSSの時代● ● 技術革新は外にある。IHE - Innovation Happens Elsewhere● 技術は囲い込めない(技術は会社のものではなく、コミュニティのものだ)● 企業はどのようにオープンイノベーションと向かいあうのか 43
    • パラダイムシフト技術が一社独占から共有材へ● ● 技術革新が加速する ● 経済的である(開発コストが激減する) ● 安全である ● 多くの人の利益になる(誰も困らない) 44
    • 技術者のロールモデル● かつては社内にいた● オープンイノベーション時代は外にいる ● コミュニティにいる 45
    • ソフトウェア産業のビジネスモデル● 垂直統合型ビジネスモデル● 水平分散型ビジネスモデル ● マイクロソフト型ビジネスオープンイノベーション時代の ビジネ●スモデルは? ● Google型、Facebook型、… 46
    • http://blog.topprospect.com/wp-content/uploads/2011/06/Talent_traffic.gif 47
    • まとめオープンソースとコミュニティによる●価値の創造について紹介した 48