Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426

1,647 views

Published on

楽天で開催したTwtitter研究会でお話した勉強会同好会とは。

Published in: Technology

社内Twitter研究会、by 勉強会同好会 110426

  1. 1. 勉強会同好会について楽天株式会社 DUアーキテクチャー&コアテクノロジー課よしおかひろたか|2010年6月16日 1
  2. 2. はじめに• 背景 – 社内でもさまざまなグループで自主的な勉強会が開催さ れている。 – 一方で、社内勉強会開催にまつわる事務作業の煩雑さ、 社内コミュニティ運営上の難しさなど、主催者側共通の 悩み、問題などがあると思われるが、その問題が共有さ れていないため、各自苦労している現状がある。 – そこで、そのような問題共有をはかり、勉強会開催の敷 居を下げることによって、社内勉強会の活性化を目指す とともに、主催者、関係者同士の親睦をはかりたい。 2
  3. 3. 勉強会同好会• 設立趣旨 – 社内勉強会(イベントなども含む)の主催者、関係者間で、勉強会開催 のノウハウ、Tips、問題共有などをはかり、親睦を深める。 – 社内勉強会開催のコストが下がることにより、社内勉強会が活性化し、 ひいては従業員の活性化、満足度向上などに貢献する。• ネライ – 社内勉強会というコミュニティ運営上の様々な問題点、悩みなどを共有 する。 – 各種事務処理など定型化できる部分のノウハウの共有。 – UST、動画配信など様々なTipsの共有。• 活動のイメージ – 情報共有ミーティング(月1回程度) – 親睦を深めるための懇親会 – 外部の勉強会との情報共有(勉強会勉強会など) 3
  4. 4. 自己紹介• よしおかひろたか• 楽天株式会社、技術理事• http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok• コミュニティ活動 – カーネル読書会主宰者 – 勉強会勉強会• DEBUG HACKS (共著)、ISBN9784873114040 5刷が決まりました 4
  5. 5. • 情報処理2011, vol. 52, No.4.5•• 全国技術系勉強会マップ• ~技術者のライブセッションに 参加しよう~•http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20110227#p1デブサミで『ハッカー中心の企業文化を日本で根付かせる』という講演をしてきた 5
  6. 6. ハッカー中心の文化• インターネット時代のソフトウェア開 発 – 最高のプログラマを雇う – 少数精鋭 – 最高のプログラマは最高のプログラマと働 きたがる 6
  7. 7. なぜ必要か• 共通善(社会をよくする)• 企業の競争力• ベストプラクティス 7
  8. 8. なぜ必要か• ハッカー中心の企業文化の方が、自分には心 地良いから(利己的な理由)• その他の理由は、偉い人に説明するための理 屈。 – 共通善(社会をよくするという価値観の共有) – 企業の競争力(会社がつぶれたら元も子もない) – ベストプラクティス(ソフトウェアを楽しく作る。 デスマーチ知らず) 8
  9. 9. なぜ必要か• ハッカー中心の企業文化の方が、自分には心 地良いから(利己的な理由)• その他の理由は、偉い人に説明するための理 屈。 – 共通善(社会をよくするという価値観の共有) – 企業の競争力(会社がつぶれたら元も子もない) – ベストプラクティス(ソフトウェアを楽しく作る。 デスマーチ知らず) http://d.hatena.ne.jp/LibrePDM/20110301 「ハッカー中心の企業文化」を偉い人に説明する 9
  10. 10. どう企業文化を作るのか• 企業文化は、暗黙的、明示的につくら れる。• 外から知られることはない。(民族誌 が必要) 10
  11. 11. どうハッカー中心文化を作るか• 暗黙知の継承 – 材料:パッション、仲間 – 方法:勉強会、ランチ、飲み会、合宿• 形式知の継承 – 戦略、ガイドライン、ルール 11
  12. 12. 文化の衝突• 商用ソフトとオープンソース• レガシーとWeb2.0• ウォーターフォールとアジャイル• 高い稼働率とスケーラビリティ 12
  13. 13. 組織の限界• 組織が肥大化すると – 蛸壺(他の事業部なにする人ぞ) – 横串(クロスファンクション)は言う ほど簡単ではない• 文化の融合が必要、対立ではなく• そこで、社内コミュニティ 13
  14. 14. 社内コミュニティ• コミュニティ・オブ・プラクティス• 組織:縦割り• プロジェクト:横串• 社内コミュニティ:縦でも横でもな い – 志を共有するメンバーによってドライ ブ – コミュニティは組織を活性化するビタ ミン• そこで勉強会 14
  15. 15. 勉強会の隆盛 300件/月以上開催 IT勉強会カレンダーid:hanazukinと愉快な仲間達による人力作業によって編集公開されている。 15
  16. 16. 勉強会のイメージ• 主催者が個人的興味の延長で開催• ボランティアによって運営• 無償ないしは廉価 – 商用セミナー、教育コースとの違い• 技術者の人的ネットワーク、知識獲 得のプラットフォーム、キャリア形 成のツール 16
  17. 17. 事例:カーネル読書会• Linuxおよびオープンソース技術に 関する勉強会 – 1999年4月から。10年続いている。 • 第100回開催した。Linusも参加してくれた。 – 中学生から50代まで、素人からカーネ ルハッカーまで、毎回数十人参加 – よしおかが主宰。横浜Linux Users Group (YLUG)有志と運営 http://ylug.jp 17
  18. 18. 社外勉強会を社内で開催• 楽天でカーネル読書会を開催した – 大変だったこと • 申請書類がいっぱい。(空調、ゲストカード、イベ ント申請、エレベータ、会場、開錠…) • 社内ワークフロー、誰に何を頼めばいいかわからな い – うれしかったこと • ボランティアがいっぱい立候補してくれた(多分10 人以上) 楽天カーネル隊を結成♪ • 社内ワークフローとか、教えてくれる人がいた • エライ人が理解を示してくれた(社内スポンサー) • ビアバッシュ(ピザとビールのパーティ)ができた 18
  19. 19. カーネル読書会@楽天• 社外勉強会を社内でやると…• メリット(社員にとって、会社にとって) – 自社での開催なので、参加の敷居が 低い。最新技術動 向の入手。議論の場の提供。外部からの刺激による開 発者の活性化。モチベーションアップ。外部人材との 交流。企業イメージ向上。• リスク、コスト – 情報流出⇒会場以外には入れない – 会場提供⇒直接的な費用はほとんど発生しない – 勤務時間外⇒コストはほとんどかからない• メリット>コスト 19
  20. 20. 楽天社内コミュニティ• ジャングル – LT大会 – 開発合宿• 勉強会(社内、 社外)• 楽天テクノロジーカンファレンス実行委員会• クリーンナップ大作戦• ランチ~(カフェテリアを 利用したカジュアルな ミーティング)• 社内報• 勉強会同好会 20
  21. 21. 勉強会楽天TechTalk  毎月第3水曜日勉強会 40~50人参加 資料 動画 100views レポート 80views 21
  22. 22. 技術者として• オープンイノベーションの時代 – 社外に価値の源泉を求めざるをえない – 会社に閉じこもっていてはいけない – コミュニティ的なノリ• 技術は会社のものではない、社会の ものだ – 社会をよくしていくという価値観 – コミュニティという道具 22
  23. 23. 大規模社外カンファレンス 23
  24. 24. 勉強会2010年4月 丸山先生レクチャーシリーズ第3回@楽天 来場者数、約500名  Ustreamの視聴者数=544名  事務局運営スタッフ(ボランティアで運営) 24
  25. 25. Innovation Sprint 20112011年1月13日(木)基調講演Roots of Scrum一橋大学 名誉教授 野中 郁次郎 氏Chairman, the Scrum Training Institute ジェフ・サザーランド 氏参加者360名ほど。ボランティアによる実行委員会コミュニティによる価値の創造 25
  26. 26. 勉強会:事例 勉強会の法則「開催のメリット > 開催のコスト」 (よしおかの勉強会第一の法則) 26
  27. 27. 勉強会をテコに• モチベーションアップ• 暗黙知の流通• 人との出会い(同じ会社であっても)• 組織の壁の破壊• 新しい技術知識などを得ることはむし ろ副次的な効果• 勉強会を通じて「技術の横串」をとお すコミュニティをつくる 27
  28. 28. もうひとつの方法• 勉強会は極めて属人的 – 情熱と仲間が必須 – 暗黙知の共有• 戦略、ガイドライン、ルール – 理事の立場を利用して、 – OSS戦略の策定 – コミュニティアライアンスプラン策定 – 社内ルール作り – 形式知を共有 28
  29. 29. 日本で根付かせるために• ハッカー中心の企業文化の理解 – 民族誌的なアプローチ• 価値観の共有 – コミュニティ• 方法論 – 勉強会、ランチ、飲み会、…、(暗黙 知) – 戦略、ガイドライン、ルール、(形式 知) 29
  30. 30. Project60 電力使用量40%削減の取り組み震災が組織を変えるチャンス http://corp.rakuten.co.jp/csr/ecology/project60/ 30
  31. 31. • エンジニアとして、社会をよりよくし ていきたい。• そのために、ハッカー中心の企業文化 を日本に根付かせたい• それが自分が幸せになる道だと思って いる。 31

×