• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
AWS re:Invent 2013 参加報告(新サービスとセッション)
 

AWS re:Invent 2013 参加報告(新サービスとセッション)

on

  • 2,959 views

 

Statistics

Views

Total Views
2,959
Views on SlideShare
2,082
Embed Views
877

Actions

Likes
11
Downloads
40
Comments
0

7 Embeds 877

http://www.totalsolution.biz 420
http://toatoshi.hatenablog.com 408
http://s23a121.dm1.oii.oki.co.jp 28
https://twitter.com 16
https://www.facebook.com 3
http://www-stg.totalsolution.biz 1
http://www.google.co.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    AWS re:Invent 2013 参加報告(新サービスとセッション) AWS re:Invent 2013 参加報告(新サービスとセッション) Presentation Transcript

    • 参加のご報告 Akio Katayaman 2013年11月2日 © 2013 Amazon.com, Inc. and its affiliates. All rights reserved. May not be copied, modified, or distributed in whole or in part without the express consent of Amazon.com, Inc.
    • • SAPラインナップがAWS上で の本番稼働認証済み – Business Objects – Rapid Deployment – All in One – HANA, HANA One – Afaria – Business Suite(ERP)
    • 11月12日 (火) 〜 11月15日 (金) の4日間 ラスベガス・ベネチアンホテルで開催 http://bit.ly/reinvent2013 re:Inventに合わせ、多くの新サービスと新機能が追加 Amazon WorkSpaces Amazon AppStream Amazon Kinesis AWS CloudTrai Amazon RDS PostgreSQL engine support Cross Region Read Replica Cross Region Snapshot New EC2 Instances
    • GameDay
    • ハッカソン
    • ハンズオンラボ、認定試験
    • アイレットさん大活躍
    • Re:Play
    • 新サービス
    • Amazon WorkSpaces フルマネージされたリモートデスクトップサービス Amazon.com Confidential
    • Amazon WorkSpaces – 概要 ハードウェア、仮想化不要 タブレット(Kindle, iPad, Android)、PC(Windows)、 Macからアクセス可能 月額課金、長期コミット不要 ライセンスはBYOLもしくはAWSから提供 オンプレActive Directoryとの簡単な統合 S3への定期的なバックアップによるデータロスの防止 Amazon.com Confidential
    • Amazon WorkSpaces – 価格 OS Standard 1vCPU, 3.7GiB RAM 50GB Storage General $35 Windows 7 Experience Performance Plus 2vCPU, 7.5GiB RAM 100GB Storage +$15 $60 General : Adobe Reader, Adobe Flash, Firefox, IE 9, 7-Zip, JRE and others Plus: Microsoft Office Professional and Trend Micro Worry-Free Business Security Services Amazon.com Confidential
    • Amazon WorkSpaces – エンドユーザー Amazon.com Confidential
    • 今後の予定 • 現在限定プレビューの形で公開中 • 以下のサイトから申し込み • http://aws.amazon.com/jp/workspaces/limited-preview/
    • Amazon Kinesis ストリーミングデータのリアルタイム処理を可能とす るフルマネージサービス
    • Amazon Kinesis – 概要 簡単に使用可能なフルマネージドされたリアルタイ ム処理 毎時数MBから最大数TBの処理が可能 信頼性の高いストレージ、データ収集、分析を提供 シャード単位で1,000 write (最大1MB/s), 20 read (最大2MB/s)と言った単位でスループットに応じてプ ロビジョニング サーバーログ、ソーシャルメディアストリーム、マーケットデータ フィード、ウェブクリックストリーム、M2M等 キャパシティーの削除・追加をダイナミックに実施可 能
    • Amazon Kinesis – 他サービスとの連携 Redshift, DynamoDB, S3等のAWSサービスとの統合 クライアントライブラリーを使用した簡単な接続 EC2上でのKinesisアプリケーションのデプロイ可能 Cloud Watchのメトリックスを使用したオートスケールが 可能
    • 今後の予定 • 現在限定プレビューの形で公開中 • 以下のサイトから申し込み • http://aws.amazon.com/jp/kinesis/
    • Amazon AppStream マルチデバイス向けアプリケーションストリーミング 配信サービス Amazon.com Confidential
    • Amazon AppStream EC2上で計算処理、 レンダリング等を実行 ユーザー画面を ストリーミング (Amazon STXプロトコル)
    • 今後の予定 • Windows2008R2のサーバ用SDKと、Kindle,iOS,Android のクライアントSDKを提供。Macについては2014年提供 • 現在限定プレビューの形で公開中 • 以下のサイトから申し込み • http://aws.amazon.com/jp/appstream/
    • EC2 New Instance Types G2 (GPU) C3 (Compute) I2 (I/O) Amazon.com Confidential
    • EC2 G2 インスタンス • NVIDIA GRID™ (GK104 "Kepler") GPU (Graphics Processing Unit), 1,536 CUDA cores and 4 GB of video (frame buffer) RAM. • 2.6 GHz Intel Sandy Bridge プロセッサー、 Turbo Boost が有効化 • 15 GiB of RAM, 60 GB of SSD storage. • US East, US West (Northern California), US West (Oregon), EU (Ireland)にて提供 • 3Dレンダリング、OpenGL, DirectXと言ったアプリケーションに最適
    • EC2 C3 インスタンス • 2.8 GHz Intel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge) プロセッサー • SR-IOV ネットワークキングテクノロジーを使用 • ローカルディスクとしてSSDを搭載 • c3.large から c3.8xlargeまで5タイプを提供 • 全リージョンにて提供 • ウェブサーバーやHPC用リソース等様々な用途として使用可能
    • スーパーコンピューターランキングで64位 っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ っっっっっy http://top500.org/list/2013/11/
    • EC2 I2 インスタンス • 第二世代の High I/O インスタンス • i2.largeからi2.8xlargeまで5タイプを提供 • 最大 350K Read IOPS, 320K Write IOPS • i2.large: 2vCPU, 15GiB, 1 x 360 SSD、i2.8xlarge: 32vCPU, 244GiB, 8 x 720 SSD • 今年末に提供予定 • 高速なI/Oを必要とするリレーショナルデータベースやNoSQLデータベース に最適
    • c3、g2 価格 Instance Name vCPU Count Total ECU RAM Local Storage Hourly OnDemand c3.large 2 7 3.75 GiB 2 x 16 GB SSD $0.192 (Tokyo) c3.xlarge 4 14 7 GiB 2 x 40 GB SSD $0.383 (Tokyo) c3.2xlarge 8 28 15 GiB 2 x 80 GB SSD $0.766 (Tokyo) c3.4xlarge 16 55 30 GiB 2 x 160 GB SSD $1.532 (Tokyo) c3.8xlarge 32 108 60 GiB 2 x 320 GB SSD $3.064 (Tokyo) g2.2xlarge 8 26 15 GiB 1 x 60 GB SSD $0.65 (Oregon)
    • AWS CloudTrail AWS APIコール・ロギングサービス
    • AWS Cloud Trail • 概要 – – – • AWSアカウントへの操作をロギングするサービス 管理コンソール、コマンドライン、3rd party等APIコールされ る全てのイベントが対象 出力はS3 or SNS(Simple Notification Service) ユースケース – – – – ユーザー利用状況の監視 セキュリティ管理 コンプライアンス強化 リソースライフサイクル管理 • • 対応サービス – – • AWSリソースの作成から削除までの管理 EC2/EBS/VPC/RDS/IAM/STS(Security Token Service) 今後対応サービス追加予定 対応リージョン – US East (Virginia), US West (Oregon)
    • RDS PostgreSQL Amazon.com Confidential
    • RDS PostgreSQL • 概要 – MySQL, Oracle, MS SQL Serverに次ぐ、4つ目の データベースエンジン • RDS機能 – 3TB & 30,000 IOPSまで拡張可能 – Multi AZ(MAZ) – VPC – 自動バックアップ、Point-in-Time-Recovery – Cross-Region Snapshot Copy • PostgreSQL 機能 – Version 9.3.1 – PostGIS extension – Full-text サーチ – Language extension、PL/Perl, PL/Tcl, PL/pgSQL等 – HstoreやJSONのデータベース形式をサポート • Redshiftとの親和性
    • その他New Launch • • • • Amazon RDS: Cross-Region Read Replica Amazon Redshift: Cross-Region Snapshots DynamoDB: Global Secondary Indexes Identity Federation with SAML 2.0
    • SAお勧め!re:Inventセッション
    • STG302 Maximizing EC2 and EBS Disk Performance • EBS使っている人はこれは見ましょう! • 見てない人はいつかモグリと言われます! • さすがMilesといった内容でした。EBSのI/Oに関す る解説が非常にわかりやすいのと、それを裏付ける データも合わせて紹介していました。 チョウ スゴイ!!
    • ARC305 How Netflix Leverages Multiple Regions to Increase Availability • AZ障害も経験され、リアルな苦労話が満載でした。 • 基本的にStatelessを前提にアプリは全て組む方針 のようですが、どうしてもStatefulにせざるを得ない アプリはCassandraを使ってリージョン間でデータ のSyncをたえず行っているとのことです。
    • BDT303 Using AWS to Build a Graph-Based Product Recommendation System • • • Graphをベースにレコメンデーションの算出を行っている事例です。 「商品を見た」、「カートに追加」等々のアクションでエッジの重みづけを変えている。 Groovyから派生した「Gremlin」と呼ばれるグラフへのクエリー言語を利用しているとの ことです。
    • SEC305 DDoS Resiliency with Amazon Web Services • Route53がどういう形でDDoS対策になるかをとて もクーーーーールな絵で説明してくれてます • Route53のネームサーバの動きもビジュアルに解 説 • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/ddos-resiliency-with-amazon-web-services-sec305-aws-reinvent-2013
    • CPN401 A Day in the Life of a Billion Packets • VPCの仕組みがわかる話。VPC使っている人なら 必須 • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/a-day-in-the-life-of-a-billion-packets-cpn401-aws-reinvent-2013
    • SPOT201 Managing the Pace of Innovation: Behind the Scenes at AWS • どうやってAWSのようにイノベーションを 起こせるようになるか。 • サービスを作る人向け。ただしスライドは あんま意味がないので、ストリーミングで 見て下さい! 大谷推薦
    • その他 • DMG203 AWS Billing Deep Dive – 一部のBillingマニア必見 – http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/aws-billing-deep-dive-dmg203-aws-reinvent-2013 • STG402 Advanced EBS Snapshot Management – EBSスナップショット用スクリプト「Arche」の紹介 • https://github.com/AWSLabs/arche – EC2 consistens snapshotの作者Eric Hammondさん降臨で会場大 興奮 • https://github.com/alestic/ec2-consistent-snapshot
    • Resources • http://reinvent.awsevents.com/ • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/ presentations
    • 来年もぜひご参加を!!