20111022 「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション」彦根市倫理法人会MS資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20111022 「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション」彦根市倫理法人会MS資料

on

  • 862 views

2011年10月22日の彦根市倫理法人会モーニングセミナーの資料です。

2011年10月22日の彦根市倫理法人会モーニングセミナーの資料です。

Statistics

Views

Total Views
862
Views on SlideShare
862
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
7
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20111022 「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション」彦根市倫理法人会MS資料 20111022 「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション」彦根市倫理法人会MS資料 Presentation Transcript

  • ソーシャルメディア時代のコミュニケーション インターネットの登場で情報流通はどう変わったのか? 大切なのは「愛される」「信頼される」企業・ブランド 2 0 1 1 . 10.22 合資会社ドットラボ 松崎和弘
  • 自己紹介■1963年生まれ(47歳)■兵庫県生まれの大阪出身■大阪府立寝屋川高校卒業■京都府立大学農学部林学科卒業(5年)■京都に10年住んだ後、滋賀在住19年目■5人家族 ツマ+♂双子(大1)+♀中3■趣味は釣り、アウトドア、読書、大河ドラマ■広告業界で18年(4社)、企画、営業を経験■みんなの滋賀新聞で広告担当、倒産とともに起業(2006年2月)■滋賀ブログポータルサイト「滋賀咲くブログ」開設(2006年7月)
  • ソーシャルメディアの時代 とは?
  • 表裏の通じない、透明性の高い時代。
  • 生活者に「共感」される情報が、 伝播する時代。
  • 皆様にとって・・・
  • 倫理「倫」 人と人、人と物、人と大自然の拘わり合い「理」 法則、決まり、ルール「倫理」とは、  人と、人・物・大自然が拘わるときの法則  当たり前の事を、当たり前に行う事。 (2011.10.11 島良明法人SV 甲賀市開設準備経営者の集い)ソーシャルメディアとは「人と人」が交流する場所。そこにはルールがあり、法則がある。「倫理」を学ぶ人ならば、そのまま、ソーシャルメディアを活用できる!
  • メディアの歴史
  • 1868 明治 雑誌(明治∼) 新聞 1872(明治4)毎日新聞 約100年ちょいの間、 マス 情報の流通はマスコミが メディア1912 握っていた。 大正 昭和 ラジオ 1925(大正14)NHK東京1926 テレビ 1953(昭和28)NHK クチコミは日常茶飯事のこととし て存在し続けていたが、その内容 テレビ 1060 カラー放送 と範囲は限定的。1989 平成 インターネット  1996 YAHOO!JAPAN  2000 Gogle日本語化 時代の変革、大きなうねり!  2004 ブログサービス続々登場、mixi2011  2010 Twitter 2011 Facebook
  • ポータルから検索、検索から人のつながりへ ポータルの時代 検索の時代 ソーシャル・メディアの時代1996 YahooJapan 2000 Google日本語化 2004 mixi、ブログサービス 2008 twitter、facebook日本語化 2010 Ustream、ニコ生、twitter流行 2011 facebook流行の兆し facebookの登場
  • ソーシャルメディアとは?
  • 今やありとああゆるソーシャルメディアで人々がつながっているインターネットを介して世界中に広がる「社会的な会話」の場リアルタイム 情報共有 動画投稿共有 画像投稿共有 ブログ SNS ライブストリーミング ゲーム 他にウィキペディア、電子掲示板、ポッドキャスト、ソー シャルブックマーク、FAQサイト、アマゾンのレビューなど も含まれる。
  • そこにあるのは人々の会話 交流・情報シェア facebookニュースフィード 顔写真+実名の友達の 近況、行動、興味などがtwitterのタイムライン 流れる。mixiのコミュニティfacebookのニュースフィード
  • ソーシャルメディア オンライン上で 会話する 人たちそのもの
  • Social Graph
  • サイトへの流入経路も変化
  • アメリカの有力サイトの多くで「Google<Social Network」になってきている。
  • あなたのWebサイトへどこから人はやって来るか? 相互 リンク サイト 各種 ポータル バナー広告 Web 人と人の交流の中から、 サイトへの流入、訪問が PPC広告 (検索ワード連動広告) サイト 発生する 検索エンジン
  • 情報洪水の中で「人」は「人」に情報を求め始めた
  • 情報爆発!情報のほとんどはスルーされる時代60000450003000015000 0 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 選択可能情報量 消費可能情報量 総務省 情報センサス報告書(2006)
  • 友人の推薦は9割の人が信頼 友人の推薦 90% 商品レビュー 70%ブランドサイト 70% テレビ 62% 新聞 61% ラジオ 55% 検索広告 41% バナー広告 33% 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 The Nielsen Company in jul.2009 Global Online Consumer Survey of over 25,000
  • 変わる生活者のメディア接触時間 20代男性 テレビ視聴<PCインターネット全体(N=2127) 161.4 33 23.318.6 81.7 32 350.0 男性 15-19才 126.1 8.1 9.9 30.1 91.8 84.3 350.3 20代 141.2 29.2 17.8 12.5 142.9 65.5 409.1 30代 129.4 30.2 17.1 22.7 103.1 45.2 347.7 40代 128.4 41.319.5 19 99 21.5 328.6 50代 160.6 40.1 27.118.9 93.317.7 357.7 60代 179.6 51 47.3 23.2 54.4 10.2 365.6 女性 15-19才 153.15.3 8.7 17.2 61.8 88.2 334.3 20代 150.7 10.3 17.2 13.1 104.1 62.3 357.6 30代 165 24.720.120.3 78.1 28.7 336.9 40代 173.1 24.8 10.7 17.6 55.1 13.3 294.5 50代 185.5 33.1 30 15.3 39.7 8.6 312.2 60代 232.1 59 47.920.1 32.9 5.2 397.3 0 150 300 450 テレビ ラジオ 新聞 雑誌 PCからのネット 携帯からのネット 「2009年メディア定点調査」東京地区 調査期間 2009年2月6日∼19日
  • 人々は長い時間をソーシャルネットワークで過ごしている Nielsen June.2010
  • Search(検索)から Social(人)へ 瞬時に伝わる情報
  • 顔の見える存在故、アドバイスが適確・・・
  • 共感や感動も伝わる 48 コメント 20∼
  • 人が繋がることで、時に、世界を動かす原動力にも 中東革命 2011.1-2 Boston.com
  • 多くの励ましのメッセージも
  • ムーアの法則:半導体の集積密度は18ヶ月で2倍になるシェアの法則:facebook上で一人当たりの情報共有量が年間2倍になっている。(2011.7.6ザッカーバーグ「facebook今後の5年」で語る。会員の増加のみならず、共有する情報量が指数関数的に増えている。SNSの日本での進展(今後3年間)・・・SNS人口2倍、一人がシェアする情報量が8倍とすると、日本人シェア情報量は今の16倍になる。既存メディアのパワーは相対的に低下。
  • facebookとは?
  • 米で2004年に誕生。 2008年5月、日本語化【世界】■月間アクティブ会員数 8億人  ※そのうち約半数が毎日訪問■年間増加する会員数は 2.0億人■米ネット利用者リーチ 70%超【日本】 最新アクティブ会員数 500万人超(PC訪問者1080万人) F8 in San Francisco 2011.9.22
  • 世界を席巻するfacebook 134カ国中119カ国で SNSシェアTOPに Data for Feb.2011 Source Alexa.com (RIANOVOSTI 2011)
  • サイト滞在時間でもFacebookが世界一に。
  • 日本はSNS後進国?
  • 様々なソーシャルメディアで人が繋がり、情報が流通する時代facebookはその「ハブ」的存在。あらゆる情報がつながれ、集まってくる。で、人も集まる、ネット上のメインストリーム的存在。
  • mixi,Twitter,Facebook PC訪問者推移(単位:千人) mixi Twitter facebook Google+ 20000 15000 10000 5000 0 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 ▲1/15 FB映画公開 1月∼2月 中東革命 ▲3.11 東日本大震災 Neilsen/NetRatings NetView 2011.8
  • ● ソーシャルメディア御三家PC訪問者推移 1500 1125 750 375 2010/08 2011/08 0 mixi twitter facebook 2010/08 2011/08 2010→2011 mixi 963 1491 1.5 twitter 1006 1496 1.5 facebook 192 1082 5.6
  • ◆ facebokホーム画面 ※徐々に変更中 投稿ディッカー ニュースフィード スマートリスト
  • ◆新プロフィール画面「Timeline」 ※まもなく順次変更  生涯の記録が1ページに ・過去の自分の履歴、思い出の写真などをアップ ・ザッカーバーグ曰く  今までのプロフィールは「人生最後の15分」  新しいプロフィールは「それ以外にすべて」 ・ストリーム(情報がどんどん流れていく)だった facebookの世界に アーカイブ性 がもたらされた F8 in San Francisco 2011.9.22
  • facebookが実現したインターネットの歴史上 画期的な二つのこと
  • ネットとリアル ONLINE OFFLINE(インターネット世界) (リアル・現実の世界) ハンドルネームの世界
  • ❶ネット リアルをつないだ ONLINE OFFLINE(インターネット世界) (リアル・現実の世界) 実名登録 出す不安 < 出すメリット
  • ❷ 革命的機能いいね! INTERNET WEB WEB WEB WEB WEB❶●交流(コミュニケーション)円滑化 WEB●クチコミ発生 WEB WEB ❷ WEB ●INTERNET→facebook内【クチコミ】 ●facebook内→INTERNET【誘導】
  • facebookの二つの使い方
  • facebook2つの使い方 facebookページ facebookページ (旧ファンページ) facebookページ (旧ファンページ) (旧ファンページ)登録 facebookページ (旧ファンページ) facebookページ (旧ファンページ) facebookページ (旧ファンページ) クローズドな情報空間 登録者、友人間などで情報のやり取り ❷facebookページ 検索エンジンにもひっかかる、 オープンなページ。 ❶個人アカウント ビジネスにはこちらを使う!ホーム画面 開設には個人アカウントが必要。ニュースフィード いくつでも作ることができる。 ユーザー画面 (プロフィール) ◆自らの情報発信  ・自身の投稿     近況(文字)、写真、動画、リンク、チェックイン    いいね!を押した情報、質問事  ・イベント作成 ・グループ作成 ・ゲーム ◆友人との交流  ・コメント ・「いいね!」 ・シェア ・タグ付け
  • ❶個人アカウント ❷facebookページ 集客の場ではない 集客の場・ビジネスの場 ※友達と交流する場 知り合いとつながる 不特定多数とつながる コミュニケーションツール ファンとの交流 ビジネスの集客ツール 両思い「友達」上限5,000人 ファン数制限無し
  • クチコミ発生の仕組み
  • ある日の松崎のfacebook (ニュースフィード:最新情報) 写真(付き近況) 友達の行動 ○○○facebookページにいいね! 友達の行動 ○○○さんと友達になりました。 「いいね!」したfacebookからの 新着情報 「いいね!」したfacebookからの 新着情報 写真(付き近況)友人の近況、動画や質問、おすすめサイト、だれとどこにいるかの情報、参加して 行動のクチコミこそが、いるイベント情報など、友達のありとあらゆる情報が流れて来る。 facebookのポイント!
  • 「いいね!」連鎖のしくみ! おっ、能登さん、「いいね!」してる。。 郡山倫理法人会か。ちょっと見てみよう。重要!!能登さんも松崎も一言も「「郡山倫理法法人会」いいですよ!」とは言っていない。ただ、「いいね!」ボタンを押した 行動 のみが人に伝わっているだけ。行動の見える化が「無言のクチコミ」連鎖となる。これこそが、 「いいね!」が連鎖!していく・・・。facebookでの情報拡散のポイント!
  • 2つの「いいね!」コンテンツについている「いいね!」 facebookページの「いいね!」投稿みたよ!面白い! ・押した人と、そのfacebookページがワンクリックで気持ちを伝える。  つながる。 ・友人に「いいね!」したことが伝わる
  • 誰が言ってるのか? が、大変重要!共感・信頼される人の情報に、人は反応する
  • 2011.7.26の澤田さん
  • 2011.8.2の澤田さん
  • わ湖湖南倫理法人会モーニングセミナー、初参加させて いただき、 今週の澤田さん。なんと、本日バースデー∼♪ 38歳!おめでとう(^-^)/がっつり朝食いただいてます(  ̄▽ ̄)@クサツエストピアホテル 青木さん 松崎 友達 140人 友達 350人 28 コメント18 5 コメント2
  • いいね!コメント、タグ付けで友達の友達にも伝わっていく 3300人超
  • タグ付け いいね!した人 コメント 小川シェフのウォール・ ・・・ ・・・ ・・
  • ソーシャルメディアの時代私たちはどうしていったら いいのか?
  • 時代はより透明に、フラットに・・
  • facebookページでビジネスをうまくやるには・・・ここでも、「売らんかな」が全面にでるとうまくいかない・・・。極意は「セールスしないでセールスする!」  ???ソーシャルメディア・・・売込みやセールスを極端に嫌うメディアソーシャルメディアにおける消費者心理(スコット・スタッテン氏) ❶Know(知る) 共感や感動、サプライズなどなど工夫して facebookページを「いいね!」してもらう。 ❷Like(好きになる) どんなコンテンツを出して、 ❸Trust(信頼) どう向き合うか?(=人間性、人柄がでる) →購入 お金はかからないが、手間とアイデア、マメに コミュニケーションを取る覚悟が必要。 このステップを経た販売は ・リピーターになる ・価格競争に巻き込まれない
  • これからのマーケティングソーシャルメディアのクチコミ、情報伝播力を利用して、売上・利益を上げる・・・一般的に多い意見、思い。生活者はコントロールできない! ×生活者は正しく情報を判断する。相談しながら判断する。今、大事なのは原点に戻ること。これまで以上に顧客を理解し、魅力的な「ブランドの約束」を掲げ、顧客満足や感動をご提供。それは、ソーシャルメディア上を伝播する。そして、継続的にサービスを改善、提供しつづけていく。 T.Saitou Looops Communications, Inc.
  • 顧客ときずなを深める4つのポイント❶傾聴&対話:真摯に耳を傾け、対話する❷顧客支援:Wow(感動、喜び)体験を想像する❸活性化:ユーザーとの交流促進❹統合:企業哲学、顧客との約束を貫く結果的に、最もソーシャルメディアを追い風にしている企業はテクニックとして使っているのではなく、結果的に「愛されているブランド・企業」「好感をもたれているブランド・企業」である。どんな風に愛されるか?共感を持ってもらえるのか?は企業、ブランドによって違う。(理念、事業内容)大事なのは理念、ブランドのエッセンスに従って、製品、サービスをどんどん素晴らしいものにして、お客様の感動の声を伝播していただくような工夫が大切。 T.Saitou Looops Communications, Inc.
  • 向き・不向きチェックシートこんな人は始めてから苦労する□面倒くさがり屋の方(根気がない方)□インターネットを使った事がない方□真摯に学ぶ姿勢のない方□写真うつりにこだわれない方□自己主張ばかりする方こんな人はフェイスブックを活用できる□正直である□お金はないけど情熱はある□スキルはなくてもアイデアを持っている□他者を思いやる気持ちが溢れている(おもてなしの心を持つ人)□ストーリーで語るのがうまい
  • 企業導入の注意点決めごと、ルールを策定する・メディア役割の再定義・全体WEB運営の設計図必要・ソーシャルメディアの理解促進 職員研修・ソーシャルメディア活用に関する「目的」の共有  なんのために使うのか?どのような課題の解決を目指すのか?・ソーシャルメディアポリシー策定・ツールの整備・アカウント管理体制・担当者の役割とタスクの明確化・リスク分析と対策検討・効果検証の指標と仕組み
  • 滋賀県倫理法人会facebookページもぜひよろしく!facebookの一番上の検索窓で「滋賀県倫理法人会」で検索!
  • ◆滋賀県倫理法人会 WEBサイト構成公式サイト 公式ブログhttp://www.shiga-rinri.com/ http://shigarinri.shiga-saku.net/ facebookページ https://www.facebook.com/shigarinri 新着記事表示 シェア コメント 情報転載・シェア いいね! 会員個人 アカウント facebook投稿 ブログ投稿 イベント作成(MS) ・MSレポート ・会員の声 ・MSレポート ・朝食会レポート ・全県イベント告知etc ・MS告知(イベント機能) ・全県イベント告知(イベント機能)   ※イベント招待機能の多用注意 各単会担当者 (広報担当) ブログ投稿 研修 facebook投稿 各種動画 facebokイベント作成 YuoTube コンテンツ http://www.youtube.com/shigarinri
  • 最後に・・・ソーシャルメディアは諸刃の件です。うまく味方に付ければ、非常にローコストでビジネスの拡大が図れます。しかし、ひとたび、生活者にそっぽを向かれてしまっては、逆効果にもなりかねません。大切なのは、生活者とどう向き合うのか?をしっかり考えて運用をする事。生活者に向き合い、生の声を聞き、ご自身のビジネスをより社会に役に立つものへと進化させるために使う事。一足飛びには、そのような交流はなかなかできるものではありません。地道にコツコツと取り組む事が、結局の所、たぶん、近道なんじゃないでしょうか?透明性の時代。きっちとした理念に基づきビジネスを進め、生活者と対話、交流する事が大切な時代にすでに突入しているのです。。
  • ご静聴ありがとうございましたm(__) m DotLAB INC.(合資会社ドットラボ) 〒520-2194 滋賀県瀬田大江町横谷1-5 龍谷大学REC棟314号室 URL:http://dotlab.jp Email:info@shiga-saku.net TEL:077-543-5465 ◆滋賀咲くブログ http://shiga-saku.net ◆合資会社ドットラボ facebookページ http://www.facebook.com/dotlabinc ◆滋賀ソーシャルメディア研究会(完全公開facebookグループ) http://www.facebook.com/home.php?sk=group_115628411857479 ◆代表松崎 twitter http://twitter.com/MatsuKazu facebook http://www.facebook.com/matsukazu BLOG http://matsu.shiga-saku.net/